ドラマ【エージェントカーター 2】第6話あらすじとゲストや登場人物やクロスオーバーメモ

2017年7月からDlifeで放送のドラマ【エージェント・カーター シーズン2】

キャプテン・アメリカの恋人として有名なペギー・カーターが主人公として、第2時世界大戦後のアメリカを舞台に活躍します。

マーベルシネマティックユニバースに入り、映画「アイアンマン」から始まる映画/ドラマシリーズと世界観を共有する作品。シーズン1では、映画「アントマン」やエージェントオブシールドに登場する二トラミン爆弾や「ブラックウィドウ」ことナターシャ・ロマノフの生い立ちにも関わる「レッドルーム プロジェクト」などが登場しました。

ここではドラマ【エージェント・カーター シーズン2】のあらすじやゲストと、劇中の挿入歌などについて紹介しています。

【MUCクロスオーバー】エージェント カーター シーズン1全体の出来事/伏線 3つの視点のあらすじ

【MUCクロスオーバー】ドラマ「エージェントカーター 2」各話あらすじと出来事まとめ。ゼロマターはテリジェンクリスタルかモノリスかグラヴィトニウムか

スポンサーリンク

ドラマ【エージェントカーター 2】第6話 あらすじ

再び体が透明化してしまったウィルクス。その時、暗闇に吸い込まれるような感覚になる。ペギーは、ウィルクス博士がジェーン・スコットの生体サンプルのゼロマターを吸収した時に、一時的に肉体が実体を持ったように、その時のことを再現することができるのではないかといい、ゼロマターを手に入れるためホイットニーのもとへ乗り込むことになる。チャドウィックは、ウランをペギーらに盗まれた失敗の埋め合わせとして、ホイットニーと評議会のメンバーを引きあわせると約束。

ホイットニーはゼロマターの可能性を評議会に説明することになる。ペギーは、チャドウィックの資金集めパーティに来るホイットニーに接触して、人混みに紛れて、改良した真空注射器をさせばゼロマターを採取できるという。怪我が完治していないペギーは、自分の代わりにジャービスとともに潜入する人間に、ドッティを誘い込むことを思いつく。

心理カウンセラーとしてドッティの入る監獄に向かったペギーは、脱出アイテムを渡して監獄からドッティを逃し、ペギーの元から逃げようとするドッティを捕獲する。ウィルクス博士の自分の体を閉じ込めておく装置の制作を手伝うアナは、ジャービスが危険な任務に入ることを知り気が動転していまう。ペギーはドッティに、ダイヤモンドネックレス型の追跡装置をつけさせ、ジャービスとともにパーティに潜入させる。作戦の説明を受けるドッティは、採血器を作ったウィルクス博士に興味津々だが、彼の体が実体のないことを知る。

パーティに潜り込んだジャービスとドッティだったが、そこへトンプソンがいることに気づく。トンプソンは、ヴァーノンからもっと上に上り詰めたければ、部下であるペギーが自由に動けないように手を打てと忠告される。ジャービスはドッティが動いている間、トンプソンの注意を引いておくために話しかけ、時間を稼ぐ。その間に、ドッティはホイットニーの血液採取に成功するが、直後、通信機を洗面所に置いたまま一人で勝手に行動をはじめ、9人評議会の会議室に入り込む。そこで、ホイットニーがゼロマターを使ってグロースターら評議員と夫のチャドウィックを飲み込むところを目撃する。

ホイットニーは、チャドウィックが9人評議会とグルでホイットニーのことを捕まるつもりだったと知り、その場で評議会を乗っ取り、残ったメンバーをゼロマターの力で服従させ新たな評議会のトップに立つのだった。行方の分からなくなったドッティを探すために現場に出ようとするペギーだったが、傷口が開いてしまいスーザに治療され、そこで、スーザとヴァイトレットが婚約解消したことを知り、その原因がスーザがペギーへの気持ちをもっていたことだと言うことを知る。見つめ合う二人がキスしようとした時、トラックの屋根に人が落ちて来る。そのころドッティは、ヴァーノンの用心棒たちと戦っており、トンプソンがドッティを捕まえ、ヴァーノンに引き渡すのだった。

ジャービスはドッティが残したホイットニーの血液を取り戻し、ペギーたちは一時退却する。これまでのことがすべてペギーの仕業だと知ったヴァーノンは、トンプソンにカーターの存在を貶めろと命令する。トンプソンは、ロスでのことは忘れて一緒にニューヨークに戻ろうとペギーを誘うが、ペギーは拒否し、トンプソンはヴァーノンから狙われていることを暗にほのめかすのだった。その頃、ドッティはホイットニーに捕らえられていた・・・

スポンサードリンク

ドラマ【エージェントカーター 2】第6話 ゲストメモ

モーティマー・ヘイズ  John Kerry ミシシッピ川より西側の新聞を牛耳っている権力者。ホイットニーがトップとなった評議会のメンバーとなる。チャドウィックやグロースターらが死んだことをうまく世間に報道しろとホイットニーに命令される。
メロディ Hayley McCarthy チャドウィックの資金パーティで「怖い顔はダメよ」とトンプソンに話しかける。
警備員  Josh Latzer ホイットニーのゼロマターに飲み込まれる。
トーマス・グロースター Casey Sander ウォール街の金の全てを動かしている権力者。ホイットニーのゼロマターに飲み込まれる。

ドラマ【エージェントカーター 2】第6話 メモ&クロスオーバーまとめ

<ウィルクス博士のつくった密閉容器>ジェーンスコットの整体サンプルに触れた時に一瞬肉体が触れるようになったことから、その状態を再現する。ゼロマターが必要。ワイヤーを胴体基部の周りにそっと通すと磁場が生まれる。

<アナのセリフ>アートも科学も同じ極意は同じ、正確さ。この時のアナの髪型がアトムのお茶の水博士のような髪型になっている。

<ペギーとドッティの名セリフ>ペギー「一応、言っておくと、逃げる気なのはわかってるし、備えもできてるわ。」ドッティ「私も言っておくと、本国送還なんてウソなのはわかってるし備えてもムダよ。」ペギー「じゃ決まりね。」

<SSRの武器&スパイウェア>

  • 電磁捕獲網器。捕獲網で人を包み込み、電流を流して感電させる。
  • ティファニー製、追跡装置付きダイヤモンドネックレス。破壊しようとすると神経毒が注入され、35秒の立つ地回った挙句に命を落とす。別回線から遠隔操作することもできる。
  • 採血器。本体横の真空ボタンを押して、針がホイットニーの体に触れたら指を離すことで採血できる。およそ1秒で十分な量が採れる。ウィルクス博士が発明製作。
  • へアアクセサリー(ミニハット)型双方向通信器。眼鏡型双方向通信機。

「エージェント・カーター」の動画配信サイトはこちら

楽天 SHOWTIME 31日間無料 お試し(月額¥2,149)字幕・音声切り替え選択可能  

アマゾンビデオ HD画像¥300/1エピソード  字幕・音声選択不可能(字幕のみ)

U-NEXT 31日間無料 お試し(月額¥1,990) 字幕・音声選択可能 

◯TSUTAYA TV 30日間無料 お試し(月額¥933)

◯au ビデオパス 30日間無料 お試し(月額¥562)字幕・音声選択(吹き替えのみ) 

ビデオマーケット (月額¥500) 字幕・音声選択可能   

◯dTV 31日間無料 お試し(月額¥500)

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。