ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3全話あらすじ。死の星のインヒューマンズが目指したものは?

2017年1月から放送のマーベルドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3。6月を持って日本での地上波での放送は終了となりました。

シーズン3はモノリスに飲み込まれたシモンズは生きているのか、死んでしまったのか。そして、シーズン2で自らがインヒューマンズであることが判明したデイジーは、その能力を平和のために使えないかと、インヒューマンズ中心のチーム結成に動きます。

そこに、謎の組織が現れ、コールソンらシールドにはまたもや様々な問題が次々と降りかかります。

ここではドラマの最終話までのあらすじをご紹介します。完全にネタバレしています。ご了承ください。

キャストの詳細は以下の記事を御覧ください。

ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3キャラクター登場人物まとめ。インヒューマンズチーム《シークレットウォーリアーズ》はじめ特殊能力者の新キャラが参戦

スポンサーリンク

ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3第1話から11話までのあらすじ【ネタバレ】

【第1話】「自然の法則 “Laws of Nature”」あらすじネタバレ

シモンズが「モノリス」に飲み込まれ数カ月。未だにシモンズの行くへはわからないまま。海の底にばらまかれたテリジェンは、フィッシュオイルとして加工され、口にした人間の中から「インヒューマンズ」になるものが出てきていた。その中の一人ジョーイを助けたデイジーらコールソンのもとに集うシールド。ジョーイは、これまで通り元に戻り、普通の生活はできないと説明され混乱する。説得できないと考えたデイジーはリンカーンに助けを求めるが、説得しているときに、新たな怪物と遭遇する。

コールソンは、これまでに出現したインヒューマンズを先に捕えているなぞの組織のリーダー、ロザリンドと接触。その組織が、大統領が組織した「ATCU(高度危機抑制部隊)」であることを知る。フィッツはシモンズが飲み込まれた「モノリス」を解明すべく、最後の手がかりを探しにモロッコに行き「1000年前の巻物のケース」をユセフ・ハダトの元から奪う。その巻物の中の羊皮紙には、ヘブライ語で「死」という単語が記されていた。絶望したフィッツは、銃を持ち、モノリスに「何か言ってみろ!」とシモンズが居なくなったことへの怒りをぶつける。

【あらすじ】発生するインヒューマンズ。左手と共に失ったものたち。エージェントオブシールドシーズン3第1話感想 

【第2話】「扉の向こうへ “Purpose in the Machine”」 あらすじネタバレ

ジェマを助けられない怒りからモノリスに八つ当たりするフィッツ。しかし、そこで見つけた砂をヒントにモノリスが時空の扉であると突き止める。アスガルド人であるランドルフ教授の助けを得て、イギリス、グロスタシャーの城にモノリスを液化させ時空の扉を開く装置を見つける。一度目の作動で機械は壊れたが、デイジーのパワーで再び時空の扉を開き、フィッツはシモンズを助け出すことに成功。しかし、シモンズは何かにおびえている様子だった。

休暇願を出し連絡を絶っていたメイは、父親のケガがウォードの仕業なのではないかと疑い、独自に動いていた。その動きをハンターに見つかり、ヒドラに潜入し、次こそ確実にウォードを仕留めるというハンターを手伝うことにする。 ウォードはヒドラ再建のため、ヒドラの幹部ストラッカーの息子、ウェルナー・ストラッカーに力を見極め、ヒドラ再建のため、メイの元夫ガーナー博士と接触する。

【あらすじ】シモンズの帰還と破壊されたモノリス。エージェントオブシールドシーズン3第2話感想

【第3話】「ファイトクラブ “A Wanted (Inhu)man”」 あらすじネタバレ

ATCUから全国指名手配となったインヒューマンのリンカーンは、デイジーに助けを求める。しかし、コールソンとATCUのリーダーロザリンドとの話し合いから、突如ATCUへの身柄の引き渡しが決まりリンカーンは、ATCUの兵士たちを倒し逃亡を続ける。デイジーはコールソンの判断を信じられなくなっていた。 シモンズは異星でのことをあまり語ろうとせず、フィッツは以前に約束したディナーに誘うが、シモンズは泣き出してしまう。

そして、シモンズは、モースに「異星に戻らなければいけない」と伝える。 ハンターはメイとともにウォードの元へ行くために、友人のスパッドをファイトクラブで倒し、ヒドラの内部に潜入することに成功する。

【あらすじ】ラヴバイツと戦うハンター エージェントオブシールドシーズン3第3話感想

【第4話】「協力関係 “Devils You Know”」 あらすじネタバレ

デイジーは一部のインヒューマンズに送られていたメールから、怪物(ラッシュ)のことを知るドワイト・フライにたどり着く。フライをATCUの研究施設まで護送する途中、トラックはラッシュに襲われ、フライは命を落とす。その時、デイジーはラッシュが人間の姿に戻るところを目撃する。

ハンターはヒドラの施設に乗り込み、メイも援護に来るが、ウォードに逃げられる。そのとき、ガーナー博士は、ウェルナー・ストカッラーから命を狙われ爆発に巻き込まれる。 シモンズは、フィッツには内緒でモノリスの研究を進めていたが、突如、向こうで起こったことをすべて話すとフィッツに伝える。

【あらすじ】シモンズの決意「謎の怪物の謎」が徐々に明かされる。エージェントオブシールドシーズン3第4話感想

【第5話】「4722時間 “4,722 Hours”」 あらすじネタバレ

シモンズは「モノリス」に飲み込まれ、送り込まれた異星での体験をフィッツに話す。「あれ=死」が存在すること、NASAの宇宙飛行士ウィルと生活をともにして、脱出するために行動していたこと。そして、彼と恋に落ちていたことも。フィッツはそれを聞いて、時空の扉(ワームホール)をもう一度開けてウィルを助けに行くことに同意する。

【あらすじ】ウィルとシモンズとフィッツの三角関係。エージェントオブシールドシーズン3第5話感想

【第6話】「ラッシュの正体 “Among Us Hide…”」 あらすじネタバレ

コールソンはロザリンドとともにATCUの施設、エンドテクスを見に行く。途中泥棒に入られたというロザリンドを疑うコールソンだったが、エンドテクスでのインヒューマンズへの対処を見てロザリンどのことを信用する。デイジーとマック、ハンターはラッシュの正体がATCUの人間であると予測し、ロザリンドの部下バンクスを尾行してエンドテクスにたどり着くが、ロザリンドとコールソンが仲良くしているところを目撃して困惑する。

メイとモースはガーナー博士の教え子ストラッカーを追跡して、リスボンのペントハウスでキーボらヒドラメンバーと戦闘。ストラッカーを助けるが、その際にメイはストラッカーからガーナー博士こそがラッシュだということを知らされる。

スポンサードリンク

【第7話】「カオス理論 “Chaos Theory”」 あらすじネタバレ

数ヶ月前。ガーナーは、メイとの幸せなハワイでのバカンスの後、ジャーインが所有していたインヒューマンズの名簿を開いたことからテリジェンミストを受けてラッシュ化していた。ガーナーがラッシュだと聞かされたメイはその真実を確かめるため、シールドの研究施設「コクーン」に向かい、そこでガーナーにアイサーを撃たれ、カルヴァー大学で軟禁されてしまう。

リンカーンの情報からラッシュがガーナーであることを知ったコールソンたちはカルヴァー大学に向かい、メイは悩み葛藤しながらもラッシュ化したガーナーを隔離モジュールに捕獲する。 シモンズから異星に持っていったスマホのデータ復元をしたフィッツは、シモンズとウィルとの関係に複雑な感情を抱きながらも、グロスタシャーの城でみたマークと、NASAのマークの類似点に気づく。 ウォードはギデオン・マリックと密会し協力する動きを見せる。 コールソンは、ロザリンドとベッドを共にする。

【第8話】「いくつもの首 “Many Heads, One Tale”」 あらすじネタバレ

ラッシュをATCUに引き渡したコールソンは、ロザリンドを基地に迎えその間にロザリンドがヒドラである証拠を見つけ出そうと「スポットライト作戦」を実行する。シモンズとフィッツが調べた証拠から、ATCU海外設立の援助者だったマリックが黒幕だと気づく。

ウォードはマリックに殺されそうになるが、兵士たちを倒し、ストラッカーの金庫に向かう。そこにはマリックがいて、そこでヒドラの起源を聞かされる。マリックからシールド全滅に協力する代わりに、シールドが異星から人を戻した方法を調査しろと言われる。

【第9話】「ヒドラの扉 “Closure”」 あらすじネタバレ

疑いの晴れたロザリンドとコールソンは夕食をして楽しむが、ウォードの遠隔狙撃によりロザリンドは命を落とす。コールソンの暗殺を狙うヒドラ兵士たちからマックの助けで辛くも逃げたコールソンは、怒りに任せウォードの殺害に動き出す。ウォードの弟・クリスチアンを誘拐して電話でウォードを脅すが、逆にウォードはコールソンを自分の手で殺そうと動き出す。別で動いていたバンクスとフィッツ&シモンズはマリックらのいるグロスタシャーの城でギエラに捕まり、マリックらはシモンズから死の星からの戻り方を聞き出そうと拷問する。

見かねたフィッツは自分が星に同行することを決め、ウォードらヒドラ兵士と星へ向かう。臨時の長官を任されたマックは応援を拒否するコールソンのもとへリンカーン、ジョーイらとともに乗り込む決断をする。コールソンは死の星への扉が閉まる前にクインジェットから飛び降り、ギリギリポータル(扉)をくぐる。

【第10話】「死の星 “Maveth”」 あらすじネタバレ

フィッツとウォードらは、死の星でヒドラの彫像を見て、ウィルと合流し、ともに出口を見つけに行く。コールソンはロザリンドの夢を見ながら死の星で目覚め、フィッツの足跡を追う。ウィルは「ノーフライゾーン」へ入り込み、砂嵐の中、フィッツと逃げ出すことを計画しウォードたちを巻いて逃げようとする。フィッツのいなことに気づいたウォードたちの部隊のところにコールソンがやってくる。

フィッツは逃げているときその星にかつて古代文明があったことを知り、その時、ウィルがすでに死んでいて、体を「あれ」に乗っ取られていたことを知る。戦いの末フィッツがウィルを撃ち殺し、コールソンは殺されそうになっていたフィッツを助け、ウォードを殺害し義手を置いて時空の扉で逃げる。 マックはマリックらがいるグロスタシャーの城に2チームに分かれて攻め込み、扉の制圧とシモンズの救出に動く。リンカーンが施設を停電させ、そのすきにシモンズが自力で逃げる。シモンズはATCUから運ばれてきたガーナー博士/ラッシュのモジュールを見つけて、彼を解き放つ。シモンズはメイに救出され、マックとデイジーはポータルに残って死の星からのコールソンらの帰還を待つ。

「あれ」が地球にこないようにと、戻らなくても城を破壊する手はずだったことから、メイはマックらの帰還を確認できないまま、城に向けてミサイルを撃つが間一髪マック、デイジーはフィッツとコールソンとともに帰還する。 ギデオン・マリックは空港に向かい逃げようとするがハイヴに乗っ取られたウォードに遭遇する。

【第11話】「高速移動する女 “Bouncing Back”」 あらすじネタバレ

コールソンはエリス大統領と会い、今まで通り影の存在として活動してくれと言われ表向きはATCUとして働くことになる。そして、コールソンはマリックの情報を得るため、ウェルナー・ストラッカーを記憶装置にかけ、リンカーンに協力させマリックに連絡を取る。

高速移動するインヒューマン、エレナ・ロドリゲス(通称・ヨーヨー)がコロンビア警察が所持する武器を盗むという事件の調査の最中、マックはヨーヨーに捕まる。マックはヨーヨーから尋問されるが、デイジー、ハンター、モースが助けに来る。ジョーイらがヨーヨーから事情を聞き出している間に、ハンターとモースはヨーヨーのいとこを見つけるが、そこにコロンビア警察のラモン大佐とインヒューマンズのルシオがやってきてヨーヨーのいとこは殺害され、ハンターらは拘束される。ヨーヨーがチームに加わり、モースとハンターを無事助け出すが、拘束していたルシオをヒドラの飛行機に連れ去られる。

フィッツはコールソンの新たな腕を完成させ、シモンズは死の星から生還後も微妙だったフィッツとの関係を、最初からやり直そうと2人は握手を交わす。 マリック率いるヒドラも能力者獲得に向けて動き、瀕死の状態だったハイヴは徐々に回復していた。

ヨーヨーとジョーイは普段の生活に戻り、リンカーンはシールドに居ることを決める。エリス大統領から連絡があり、コールソンの部下にタルボット准将がつくことに決まる。

ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン1・2が月額325円で見放題の【アマゾンプライムビデオ】について

ドラマ【エージェントオブシールド】はアマゾンプライム会員になることで無料で視聴することができます。(2017年7月5日現在)プライム会員の年会費は3900円。動画配信サイトの中では、最安値であることは間違いありません。

プライム会員になればすべての作品が無料というわけではありませんが、会員見放題の作品は、不定期に入れ替わりに無料で見られるという仕組みです。

ドラマ【東京ヴァンパイアホテル】や【はぴまり〜Happy Marriage!?〜】や【仮面ライダー アマゾンズ】などのアマゾンオリジナル作品と言われるものは、いつでも無料で見ることができ、そのほか、ほとんどランダムですが、様々な作品が無料になったりします。

<次のページ>ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3第12話から22(最終)話までのあらすじ【ネタバレ】

次のページでは12話から22話までのあらすじをまとめています。

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。