朝ドラ【なつぞら】キャスト登場人物東京・新宿編まとめ。広瀬すずの幼馴染に工藤阿須加 咲太郎の消息を知る女将に山口智子

Sponerd Link

2019年4月から放送の朝ドラ【なつぞら】

主演はセブンティーンモデル出身で若手演技派女優として人気の広瀬すず。その役は戦争で両親を亡くし、のちにアニメーターとして大成する女性。

朝ドラ100作目であり、99作目のヒロイン発表より前に発表となる異例の早期発表でも話題になりました。

ここでは、広瀬すず主演朝ドラ【なつぞら】の【新宿編】のキャストとあらすじを紹介しています。

これまでの発表ごとに北海道編、東京編それぞれの相関図を作りました。(別タブで開きます)

連続テレビ小説「なつぞら」東京・新宿編 相関図 (第1版)

●連続テレビ小説「なつぞら」北海道・十勝編 相関図(第3版)

Sponerd Link

登場人物 キャスト|なつぞら 新宿編

奥原なつ 広瀬すず

高校卒業を機に東京新宿へ上京。アニメーターを目指して同郷のウェイトレス・佐知子と同居し暮らしてる。同時に、なつが北海道へ行く前に生き別れとなった消息のわからない兄・咲太郎と妹との再会を夢見ている。

映画【ちはやふる 結び】キャストと上・下の句ネタバレあらすじ。新キャラ登場に広瀬すずのかるた・恋・運命のゆくへは?

広瀬すず×坂元裕二ドラマ【anone(アノネ)】キャストあらすじ 映画「怒り」のような絶望感から始まる物語にドラマ「Mother」「Woman」スタッフが再結集

岸川亜矢美 山口智子

伝説の劇場・ムーランルージュ新宿座の人気ダンサーとして一世を風靡する。引退後は新宿の路地裏に、おでん屋「風車」を開き、女将として店を切り盛りする。豪傑で明るい人柄にひかれ、多くの常連客が店を訪れる。なつの兄・咲太郎(岡田将生)の消息を知っているらしい。

1964年10月20日。栃木県栃木市出身。ドラマ「心がポキッとね」「ハロー張りネズミ」映画「崖の上のポニョ」

前島光子 比嘉愛未

新宿に戦前から続くベーカリー兼カフェ・川村屋のオーナー。その風貌や存在自体に神秘的な雰囲気が漂い、周囲からは“マダム”と呼ばれる。芸術への見識が深く、才能ある若者たちの応援もしている。とある縁で、上京したなつの世話をすることになる。

(ひが まなみ)1986年6月14日。沖縄県具志川市(現うるま市)出身。映画「先生!」ドラマ「お迎えデス。」「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」

野上健也 近藤芳正

先代のころから川村屋に勤めるギャルソン。若いマダムの後見役で、店の経営を取り仕切る。彼の言葉には常に皮肉とユーモアがあり、いつもニヤニヤと不吉な笑みを浮かべている。 1961年8月13日。愛知県名古屋市瑞穂区。映画「紙の月」ドラマ「風雲児たち〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇〜」

茂木一貞 リリー・フランキー

文化発信地・新宿のランドマークとも言える大型書店・角筈屋(つのはずや)の社長。女性とお酒とおもしろいことが大好きで、仕事を終えたあと、夜な夜な新宿界わいを歩き回る。「川村屋」や「風車」もマダムや女将目当てで通っている。

1963年11月4日。本名、中川 雅也(なかがわ まさや)。福岡県北九州市小倉生まれ。武蔵野美術大学卒業。ドラマ「セシルのもくろみ」映画「海街diary」「サニー/32」

煙 カスミ 戸田恵子

伝説の劇場・ムーランルージュ新宿座の歌い手。劇場が閉鎖してからは、クラブ「メランコリー」で流行歌を歌い続ける圧倒的な歌声の持ち主。亜矢美とは腐れ縁で、「風車」に通う。 (とだ けいこ)1957年9月12日。愛知県出身。旧芸名、あゆ朱美。 映画「笑う招き猫」ドラマ「僕らは奇跡でできている」テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」

亀山 蘭子 鈴木杏樹

新劇ブームの中で生まれた劇団のひとつ「赤い星座」の看板女優。美貌や演技のわりに、なぜか人気はパッとせず、映画出演の機会にも恵まれない。あるとき、漫画映画に声で出演する仕事が巡ってきて、運命が変わる。

1969年9月23日。本名、山形香公子。 大阪府箕面市出身、兵庫県神戸市育ち。映画「若おかみは小学生!」ドラマ「あまんじゃく」

三橋佐知子 水谷果穂

疎開中に空襲で両親を亡くし、川村屋の喫茶ウエイトレスとして住み込みで働く、夢見る女の子。十勝から上京してきた、なつのルームメイトとして、東京・新宿暮らしの手ほどきをする。

1997年11月3日。 静岡県浜松市出身。映画「セントウ・レコード SideA」ドラマ「義母と娘のブルース」「ブラックペアン」

佐々岡信哉 工藤阿須加

なつの幼なじみ。戦争で家族を失い、なつたちと行動をともにしていたが、生き別れてしまう。その後、苦学して大学に合格するも、なつや咲太郎と再会する日を夢見て、みんなの消息を探す。なつの運命を左右する人物として、ある日、突然現れる。

1991年8月1日。埼玉県所沢市出身。映画「ちょっと今から仕事やめてくる」ドラマ「家売るオンナ」「明日の約束」

あらすじ|東京・新宿編

昭和30年代の東京・新宿、いち早く戦争の痛手から立ち直り、音楽、映画、演劇、美術など流行の最先端が集まる、活気あふれる文化の発信地へと成長していました。

上京した奥原なつ(広瀬すず)は、アニメーションの世界に飛び込むチャンスを求め、行方不明の兄や妹との再会を夢見て、憧れの街・新宿で懸命に生きていきます。おじいちゃん・泰樹(草刈正雄)から教えられた開拓者魂を胸に秘めて…。

そのほかの朝ドラ「なつぞら」の記事

広瀬すず【なつぞら】キャストやあらすじ、ロケ地や主題歌・サントラ、相関図について総まとめ

広瀬すず【なつぞら】キャスト登場人物北海道十勝編まとめ。広瀬すずの兄に岡田将生、幼馴染に山田裕貴、親友ツンデレ女子に福地桃子

広瀬すず【なつぞら】主人公 なつ のモデルは宮崎駿・高畑勲の先輩の奥原玲子で、安田顕演じる「お菓子発明王」は坂本龍馬とも関係するマルセイバターサンドの六花亭?

*キャスト、あらすじの引用先はNHK

Sponerd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponerd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)