ドラマ【ピュア!一日アイドル署長の事件簿】キャストあらすじ。浜辺美波、東出昌大が天敵「スリル! ~赤の章・黒の章~」の蒔田光治 オリジナル脚本作品

Sponserd Link

2019年8月から放送のドラマ【ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~】。

主演に、浜辺美波、その相手役に東出昌大を迎え、「スリル! ~赤の章・黒の章~」などで知られる蒔田光治のオリジナル脚本作品のドラマです。

ここでは、ドラマ【ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

黒薔薇純子 浜辺美波

かわいい私がなぜ売れない?! だったらライバルを蹴落としてでも売れてやると、見当違いな努力を日々続ける腹黒アイドル。小さな警察署で一日署長の仕事を受けるたびに、なぜか殺人事件に巻き込まれてしまう。

東堂刑事 東出昌大

警視庁捜査一課の刑事で、自分の捜査能力に絶大な自信を持っている、ちょっと厭味な男。所轄署で殺人事件が起きると必ず現れて、なぜか純子と一緒に事件を解明するハメになってしまう。

西沢欣二 長村航希

東堂を有能な刑事とあこがれる、ちょっとズレた感覚の若手刑事。相棒なのに、いつも置いてきぼりを食らっている。

阿部源三 六角精児

東洋芸能マネージャーで黒薔薇純子の担当者。だが、他のタレントの世話ばかりで、純子のことは放ったらかしにしている。

そのほかの登場人物

忍成修吾
大塚千弘
東風万智子
郭智博
大島蓉子
大石吾朗
団時朗

Sponserd Link

あらすじ

主人公はなかなか売れない、ちょっと腹黒い女性アイドル・黒薔薇純子(浜辺美波)。

交通安全や防犯啓発のため「一日署長」として赴いた警察署で殺人事件に遭遇し、そこへ必ず現れる天敵・警視庁捜査一課の東堂刑事(東出昌大)からは邪険に扱われながらも、純子は事件に首を突っ込んでいく。

通安全や防犯啓発のため「一日署長」として赴いた警察署で殺人事件に遭遇し、そこへ必ず現れる天敵・警視庁捜査一課の東堂刑事(東出昌大)からは邪険に扱われながらも、純子は事件に首を突っ込んでいく。

凸凹コンビの二人が、たった「一日」で難事件を解決してしまうという痛快推理ドラマ。

第一話あらすじ

売れないアイドルの黒薔薇純子(浜辺美波)は清純派を装っているが、裏ではライバルの蹴落としを画策するような腹黒い女の子。マネージャーの阿部(六角精児)が何とか取ってきた一日警察署長の仕事で、純子がパレードのまっ最中に「正義の断罪人」を名乗る連続殺人犯による事件が起きてしまう。イベントが中止になり納得のいかない純子は、得意の腹黒い計略で刑事の東堂(東出昌大)をだまして一緒に事件捜査に乗り出した。

原作やスタッフ

ドラマ【ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~】は「ハードナッツ! ~数学girlの恋する事件簿~」「スリル! ~赤の章・黒の章~」などで知られる脚本家、蒔田光治のオリジナル作品です。

制作統括には「ラプラスの魔女」や「君は月夜に光り輝く」の佐藤 毅、「ミストレス~女たちの秘密~」や「わろてんか」の後藤高久、「越谷サイコー」や「デジタル・タトゥー」の海辺 潔

プロデューサーには「最後のレストラン」の櫻井美恵子 演出には「トリック劇場版 ラストステージ」や「僕の初恋をキミに捧ぐ」の藤原知之が参加しています。

話題、見どころ

江戸時代まで、被差別民というものがあり、家畜同様に扱われていたという歴史があります。

明治時代になって表向きはその風習はなくなり、特に戦後は基本的人権という言葉ができ、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」という、憲法25条が守られているということになっています。

かつて日本に「散所」という非農民(行商人)、運輸、葬儀、芸能、薬売り、ハンセン病などの事業に従事した非人、河原者と呼ばれる人たちが住んでいた場所がありました。

そこは税を免除された免税地であり、税を納めない代わりに公家や神社仏閣に奉仕する働きをしていました。

権力者の言いなりになるしかない人たちがいました。

そして彼らは白山信仰をしていた、またはさせられていました。何故ならば、そうしなければ、散所から追い出される可能性もあったからでしょう。

〜以下こちらから引用〜

「白色の馬をひっぱってくるとは何事か。公家が白を忌むのを散所から随身した輩は 知らぬのか。これは前例もないことだ」
 つまり、「散所」とは「山所・産所」の当て字をするが、桓武帝が京へ都を定めた 時、天孫系[この頃の八切氏は外来系・体制側といった意味合で天孫という言葉を使 っているようです]に刃向かった原住民を捕まえ、収容した捕虜地域の別所(院内・ 院地)の分散収容所の事であり、彼等は白山信仰で白旗を立てていた連中ゆえ、馬を 探してこいといわれて白馬をもっていっては叱られたというのが、この記事である。

〜引用終わり〜

散所の住人はのちに相撲、お笑い芸人、ダンサー、細木数子、落語家というような、今の芸能界に似たような仕事をしています。

〜以下こちらから引用〜

旧来の葬送職能から飛躍できなかった徒輩の拠ったのが、行基ゆかりの東大寺東南院三昧堂であるが、これら三昧聖は国家公認資格の僧ではなく、その一部は私度僧(勝手に僧形となった者)と称すべきであり、僧形ですらない有髪も多かった。ただ、人の死が絶えることはなく、三昧聖たちは賤視されながらも生計を立つる途を得た。律令制の弛緩・崩壊による荘園経済の進展により各地に生じた宿(夙)や散所が土師系徒党の拠点となった。わずかな一部の者たちが寺社に所属して神事相撲芸能を納めたものの、その多くは一所不住の漂泊生活を余儀なくされて各地を渡り歩きつつ、かつての職能を活かして卜占、託宣や語り、あるいは辻相撲、雑芸、舞技、売笑を事として逞しく生き抜いた。

〜引用終わり〜

さらにこれらの「散所」の住人は、建築労働者、屠殺なども仕事としていて、一部は熊を打つことで知られるサンカにもなったそうです。

〜以下こちらから引用〜

護良親王は、全国の極楽寺に”散所”という医療施設を設け、死体の臓器から作った薬や水銀から作った抗生物質等を使った治療を行い、近辺に集まって居住した非農業民への施しを行いました。

彼らは下民(シタダミ)や役民(エノタミ=エタ)と言われましたが、古墳時代に主に古墳の造営のため朝鮮半島から渡来した農地を持たない、従って戸籍も持たない非農業民のことです。実際、難波の天王寺、大和の西大寺、鎌倉極楽寺などの近辺に多いとされています。

彼らは、通常は土木作業に従事していましたが、閑散期には非定住漂泊民化し、死体処理、屠殺、全国への行商、大道芸能、飛脚、運搬などにあたり、さらに一部は山間部に居住し山窩(サンカ)とよばれました。

〜引用終わり〜

そして、散所の住人は、上からの指示でハンセン病患者に人間の内臓から取れる薬(漢方薬)や水銀由来の薬を取り扱ってもいました。

秦の始皇帝が思い浮かびますね。

罪人、敗戦者が暮らすことになった場所でもある別所では、のちにそこに住むものたちの管理官に「警察権」が与えられたと言います。

〜以下こちらから引用〜

さて話は八一二年戻って文治二年。九郎判官義経が捕えられぬのに業を煮した源頼 朝が、日本全国六十六国に対する、「総追捕使」を自分でかって出た時、各地に警察 署を設けるわけにはゆかないから、六十六国に散在している二千有百の同族神徒系の別所の長吏に、逮捕と処罰の警察権をもたせてしまった。ところが、この連中は足利 期に入ると、「城旗党余類」とよばれるように、白旗をいつもたてている部族なので、 自分らの事を、「仁田のしろ」「武田のしろ」と自称するくらいだから、捕らえてき たのが源氏の末裔で、同じ神信心の部族の者と判明するや、 「白じゃ。同族の情けぞ」放免してしまう。
 しかし、そうそう見逃していては起訴できぬから、補充の意味で、墨染の衣をまと う仏教系の反源氏の者を代用に捕らえてきては、「黒じゃ」と適当に罪科をつくって 処罰してしまった。あまりにでっちあげがひどいからというので「嘘の三八」という 言葉も伝わっているのは前述したが、目安箱に投書などをして、黒の者が白の役人に再審請求することを、「黒白を争う」といったのはこの為である。
 八世紀にわたって日本全国で、鉢屋とか八部ともいう連中のボスの長吏が、代官手先となって片っ端から捕らえて廻り、番屋の番太郎や目明し下っ引きの類も、「白か」「黒か」とやったから、今でもこの用語は生きているが、薩摩系に警察権が変った明治七年からは、今や実際には白黒は反対になったのである。そして村役人や番太だった八部衆が、「村八分」にされたように、長吏も関西では仕返しのため「長吏ん坊」として苛められた。

〜引用終わり〜

つまり、エタヒニンという「家畜」と考えられていた人たちの管理者が、警察権を持ったということです。

その管理者は明治時代に薩摩藩の勢力に変わったそうですが、相変わらず、彼らはその配下の散所由来の人たちをこき使う立場にいるということのようです。

〜以下こちらから引用〜

賤民(せんみん)奴婢(ぬひ)身分は、我が国日本では律令制(りつりょうせい)の解釈が完全消滅する江戸末期まで、お隣の朝鮮半島では両班(ヤンバン・特権貴族階級)制度が解消される大韓帝国成立まで、人間性を認められず「家畜身分」だった。

人間は残酷な生き物で、自分が安心する為に「見下す相手」を作りたがる。

それは現代の学校でも企業でも同じ事だが、多くの無知な者が、必ず虐めたり見下したりする被害者を作りたがる。

根にあるのは、生きる事に対する自信の無さ、「不安感」である。

こうした民衆心理を、巧みに利用したのが卑劣で不当な江戸期の身分制度だった。

子供の社会で起こる「虐(いじ)め問題」も、根にあるのは虐(いじ)める側の「不安感」である。

本来、その「救い」となるべきが「信仰の教え」の筈(はず)であるが、どう言う訳か宗教指導者は、信者を増やす為に不安心理を煽りたてる。

つまり、この差別願望と信仰は、精神的には究極の所で「同根」であり、いずれも目的は自分を安心させる為のものである。

この不合理な身分制度は、、千八百七十一年(明治四年)明治新政府発布の戸籍法に基づいて、翌明治五年に編製された壬申戸籍 (じんしんこせき)が発効され言われ無き差別は建前上なくなったが、その後も社会的に消滅するには尚時間が必要だったのである。

〜引用終わり〜

見てきたように、散所の民は基本的に「家畜」として扱われてきた人たちで、常にそれを管理するという形で、一部の支配層は権力を維持してきたわけです。

その商売で貯めた資金を元に、海外へ渡り、ヨーロッパを統治した日本の一族が「ハプスブルク家」になったと言われています。

そして、このドラマと現実がそうであるように、下っ端の警察も芸能人も元々は彼らの支配のために働いていた人たちだったわけです。

特に芸能人は、幼少期に両親を失っていたり、愛人の子として生まれたために、正常な愛を受けられずに成長した人も多いと言われています。

そうでなくても、家業が失敗して、親が働けなくなり子供がお金を得るために芸能界に入るというのは多くある話です。

かのデヴィ夫人も、実家が傾いて、ホステスとして働くようになり、のちにインドネシアの大統領夫人になったと言われています。

つまり、現代でも、「とにかく金を稼がなければならない」という状況に追い込まれ、半ば仕方なく、芸能界に入ったり、そのほかのあらゆる少しブラックな仕事につかなねばならないことが多々あるということです。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~】の劇伴音楽にオノ・ヨーコ主演「Homeless」サントラや「トリック シリーズ」を手がけてきた辻陽
が起用されました。

放送情報

【放送局】NHK総合
【初回放送・曜日】2019年8月13日(火)~15日(木)の3夜連続放送
第1話 22:00~23:10(70分)
第2,3話 22:00~22:50(50分)

あらすじ・キャスト部分引用元はNHK ドラマトピックス 公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)