ドラマ【エージェントオブ シールド3】登場人物やゲストキャラクター|インヒューマンズチーム《シークレットウォーリアーズ》はじめ特殊能力者の新キャラが参戦

2017年1月から放送のマーベルドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3。6月を持って日本での地上波での放送は終了となりました。

シーズン3はモノリスに飲み込まれたシモンズ、インヒューマンズ中心のチーム結成に動くデイジー。さらに謎の組織が現れ、コールソンらシールドにはまたもや様々な問題が。

ここではシーズン3の登場人物とキャラクターをご紹介します。

シーズン3のその他の記事はこちら

ネタバレ【エージェントオブ シールド3】全話あらすじ|リンカーンとの別れ シモンズが見た死の星での出来事

ネタバレ【エージェントオブ シールド3】登場人物やゲストキャラクター|デイジーの失意とマリック家の闇

ネタバレ【エージェントオブ シールド3】設定・世界観・歴史・地名など|表裏一体のシールドとヒドラ

この記事の見出し

S.H.I.E.L.D.のエージェントの登場人物・キャラクター/キャスト

フィル・コールソン(クラーク・グレッグ)

シールドのリーダー。シーズン2で左腕を失う。崩壊したことになっているシールドを能力者中心の組織にしようと動く。

メリンダ・メイ(ミンナ・ウェン)

シールドのエージェント。ガーナー博士の元妻。驚異的な戦闘能力を持つ。元々パイロットとしてコールソンに誘われた。愛称は奇兵隊

デイジー・ジョンソン(クロエ・ベネット)

シールドのエージェント。シーズン2で自身が波動を操るインヒューマンであることが判明。シークレット・ウォーリアーズのリーダー。

レオ・フィッツ(イアン・デ・カーステッカー)

シールドの天才科学者。シモンズと親密な関係。ウォードに殺されかけ恨んでいる。コールソンの多機能義手を製作。

ジェマ・シモンズ(エリザベス・ヘンストリッジ)

シールドの天才生物学者。フィッツと親密な関係。モノリスの飲み込まれ惑星「マヴェス(マベス)」に行っていた。

ランス・ハンター(ニック・ブラッド)

シールドのエージェント。ボビーの恋人。感情的になるのが欠点。

ボビー・モース(アドリアンヌ・パリッキ)

シールドのエージェント。ハンターの恋人。戦闘に長ける。メイがシールドに引き抜いた。

アルフォンス・マック(ヘンリー・シモンズ)

シールドのメカニック。ヨーヨー(エレナ・ロドリゲス)と恋仲になる。コールソンの腕を切り落とした張本人。弟はルーベン(14話に登場)

ATCU(高度危機抑制部隊)の登場人物・キャラクター/キャスト

ロザリンド・プライス(コンスタンツ・ジマー)

ATCUのリーダー。シールドとともに、インヒューマンズを探すことになる。コールソンと親密になる。

ルーサー・バンクス(アンドリュー・ハワード)

ATCUの兵士。ロザリンド・プライスの部下。元海軍。

シークレット・ウォーリアーズの登場人物・キャラクター/キャスト

ジョーイ・グティエレス(ファン・パブロ・ラバ)

鉄を溶かす能力を持つインヒューマンズ。シークレット・ウォーリアーズのメンバー。ゲイ。

リンカーン・キャンベル(ルーク・ミッチェル)

元アフターライフの住人。電力を操るインヒューマンズ。シークレット・ウォーリアーズメンバー。デイジーと関係を深める。

エレナ”ヨーヨー”ロドリゲス(ナターリア・コルドヴァ・バックリー)

脈拍一拍で超高速移動ができるインヒューマンズ。シークレット・ウォーリアーズメンバー。魚のスープで能力を得た。

インヒューマンズ/特殊能力者/異星人|登場人物・キャラクター/キャスト

ラッシュ(マシュー・ウィリング)

ガーナー博士が、テリジェンによりインヒューマンズになった姿。他のインヒューマンズを次々と殺害していく。

アリーシャ・ウィトレー(アリーシャ・ヴェラ・ベイリー)

アフターライフにいたインヒューマンズ。分身の能力を持つ。

ギエラ(マーク・ダカスコス)

ヒドラのエージェントで、ギデオン・マリックの部下。後に、ハイヴスの部下になる。テレキネシスを操り、金属製のものを遠隔で操ることができる。

ジェームズ/ヘルファイア(アクセル・ホワイトヘッド)

オーストラリアの元雇われ兵。爆弾処理のプロ。アフターライフから追放された過去を持つ。のちに、ハイヴにより、火を操るインヒューマンズ<ヘルファイア>を名乗る。

カール・クリール(ブライアン・パトリック・ウェイド)

触れたものの特性を吸収できる能力者。ヒドラに洗脳され使われていたが、のちに、アメリカ軍のタルボット准将のボディーガードとして働く。

ルシオ(ガブリエル・サルバトール)

コロンビア警察に紛れ込む能力者。目からのパワーで相手を硬直させる。

アンドロヴィッチ将軍(クリストフ・コンラッド)

ロシア軍将軍で、影(知覚を持つダークフォース)を操る能力者。

リーパー

ハイヴの天敵。クリー星人で通称「狩人」。太陽系の軌道上で数千年の間冬眠していたが、ハイヴが地球に呼び寄せる。クリー人の中でも過激派で、リーパーが戦争で勝つために作ったのがインヒューマンズで、その初代がハイヴ。

ヒドラのエージェント 登場人物・キャラクター/キャスト

グラント・ウォード/ハイヴ(ブレット・ダルトン)

ヒドラのリーダー。元シールドのエージェント。ヒドラ再生を目指す。ハイブのラテン名は「アルヴェウス(Alveus)」。インヒューマンズの統率者としてクリー人が創造した初代インヒューマンズ。後にクリー人に反乱し、ハイヴを恐れたインヒューマンズと人間たちに追放される。

ウェルナー・フォン・ストラッカー/アレクサンダー・ブラウン(スペンサー・クラーク)

ヒドラのリーダー、映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」などに登場するバロン・ストラッカーの息子。父が亡くなったのちは資産を相続し、ウォードが再生を目指すヒドラに参加する。

ギデオン・マリック(パワーズ・ブース)

ヒドラのリーダー。実業家、安全保障局委員会、大統領顧問団助言役、ATCU海外部門設立の援助者、マシュー・エリス大統領の顧問。ウォードと協力関係になり、ハイヴを生み出すことに成功。映画「アベンジャーズ」に世界安全保障会議のメンバーとして登場。(演じているパワー・ブースさんは日本地上波デジタル放送中の2017年5月14日に亡くなりました。ご冥福をお祈りします)

ステファニー・マリック(ベタニー・ジョイ・レンズ)

ギデオン・マリックの娘。ハイヴにより、父の<石の儀式>での真実を知らされる。

ナサニエル・マリック(ジョエル・ダブニー・コートニー)

ギデオン・マリックの弟。1970年の<石の儀式>で旅人となる。

フェリックス・ブレイク(タイタス・ウェリバー)

元シールドのエージェント。シーズン1でも登場。現在はヒドラに協力する。マイク・ピーターソンに怪我を負わされ車椅子の生活を余儀なくされる。

ダニエル・ホワイトホール(リード・ダイアモンド)

元ヒドラのリーダー。ジャーインを発見して、研究し尽くし、自らも若返る。シーズン2で死亡。ギデオン・マリックの若い頃に関わる。

キーボ(ダズ・クロウフォード)

ウォードが再生を目論むヒドラの幹部。

その他の登場人物・キャラクター/キャスト

アンドリュー・ガーナー(ブレア・アンダーウッド)

心理学博士。シールドのコンサルタント。エージェント・メイの元夫。ジャーインの所持していたインヒューマンズの名簿を開いたときにテリジェンミストを浴びる。

ウィル・ダニエルズ(ディロン・ケイシー)

2001年にNASAの「ディスタント・スター・リターン計画」で惑星「マヴェス(マベス)」に行った宇宙飛行士。当時の乗組員は全て死に、「マヴェス(マベス)」でおよそ14年間ひとりで生き延びていた。

グレン・タルボット(アドリアン・パサダール)

アメリカ空軍准将。コールソンの部下としてシールドに協力する。

ホールデン・ラドクリフ(ジョン・ハンナ)

超人主義者。本人の意に反して「プリミティブズ」を創造する。のちにシールドに協力する科学者。フィッツとシモンズから尊敬される。

エリオット・ランドルフ教授(ピーター・マクニコル)

ソーたちと同じ、アスガルド人。北欧神話は彼の生涯の話。時空の扉を破壊するため、シールドに協力する。

マシュー・エリス(ウィリアム・サドラー)

アメリカ合衆国大統領。ATCUを組織する。

トーマス・ウォード(タイラー・リッター)

グラント・ウォードの弟。ウォードをおびき寄せるため、シールドの人質になる。

チャールズ・ヒントン(ビョルン・ジョンソン)

元教師でインヒューマンズ化してから家を出る。雨の日に石化し能力を得て、触れた人の死の際の様子を、自分と触れた人に見せるという能力を得る。

ヒントン夫人/ポリー・ヒントン(ローラ・グラウディーニ)

チャールズ・ヒントンの妻。最初にチャールズが触れ記憶を見ることになる。

ロビン・ヒントン

ヒントン夫妻の娘。チャールズが娘のために木彫りの鳥<ロビン>を作り、デイジーがロビンに渡す。(*ロビンとは英語圏で一般的にコマドリのこと)

<画像出典はすべて FANDOM より引用 >