ドラマ【エージェント オブ シールド 4】第10話ネタバレ1話から振り返り。シモンズのみが知る?メイス長官が「ウィーンのヒーロー」の本当の理由

スポンサーリンク

2018年4月から放送のマーベルドラマ【エージェントオブシールド】シーズン4。

前作シーズン3の放映中には映画「シヴィル・ウォー:キャプテン・アメリカ」と「ドクター・ストレンジ」が公開され、放送後には「スパイダーマン:ホームカミング」の公開へと繋がっています。

マーベル・シネマティク・ユニバース (MCU)全体ではフェイズ3に位置しています。

ここでは【エージェントオブシールド】シーズン4の第10話ネタバレと、それまでの物語の経緯を振り返り、物語をより深く理解できるようになればと思い、まとめさせていただいます。

シーズン3のあらすじの詳細は以下の記事を御覧ください。

ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3全話あらすじ。死の星のインヒューマンズが目指したものは?

スポンサーリンク

第9話までの経緯|ドラマ【エージェント オブ シールド 4】

リンカーンを失った悲しみから「自警団」として悪の撲滅に暗躍し、世間ではお尋ね者となっているデイジー=クエイク。

シモンズはシールド内での権限を手元に残すため、メイス長官のもとで忠実に働いていた。

フィッツはデイジーと同じ思いから、ラドクリフ博士とともに「エージェントたちの身代わり」となる「エイダ」というアンドロイドを作り出していた。

そのさなかデイジーは自動車修理工で働き、ゴーストライダーとして処刑をし続けるロビーを知り、同じ頃、かつて「モーメンタム研究所」で無から有を作り出す「量子粒子発生装置」をシンクタンクの依頼で研究していたルーシー・バウアーたち研究者たちは、閉じ込められていた「量子バッテリー」から幽体として蘇っていた。

ロビーとデイジーは、これらの調査の中でシールドと行動をともにすることとなり、魔術の書「ダークホールド」の力を得て「量子粒子発生装置」を完成させようとするロビーの叔父・イーライ・モローが一連の事件の計画者だと知る。

ロクソン発電所で無から有を生み出す「力」を手に入れたイーライはロサンゼルスでアップデートされた量子バッテリーを作り、核爆発を起こし自分だけが生き延びようとしていた。

「ダークホールド」を読み「次元間ゲート」を作成し、フィッツ、コールソンらを連れ戻すことに成功したエイダは、ネオジムコアを使った改良版の次元間ゲートでイーライの目論見を阻止する。

この任務後に正式にシールドエージェントとして戻ることになったデイジー、さらに「ソコヴィア協定」に反するアンドロイドプログラム「LMD」は、メイス長官の許可のもとシールド監督下で継続されることになる。

しかしそのエイダが突如暴走しプレイグラウンドは機能停止状態に。LMDのメイを使ってダークホールドを盗み出そうとするエイダだったが、マックのショットガンアックスの一撃で持ち去れるのを阻止。これらの計画は「人間の永遠の命、死からの解放」を目指しているラドクリフが画策したことだった。

ナディール議員の弟・ヴィジェイがインヒューマンズであることを突き止めたシモンズとデイジーは、メイス長官とともにヴィジェイ救出に向かうも失敗。ナディール議員は自らの弟を失う悲しみを乗り越え、ウィッチドッグの力を借りてヴィジェイを銃で撃ち、海に投げ捨てるのだった。

スポンサーリンク

第10話ネタバレ|ドラマ【エージェント オブ シールド 4】

ペンシルベニア州サンベリーでクエイクのマスコミへの正式発表を行っていたメイス長官たちシールド。しかし、元ヒドラのスナイパー、ユーリ・ザイキンにエージェント一人が殺され、会場はパニックに。タルボットの指示による「フォックスホールド作戦」でメイス長官を逃すマックとコールソンだったが、避難途中クインジェットが敵に狙われ墜落。タルボットから受け渡された「ブリーフケース」を持ったバロウズは飛行中にクインジェットから投げ出され行方不明になり、操縦士は命を落とすことになる。頑なにバロウズの捜索を最優先とするメイスを不審に思いつつ行動するコールソンとマックは、ウォッチドッグに奪われたブリーフケースを取り戻すことに成功するが、その中身はすべて破壊されてしまう。

その頃メイス長官らの捜索に動いていたシモンズとフィッツは、タルボット准将から「パトリオット計画」の真実を聞くことになる。世間にはインヒューマンズだと公言していたメイス長官は、デイジーの父、カルヴィン・ジョンソンの持っていた調合薬を元にタルボットが大統領の命令を受けて作った改良薬を使って力を得ていただけで、テリジェネシスを経たインヒューマンズではなく、その薬の効力が切れたら「嵐の中の紙袋」のように、ただの人間となんら変わらない存在だった。

ウォッチドッグの兵士たちと戦わないメイス長官を見ていたコールソンとマックも、彼がブリーフケースの中の薬の力がなければ、ただの人間なのだということを教えられる。新たなウォッチドッグ兵士たちに包囲される中、コールソンの発案で、メイス長官が時間稼ぎをしている間にマックが通信妨害をしている危機を積んだトラックを破壊。しかし、コールソンとメイス長官はウォッチドッグ兵士たちに追い込まれ小屋で応戦することに。万策付きたかに見えたコールソンとメイス長官だったが、シモンズからコールソンらの居場所を聞いてやってきたデイジーに間一髪助けられる。マックもまたデイジーとともにやってきたメイとともに傭兵隊長を倒し無事救出されるのだった。

その後、プレイグラウンドに戻ったコールソンは、メイス長官にウィーンで起こったこと、その後、タルボットからの要請で「パトリオット計画」に賛同したこれまでの経緯をきく。メイス長官は記者会見を開き全てを明らかにしてコールソンに長官を譲ると決意するが、コールソンは今まで通り「シールドの顔」としてメイスが長官を務め、今後は自分がシールドの全ての指揮をとることに決めるのだった。

その頃、エイダが暴走したことからシールドに近づけなくなっていたラドクリフは、自宅のラボで隔離しているメイの容態が安定しないことに頭を悩ませていた。エイダへ指示し眠らせているメイに「ホットマッサージの夢」を見せていたが、メイはついに意識を取り戻し、ラドクリフのラボから逃げようとする。しかしメイはエイダに捕まり、再び眠らされてしまうのだった。ラドクリフはこのことから「戦士」であるメイには、平安を見せるのではなく「敵」を与えることが、眠っているメイを安定させることにつながるということに気づく。

メイス長官とコールソンたちの救出任務から戻ってきたメイLMDは、この戦いで負った傷口の奥に「機械」を確認し、自分が人間でないことに気づくのだった。

ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン1&2が見放題の【アマゾンプライムビデオ】について

2018年4月現在アマゾンプライムビデオ(プライム会員)でシーズン3も無料配信!

ドラマ「エージェント・オブ・シールド 3 (配信字幕版) 」をアマゾンでチェック!

ドラマ【エージェントオブシールド】はアマゾンプライム会員になることで無料で視聴することができます。動画配信サイトの中では最安値の「アマゾンプライム会員」になることで視聴可能です。

プライム会員になればすべての映像作品が無料というわけではありませんが、会員見放題の作品は不定期に入れ替わり、無料で見られるという仕組みです。

アマゾンオリジナルドラマで夏帆主演の【東京ヴァンパイアホテル】やディーンフジオカと清野菜名主演の【はぴまり〜Happy Marriage!?〜】のほか【仮面ライダー アマゾンズ】などのアマゾンオリジナル作品と言われるものは、いつでも無料で見ることができ、そのほか時期により様々な作品が無料になります。

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)