SPドラマ【ちょこっと京都に住んでみた】キャストあらすじ 木村文乃と近藤正臣がウラ京都をご案内 千鳥家紋の意味とは

Sponserd Link

2019年12月に放送の年末スペシャルドラマ【ちょこっと京都に住んでみた】。

木村文乃と近藤正臣が、大叔父と姪と言う関係で共演する今作は、ドキュメンタリーテイストを盛り込んだ、住んでる人しか知らない京都の魅力を描き出すドラマです。

ここでは、ドラマ【ちょこっと京都に住んでみた】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

江東佳奈 木村文乃

主人公。東京で暮らす27歳。 以前は会社に勤め、そこの寮に住んでいたが、今は辞めて実家へ戻ってきていた。 そんな時、大伯父が怪我をしたと連絡があり、心配した母の頼みで大伯父の住む京都へやってくる。

大賀茂 近藤正臣

京都に住む佳奈の母方の大伯父。70歳。趣味とこだわりの世界に生きている。怪我をしたと聞いて世話をしにきた佳奈に「なんや、ホンマに来たんか?」と言い放つも、招き入れ、細々とした用事を頼みだす。

Sponserd Link

あらすじ

東京で暮らす主人公の江東佳奈(27)は、怪我をした大伯父の世話でしばらく京都へ滞在することに。 京都に長く住み、こだわりの多い大伯父・大賀茂(70)は、手描きの地図を渡して、佳奈をお使いに出す。

そこは「おじさん」には懐かしく、「若い女子」には新しい不思議な京都。笑いあえる会話、ゆったりとした時間とお散歩…住んでみて初めて知る京都の奥の奥。 いろんな場所や人と出会い、ふれあうことで大伯父の真意を知り、佳奈の心は次第にほぐれていく…。

原作やスタッフ

ドラマ【ちょこっと京都に住んでみた】の監督には「たべるダケ」や「泣くな赤鬼」の吉見拓真

脚本には「捜査会議はリビングで!」や「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の横幕智裕

チーフプロデューサーには「壬生義士伝」や「抱かれたい12人の女たち」の金岡英司

プロデューサーには「抱かれたい12人の女たち」や「面白南極料理人」の岡本宏毅、「宮本から君へ」や「天国はまだ遠く」の清水啓太郎、ゲームセンターCXの初代サポートADで「泣くな赤鬼」などの東島真一郎

制作には歌舞伎座、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、セコム、清水建設などが株主の松竹の子会社である松竹撮影所が参加しています。

話題、見どころ

“観光地に一切行かない京都案内” が一つのテーマとなる今作ですが、京都といえば、ノーベル賞の登竜門と言われる稲盛財団の「京都賞」が有名です。

実はノーベル賞に次ぐ賞金の多さとも言われますが、今作でもうひとつ気にになるところといえば、番組のホームページに散りばめられている「家紋」です。

左を向いている雀のような鳥が描かれている家紋は「丸に千鳥」と言う家紋です。

これは京都の風俗街「先斗町(京都五花街)」の「千鳥」紋とも非常に似ています。

話は変わって、皆さんは、「ピースポール」をご存知でしょうか。

白い柱や、壁のプレートなどに上の写真のような言葉が書かれているものです。

これは、世界各国の神社・お寺・教会・モスク・公園等、さらに国連本部、世界銀行、アラブ連盟本部などの国際機関にも建立されているもので、カトパンこと加藤綾子が信仰する宗教「白光真宏会」のもの。

そして、ここの教祖がかつて所属していたのが「千鳥会」と言う組織でした。

カトパン 加藤綾子もカルト団体の広告塔で、TBSドラマも福沢諭吉の血族が工作していた事実。 – 精神科医療は思想警察なのか?

この「千鳥」にどんな意味があるのかはよくわかりませんが、「白光真宏会」は、「ロハス」などとして括られるような自然療法やナチュラルライフなどの根拠になっている思想を持つ宗教です。

その一つと言われるのが「砂糖が危険」と言うもので、一時期日本でもブームになりましたが、これは、ただメープルシロップ利権が仕掛けた出鱈目だったとわかっています。

教祖は五井昌久と言う人物ですが、彼は、以下のように学者や音楽家、武道、沖縄の王家など様々な人脈を持っていた人物でした。

〜以下こちらから引用〜

合気道開祖・植芝盛平とは肝胆相照らす仲だった。五井は植芝を「神の化身」と讃え、植芝は五井を「祈りのご本尊」と敬った。また、東洋学者の安岡正篤や作曲家の古賀政男も五井を敬愛した。紅卍会とも交流があり、フーチによって「昱修(いくしゅう)」(光を身に修めた者)という道名をもらった。会員であった琉球王家の血をひく尚悦子は、病気をきっかけに五井の養女となり、昌美と改名し、西園寺裕夫(西園寺公望の曾孫)と結婚、五井の死後、白光真宏会会長を継承した。

〜引用終わり〜

安岡正篤は細木数子と晩年、遺産争いを繰り広げた人物で、古賀政男といえば日本の心とも言われる「ヨナ抜き音階」の大家。

五井の養女が結婚した西園寺家は、立命館大学の礎を築いた西園寺公望の家系。

すごいですね。

そのほかの「千鳥」には、お城の屋根の形である「千鳥破風」と言うものもあります。

大千鳥破風(おおちどりはふ・大入母屋破風)を持つ兵庫県の姫路城のほかに、彦根城、名古屋城、高知城などがありますが、「ロッキード事件」のさい「記憶にございません」と言うフレーズで一躍有名になった小佐野賢治の国際興業グループの傘下である富士屋ホテルも、千鳥破風の作りで、文化財として登録されているそうです。

そもそも千鳥は、チドリ目と言う分類の鳥全般のことを言うそうですが、詰まるところ、水辺の鳥のほとんどのことを「千鳥」と言うようで、海賊や水軍など、海と関係の深い一族が使用している家紋なのかもしれません。

この「千鳥」と言う家紋は、何故かイギリスでは「ハウンドトゥース(猟犬の牙・歯)」と言う家紋になり、その発展形が「グレンチェック」と言う冬物ファッションで使われる柄なのだとか。

ドラマではどこまで描かれるのでしょうか。

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)|Docca

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【ちょこっと京都に住んでみた】の劇伴音楽に「まどろみバーメイド ~屋台バーで最高の一杯を。〜」や「HER MOTHER ハー・マザー 娘を殺した死刑囚との対話」を手がけてきたベンジャミン・ベドゥサック が起用されました。

「ドラマ【ちょこっと京都に住んでみた】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】テレビ東京系列6局ネット(テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、テレQ)、TVer(配信)
【初回放送・曜日】
地上波|2019年12月29日 日曜日 昼 11:25~12:50(75分)
配信情報|TVer
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)