ドラマ【Re:フォロワー】キャストあらすじ 西銘駿がインフルエンサーのリーダー!「クレシダ」はネットのカルト宗教か

Sponserd Link

2019年10月から放送のドラマ【Re:フォロワー】。

最近話題の2.5次元俳優が出演する作品が放送されます。菅田将暉や小池徹平、ディーン・フジオカなどを輩出したジュノンスーパーボーイコンテスト出身の西銘駿をはじめとした人気俳優がし集結しました。

ここでは、ドラマ【Re:フォロワー】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

池永一十三 西銘駿

アカウント名「@ROSALIND」 巨大インフルエンサー「クレシダ」のリーダー。 依頼者を選び、“悪”との対峙に全てを捧げる。

原田優作 塩野瑛久

アカウント名「@IAGO」 俳優志望の演技力を活かした潜入役。 見た目はチャラいが、熱い心を持つ。

鯨岡友木 和田雅成

アカウント名「@POLON」 弁護士を目指す図書館司書。 頭脳明晰で情報収集能力に長ける。

城江公人 佐藤流司

アカウント名「@AIRREAL」 依頼者に”言葉”を与える「クレシダ」の象徴的存在。 口数は少なく、その素顔は謎に包まれている。

雪谷美奈 喜多乃愛

舞台演出助手。流行中のインフルエンサー「クレシダ」には見向きもしない、クール女子。だが実際は、物語の重大なカギを握っている…。

五島昭 谷口賢志

「クレシダ事件」を執拗に追う週刊誌記者。一見ゴロツキにみえるが、揺るぎない信念の持ち主。

そのほかのキャスト

中島早貴 原田佳奈 八神蓮 萩野崇 松尾貴史 的場浩司

あらすじ

とある図書館に集う4人の美しい男たち。 彼らは図書館でただ暇を持てあましているニートに見えるが、実は世間で話題のSNS「クレシダ」を運営するメンバーだった。

≪「クレシダ」に悩みや不満をぶつけると、選ばれた者だけに「言葉」が与えられ、解決してくれる。≫

そんな噂で、「クレシダ」は圧倒的フォロワー数を誇る巨大インフルエンサーとなった。 しかし、誰もその「クレシダ」を運営しているのが、この4人だとは知らない。 リーダーの一十三が依頼者を選び、公人が言葉を与え、友木が情報収集、優作が潜入。 4人がそれぞれの能力を生かして、SNSの「裏アカ」を使い、依頼者の悩みを解決しているのだ。 しかし、その結果、依頼者が幸せになるかどうかは本人次第。 中には過激な仕置きを受けて社会的に抹殺される人間も…。

そんな「クレシダ」を追うゴロツキ記者の五島は、「クレシダ」というアカウント名が10年前に世間を騒がせた中学生殺人事件、通称「クレシダ事件」と関連があるのではないかと追い続けている。 次第に明らかになる「クレシダ」の目的と、登場人物たちの本当の姿とは…。

原作やスタッフ

ドラマ【Re:フォロワー】の脚本・監督には「ONLY SILVER FISH」や「7万人探偵ニトベ」の西田大輔

チーフプロデューサには「パーフェクトクライム」や「M-1グランプリ」の近藤真広

プロデューサーには「神ちゅーんず ~鳴らせ!DTM女子~」の中田陽子、「盤上の向日葵」や「天 天和通りの快男児」の渋谷英史

制作協力には「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」や「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」のジ・アイコン が参加しています。

話題、見どころ

ヒーロー出身俳優&2.5次元俳優が集結という今作ですが、劇中で登場するインフルエンサーグループ「クレシダ」がきになるところ。

この「クレシダ」は、ギリシャの神官の娘の名前で、その神官は、パンフィリアの人の先祖だそう。パンフィリアはアナトリアのことで、トルコの半島のことです。

これは、紀元前600~500年代ころの話ですが、エレクトロン貨という「コイン(貨幣)」を初めて導入した国家のある地域でもあります。そしてこの半島に住む人たちは「小売」をしていた民族だったそうで、どうやらここからコインによる取引が広がっていったようです。

そして、今作のもう一つのテーマにSNSを利用する際に、匿名で利用するアカウント「裏アカ」があります。

今では当たり前となった「裏アカ」ですが、それらを利用するネトウヨやパヨクも知られています。そしてネトウヨやパヨクが「対話不能な人」だということは、ほとんどの人が感じたことがあると思います。

ネトウヨやパヨクは「対話不能な人」 — 物江 潤

ツイッターのネトウヨ化も、ネットメディアでも取り上げられることが多くなりました。

Twitter Japanは差別ツイート放置の一方で、差別批判をロック! 背景に上層部とネトウヨ、自民党との親和性か

さらに、吉本興業はネトウヨだったことが明らかになり、振り込め詐欺グループ騒動で話題となった宮迫博之やロンブー田村亮などが契約問題で報道されたことも記憶に新しいですね。

そんなところまでドラマで描かれると、視聴者も注目すること間違いなしなのではないでしょうか。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【Re:フォロワー】の主題歌に松尾レミと亀本寛貴の男女2人による日本の音楽ユニットで、いしわたり淳治、亀田誠治との仕事で知られるGLIM SPANKYの「ストーリーの先に」が起用されました。

「ストーリーの先に」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

劇伴音楽に「ミュージカル刀剣乱舞」や「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を手がけてきたYOSHIZUMI が起用されました。

「ドラマ【Re:フォロワー】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】ABCテレビ テレビ朝日「ドラマL」
【初回放送・曜日】
ABCテレビ(関西)|2019年10月6日毎週日曜日 23:35~24:05(30)
テレビ朝日(関東)|2019年10月5日 毎週土曜日 26:30~27:00(30)
*地上波放送終了後、TVer・GYAO!にて見逃し配信
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)