ドラマ【マーベル インヒューマンズ】全話ネタバレあらすじ。MCUの世界観とクロスオーバーメモ

スポンサーリンク

2018年3月から放送のドラマ【マーベル インヒューマンズ】

マーベル・コミックの人気シリーズを原作とし、世界観を共有するマーベル・シネマティク・ユニバース。

「エージェント・オブ・シールド」「エージェント・カーター」に続くドラマシリーズとして日本でもBS放送で登場です。

宇宙人により、人間を使って作られた驚異的な能力を持つ”インヒューマンズ”と呼ばれる生命体の中で、王として君臨するブラック・ボルトを主人公に、その兄弟との間の争いが描かれます。

ここでは、ドラマ【マーベル インヒューマンズ】の第1話から最終話までのあらすじをネタバレで紹介しています。

スポンサーリンク

第1話ネタバレざっくりあらすじ&ストーリー

カリスト航空宇宙管理センターの職員のルイーズ・フィッシャーが月で操縦していた探査機は突如「透明な何か」に追突し、その直後「蹄」のようなものに踏み潰され、ルイーズらはその調査を始めることになる。

その頃地球の月で都市「アティラン」を築き生活をしていたブラックボルトを王とするインヒューマンズたちは、王室警備隊のリーダー・ゴーゴンが破壊し回収した探査機が発見されたことから、王族たちの間で会議が行われ、ブラックボルトの弟で、テリジェネシスの儀式で超人的な能力の発現されなかったマクシマスは、今こそ地球に移住すべきだと提言する。しかし、ブラックボルトはいまはまだ動く時ではないとし「王を信じろ」と言うのみ。その頃、地球のインヒューマンズたちを連れ戻すため、ブラックボルトの指示で極秘に地球に送り込まれていたトライトンは、マクシマスが送り込んだ傭兵部隊に追い詰められ海へと身を投げ、その報告を受けたマクシマスは、トラントンが地球で「死んだ」と王たちに報告する。

そのことを受けて、ゴーゴンはトライトンの救助のため地球へ向かい、そのすきにマクシマスは、テリジェネシスの儀式を取り仕切る「遺伝子評議会」議長のキタングを部下のオーランの手で殺害し、メデューサの髪の毛を剃り力を弱め、妹のクリスタルをとらえクーデターを起こす。マクシマスに追い込まれ、声を発して攻撃をしようとするブラックボルトだったが間一髪ロックジョーにより地球に連れていかれる。「評議会の議長を殺害して王が逃げた」とアティランの民たちに言い広めるマクシマス。

こうしてロックジョーにより地球に送られたカルナク、ブラックボルト、ゴーゴンたちは、マクシマスを王と崇める王室警備軍らと対立することになるのだった。

第1話 MCUクロスオーバー・世界観 メモ

(*)内は新たに設定が明らかになった話数。

テリジェネシスの原理・儀式|インヒューマンズの文明をさらなる高みへ引き上げる聖なる試みの場で、進化の促進と遺伝子の完成をもたらす儀式。テリジェネシスののち、遺伝子評議会で検査が行われ、正確に特殊能力への評価がなされる。テリジェネシスを通過しても、特殊能力を得られない者は炭坑で働かせられる。第1話で儀式を行ったブロナジャとイリディアの両親も特別な能力は持たず、低階級者として暮らしている。(4)遺伝子評議会ではテリジェネシスは「一生に一度きり」の儀式だと定めている。マクシマスはデクラン博士の研究結果から、テリジェネシスで特殊能力の見られなかったアティランの民でも、再びミストをくぐることで能力が覚醒する方法があることを突き止める。(7)特定の能力を持つインヒューマンズの細胞を移植したのちに再びテリジェンクリスタルのミストをくぐると能力が現れる。マクシマスはデクラン博士とこの再テリジェネシスの実験をしていた。(8)カルナクによりゴーゴンが二度目のテリジェネシスを経るが、自制が効かないことから、デクラン博士を殺害してしまう。

アティラン|地球の惑星・月にあるインヒューマンズ一族が暮らす都市。土地面積が狭い事から、厳しいカースト制度の元に運営され、低階級者は炭坑に送られ労働生活を送る。反射ドームに包まれ「透明」になっており肉眼では見ることはできない。(3)テリジェネシスの儀式で特殊能力が見られなかったものは、王家の生まれであっても「王」になることはできないと決められてれている。(4)アティランでも農業を行われており、面積が少ないため必要に応じた栽培工学が発達している。月にも衛星は飛んでいる。月に肉はない。(6)元々は地球に住んでいたが、未知のものに恐怖を抱き攻撃する人間たちを恐れ、月の裏に「隠れて」暮らすようになった。(8)アティランは場所ではなく「民」であるので地球に移住してで再起を図ることになる。

第2話ネタバレざっくりあらすじ&ストーリー

ロックジョーによりハワイの各地へ送られたカルナック、ゴーゴン、メデューサ、ブラックボルトらロイヤルファミリー。

ハロアリッジに降り立ったカルナックは、下山する際に転落し、頭を強打したことから自らの能力が活かせず、ブラックボルトを探そうと彷徨った挙句転落した最初の地点に戻ってしまう。ゴーゴンは、トライトンを追い求め海に入るが、泳げずに溺れかけたところを地元のサーファーに助けられ、マクシマスを挑発し戦士として戦おうとしていた。

その頃、ホノルルのダウンタウンに降り立ったブラックボルトはメデューサとの再会を約束するも、洋服店で万引きをしたことから警察に捕まってしまう。その際、テーザー銃を受けて声を発しパトカーを破壊したことからニュースとなり、そのニュースをルイーズが目撃することになる。ルイーズは、月探査機の原因究明のことで上司・ジョージと対立しクビを言い渡され、休暇を取っていた。

そして、ダイヤモンドヘッドに送られたメデューサは、ブラックボルトのいるホノルルダウンタウンへ移動するも、その途中月から追跡してきたオーランと戦闘し腹部をさし倒すのだった。

アティランでマクシマスは王として民を扇動し、ブロナージャの予言から遺伝子評議会が企てていたマクシマス殺害を未然に阻止、ブラックボルトとゴーゴンの殺害を命じて地球に送られ、メデューサとの戦闘の末、腹部への傷を負ったオーランからの援軍要請を受けるのだった。

第2話 MCUクロスオーバー・世界観 メモ

コムリンク(リストバンド型通信機)|アティランの王室で使われているリストバンド型の通信機。特定の人物を呼び出すことができ、月と地球間でも利用できる。所持者の位置を特定するための簡易的な地図としても利用できる。(5)ルイーズは壊れていたコムリンクを修理する。

スポンサーリンク

第3話ネタバレざっくりあらすじ&ストーリー

特殊能力を失い森をさまよっていたカルナクは、大麻栽培をしているジェン(ジェイミー・グレン・ハイダ)、リノ(マイケル・トロッター)らのいる小屋にたどり着き、秘密がバレてしまったと殺されそうになるが、ジェンらの説得により、しばらく小屋で生活をし行動をともにすることになる。

サーファーのホロらとともに、命を狙うオーランらインヒューマン軍団と戦うことになったゴーゴンは、マクシマスが送り込んだインヒューマンズの中に眼光線を放つモーディスがいることから、一時退却することになる。

ブラックボルトは刑務所で同室になった囚人で、金属を熱で溶かす能力を持つインヒューマンのサミー(オロ・アライリマ) の手助けにより、インヒューマンを研究するデクラン博士(ヘンリー・イアン・キューザック)により刑務所から助けられるのだった。その頃、新聞でブラックボルトがニュースになっていること知ったメデューサは、ブラックボルトのいる刑務所に向かうも再会できず、ブラックボルトの正体を突き止めようとし、偶然居合わせたルイーズ・フィッシャーを銃で脅して、ブラックボルトを追跡するのだった。

半ば強制的にマクシマスに、新たな王の誕生の声明を出すように言われたクリスタルは、評議会らが集う中マクシマスを裏切り、眠らされていたをロックジョー起こし地球に降り立つのだった。

第4話ネタバレざっくりあらすじ&ストーリー

ブラックボルトの乗っているヘリコプターを見失ったことからルイーズ(エレン・ウォグロム)に無茶を言い続けるメデューサは、信号無視をし発砲したため警察から追われることになる。ブラックボルトを見つけるためにいくつもの法を犯したルイーズはメデューサが月の都市アティランの女王であることを教えられ、メデューサから信頼を得るのだった。

マクシマスと通じているデクラン博士にサミー(オロ・アライリマ)とともに助けられ研究所に連れてこられたブラックボルトは、検査を受け自らのDNAが、地球でテリジェネシスを経たインヒューマンズのものと違い「完璧な形」であることを知る。しかし、研究所に毒を発見したことからサミーとともに脱出を試みるが、外にはオーランたちが立ちふさがるのだった。モーディスのビームを警戒し身動きが取れなくなっていたブラックボルトの元へ、車を運転するルイーズとともにメデューサが現れ、モーディスを車ではねたことでビームが発射され、ガスタンクに引火し辺りは大爆発を起こす。

オーランらが意識を失っている中、ブラックボルトとメデューサは再会を喜び、意識を取り戻していたローカス(すみれ)を連れて逃げることになる。

クリスタルはロックジョーを轢いた農家のデイヴ(チャド・ブキャナン)の元恋人で、獣医の卵のオードリー(リブ・ヒューソン)にロックジョーの治療をしてもらい、クリスタルは初めて人間を「触る」と言う経験をするのだった。

サーファーのホロたちとともにオーランから逃げていたゴーゴンは、家族のようなホロたちをモーディスたちと戦わせることはできないと、ホロたちと別れ、一人、カルナクを探し始めるのだった。

その頃大麻栽培をするリノ(マイケル・トロッター)たちの元で暮らすことになったカルナクはジェン(ジェイミー・グレン・ハイダ)に好意を持たれ、二人は関係を深めるのだった。しかし、その二人を怪しみながら見ていたリノは、仲間のテッドを殺害していたのだった。

第4話 MCUクロスオーバー・世界観 メモ

インヒューマン|デクラン博士の研究によると、地球のインヒューマンズは、テリジェネシスののちにDNAに「異常」が起こるが、ブラックボルトのDNAは完璧な状態。

第5話ネタバレざっくりあらすじ&ストーリー

ジェンのテントで一夜を過ごしたカルナクはリノから命を狙われ、大麻栽培のキャンプから一時的に離れる。その頃リノは、密売集団のリーダー、マーク・トゥア(Mark Medeiros)に殺害され、再びキャンプに戻ったカルナクは密売集団たちを倒そうとするが、ジェンとともに捕まってしまう。拷問を受けていた時に、ゴーゴンに助けられ直後にブラックボルト、メデューサ、ルイーズ、ローカスたちと再会するが、ローカスは銃の流れ弾が原因で命を落とすことになる。

その頃、ロックジョーが回復したことでデイヴとともにハワイの海岸にテレポートしたクリスタルは、デイヴの優しさに触れ、恐ろしい存在だと思っていた人間を安全だと感じていた。

モーディスの誤爆に巻き込まれ全身火傷しデクラン研究所で調べられていたオーランは、自らの力を使って回復しマクシマスとデクラン博士が通じていることに不審を抱きながらも、サミーを使ってブラックボルトをおびき寄せることにする。

「私欲のために王となったのでは」とマクシマスに忠告するタイボーは、マクシマスを新王と認めない反乱勢力のリーダーと接触。

マクシマスは地球への新たな援軍を選びながらも、タイボーから不信を伝えられ、アティランためにと心を砕いてきたにも関わらず報われない境遇を、今はなき父・アゴン王の像の前で訴えるのだった。

第5話 MCUクロスオーバー・世界観 メモ

アティランの王家の対立事情|ブラック・ボルトの両親に、メデューサの両親は殺害され、ブラックボルトの両親の死後に、遺伝子評議会の決定でブラックボルトの能力が国防になると判断され王に就任。のちにメデューサとブラックボルトは結婚。ブラックボルトらは「テリジェネシス」による変異を優先に考え、能力に見合った役職に就かせることにしている。それを望まない民たちやローカスらインヒューマンズは、「自分の人生は自分で選ぶことができる」と言うマクシマスの思想に賛同・共鳴している。マクシマスは民のためだと言いながらも、能力を「自分のいいように利用している」だけとメデューサは批判する。

第6話ネタバレざっくりあらすじ&ストーリー

ブラックボルトとメデューサは、ルイーズの案内でクリスタルを捜索している時、デイヴの発案で高台から雷を操り合図を送っていたクリスタルと再会。ロックジョーでカルナク、ゴーゴンのいるデクラン研究所に向かう。その際、デイヴとクリスタルが親密になっていることに嫉妬したオードリーが警察に通報したために、クリスタルはデイヴと、メデューサはルイーズと分かれ離れになってしまう。

ブラックボルトの友人・サミーとデクラン博士を助けるためにオーランらが待ち構えるデクラン研究所に向かったゴーゴンとカルナクはお互いに協力し、サミーとデクラン博士を助け出し、アティランから送り込まれてきた低級層の援軍とオーランらを制圧する。

施設から立ち去る際にモーディスが暴れ出し、押さえつけていたゴーゴンは「蹄の波動」を起こしてしまい、その衝撃でデクラン研究所が崩壊。二人は瓦礫に埋もれ、ゴーゴンは命を落としてしまう。

ロックジョーに送られて到着したブラックボルト、メデューサ、クリスタルらもその死を悔やむ。

第7話ネタバレざっくりあらすじ&ストーリー

オーランたちを捕まえて完全に制圧したブラックボルトたち。デクラン博士を人質に和平協議を申し出るもマクシマスは一度は受け入れた和平を拒否し、ブラックボルトとマクシマス兄弟の関係は悪化。ブラックボルトは「次会った時は命を奪う」といい、行方不明になっていたいとこトライトンと合流し、王室の秘密シェルターを拠点に反撃を開始する。

「たとえ酷いことをしたとしても誰かを殺してはいけない」と忠告するメデューサとブラックボルトの関係が揺らぎ始める中、デクラン博士の協力のもと再度「テリジェネシス」を行おうとするマクシマスは、トライトンの活躍によりブラックボルトに捕まるのだった。命を奪わんばかりの怒りにもえるブラックボルトに対しマクシマスは、アティランを守る反射ドームを破壊する用意ができていると明かし、ブラックボルトは躊躇するのだった。

その頃、カルナクはデクラン博士の研究成果から、ゴーゴンを生き返らせようと肉体の再生能力を持つオーランに接触しゴーゴンに二度目のテリジェネシスを試みるも、警備兵におわれ最後まで結果を見ないままでいた。

ブラックボルトに捕まったマクシマスを待っていたデクラン博士の前に、二度目のテリジェネシスで変化したゴーゴンが姿を見せるのだった。

第8話(最終話)ネタバレざっくりあらすじ&ストーリー

技術に疎いマクシマスが反射ドームとコントロールルームのスキャナーを繋げたことからアティンラン崩壊が近づく中、メデューサは地球にインヒューマンズの居住区を確保するためにルイーズに協力を要請。ルイーズの上司・ジョージをロックジョーのテレポートを見せて説得し居住区を確保する。

マクシマスはロヨリスらの手助けでブラックボルトの元から逃げ出し、自らの再テリジェネシスののちに、地球を力で支配するとの計画を目指していた。

アティランとマクシマス両方を救いたいと願っているオーランは、テリジェンクリスタルを持つメデューサとマクシマスを引き合わせるが、説得は失敗し王家とアティランの民はエルドラックを通過して地球へ移住を始める。最後の説得に向かったブラックボルトは、過去にマクシマスの策略により自らが両親を殺すことになってしまった真実を知る。

ブラックボルトはマクシマスを王室のシェルターに幽閉し「さらばだ、弟よ」を声を発してシェルターを破壊し、エルドラックにより地球へ逃げ延びる。

「別の危険と交換しただけだ」と地球移住を消極的に見るブラックボルトとは対照的に、メデューサは「征服ではなく、友情を。地球よただいま」と地球の新たな居住地で民たちに語りかけるのだった。

月額325円のアマゾンプライムビデオでドラマ【マーベル インヒューマンズ】が見れるかも?

プライム会員の年会費は3900円。プライム会員になればすべての作品が無料というわけではありませんが、会員見放題の作品は、不定期に入れ替わり、無料で見られるという仕組みです。

Amazonプライム・ビデオ日本ドラマ第一弾「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」や「仮面ライダー アマゾンズ」、夏帆主演の「東京ヴァンパイアホテル」などのアマゾンオリジナル作品と言われるものは、いつでも無料で見ることができます。

いずれは、マーベルドラマ「エージェント・オブ・シールド」の一部の無料視聴も可能で、ドラマ【マーベル インヒューマンズ】の配信があるかもしれないので、要チェックです。

ドラマ【マーベル インヒューマンズ】ファンにおすすめ作品

MCU マーベルシネマティクユニバース【フェイズ1】作品のザックリあらすじとクロスオーバー&スタンリーカメオ出演メモ “私がアイアンマンだ”からNY決戦まで!

ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3キャラクター登場人物まとめ。インヒューマンズチーム《シークレットウォーリアーズ》はじめ特殊能力者の新キャラが参戦

ドラマ【エージェント カーター】シーズン1と2のネタバレとマーベル作品とのクロスオーバーまとめ

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)