広瀬すず【なつぞら】ネタバレ4月~6月の物語前半分。(随時更新)

Sponserd Link

第100作目となる朝ドラ「なつぞら」

広瀬すず主演の今作は、戦争を機に両親を亡くし、兄妹とも別れ離れとなってしまった少女が主人公です。

身寄りのなくなった主人公・なつは、父親の戦友だった、北海道の酪農家の婿養子に引き取られ、牧場を手伝いながら高校を卒業し、漫画家を目指すというストーリー。

そんな朝ドラ「なつぞら」の4月から6月(第13週)までの週ごとのあらすじを、ネタバレでご紹介します。

Sponserd Link

前半分(2019年4月~6月)ネタバレ

第1週「なつよ、ここが十勝だ」|1955年、18歳の奥原なつ(広瀬すず)。いつものように十勝で絵を描いていたなつの元に、かつて空襲を受けて逃げ惑っていたなつの手を掴み助けてくれた佐々岡信哉(工藤阿須加)がやってくる…。
戦争で両親を亡くし兄妹ともバラバラになり、9歳の時に父の戦友・柴田剛男(藤木直人)に引き取られ、十勝の酪農家「柴田牧場」で暮らすことになったなつ(粟野咲莉)。親を亡くした戦災孤児として、兄妹とその日暮らしで生き抜いてきたなつは、柴田家の人たちに認められよう頑張り、柴田泰樹(草刈正雄)には酪農の手ほどきを受け、学校にも通うようになった。生き抜くために必死だった東京での生活が染み付いていたなつは、自分の素直な気持ちを表現できずにいた。
そんな中なつは、兄・咲太郎(渡邉 蒼)に出した手紙が戻ってこないことをきっかけに、ある日の早朝、一人東京を目指し柴田家を飛び出して行ってしまう。

第2週「なつよ、夢の扉を開け」|1946年の5月。どうしても兄に会いたくなり柴田家を突然飛び出してしまった奥原なつ(粟野咲莉)。なつを探し、あとを追い河原でなつを見つけた柴田泰樹(草刈正雄)たち。なつは、自分が抱えていた怒りを吐き出すことで、ここ十勝で生き抜くとを決意していた。その後なつは、泰樹から「世界一のバターを作る」という夢を教えられ、さらに自らの夢となる漫画映画を始めて見ることになる。馬の絵を上手に描くクラスメイトの山田天陽(荒井雄斗)が、開墾を諦め十勝を離れると知ったなつは、泰樹に協力して欲しいと頼み込む。こうして天陽の父・山田正治(戸次重幸)を説得した泰樹の指導のもと、作物が育たずどうしようもできないでいた山田家の土地はジャガイモ畑として生まれ変わっていた。
そして9年の歳月が流れた1955年。この歳、なつ(広瀬すず)は高校三年生になっていた。

Sponserd Link

第3週

第4週

第5週

第6週

第7週

第8週

第9週

第10週

第11週

第12週

第13週

(6月放送分まで随時更新予定)

広瀬すず【なつぞら】キャスト登場人物北海道十勝編まとめ。広瀬すずの兄に岡田将生、幼馴染に山田裕貴、親友ツンデレ女子に福地桃子

広瀬すず【なつぞら】主人公 なつ のモデルは宮崎駿・高畑勲の先輩の奥原玲子で、安田顕演じる「お菓子発明王」は坂本龍馬とも関係するマルセイバターサンドの六花亭?

広瀬すず【なつぞら】柴田泰樹と剛男のモデルとは?開拓移民一世のフロンティア精神の土台はキリスト教と二宮金次郎

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)