ドラマ【REAL⇔FAKE】キャストあらすじ 2.5次元俳優がTBS/MBSに参上!蒼井翔太失踪の謎を追う

Sponserd Link

2019年9月から放送のドラマ【REAL⇔FAKE】。

集英社、講談社、小学館、手塚プロ、秋田書店、白泉社、KADOKAWAなどが支援する一大ムーブメント「2.5次元ミュージカル」のドラマ作品が新たに登場です。

一発勝負の舞台劇をドラマで放送する木ドラ25「テレビ演劇 サクセス荘」が2019年7月期に放送されましたが、9月期にはTBS/MBSに移動して、再び「2.5次元ミュージカル」俳優たちが地上波に戻ってきます。

ここでは、ドラマ【REAL⇔FAKE】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

牧野凪沙 荒牧慶彦

Stellar CROWNSメンバー 役者。元アイドル。 カメラの前では上品で穏やかで聡明、演技もパフォーマンスも天才的だが、実際は心配性で慎重で気弱。同じ事務所の征行と仲良しで彼を頼っている。 Stellar CROWNSプロジェクトに征行と一緒にオーディションを受けて加入し、また同じ部屋。 悠輔とはアイドルユニットで一緒だった過去もある。

育田悠輔 植田圭輔

Stellar CROWNSメンバー 元子役で元アイドルで現役者。 明るくて兄貴肌で、カメラがあってもなくても基本的には変わらない。 肺の病気で休業、休学している。翔琉とは2歳年上だが休学していたため同級生。意見の食い違いで仲違いしている。 朱音とも以前共演して以来、仲が良い。

沢瀬凛 小澤廉

Stellar CROWNSメンバー カメラの前では明るく元気なキャラクターを演じているが、実際は冷静で物静か。 両親の借金を代わりに返済している。 黎士郎とは小学校が一緒だった幼馴染で、今回のプロジェクトで久しぶりに再会した。

鈴木翔琉 佐藤流司

Stellar CROWNSメンバー 人気バンドのボーカル。 朱音の歌を聴いて歌手を志し、同じ事務所に入る。 朱音失踪後、Stellar CROWNSプロジェクトに加入。 不器用だが実直な性格で、カメラの前でも繕ったり出来ない。 凛と同じ部屋。

梅原黎士郎 松村龍之介

Stellar CROWNSメンバー オーストラリアから帰国したばかりの帰国子女。 紳士的で如才なく、カメラの前でもそつなく演じるが何を考えているのか分かりにくい。 悠輔と相部屋。

瀬名征行 和田雅成

Stellar CROWNSメンバー役者。 学生時代はサッカー部でキャプテンをやっていた。 さっぱりした体育会系の男っぽい性格なのが、カメラの前ではクールに映る事も。 同じ事務所の凪沙と仲良しで、同級生だが弟のように思っている。

守屋英俊 染谷俊之

映像ディレクター フリーの映像ディレクター。割と金で動くタイプだが、仕上げた映像は一定の評価を得ている。 事務所社長に依頼され、ステラクラウンズのドキュメンタリーディレクターとして彼らの生活に密着しながら、朱音失踪の犯人探しをスタートする。

朱音 蒼井翔太

謎多き歌姫 天使と呼ばれている人気アーティスト。 突然失踪する。

Sponserd Link

あらすじ

天使の歌声をもつ“歌姫”・朱音(あかね)が突然失踪──。

朱音は、事務所の垣根を超えて、俳優、アイドル、歌手など各界のスターたちが一同に揃う新ユニットプロジェクト“Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)”に加入することが発表されており、世間の注目を集めていたところだった。 朱音の失踪が世間で騒がれ始め、自殺説も流れる中、朱音の所属事務所宛に一通の怪文書が届く。

朱音は生きている。犯人は、プロジェクトメンバーの中にいる。 朱音の所属事務所社長はその犯人を探るべく、映像ディレクターの守屋英俊に依頼し、ステラクラウンズのドキュメントムービーの撮影を口実に、シェアハウスで共同生活を始めたメンバーの生活に密着し始めるー。 果たして、メンバーの中に犯人はいるのか。

彼らの“REAL(真実)”と“FAKE(嘘)”とは!? 朱音はなぜ失踪したのかー。

原作やスタッフ

ドラマ【REAL⇔FAKE】の監督・脚本には「仮面ライダージオウ」や「Messiah メサイア -幻夜乃刻-」の毛利亘宏

制作プロダクションには「笑う招き猫」「咲-Saki-」のダブが参加しています。

話題、見どころ

2.5次元の舞台を中心に活躍する10人の俳優たちとタッグを組む連続ドラマが「テレビ演劇 サクセス荘」。

2.5次元ミュージカル(2.5じげんミュージカル)は、漫画やアニメ、ゲームなどを原作・原案とした舞台芸術(主にミュージカル形式)の一つで、一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会が管理する登録商標です。

2014年3月23日に設立され多くの有名企業が参加しており、今後の発展が確実な期待のコンテンツです。

主なメンバーが以下の方たちです。

  • 【代表理事】松田誠は株式会社ネルケプランニング代表取締役
  • 堀義貴(株式会社ホリプロ代表取締役社長)
  • 中山晴喜(株式会社マーベラスAQL代表取締役会長)
  • 井上俊次(株式会社バンダイナムコライブクリエイティブ代表取締役)
  • 本間道幸(株式会社ぴえろ代表取締役社長)
  • 黒岩克巳(エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社代表取締役社長)
  • 伊藤達哉(有限会社ゴーチ・ブラザーズ代表取締役)
  • 【監事】高原達広(TMI総合法律事務所)
  • 【キュレーター】(学術会員) 岡本美津子

この他にも、中山晴喜の父親、中山隼雄が会長を務めていた人材派遣会社のパソナをはじめ、集英社、講談社、小学館、手塚プロ、秋田書店、白泉社、KADOKAWAなど、錚々たる顔ぶれが並びます。

アニメや漫画(二次元)と現実(舞台演劇=三次元)の中間ということから、ファンの間で言われ始めた「2.5次元」という名称を基にネーミングされたそうで、これまで演劇では「舞台を鑑賞して終わり」というビジネスモデルでしたが、家庭や個人、またはアイドルグループのコンサートを見にいくような感覚で参加できるという、幅広い展開が可能なコンテンツです。

1990年代までの漫画アニメ文化を通ってきた人たちが、原作が大ヒットした「テニスの王子様」の舞台化が大ブレイクのきっかけだったと言われています。

この「テニスの王子様」の原作者は許斐剛という方ですが、苗字の許斐(このみ)は九州に出自を持つ「宗像氏(むなかたし)」の支流と言われています。

宗像氏は源頼朝などの「源」が本姓だそうですが、1200年頃の人物、宗像氏実は博多の貿易商だった中国人(支那人)王氏や張氏と婚姻関係を結んだ人でもあり、宗像氏が神主の宗像大社の「秦氏」を祖神として祀っている一族で、この秦氏はトルコなどのペルシャ地方の一氏族だったそうです。

古代日本の有力氏族は渡来人だった

宗像氏は、もともと源氏でありながら一時平氏に加わり、源頼朝による鎌倉幕府の樹立につながる大戦「治承・寿永の乱」の末期には、再び源氏方に戻ったと言われています。

これは俗にスパイと言われるものではないでしょうか。

大陸から日本列島に船でやってくるとき、朝鮮半島の東南の釜山や巨済島からきた船は、対馬を経由して、壱岐の島そして九州の日本海側の福岡県宗像市にたどり着くわけですが、この地域のことを「道北道中」といい、これを支配していたのがこの宗像氏だったと言われています。

瀬戸内海を牛耳っていたと言われる村上水軍が思い出されます。

「道北道中」と瀬戸内海ルート [出典]宗像市役所

この宗像(宗像)はヘブライ語で解読すると「約束の花婿」という意味があり、花婿はイエス・キリストのことで、花嫁はイスラエルの民のことで、つまり宗像氏たち=花嫁が、九州の地でイエス=花婿と結婚して、祝福されると言う意味だったとようです。

宗像に秘められた渡来人の計画とは|日本とユダヤのハーモニー

ホリプロが「沖ノ島VR」というコンテンツをNTTドコモとともに制作していることから、宗像市とホリプロにも何かしらのつながりがあるようです。

沖ノ島VR スタート! – 宗像市(PDF)

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【REAL⇔FAKE】のオープニングに作中に登場するユニットプロジェクトと蒼井翔太演じる「朱音」によるStellar CROWNS with 朱音が起用されました。

「Stellar CROWNS with 朱音」の楽曲をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

エンディングテーマに本作で疾走する重要なキャラクター「朱音」を演じる蒼井翔太の「Fake of Fake」が起用されました。

「Fake of Fake」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】MBS/TBS系列「ドラマイズム」
【初回放送・曜日】
MBS|2019年9月1日 毎週日曜日 24:50~25:20(30)
TBS|2019年9月3日 毎週火曜日25:28~25:58(30)
【前ドラマ】「スカム

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)