山之内すず出身は神戸の田舎?宇垣美里と似過ぎな件。同じ事務所のモデルやインフルエンサー

AbemaTVの番組で、シリーズ第5弾の『白雪とオオカミくんには騙されない♥』に出演し、「TikTok」で16万人以上のフォロワーを誇る山之内すずさん(以下敬称略)。

https://www.instagram.com/p/BlLGB0InsZj/?utm_source=ig_web_copy_link

「Z世代」と称されるデジタルネイティブの10代の若年層に絶大な人気で、「ティーンのカリスマ」とも言われています。

ここでは、山之内すずと非常に似ていると言われる宇垣里美との繋がりを探っていきます。

まず、山之内すずは、2001年10月3日生まれで、兵庫県神戸市で育ったそうです。

本人のインタビューでは、神戸市でも「田舎」の方で育ったそう。

◯ティーンが熱烈支持!の山之内すずにオヤジがTikTokを教わった!(LEON.JP) – Yahoo!ニュース

神戸市で田舎の方と言われても詳しくはわかりませんが、西区や北区は神戸市の中では広い面積を誇っているので、この辺りの可能性は非常に高いですね。

後ほど紹介する「学区」からも、この辺りの出身だ考えられます。

そして本人の投稿でも、カマキリとかカブトムシと怖がらずに対話?していることからも、自然児だったようですよ。

そんな彼女が所属するのが、中野ゆいな(@nkn_teyan)、小川知夏ちなぴぴ( @dream__0717)、柊太朗(@tar0tar0tar0shi)などが所属する「INCUBATION(インキュベーション)」と言うタレント・モデルの事務所です。

他には、中沢結(@occ_yui)をはじめ、リサ(@Maeda_Risa)、美季(みっちぇる/おみき @miki_66v)、西村信章(@nobuaki_1003)、小山 敦史(@k_atsiii)、柴田あやな(@shibaobasan)、佐藤美咲(@Sato28Misaki)なども「INCUBATION」の所属。

そんな山之内すずといえば、フリーアナウンサーに転向して活躍する宇垣美里と似ていると話題です。

山之内すずがどれだけ似ているか、画像で見比べると…。

すごく似ていると思いませんか?骨格がほとんど同じで、笑顔の出来方もそっくり。鼻や目のバランスもほとんど同じように見えます。

二重の具合は全く同じですね。

宇垣美里は神戸市立歌敷山中学校から、兵庫県立長田高等学校、その後は、兵庫県立長田高等学校に進学しています。

垂水区、長田区の学校に通っていたことから、神戸の学区分けで「第一区」になります。

そして実は、山之内すずも伊川谷高校に通っていたと言われるのですが、この情報が本当だとすると、二人は同じ学区だったことになるのです。

かつては「第三区」と言われていたようですが、この辺りは、いくつかの被差別部落のあるエリアとも言われています。

ちなみに他の著名人では、派遣会社として日本で12を争う、「パソナ」の代表南部氏の出身校も、この学区の可能性があるとのことです。

https://twitter.com/momongafive/status/472043567829876736?s=20

「パソナ」といえば、こんな上級国民の企業として有名。

RAPT×読者対談29 パソナの癒着とトヨタのブラックな実態。

他にも、一時マスコミでバッシングされ有名になった「杉田水脈」も、この辺りの出身と言われています。

まさに、政財界や芸能界とつながる何かがある地域ですね。

ちなみにこの学区の中学校の「荒れ具合」は、以下のような順番となっているそうです。

地元の人は「納得。」ですか?

他にもこの第一学区出身の著名人はたくさんいました!

https://twitter.com/momodesu819/status/1162985632693542913?s=20

朝ドラ「スカーレット」の主演の戸田恵梨香に、政治家一家の子孫に嫁いだ北川景子、さらには「アモーレ」長友のお嫁さん平愛梨、元東京都知事、石原慎太郎とそのお父さん、石原裕次郎。

何だか、日本の中心地ともいえそうな場所が、この神戸第一区なのではないでしょうか。

そんな山之内すずの家族については、こんな情報がありました。

したのインタビューの中で、お母さんが介護士をしていて、自分もその道に進もうとしていたと発言していることから、山之内すずのお母さんが、地元で介護士として働いていることがわかります。

◯ティーンが熱烈支持!の山之内すずにオヤジがTikTokを教わった!(LEON.JP) – Yahoo!ニュース

ちなみに宇垣美里といえば学校で習う歴史上の偉人「犬養毅」の子孫であることを暴露して、話題になりました。

家系図にするとこんな感じのようです。

これでわかるように、第99作目の朝ドラ「まんぷく」に主演した安藤サクラとも親戚関係なんです!

さらにさらに、安藤サクラと結婚したのは、吉高由里子主演のドラマ「知らなくていコト」にも出演し血得る柄本佑(えもとたすく)なので、志村けんと共演して話題になった名俳優の柄本明なども宇垣美里と親族なんですね。

という事で、最後は山之内すずの恋愛や理想の男性像についてです。

「古風」と言われるかもしれないけど、人として当たり前のことを当たり前にできる人。

”ティーンのカリスマ”と言われる山之内すずの理想の男性像みたいな男性が、これからモテモテになるかもしれませんね。

〜以下ティーンが熱烈支持!の山之内すずにオヤジがTikTokを教わった!(LEON.JP) – Yahoo!ニュースから引用〜

樋口 「そうなんだ~。えっ、理想の男性像なんてあります?」

すず 「自分より大人な考えをもっている人が第一条件。あとは、ゴミをポイ捨てしないとか、店員さんにきちんと敬語を使えるとか、いただきます、ありがとう、ごちそうさまとか当たり前のことが言える人がいいです」

樋口 「古風というか、ちゃんとした人が好きなんですねぇ」

すず 「ですねぇ。一緒にいて恥ずかしくなる人は嫌だなって。私、バカで面白い人が好きなんですけど、それと礼儀がなってないのは全然違う。人としてちゃんとしていて、その上で面白い人がええなって。欲を言えば、関西人がいいです!」

〜引用終わり〜

こんなお付き合いをしていれば、スキャンダルもなく、彼女自身が目標としている「女優」としても大きく期待できる逸材といえるかもしれませんね!