ドラマ【エージェント オブ シールド 5】最終話までサクッとネタバレあらすじ

Sponserd Link

2019年3月からDlifeで放送のマーベルドラマ【エージェントオブシールド】シーズン5。(以下「シールド5」)

仮想現実「フレームワーク」からの生還という形で現実に戻ったのもつかの間、ヒドラが造った「アンドロイドデイジー軍団」がタルボットを発砲したことで、コールソンたちは追われる羽目に。捕まる前に腹ごしらえとダイナーでの食事を楽しんでいたコールソンたちの前にやってきたのは、丸坊主の男と兵士たち。しかも動きを止められて運ばれていってしまうコールソンたち・・・。

「シールド5」はマーベル・シネマティク・ユニバース (MCU)全体ではフェイズ3に位置しており、ドラマ内の出来事は映画「マイティ・ソー/バトルロワイヤル(ラグナロク)」「ブラックパンサー」「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」そして、2019年3月15日に日本でも公開される映画「キャプテン・マーベル」やフェイズ3の最後を飾る「アベンジャーズ/エンドゲーム」にも関わる可能性があります。

ここでは【エージェントオブシールド】シーズン5のあらすじを全体を振り返ることを目的に、キーワードをポイントにしてご紹介しています。

主要キャラクターはこちらの記事でご紹介しています。

ドラマ【エージェント オブ シールド 5】主要キャストとあらすじ。1~4シーズンのざっくり振り返りとチェックしておきたいマーベル映画

(放送に合わせて内容を変更予定です。放送前のあらすじはこちらから引用)

Sponserd Link

1 「オリエンテーション 前編(Orientation part1)」

夕食の途中でイノック(サイラス)らに連れ去られたコールソンチーム。意識を取り戻したコールソンたちは白いモノリスに飲み込まれる。フィッツ以外のメンバーが送り込まれたのは宇宙だった。そこで出会ったヴァージルから”コールソンたちが人類を救う救世主だ”と聞かされる。

クリーに捕らえられてしまったコールソンたちは、ブレスレット「メトリック」の交換をヴァージルから請け負っていた人間、ディークに助けられる。そしてコールソンたちは気づき始める。自分たちがいる場所が、クリーによって管理されている場所で、地球が崩壊したおよそ90年後の世界だと言うことに。

2 「オリエンテーション 後編(Orientation part2)」

宇宙船「トローラー」に乗りながら、目の前の宇宙空間に漂ってるのが破壊された地球であることに気づいたメイとジェマ。クリーにより管理された居住空間「ライトハウス」は「命によって命を得る」と言うクリー人カサイアスの法律により、低所得者の者たちが殺し合いをすることで、度々「命の清算」がなされる非情な世界。クリーの元で奴隷状態の人間たちは、生き延びるために他人の命をうわなければならない世界で希望もなく暮らしていた。

コールソンたちはヴァージルの友人・テスに手引きされ解決の方法を探し始めるが、「けが人の治療」と言う「法律違反」をしたことからジェマがクリーの居住区に連れ去られ「ライトハウス」の支配者・カサイアスの召使いとされてしまう。その頃、ディークの後を追ったデイジーは、ディークが「フレームワーク」の技術を利用したアヘン窟のような「娯楽」を生業としていることを知る。さらにデイジーは、90年前に粉々になった地球を破壊したのが「クエイク」のパワーだったと教えられる。

3 「奪われる命(A Life Spent)」

カサイアスの指示で分子密度を操るインヒューマンズ、アビーの訓練を担当することになったジェマ。ジェマの「思いやり」により「セレモニー」で大男の命を奪うまでに力をコントロールできるようになったアビーは、カサイアスにとっての大事な客人、レディ・バーシャに売られて行く。

その頃コールソンたちはテスとともにトローラーで宇宙に漂うガレキの回収へ乗り出す。ヴァージルが残した「航海日誌」をヒントに「616」という大岩へ向かったコールソンたち。しかし、コールソンたちを「反乱分子」だと疑うグリルの部下、ゼブに手荒なことをしたことから、コールソンたちは処刑されることに。そこで機転を利かせたヨーヨーの働きで、禁制品の「拳銃」を所持していたゼブが処刑されることになり、コールソンたちは一命を取り留める。マックがヴァージルが秘密に利用していた通信機を修理したことから、「616」が地球からの通信を反射している岩で、ヴァージルが地球の人類と連絡を取り合っていたことが判明する。

その頃、カサイアスの元に囚われていたジェマを助けようとしていたデイジーは、グリルから盗んだ「タブレット」を使い、カサイアスの元へ向かう。引き止めるディークを振り払い、デイジーは一人カサイアスの元へ向かう。しかしディークが、インヒューマンズの能力を貴重と考えるカサイアスにデイジーの居場所を密告し、デイジーはカサイアスのトラップに捕らえられてしまう。

4 「得られる命(A Life Earned)」

ディークによってカサイアスに売り渡されてしまったデイジー。「地球を滅ぼした女」として、その名が知られているデイジーは、近々「セレモニー」で宇宙の商人に売却されることに。

その頃、デイジーとジェマを救出しようと動き出したシールドは、マックがグリルから得た情報をもとに、研究開発フロアの35階へ向かう。ディークの力を借りたどり着いた35階でコールソンとメイがそこで見たのは、生まれたての「赤子」だった。ディーク曰く「リニューアル」で人口が減ったため、新たに子供が補充され売買される頃だという。「ライトハウス」では、高値で売れるインヒューマンズを育てるため、能力者の血液を採取し赤子を誕生させ、人間は妊娠しないように食品に混ぜ物をする「管理体制」がカサイアスによって確立されていた。そんな中、メイはシナラに捕らえられてしまう。

ジェマ以外に仲間はいないのかとカサイアスからの尋問を受ける中で、デイジーは能力者のベンと知り合い、カサイアスが「ライトハウス」を破壊しようとしていることを知り、反撃のための時機を見計らうようになる。

破壊された地球に降り立ち、人間の手助けをし、再建したにも関わらず、人間が神や予言にばかり夢中になることに恨みを抱いていたカサイアスは、予言を信じる「長老」や「学者」たちをみな殺してしまっていた。

そんな中開かれた「セレモニー」。そこに商人として現れたフィッツは、「クエイクが死ぬまで戦わせるべきだ」と、他の商人やデイジーが見ている前でカサイアスに申し出るのだった。

>>>映画「ソー:バトルロワイヤル(ラグナロク)」 の公開(2017年11月3日。日本。

5「巻き戻し(Rewind)」

シールドメンバーとの夕食の時、一人取り残され、地図に載っていないアメリカ軍の基地「ブルー・レイヴン・リッジ」に捕らえられていたフィッツ。フィッツは、アメリカ軍のヘイル准将へ、コールソンたちが姿を消した謎の解明する情報提供をしながら、脱獄方法を考えサッカー雑誌への意見投書によって外部へ助けを求めていた。

半年が経った時、かつてのシールドメンバー、ランス・ハンターが弁護士としてフィッツのもとへやってくる。再会を喜びながらも脱獄した二人は、コールソンたちを連れ去ったトラックをヒントに、3万年前から人類を監視しているクロニコムと言う宇宙人種のイノック(サイラス)のもとへ向かう。

フィッツはコールソンたちが地球の滅亡を救うため、74年後の2091年に送られたと教えられる。さらにフィッツが一人残されたのも、コールソンたちと合流し地球を救うためだと、未来を予知する能力を持つインヒューマンズのロビン・ヒントンから教えられる。低温凍結カプセルを利用して長い眠りについたフィッツは、イノックの協力を得て、2091年に目を覚まし、コールソンたちの救出へ向かうのだった。

Sponserd Link

6 「残酷なゲーム(Fun & Games)」

多くの敵を殺し、莫大な富を持つ略奪者”ボシュトック・ザ・スペース・マローダー”としてライトハウスで行われる「セレモニー」へ、イノックとともに向かったフィッツ。穏便にことを進め、デイジーを買い取ることでコールソンたちを助け出そうとするフィッツだったが、カサイアスの兄・フォールナクが来たことで状況は一変。カサイアスの召使となっていたジェマととともに、デイジーとシナラが命を懸けて戦っていた「セレモニー」の最中に行動を起こし、デイジー、フィッツ、ジェマの三人はかろうじてカサイアスの元から逃げ出すことに成功する。

その頃コールソンたちは、テリジェネシスを経て能力を獲得したテスの友人で16歳の青年・フリントと知り合う。コールソンたちの正体を知り、殺そうとするグリルは、フリントが得た石を操る能力により殺され、コールソンたちはフリント、テスとともにライトハウスを抜け出そうとする。しかし、テスがフリントを匿ったとして見せしめに殺害されてしまい、次の手を考えざるを得なくなる。

テレパシーの力を持つインヒューマンズ、ベンの対戦相手として「セレモニー」で殺し合いをさせられるも、フィッツの機転で地上へ送り込まれることになっていたメイ。フィッツから指示を受けたイノックは、クリーになりすまし、ヴレルネクシアンの餌食として地上へ送り込まれていたメイの救出へ向かっていた。

7 「2人の誓い(Together or Not at All)」

マローダー(フィッツ)、デイジーやジェマらに逃げられ負傷したカサイアスは、クエイク探しに部下のマストン・ダーを向かわせる兄・フォールナクを泳がせ時機を見計らっていた。腹心のシナラが、クエイクを追跡するマストン・ダーを殺害したのちに、カサイアスは兄・フォールナクを自らの手で殺める。カサイアスは、「兄はクエイクに殺された、その仇を討ち、クエイクを捕らえた」という筋道を立て、これからデイジーを捕まえて父の元へ突き出せば、ついに父も自分のことを認めてくださる、「ついに私たちの望みが叶う」と希望を抱く。
その頃、フィッツ、デイジーとジェマは追っ手から逃げているうちにディークに助けら、コールソンたちと合流することに成功。ディークは、閉じ込められていた自分の部屋の窓を破り逃げ出していたという。完全に信頼を置けないながらもディークの持っていた「反重力装置」で、宇宙船「トローラー」へ向かい「ライトハウス」から飛び立ち、崩壊後の地球の表面へ不時着したコールソンたち。
しかし、マックとヨーヨーは「ライトハウス」の人たちを守るというフリントとともに「ライトハウス」に残ったたため、コールソたちとは別行動になる。
その頃、処刑として地表へ送られていたメイのもとに、イノックが現れ、大怪我を負って、まともに戦うことができずにいたメイをゴキブリどもから助けてくれる。そんな二人のもとに重力嵐がやってくるが、二人は突如何者かに拐われていく。
メイが目を覚ましたのは「ゼファーワン」の中だった。目を覚ましたメイの前に立ち「またあなたに会えるのとすっと待っていた」という老婆の手には「木彫りのコマドリ」が握られていた。

8 「最後の日(The Last Day)」

破滅した地球の破片のゼファーワンで生き残っていたロビンやヴォスたちと合流し一安心するコールソンたち。しかしロビンの予言は謎が多く、気まぐれなため、コールソンはライトハウス に残るマックたちの援護に向かおうとしていた。フィッツとシモンズは白いモノリスを制御する装置を動かそうと動き始めるが、突如部屋に閉じ込められてしまう。
過去にヴォスたちが助けたディークの父・オーウェンが、かつてフィッツが設計していた装置を完成させたことから、コールソンたちは過去から人類を救うために送られてきた。しかし、ヴォスたちは地球を滅ぼしたデイジーを悪者とみなし殺害しようとしていた。デイジーたちにその目論見がバレたヴォスは、これ以上予知ができないようにとロビンを殺害してしまう。
その頃、ライトハウスのマックたちは、フィッツが隠しておいた武器を手に、クリーが人間の居住フロアに放ったゴキブリたちを駆逐することに成功。生き残った人間たちと共にクリーに反撃を始める。
カサイアスは、人間が住める場所ではないとされていた地表へシナラを送り込み、コールソンたちを全滅させようとする。
ロビンの死を看取ったメイ。そこでメイは自分がかつて、母を亡くしたロビンを育て、必ず地球を救うと約束していたことを知り、ロビンから、破滅した地球を取り戻す方法を教えらえる。それには、白いモノリスを利用し過去へ戻る方法と、インヒューマンズとなったフリントの力が必要だった。

9 「作戦の行方(Best Laid Plans)」

「フリントが白モノリスを再生し、過去に戻り、未来を変える」ロビンがメイに託した予言を信じ、フリントと合流するためライトハウス に向かおうとするコールソンたちだったが、八十年も動かしていないゼファーワンは正常に作動せず、重力嵐を避けるため一同は洞窟へ逃げることにする。このゼファーは次世代型に改良され、宇宙船としても利用でき、シモンズは錨を外して、重力嵐に乗って宇宙空間へ行けばRCSスラスターで飛行できると考え、洞窟に移動した一部の地球人たちを残し、コールソンたちはゼファーで移動し、ライトハウス に向かうことを選択する。錨を外す際、デイジーはシナラに襲われるもディークの協力を得て難を逃れる。こうしてコールソンたちは地表を離れ、マックたちとの合流を目指す。
その頃ライトハウスのマックたちは、クリーの蘇生術で生き返り、カサイアスのメッセンジャーとしてマックたちの元へ送り込まれたテスから情報を得て、カサイアスがライトハウスの酸素システムに仕掛けていた爆弾を発見。さらに、カサイアスが命の次に大事にしていたテリジェンクリスタルを占拠。カサイアスが持つ起爆スイッチを奪い取ろうとマックとヨーヨーは、カサイアスと直接対面する。
話の長いカサイアスの性格を利用して、マックたちが時間稼ぎをしている間に、ライトハウスに居住する各フロアの地球人たちは力を合わせ、爆弾を一箇所に集め、カサイアスがスイッチを押す頃には、他の場所に避難し害を逃れることに成功する。地球人が避難したことを確認したマックは、カサイアスの前でテリジェンクリスタルを全て破壊。地球人を自らの支配下から逃し、テリジェンクリスタルまでも全て消し去られたカサイアスは発狂する。
コールソンとマックたちがお互いの無事を通信で確かめ合っていた頃、カサイアスもまた、自らが抱える予言者の力で、コールソンたちがライトハウスやってくることを知り、迎え撃つ準備を進めていた。

10 「過去への扉(Past Life)」

マックと合流し、「フリントの能力で白モノリスを再生させ過去へ戻る」というロビンの予言を実現させるため、ゼファーワンで「ライトハウス」に乗り込んだコールソンたち。
コールソンたちと合流する前に、インヒューマンズがもう一人生きていると知ったヨーヨーは、独りでインヒューマンズの救出へ向かう。そのインヒューマンズは、カサイアスに捕えられ、血液やDNAを採取されるためにことあるごとに蘇生させられていた「クローンエレナ」だった。ヨーヨーは、自分自身であり、タイムループから抜け出せなくなっている彼女に、「コールソンの命を助けようとするシールドメンバーの忠誠心が地球の破滅を招く」と教えられる。
一方フィッツとシモンズはフリント、マックと合流し、ワープするための「白モノリス」を、「白モノリスのかけら」と、宇宙空間に漂う石灰岩から作ることに成功する。「過去に戻ったら地球を破壊してしまう」と言い、「ライトハウス」に残ろうとするデイジーをアイサーで眠らせ、強引に連れてきたコールソンたちと合流したマックだったが、ヨーヨーがまだきていないことを知り探しに行く。そこでマックは「オディアム」を飲み凶暴化したカサイアスと戦闘の末に、シモンズに助けられカサイアスを殺害。目の前でクローンエレナが殺害され、絶望していたが、本物のヨーヨーと再会し安堵する。
同時進行で白モノリスの制御装置「等時性サイクロトロン」の制御を任され一人で行動していたイノックはクリーたちに行動がバレて襲撃される。そこへディークが合流し、イノックの動力源であるバッテリーを「等時性サイクロトロン」の起動エネルギーとして利用することを決断。こうして白モノリスがコールソンたち呑み込み、チームを過去に送り込むことに成功する。しかしその時の爆発でライトハウスの数フロアは壊滅。イノックとディークは爆発に巻き込まれ死去する。数名のインヒューマンズとともにトローラーで「ライトハウス」から脱出していたテスとフリントは、地球再建に向けて希望を抱いていた。

11 「安らぎの故郷(All the Comforts of Home)」

コールソンたちは白いモノリスによって、2018年頃の地球へ帰還。それはフィッツがイノック、ハンター、ロビン、ポリーらと共に訪れた頃のライトハウスだった。そこはクロニコムのノアが人類監視の拠点としており、さらに三つのモノリスの保管場所でもあり、さらに世間では、タルボットを意識不明にした”クエイク”を始め、シールドエージェントたちは最高ランクのお尋ね者となっていた。
そんな中コールソンたちは、数週間前からミズーリ州セントルイスの研究所から上空へ光が発っせられていることをノアから教えられる。それはヴォスが言っていた地球崩壊のきっかけの兆候で、その正体はかつてハイヴが利用したクリーを呼ぶ装置「クリーオーブ」だった。コールソンたちは危険を顧みながらも、デイジーをライトハウスへ残し現地へ向かう。
そこにいたのはコールソンたちが2091年に送られた後、アメリカ軍に協力していたパイパーだった。久々の再会を喜ぶコールソンたちとパイパーだったが、フィッツとシモンズが「クリーオーブ」に人間が取り付けたタイマーを発見した時、パイパーはコールソンたちに銃を向け、アメリカ軍に投降するよう要求する。さらにそこへ、タルボットの後任のヘイル准将が送り込んだルビーとロボット兵がやって来る。その戦闘の最中、ヨーヨーはルビーの「リングブレード」によって、クローンエレナが言っていた通り両腕を失ってしまう。
その頃、ライトハウスにいたデイジーは、ディークがモノリスによってこの時代にワープし、しかも警察に捕まっていることを知り、ディークのソーシャルワーカーを装い、捕らえられていた警察署からディークをライトハウスへ連れ帰る。そこへ、「クリーオーブ」と両腕を失ったヨーヨーとともに、コールソンたちがライトハウスへ帰還。速やかに、シモンズがヨーヨーの手術を始める中、倉庫に移動させた「クリーオーブ」がノアを巻き込み大爆発を起こしてしまう。
研究所でシールドをおびき寄せて一網打尽にする計画だったヘイル准将は、娘・ルビーが予定通り行わなかったせいで作戦が失敗したことを責める。その後ヘイル准将が向かったのは、タルボットのボディガードを辞めた後フィラデルフィアで生活していたカール・クリールのところだった。「もう政府要人の護衛はしない」と話すクリールに、ヘイル准将は「チームを作る」と言いクリールをスカウトする。

第11話の劇中曲 Jude Shuma , The Bent Scepters

オープニング、ルビー・ヘイルがイヤホンで効いていた楽曲| Jude Shuma 「Float」
Jude Shumaの「Float」をアマゾンでチェック!

ディークが、リバーズエンドのバーで呑んだくれていた時にかかっていた楽曲| The Bent Scepters「Gassed」
The Bent Sceptersの「Gassed」をアマゾンでチェック!

12 「時空の裂け目(The Real Deal)」

マイルストーンの100回目のエピソードで、コールソンはついに彼がゴーストライダーとした不思議な取引を明らかにしました。これはチームの全員に影響を与えます。

13 「プリンシピア(Principia)」

チームは世界を救うためにグラヴィトニウム (Gravitonium)を探しに行きます。

14 「悪魔コンプレックス(The Devil Complex)」

フィッツとシモンズのレースは裂け目を塞ぐための方法を見つけるために、彼らは明らかに彼らの最大の懸念の一つに直面しています。

15 「ヒドラ・アカデミー(Rise and Shine)」

コールソンはヘイル将軍の真の計画を明らかにしました、そして、SHIELDが彼女を助けないならそれは世界の終わりになるかもしれません。

16 「閉じ込められた声(Inside Voices)」

SHIELDチームが彼を突き止めて救出しようとしている間、コールソンは世界を救うために驚くべき同盟国と組むことを強いられます。

17 「ハネムーン(The Honeymoon)」

エージェントの人生がバランスの中で停止している間、フィッツ、シモンズ、そしてヨーヨーは地球の破壊に役割を果たす可能性のある武器を無力化しようとします。

18 「すべての道は…(All Roads Lead…)」

地球を破壊する可能性のある予言された連鎖反応が動かされる前に、チームはルビーを止める方法を見つけなければなりません。

>>>映画「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」の公開(2018年8月31日。日本。

19 「完全包囲(Option Two)」

コールソンとチームは灯台(ライトハウス)で包囲されています。

20 「我らすべてを救うもの(The One Who Will Save Us All)」

新たに決定されたタルボットは、コールソンを敵に会うために連れて行き、地球の破壊を避けようとします。

21 「運命の重み(The Force of Gravity)」

世界の破壊者としてのデイジーの未来は重大な変化を遂げる可能性があります。

>>>映画「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」の公開(2018年5月4日。日本。)

22 「結末(The End)」

間違った決定は地球の破壊を引き起こすので、コールソンの生死はチームが自らを見出す挑戦です。


以下の記事もオススメです。

ドラマ【エージェント オブ シールド 5】主要キャストとあらすじ。1~4シーズンのざっくり振り返りとチェックしておきたいマーベル映画

ドラマ【エージェント オブ シールド 5】ライトハウスや地球破滅の歴史を解説

ドラマ【エージェント オブ シールド 4】ゴーストライダーとアンドロイドエイダの戦い 第22話ネタバレ1話から振り返り。

ドラマ【エージェント オブ シールド 4】全エピソードとタイトルリスト。MCUの世界観設定や専門用語を網羅

ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3全話あらすじ。死の星のインヒューマンズが目指したものは?

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)