【あらすじ】ラヴバイツと戦うハンター エージェントオブシールドシーズン3第3話感想

ここでは、マーベルシネマティックユニバース(以下「MCU」)に入るドラマシリーズ「エージェント・オブ・シールド」シーズン3の全体のあらすじをまとめています。

その前に、簡単に動機を述べさせていただくと、アメコミに関しては全くの無知の状態から、「エージェント・オブ・シールド」を見たのがきっかけで、そのシリーズをすべて見て「MCU」の世界観を理解したいと思ったこと、そして、スタン・リーやその原案者たちが見ていたものを明確に知りたいと言う動機を元に始めました。

と言ったような動機に加え、原作は見ていない状態で始めています。今ではウェブ上のページで殆どのことがわかってしまうので助かります。本当はよろしくないですが(笑)

ということで、ここでは原作コミックを見ていない状態で書いているということを前提にさせてください。

まずは、「エージェント・オブ・シールド」シーズン3について見ていきたいと思います。

シーズン3のほんのサワリから。

元々、映画「アイアンマン」から出演していたフューリーのもとで働くエージェント・コールソンが映画「アベンジャーズ」で帰らぬ人になり、その後、「タヒチ計画」で復活するというところからスタート。

シールドの長官ニコラス・フューリーに最も信頼されているエージェント・コールソンと彼が率いるチーム。

第3シーズンでは自らが「インヒューマンズ」であることを知ったエージェント・スカイことデイジー・ジョンソン(クロエ・ベネット)が能力者中心のチームを作るというところから物語が始まります。

2017年3月1日からHuluでシーズン2の配信スタートしてますね。二週間は完全無料で見れるのはHuluだけです

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れるのは【Hulu】!今すぐ無料視聴をチェック!!

アマゾンプライムビデオで「エージェント・オブ・シールド (字幕版) 」をチェック!

アマゾンで「エージェント・オブ・シールド シーズン3 COMPLETE BOX [Blu-ray]」をチェック!

スポンサーリンク

ハンターがボスのために、ぼっこぼこ。エージェントオブシールドシーズン3第3話「ファイト・クラブ」感想

現在シールドは3つのストーリーが進んでいます。

ひとつは、インヒューマンズを捕えるために、奔走するデイジーを中心にしたチーム。もう一つは、ヒドラを再生させようとしているウォードを倒しに行くハンターとメイ。

最後に、異星人から戻ってきて、様子の変なシモンズ。

新たな、能力者中心のチームをつくろうとしているデイジーは、ATCUという組織の登場で中々上手くことが運びません。しかも、そんな中登場した、謎の怪物<ホオジロザメ>こちらは、第3話で名前が明かされて、ラッシュと呼ばれます。

ハンターは、コールソンに内緒でメイと接触して。ヒドラに潜入を目論んでいます。

シモンズは異星から戻り一安心とはいかず、フィッツの優しさも通用しません・・・

第3話に、ちらっと名前が出てきたタルボット。シーズン2でアメリカ空軍准将として、何度か登場。シーズン3でも登場するのでしょうか?

ちなみに、ハンターの旧友、スパッドが別れた奥さんのことを思って泣いたというデフレパードの曲はこちら「ラヴ バイツ」

→アマゾンで「エージェント・オブ・シールド シーズン3 COMPLETE BOX [Blu-ray]」をチェック!

ATCUはただの邪魔者!?エージェントオブシールドシーズン3第3話「ファイト・クラブ」のあらすじ

デイジー

ATCUに追われるリンカーンは鉄塔を電気で操り追手から逃げます。しかし、それがもとでATCUはリンカーンを全国的に指名手配し、マスコミに公表することになります。FBI、国土安全保障省、警察に写真を公表。

デイジーたちは保護に動き出します。以前病院で接触した時マックが右腕に追跡チップを埋め込んでいたことから、デイジーが電話で説得しましたが、リンカーンは追跡チップを破壊し逃げてしまいます。

逃走中にバスで米軍兵に顔がばれたことから、旧友のジョンに匿ってもらうことになったリンカーン。しかし、ニュースを見たジョンは警察に通報していしまいます。そのことに気付いたリンカーンは逃げる時「インヒューマンズ」の力を使い、それに驚いたジョンは心臓発作で倒れてしまうのでした。

ついに追い詰められたリンカーンはデイジーに電話して助けを求め、マックとデイジーはリンカーンのもとに向かいます。

マックはロザリンドの電話番号を調査し、コールソンはホワイトハウスの電話をハッキング。ロザリンドと接触し、二人きりで会うことになります。

ビーチでロザリンドと接触したコールソンはインヒューマンズの保護をシールドに任せてほしいと願い出ますが、受け入れられず。なんとしても成果を挙げたいと思っているロザリンドが、デイジーをも追っていることを知り、内密にことを運ぶために、リンカーンをATCUに渡すことを決断します。

「私はあなたに生まれてきた意味を教えてくれた。今度は私に助けさせて」そう言ってキスをして、リンカーンを説得しかけたデイジーでしたが、そこにATCUの兵士を連れたマックが入ってきます。安全は保障するというマックでしたが、裏切られたと思ったリンカーンは力を使い逃亡。

デイジーをとらえようとしたATCUに対して、コールソンは自分の知識を売り渡してことを丸く収めます。

そんなコールソンにデイジーは失望しイライラします。

スポンサードリンク

シモンズ

シモンズは異星に数カ月いたため、体全身に異常が出ていました。わずかな音にも敏感に反応するほど。その生体異常は、心臓血管、聴覚、呼吸器官など、そのすべてが、異星の環境にならされており、活性化酸素バランス崩壊、ビタミンBの欠乏、呼吸器系の炎症という症状。

異星の植物との接触はあるが、動物とはなかったといい。しかも誰かに追われていたというのでした。ガーナー博士も呼ばれることに。

「心ここにあらず」なシモンズに戸惑うフィッツは、モースから「前の彼女に戻そうとせず新しい彼女を認るスタンスの方がいいのかも」とアドバイスをもらいます。そして、フィッツはシモンズをレストランに誘うのでした。

シモンズがいなくなってからずっと予約し続けていたレストランに来た二人。ワインで乾杯をしようとしたシモンズは突然泣き出してしまいます。

 

The long-awaited #FitzSimmons dinner date. #AgentsofSHIELD

Agents of S.H.I.E.L.D.さん(@agentsofshield)が投稿した写真 –

「戻らなきゃいけないから」

既に不活性となったモノリスを調べるシモンズを見かけたモースは、シモンズに時空の扉はもう開くことはないといいますが、シモンズは異星に戻らなきゃいけないというのでした。

ハンターとメイ

そのころハンターとメイは、ボストンの酒場にいました。イギリスでヒドラと関係を持っていたハンターの旧友、スパッドに接触します。デフ・レパードの「ラブバイツ」で涙を流して泣いたというスパッドと昔話に花が咲く二人。

しびれを切らしたメイは、武器を売りたいといいますが、ファイトクラブで最後までたっていたらボスと接触できるといいます。

ハンターはモースに嘘をついてファイトクラブに臨みます。しらふでいれば相手が疲れ果てるまで生き残れるほどに打たれ強いというハンターに、メイはガーナー博士から別れを告げられたことを仄めかします。

ファイトクラブに乗り込み、決闘場に入ると対戦相手がスパッドだということに驚くハンター。一緒に笑ってたじゃねーか!と言いながらも、粘り強いハンターは、鉄拳を使ってスパッドを殴り殺してしまいます。その間にメイはしつこく誘ってきた大男三人を、殴り倒していました・・・

【あらすじ】シモンズの決意「謎の怪物の謎」が徐々に明かされる。エージェントオブシールドシーズン3第4話感想

読んでおきたい、シーズン3時のインタビュー&取材記事まとめ

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。