映画【アベンジャーズ インフィニティ・ウォー】これだけあれば楽しめる!途中参加で観るべき作品は「スパイダーマンホームカミング」!過去と未来をネタバレでご紹介!

スポンサーリンク

*本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

いよいよマーベル映画の最初の山場となる映画【アベンジャーズ インフィニティ・ウォー】が公開です。

映画版マーベル作品群・マーベル・シネマティク・ユニバース(以下、MCU)の「アベンジャーズ」シリーズとしては、「アベンジャーズ」「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」に続く第3作目で、2019年5月に公開が決まっている第4弾を持って、MCUのフェイズ3が終わりを迎えます。

映画【アベンジャーズ インフィニティ・ウォー】は原作の「インフィニティ・ガントレット」を軸に、映画「キャプテン・アメリカ/シヴィル・ウォー」でヒーローたちが仲違いした出来事から2年後の出来事が描かれます。

原作コミック「インフィニティ・ガントレット」をアマゾンでチェック!

ここでは、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」がどういった位置付けの作品なのか、さらに、現時点で伝えられている今後の展開を元に、これまでの映画を見てない方へ向けてMCUとのオススメの付き合い方についてもネタバレで言及しています。

スポンサーリンク

ネタバレ注意!映画【アベンジャーズ インフィニティ・ウォー】今後の展開まとめ

映画【アベンジャーズ インフィニティ・ウォー】はその製作者が「過去10年間のユニバースが一冊の本だとすれば、これはそのエンディングです」と言っている作品です。

これまでのMCU映画作品に加えて、映画「アベンジャーズ」で命を落としたシールドのエージェント、フィル・コールソンと秘密組織シールドを舞台に描かれるドラマ「エージェント・オブ・シールド」と、キャプテンアメリカの恋人、ペーギー・カーターが主人公で、トニースタークが製作し、ヴィジョンの知能となったJ.A.R.V.I.S.の名前の由来をなった、スターク家に仕えていた執事・エドウィン・ジャーヴィスの生きていた頃を見ることができるドラマ「エージェント・カーター」がMCUとして正式に世界観を共有している作品です。

ドラマ【エージェント カーター】シーズン1と2のネタバレとマーベル作品とのクロスオーバーまとめ

ドラマ【エージェントオブシールド 3】全話あらすじ。死の星のインヒューマンズが目指したものは?

おそらく、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を予備知識なく初めて見方は、

「ヒーローが沢山いて、強そうな敵と戦ってる。」

という程度の感想しかないかもしれません。

これまでの作品を見返すことで「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」をより楽しめることにつながることは間違いありません。

しかし、これまでの作品を忘れて、これからの作品を楽しむことはできないのか。そんな声があったとして、その声に応えるとすれば、私はこう答えます。

今からでも十分に今後の作品を楽しめる。と。

なぜなら、この「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」は新たなフェイズへの前段階に当たるからです。

これまでの作品を捨てて構わないという方にオススメのするその理由は、今作が本当の意味でMCUが次の次元に向かっている節目の作品だからです。

これまでは、「マイティ・ソー」シリーズと、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ以外はほとんどが地球の出来事でありました。そして製作陣の発言を見ると、これまで中心的ん活躍してきたヒーローの「死」があることも明らかになっています。

そして、これまでアイアンマンやキャプテン・アメリカが物語を牽引してきたように、今後その中心のとして描かれるキャラクターの一つが、スパーダーマンである、ピーター・パーカーだと読み取れる発言も見られました。

スポンサーリンク

明確に記せば、「キャプテンアメリカ」「アイアンマン」「マイティ・ソー」らの続編はフェイズ3以降発表されておらず、これらの物語は一応の終わりとなっています。

ですので、これからのMCUを楽しみたいという場合、私がオススメするのは「スパイダーマン:ホームカミング」からの視聴です。

「スパイダーマン:ホームカミング」、「ソー:バトルロワイヤル」そして、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」

その後は「アントマン」の第2弾と、「キャプテン・マーベル」第1弾と続いて、再びの、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」第2弾。

ここでフェイズ3は終わり、フェイズ4では、「スパイダーマン」の第2弾が最初の作品となり、「ドクター・ストレンジ」の第2弾や、「ブラック・ウィドウ」単独タイトルの第1弾なども噂されています。

つまりここには、アイアンマンやソーやキャプテンアメリカは登場するとしても脇役としてしか出ないので、物語に大きな関わりがないと言うことです。

いささか乱暴な提案かもしれませんが、全部見返すのはきついと言う方は是非、「スパダーマン:ホームカミング」からスタートして見てはいかがでしょうか。

そしてこれまでの総決算は今作、【アベンジャーズ インフィニティ・ウォー】に集約されるはずです。(違ってる可能性もなきにあらずです。すみません汗)

ぜひ参考にして見てください。

こちらの記事もオススメです。

【時短ネタバレ】映画【インフィニティ・ウォー】主要キャスト、キャプテン、アイアンマン、ソー。これまでの歩みを超ざっくりと振り返る。|パート1

【時短ネタバレ】映画【インフィニティ・ウォー】サノス、ガーディアンズ、スパイダーマン、アントマン。これまでの歩みを超ざっくりと振り返る。|パート2

アマゾンプライムビデオで映画【アベンジャーズ インフィニティ・ウォー】が見れるかも

プライム会員の年会費は3900円。動画配信サイトの中では、最安値であることは間違いありません。

プライム会員になればすべての作品が無料というわけではありませんが、会員見放題の作品は、不定期に入れ替わり、無料で見られるという仕組みです。

ディーン・フジオカ主演の「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」や「仮面ライダー アマゾンズ」、夏帆主演の「東京ヴァンパイアホテル」などのアマゾンオリジナル作品と言われるものは、いつでも無料で見ることができます。

すでに初期のMCU作品は無料で見ることができるほか、「エージェント・オブ・シールド」や「エージェント・カーター」などのドラマ作品も視聴可能です。

マーベルファンにオススメの記事

ドラマ【マーベル インヒューマンズ】キャストキャラクターまとめ!MCUドラマ3作目は”ロイヤルファミリー”の骨肉の戦い!

MCU マーベルシネマティクユニバース【フェイズ1】作品のザックリあらすじとクロスオーバー&スタンリーカメオ出演メモ “私がアイアンマンだ”からNY決戦まで!

ドラマ【エージェント カーター】シーズン1と2のネタバレとマーベル作品とのクロスオーバーまとめ

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。