ドラマ【マーベル インヒューマンズ】最終話までネタバレキャラ&ゲストキャスト

2018年3月から放送のドラマ【マーベル インヒューマンズ】

マーベル・コミックの人気シリーズを原作とし、世界観を共有するマーベル・シネマティク・ユニバース。

「エージェント・オブ・シールド」「エージェント・カーター」に続くドラマシリーズとして日本でもBS放送で登場です。

宇宙人により、人間を使って作られた驚異的な能力を持つ”インヒューマンズ”と呼ばれる生命体の中で、王として君臨するブラック・ボルトを主人公に、その兄弟との間の争いが描かれます。

ここでは、ドラマ【マーベル インヒューマンズ】の第5話から最終話までのキャストの出来事や設定をネタバレで紹介しています。

この記事の見出し

第5話 登場人物とゲストキャスト 

ロイヤルファミリーの登場人物とゲストキャスト

ブラックボルト(アンソン・マウント)メデューサらとともにカルナクを捜索する。コムリンクで通話したマクシマスに「帰ったら二人だけで話したい」と伝える。
メデューサ(セリンダ・スワン)ブラックボルトらとともにカルナクを捜索。ブラックボルトにマクシマスに髪の毛を切られたことなど、これまでの経緯を話す。
カルナク(ケン・レオン)リノから拳銃で撃たれるが手刀で弾を破壊するが、流れ球がジェンの腹部に命中し怪我をさせてしまう。ジェンの神経をブロックして痛みを和らげ、指を「気功」のように使ってジェンの体内の銃弾を取り出し、ジェンの傷口を縫合する。大麻栽培をしていたキャンプに戻とき、先が見えないことに不安を覚えるが、ジェンに励まされる。慎重過ぎて先に進めない自分と葛藤する。棒術により麻薬密売集団と格闘、密売グループのリーダーのマーク・トゥアに倒され捕まるが、ゴーゴンに助けられる。
ゴーゴン(イーム・イクワーカー)サファーのホロたちと別れ一人でカルナクを捜索し、密売グループに痛めつけられていたカルナクを助け出す。過去に月にあった星条旗を持ち帰理、カルナクに注意されて戻す。カルナクが自分にとって大切な存在だと思うようになる。
クリスタル(イザベル・コーニッシュ)デイヴとともにロックジョーのテレポートで海に到着し、地球に海があることに驚き、デイヴを知り人間の安全さ、優しさを知る。
ロックジョー 空間を捻じ曲げて、時空移動をしている。ボール遊びは大好き。

マクシマスに従う勢力 登場人物とゲストキャスト

マクシマス(イワン・リオン)父の銅像に「アティランの未来のために、兄といとこを失った。」と訴える。
オーラン(ソニア・バルモアズ)モーディスの爆発に巻き込まれ全身やけどをしてデクラン研究所で調べられるが、能力を使って火傷から回復。襲ってきた助手を殺害。デクラン博士とマクシマスが通じていることを知り、不審に思う。ブラックボルトの追跡するのではなく、デクラン博士とサミーを使ってブラックボルトをおびき出すと言う作戦に切り替える。
モーディス(ブリジャ・ザディーナ)フローラとともにサミーを連れながらブラックボルト創作をしていたが、デクラン研究所で回復したオーランと合流する。
ローカス(すみれ)ルイーズの運転するトランクに閉じ込められ、出されたともったらブラックボルトらにカルナク捜索を指示される。コムリンクをもっており、マクシマスから通信があったが、一緒にいたメデューサらにバレてしまう。エコーロケーションは、対象を感じ取りながら、自分からの距離、位置がわかるようになっている。実はヒーラーになるのが夢だったが、王家の意向により、テリジェネシスで与えられた能力を使って不本意に人やもの探しをすることに不満を持っている。銃に打たれ死亡。「我らにふさわしい王に。クリスタルもいる。」と言い残す。
タイボー(トレミ・スロコム)マクシマスに従い。地球への援軍をアティランの民から選ぶことを相談される。「改革はマクシマスの私欲で行なっているのでは?」とマクシマスに忠告する。マントの男たちに追い詰められるが、彼らがマクシマスからアティランを取り戻そうとする反乱勢力であることを知る。
フローラ(クリスタ・アルバレス)モーディスとともにサミーを連れてブラックボルトを探すがオーランの指示で、デクラン研究所に戻る。
サカス(マット・パーフェチュオ)爆発で死亡し、デクラン博士に解剖、研究されている。蛇の毒腺のようなものが、首にある。

ロヨリス(アロン・ヘンドリー)地球への援軍を進んで名乗りをあげる。

そのほかの登場人物とゲストキャスト ハワイ・ホノルル

ルイーズ・フィッシャー(エレン・ウォグロム)ローカス、ブラックボルトらとともにカルナクを捜索。
エヴァン・デクラン博士(ヘンリー・イアン・キューザック) インヒューマンズたちを研究し彼らを理解しようとするが、オーランには怪しまれる。オーランがマクシマスとつながっていることに気づく。
デクラン博士の助手(Joseph Kingsley)インヒューマンズが人間を襲うのではと恐れ、回復したオーランを殺そうとするが、反撃に遭い目を刺され命を落とす。
サミー(オロ・アライリマ) モーディスとフローラとともに行動。能力を使って逃げようとするが、デクラン研究所に連れられオーランたちに利用させる。

ジェン(ジェイミー・グレン・ハイダ)リノの放った銃弾を受けて負傷。カルナクの応急処置により助けられる。ブラックボルトらと再会したカルナクに「いくべき道が違う。自分に優しく、す起こしぐらい不安があってもいい」といって別れ、警察を呼びに行く。
リノ(マイケル・トロッター) カルナク殺害に失敗し、取引相手のマーク・トゥアに殺害される。

デイブ(チャド・ブキャナン)クリスタルとともにロックジョーでテレポートし、人間を警戒するクリスタルにハワイ流の生き方を教える。
オードリー(リブ・ヒューソン)デイヴとクリスタルがロックジョーでテレポートするのを目の前で目撃する。

マーク・トゥア(Mark Medeiros)リノの大麻の取引相手のマフィアのリーダー。カルナクを捕らえるが、ゴーゴンらによって倒される。

第6話 登場人物とゲストキャスト 

 ロイヤルファミリーの登場人物とゲストキャスト

ブラックボルト(アンソン・マウント)メデューサ、ルイーズとともにクリスタルを捜索、クリスタルが操っていた雷鳴に気づき再会。デイヴの納屋で警察に捕まりそうになるも、ルイーズに助けられロックジョーでデクラン研究所へ向かい、カルナクらと合流するがゴーゴンの死を知る。
メデューサ(セリンダ・スワン)ブラックボルト、ルイーズとともにクリスタルを捜索、クリスタルが操っていた雷鳴に気づき再会。ゴーゴンの死を知る。マクシマスを打ち倒すというブラックボルトと対立。両親たちと同じ愚かな道を行くべきではなく、マクシマスの裁きは民たちの前で決めるべきだと言う。
カルナク(ケン・レオン)ゴーゴンとともにオーランらが人質にしているサミー、デクラン博士を救出するが、暴れまわるモーディスを抑えようとしていたゴーゴンを失う。ゴーゴンの助言を受け入れて、能力を失ったことを知らないオーランを騙すことで研究施設に潜入することに成功する。アティラン一の戦士。
ゴーゴン(イーム・イクワーカー)カルナクとともにデクラン研究所でオーランらを制圧。アティランへの帰還を嫌がり暴れたモーディスを取り押さえていたが、自らが起こした蹄の波動で研究所の天井が崩落。瓦礫に埋れ命を落とす。過去にマクシマスに武術指南をし、「王家の者は賢く、ズルくあれ」と教えいていた。
クリスタル(イザベル・コーニッシュ)デイヴとともに高台にいき、雷を操って合図を送り、ブラックボルトらと再会。デイヴとキスをして関係を深めたが、オードリーが警察を連れてきたためにデイヴとは別れることになる。
ロックジョー ブラックボルト、メデューサ、クリスタルをデクラン研究所に連れて行く。

マクシマスに従う勢力 登場人物とゲストキャスト

マクシマス(イワン・リオン)タイボーの反乱に気づき、ブロナージャの予知能力を利用して反乱軍を未然に制圧することに成功。本性を露わにしたタイボーを殺害。予知で見た真実を言わずに一部嘘をついたブロナージャに忠誠を誓わせる。過去にゴーゴンから武術指導を受けた時からすでにカルナクから「賢くて、しかもズルい。」と評されるほどだった。
オーラン(ソニア・バルモアズ)テリジェネシスで得た回復能力の力が徐々に弱くなっているとデクラン博士に指摘される。カルナクとゴーゴンの襲撃で制圧される。
モーディス(ブリジャ・ザディーナ)カルナクと戦い気絶させられるが、意識が戻ってからアティランには帰りたくないと暴れまわり、このことがきっかけでゴーゴンは命を落とす。
タイボー(トレミ・スロコム)反乱軍のリーダーとマクシマスを殺害しようとするが、計画がバレて拘束される。
フローラ(クリスタ・アルバレス)オーランとともにカルナクらに捕まる。

アティランの住民・インヒューマンズ 登場人物とゲストキャスト

ブロナージャ(アリ・ダルバート)マクシマスに「タイボーが裏切るかどうか」の予知を見せられるが、恐怖を覚え、見たことの真実を伝えなかった。そのことが嘘だとマクシマスにしられ「マクシマス王、万歳」と強制的に忠誠を誓わされる。
ロヨリス(アロン・ヘンドリー)オーランたちの援軍としてエルドラックにより地球に送られカルナクと戦うが、あっけなく気絶させられる。
エルドラック(Moses Goods)マクシマスの命令でタイボーが集め、再びテリジェネシスを受けて特殊能力をえた低級層の民たちを地球に送る。人数が多いことに愚痴をこぼす。

そのほかの登場人物とゲストキャスト ハワイ・ホノルル

ルイーズ・フィッシャー(エレン・ウォグロム)ブラックボルト、メデューサとともにクリスタルを探すが、オードリーがクリスタルへの嫉妬心から警察に宇宙人がいると通報したため、一芝居を打ちブラックボルトたちを守る。オーランから奪い壊したコムリンクを修理したため、ブラックボルトたちはオーランからの通信を受ける。

エヴァン・デクラン博士(ヘンリー・イアン・キューザック)オーランの回復能力が以前より弱っていることを指摘する。カルナク、ゴーゴンらに助け出される。
サミー(オロ・アライリマ)拘束されていたデクラン研究所からカルナク、ゴーゴンらに助け出される。

デイブ(チャド・ブキャナン)クリスタルの能力を使ってブラックボルトらに合図を送れば見つけられるかもしれないと提案し、高台へ連れて行く。オードリーが警察を呼んでしまったので、デイヴの彼女だと一芝居を打つルイーズに話を合わせて警察を追い払う。
オードリー(リブ・ヒューソン)デイヴとクリスタルが親密になっていることに嫉妬し、警察に通報するが、ルイーズとデイヴが一芝居を打ったたため警察からが誤報だと思われる。

反乱軍リーダー Rebel Leader(Lee Minh Topping)
オードリーの通報を受けた警官(Devon Nekoba)

Sponserd Link

第7話 登場人物とゲストキャスト 

ロイヤルファミリーの登場人物とゲストキャスト

ブラックボルト(アンソン・マウント)マクシマスに和平協議を申し入れ、デクラン博士を引き渡すも、マクシマスの裏切りにより和平協議は決裂する。メデューサにも隠していた「王家の秘密シェルター」を拠点に反撃を開始し、トライトンを使ってマクシマス拘束するも、マクシマスからアティランを透過し守っている反射ドームを破壊すると脅され躊躇する。 
メデューサ(セリンダ・スワン)核シェルターの存在やトライトンが生きていたことなどを秘密にしていたブラックボルトへ、これは侮辱だと怒りを顕にする。初めてブラックボルトに会った時、当初は両親を失ったことをからかおうと思っていたが、顔を見てお互いに同じ立場だと言うことに気づき考えを改めた。
カルナク(ケン・レオン)ブラックボルトの計画に従いながらも、デクラン博士が明らかにした再テリジェネシスをゴーゴンに施すためにオーランと接触。うまくオーランを説得してゴーゴンに再テリジェネシスを施すも、最後まで結果を見れずにいる。
ゴーゴン(イーム・イクワーカー)命を落とすもカルナクによりオーランの再生能力を使った再テリジェネシス施され蘇る。
クリスタル(イザベル・コーニッシュ)デイヴに会えないことを悲しみ、人間で見た普通の人たちの暮らしを見て自分の人生は自分で選びたいとメデューサに話す。
ロックジョー

マクシマスに従う勢力 登場人物とゲストキャスト

マクシマス(イワン・リオン)マクシマスがブラックボルトら王家を追い出したのは、「再テリジェネシス」を実現するためだった。「家族が自分に会うことを求めて、その場を仕切るのが自分」と言うのがこれまで望んだことだった。再びテリジェネシスを行い、地球に侵略すると言う目的がある。
オーラン(ソニア・バルモアズ)普通の人間でありながらインヒューマンズに打ち勝ったと言う「尊敬の念」からマクシマスに従ってきた。注射針が怖い。ゴーゴンへの再生能力転移に協力する。
モーディス(ブリジャ・ザディーナ)ゴーゴンとともに瓦礫に埋もれ、命を落とす。
フローラ(クリスタ・アルバレス)ブラックボルトらに捕まり、和平協議を申し込みに行ったクリスタルろロックジョーによって、アティランに連れ戻される。

アティランの住民・インヒューマンズ 登場人物とゲストキャスト

ブロナージャ(アリ・ダルバート)
ロヨリス(アロン・ヘンドリー)

そのほかの登場人物とゲストキャスト ハワイ・ホノルル

エヴァン・デクラン博士(ヘンリー・イアン・キューザック) 和平協議の場でマクシマスに引き渡され、マクシマスとともに「再テリジェネシス」を行おうとするが、王城で起きた問題に対処しに行ったマクシマスを待っている間に、カルナクがオーランの再生能力を使って蘇ったゴーゴンを目撃する。

第8話 登場人物とゲストキャスト 

ロイヤルファミリーの登場人物とゲストキャスト

ブラックボルト/ブラッガー・ボルタゴン(アンソン・マウント)反射ドーム崩壊が近いことを知ってからは民たちを地球に移住させる方針をとり、自らはマクシマスを説得に向かう。マクシマスを王室のシェルターに幽閉しエルドラックを通って地球へ移住。地球での生活を「別の危険と交換しただけ」と消極的な認識を持つ。
メデューサ/メデュサリス・アマケリン(セリンダ・スワン)ルイーズと再会しインヒューマンズの地球での居住地を探し準備してもらう。頑なに王位を譲ろうとしないマクシマスに最後の説得を試みるも失敗。やむなく地球へ移住するも、民たちの前で地球という故郷に帰ってきたと言う喜びの言葉を伝える。
カルナク(ケン・レオン)アティラン兵に捕まりクワイエットルームに幽閉されるも連れてこられたゴーゴンとともに脱出。反射ドームがいずれ崩壊することを見抜き、民たちともに地球に移住。ゴーゴンに再テリジェネシスをさせて苦しませてしまったことを悔やむ。ブラックボルトらからその責任を追及され最後まで面倒を見ろとメデューサから指示される。クワイエットルームはカルナクが設計したもので、特にブラックボルト専用なので音波に対して頑丈に作られている。
ゴーゴン(イーム・イクワーカー)再テリジェネシスを経たのち苦しみが去らず、苦しみながらも暴れてデクラン博士を殺害してしまう。アティラン崩壊とともに死のうと考えるも、カルナクに説得され地球に行くことになる。
クリスタル/クリスタリア・アマケリン(イザベル・コーニッシュ)民たちをエルドラックを通して地球に避難させ、地球に居住地を作るためにジョージと交渉をしているメデューサに呼ばれて、ロックジョーとともに地球にテレポートして説得に加わる。
トライトン(マイク・モー)ブラックボルトに協力し王室らとともに地球に移住する。もともと水中に適したインヒィーマンズ。
エルドラック(モーゼス・グッズ)壁と一体化し、その壁に入ることでテレポートさせることができるインヒューマンズ。クリスタルの要請を受けてアティランの民たち1400名を地球へ送る。アティラン崩壊直前にブラックボルトを地球へ送り届ける。
ロックジョー
若いブラックボルト(Lofton Show)マクシマスから両親が同意した脳手術の書類を見せられたことから両親の前で「なぜ?」と声を発して殺害していまう。両親がいなくなったことで、遺伝子評議会からブラックボルトの持つ能力が必要だと判断されて王位につく。
若いマクシマス(Aidan Fiske)ブラックボルトの両親が遺伝子評議会から勧められていたブラックボルトの能力を抑える脳手術の書類に勝手にサインをして、ブラックボルトに見せる。このことから疑心暗鬼になったブラックボルトは両親を殺害してしまう。かえってその事がブラックボルトの強大な能力をアティランの国防のために必要なものとなり、ブラックボルトが王に就任することになる。

マクシマスに従う勢力 登場人物とゲストキャスト

マクシマス(イワン・リオン)アティランを覆う反射ドームの電力が自らの1時間おきのチェックにより維持できるようにコントロールシステムを改変するも、技術に疎いために反射ドームは制御できる状態ではなく、崩壊を迎えてしまった。ブラックボルトに王室のシェルターに閉じ込められるも「私はアティランの王だ」と自分を頑なに信じている。しばらく前からブラックボルトの手話を解読できるようになっていた。
オーラン(ソニア・バルモアズ)マクシマスもアティランも救いたいと思っており、頑なに王座を譲らないマクシマスとメデューサを仲介して引き合わせる。ただ自分が再テリジェネシスをしたいだけのマクシマスに仕えるのを辞める。
フローラ(クリスタ・アルバレス)
催眠を操るインヒューマンズ(ミリアム・ルシアン)暴れまわるゴーゴンを眠らせてクワイエットルームに閉じ込める。
ブロナージャ(アリ・ダルバート)「マクシマスはアティランの王だった。そしてブラックボルトはいなくなった」と余地で見たことをマクシマスに話す。ブラックボルトらに従い地球へ移住する。
ロヨリス(アロン・ヘンドリー)ブラックボルトに捕えられていたマクシマスを助ける。

そのほかの登場人物とゲストキャスト ハワイ・ホノルル

ルイーズ・フィッシャー(エレン・ウォグロム)メデューサの要請を受けて地球にインヒューマンズの居住区を要するために上司のジョージにメデューサを引き合わせる。父の遺灰が入ったロケット型ネックレスを月に連れて行ってもらう。
ジョージ・アシュランド(トム・ライト)クリスタルとロックジョーのテレポートを目撃したことから、地球にインヒューマンズの居住区を用意する。
エヴァン・デクラン博士(ヘンリー・イアン・キューザック)再テリジェネシスを経て自制できていないゴーゴンに殺される。

月額325円のアマゾンプライムビデオでドラマ【マーベル インヒューマンズ】が見れるかも?

プライム会員の年会費は3900円。プライム会員になればすべての作品が無料というわけではありませんが、会員見放題の作品は、不定期に入れ替わり、無料で見られるという仕組みです。

Amazonプライム・ビデオ日本ドラマ第一弾「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」や「仮面ライダー アマゾンズ」、夏帆主演の「東京ヴァンパイアホテル」などのアマゾンオリジナル作品と言われるものは、いつでも無料で見ることができます。

いずれは、マーベルドラマ「エージェント・オブ・シールド」の一部の無料視聴も可能で、ドラマ【マーベル インヒューマンズ】の配信があるかもしれないので、要チェックです。

ドラマ【マーベル インヒューマンズ】ファンにおすすめ作品

MCU マーベルシネマティクユニバース【フェイズ1】作品のザックリあらすじとクロスオーバー&スタンリーカメオ出演メモ “私がアイアンマンだ”からNY決戦まで!

ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3キャラクター登場人物まとめ。インヒューマンズチーム《シークレットウォーリアーズ》はじめ特殊能力者の新キャラが参戦

ドラマ【エージェント カーター】シーズン1と2のネタバレとマーベル作品とのクロスオーバーまとめ