ドラマ【エージェント オブ シールド 4】第15話キャスト登場人物ネタバレ。絶体絶命!!LMDに乗っ取られたシールドを救うのは?

スポンサーリンク

2018年4月から放送のマーベルドラマ【エージェントオブシールド】シーズン4。

シーズン3ではモノリスに飲み込まれたシモンズ、インヒューマンズ中心のチーム結成に動くデイジー、シーズン3のヴィランであるギデオン・マリックとハイヴの登場と死などが描かれ、特に「インヒューマンズ」がどういった存在なのかが描かれました。

ここでは【エージェントオブシールド】シーズン4第15話の登場人物・キャラクターをまとめてご紹介しています。

スポンサーリンク

第15話 レギュラーキャストネタバレ

フィル・コールソン(クラーク・グレッグ)ラドクリフに捕えられ「フレームワーク」の中に閉じ込められている。「フレームワーク」の中では教師。【コールソンLMD】プログラムされた通りシモンズとデイジーを捕えてLMDと入れ替えようとし、二人が誘拐され、LMDとすり替えられたから、二人を見つけたら脳にはダメージを与えずに捕まえるという指令をシールドエージェント達に伝える。メイLMDを信用したことから二人に逃げられ、メイLMDが起爆させた「プレイグラウンド」の爆発に巻き込まれる。フィッツがLMDであることに気づいたシールドエージェント・フィッシャーともう一人を殺す。ラドクリフがそれぞれに抱えている「心の傷」が少し軽いもう一つの現実である「フレームワーク」を作ったため体に意味はないという。コールソンの願いは「シールドに入らず民間人としてメイと平和に単純に暮らすこと」フレームワークの中ではメイと結ばれていると話す。
メリンダ・メイ(ミンナ・ウェン)ラドクリフに捕えられ「フレームワーク」の中に閉じ込められている。「フレームワーク」の中ではヒドラのエージェント。【メイLMD】近所の池でしたスケート、アルプスで一月駐留した任務とともに雪の記憶を持っているが、実際に自分の目で雪を見たのは今回が初めて。愛するコールソンを守って一緒にいたいという「本当にやりたかったこと」として、LMDに乗っ取られたプレイグラウンドを爆破する。「痛みや後悔」を抱く人間であるコールソンこそが、メイが愛するコールソンだと話す。
デイジー・ジョンソン/クエイク (クロエ・ベネット)世界中のインヒューマンズを助けに行くため、最初はヨーヨーを迎えに行こうとしていたが、隔離室で自らのアンドロイドを目撃しシールド幹部がLMDと入れ替えられていることに気づく。シモンズとともにプレイグラウンド から逃げて「フレームワーク」にハッキングで入り込み、コールソンらと助け出そうとする。マックLMDとコールソンLMDに銃で撃たれるが、自らの波動のパワーを使って倒す。マックLMDは頭部が粉々になる程破壊される。【デイジーLMD】プレイグラウンドの隔離室に複数の複製体が安置されていた。
レオポルド・フィッツ(イアン・デ・カステッカー)ラドクリフに捕えられ「フレームワーク」の中に閉じ込められている。「フレームワーク」の中では女性をエスコートし高級車から降りてくる。【フィッツLMD】シモンズと行動をともにする中で、プレイグラウンド内のLMD探知機に引っかかり正体が判明する。手首を切って大量の血が流れ自分が本物の人間だと見せかけシモンズを捕らえる。シモンズの脳をマッピングしようとするも、シモンズに破壊される。のちにマックLMDに修理され「デイジー軍団」に追跡と攻撃をプログラムしようとするも、プレイグラウンドの爆発に巻き込まれる。本物のフィッツは、シモンズと結婚することを望んでいたが、シモンズの返事が「確実」ではなかったために「結婚して一緒の暮らそう」とはいえなかった。
ジェマ・シモンズ(エリザベス・ヘンストリッジ)デイジーとともにプレイグラウンド から逃げて「フレームワーク」にハッキングで入り込み、コールソンらと助け出そうとする。ともに行動していたフィッツがLMDと入れ替えられていることに気づき、自らの手で破壊する。絶望的な状況に諦めかけるもデイジーに「フィッツと一緒にいなきゃダメだ」と励まされる。「フレームワーク」の中では死んでいる。
アルフォンゾ・”マック”・マッケンジー(ヘンリー・シモンズ)ラドクリフに捕えられ「フレームワーク」の中に閉じ込められている。「フレームワーク」の中では娘を持つ父親。【マックLMD】デイジーLMD軍団に紛れ込んだデイジーを捕まえようとして「肩紐」がずれていた個体を攻撃しようとするもすぐ後ろにいたデイジーに倒される。シモンズとデイジーと捕らえようとし、デイジーの能力により頭部を粉々に破壊される。
ホールデン・ラドクリフ(ジョン・ハンナ)フレームワークを守るための場所をもらう代わりにイワノフの望みを叶えた。現実は「認識」にすぎないから、本物と感じ、信じるものが本物になると話す。自らのプログラムに矛盾が生じていると話すエイダに手首を切られ、「フレームワーク」のなかに強制的に戻されてしまう。

シールド関係者とメイのチームのキャストと登場人物、キャラクター

エイダ /マダムヒドラ(マロリー・ヤンセン)瀕死のサペリアーを改造して頭部のみを人工体の遠隔装置(コントローラー)として新たなサペリアーLMDを作成する。ラドクリフを守ることと「フレームワーク」が破壊されないよう守ることが任務。「フレームワーク」を守るための最大の脅威である「ラドクリフの後悔」があることにより感情的に相反し、プログラムに矛盾が生じている。その解決のためにラドクリフを傷つけて強制的に「フレームワーク」に送り込むという選択をする。
エレナ・”ヨーヨー”・ロドリゲス(ナタリア・バックリー)プレイグラウンド から逃げてきたデイジーらと合流し、パイパーらとともに「フレームワーク」に入るデイジーらを見送る。
パトリオット/ ジェフリー・メイス(ジェイソン・オマラ)ラドクリフに捕えられ「フレームワーク」の中に閉じ込められている。【メイスLMD】プログラムされた通りにコールソンLMDらとともにシモンズとデイジーを捕らえようとする。デイジーと戦い倒される。フィッツがLMDであることに気づいたシールドエージェントを一人殺す。
デイヴィス(マックス・オシンスキ)催眠ガスで一時的に眠らされるも、シモンズに解毒剤を打たれて意識を取り戻し、デイジーらとともに「プレイグラウンド 」から逃げる。訓練中だったが「ゼファーワン」を操縦する。
パイパー(ブリアナ・ベンスカス)催眠ガスで一時的に眠らされるも、シモンズに解毒剤を打たれて意識を取り戻し、デイジーらとともに「プレイグラウンド 」から逃げる。
プリンス(リカルド・ウォーカー)催眠ガスで一時的に眠らされるも、シモンズに解毒剤を打たれて意識を取り戻し、デイジーらとともに「プレイグラウンド 」から逃げる。
フィッシャー(Cantrell Harris)フィッツがLMDであることに気づき、コールソンLMDに殺される。
グラント・ウォード(ブレット・ダルトン)フレームワーク内ではデイジーと同棲し、同じ職場で働いている。

そのほかのキャストと登場人物、キャラクター

アントン・イワノフ/サペリアー(ザック・マクゴワン)エイダにより頭部だけを遠隔操作型LMDの脳として残され、肉体は人工のものとなる。ムーディーブルースの「Have you heard,Part 2」は聴きながら生まれて来たかった曲。

第15話劇中歌◯The Moody Blues「Have you heard,Part 2」

ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン1&2が見放題の【アマゾンプライムビデオ】について

ドラマ【エージェントオブシールド】はアマゾンプライム会員になることで無料で視聴することができます。動画配信サイトの中では最安値の「アマゾンプライム会員」になることで視聴可能です。

プライム会員になればすべての映像作品が無料というわけではありませんが、会員見放題の作品は不定期に入れ替わり、無料で見られるという仕組みです。

アマゾンオリジナルドラマで夏帆主演の【東京ヴァンパイアホテル】やディーンフジオカと清野菜名主演の【はぴまり〜Happy Marriage!?〜】のほか【仮面ライダー アマゾンズ】などのアマゾンオリジナル作品と言われるものは、いつでも無料で見ることができ、そのほか時期により様々な作品が無料になります。

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)