ドラマ【マッチガール】キャストあらすじ。マッチ売りの少女2018版 岸井ゆきの 中村ゆりか 「セトウツミ」此元和津也脚本の限定ドラマで共演。

Sponserd Link

2018年12月に配信のドラマ【MATCH girls】。

映画、ドラマ化されたコミック「セトウツミ」の著者、此元和津也(このもとかずや)が脚本を担当し、若手演技派女優として期待される中村ゆりかと岸井ゆきのらが出演。

LUMINEが企画したクリスマス限定ドラマが問いかけるのは「ハッピーエンドにしませんか?」というもの。

ここでは、 LUMINE WEBドラマ【MATCH girls】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

キャスト

相川杏奈 中村ゆりか

沈黙を嫌うOL。失礼なことを言っても許される人生を送ってきた。長く付き合っている彼氏と上手くいっていない。

別所美幸 岸井ゆきの

嘘がつけないフリーター。素直な性格で損をすることも多い。物怖じしないタイプだが、好きな人とだけは上手く話せない。絶賛片思い中。

マスター でんでん

喫茶「アンデルセン」を営なむさみしがりやのマスター。やけにスノードームが多い店。

そのほかのキャスト

嶺豪一
笠松将
川上友里
水石亜飛夢
山根愛

Sponserd Link

あらすじ

12月24日。

フリーターの別所美幸(岸井ゆきの)に誘われて喫茶「アンデルセン」でお茶をすることになったOLの相川杏奈(中村ゆりか)。

マッチに火が灯され、二人の関係は変化していく。 一人ぼっちと一人ぼっちが二人で過ごすクリスマスイブは、ハッピーエンドになるのだろうかー。

原作やスタッフ

WEBドラマ【MATCH girls】の脚本にはコミック「スピナーベイト」や「テリトリー」で知られる漫画家の此元和津也。

監督には「下北沢ダイハード」や「tourist ツーリスト」を手がけ、星野源や大原大次郎と共に、映像制作ユニット「山田一郎」のメンバーでもある山岸聖太。

企画には電通のプランニング局、加我俊介、電通のコピーライター三島邦彦。

プロデューサーにはBUYMA のCMなどを手がけてきた電通の栗川愛子、Perfumeやゆずのプロモーションなどに関わってきた「ピクス」の加島貴彦

制作協力には、イマジカロボットグループのP.I.C.S.が参加しています。

話題、見どころ

2013年、読み切りで掲載された「マジ雲は必ず雨」。

その後「セトウツミ」に改題し連載スタートしたと言う経緯を持つのが映画、ドラマとして実写映像化された「セトウツミ」です。

仲のいい男子高校生ふたりが、帰宅途中にある河原でダラダラと世間話をするだけという内容ながら、その軽妙な会話がおもしろいと話題になりました。

そんな「セトウツミ」を描いのが、漫画家の此元和津也(このもとかずや)で、今作ではオリジナル脚本を手がけています。

今作でOLを演じるのは金子大地とダブル主演のYoutubeドラマ「タスクとリンコ」への出演も話題の中村ゆりか。さらに、フリーター役の岸井ゆきのは、2018年10月から放送の朝ドラ「まんぷく」で14歳の少女を演じたことも話題となりましたが、ディーンフジオカ主演のドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」でもその演技力を遺憾なく発揮していました。

二人は共演こそないものの、WOWOWで放送されたドラマ「グーグーだって猫である」へ出演しています。

そんな今作は世界的に知られ、クリスマスの出来事を描いた童話「マッチ売りの少女」の現代版として描かれるそうですが、この「マッチ売りの少女」のオリジナルのストーリーはクリスマスではなく大晦日でした。そして、この主人公のモデルは、作者、アンデルセンの実の母親だったといいます。

実際にマッチ売りをしていたかどうかはわかりませんが、当時マッチが世界中でヒット商品として売り出されていたことは事実のようです。

そして、原作のあらすじの冒頭は、マッチを売らないと父親に怒られることから、少女が街角に立ちマッチを売るというお話です。

そして、ネットではそれが「売春婦」や「幼児虐待」だったのではないか?とも噂されていますが、それもあながち嘘ではないようです。

驚くべきことに、現在でも子供を売り買いし、様々な方法で「使う」という現実があることが明らかになっており、各企業が人身売買に対する声明をだすほどに深刻化しているもののようです。

人身売買から性奴隷まで。売られた赤ん坊が辿る7つの末路

子供には危険すぎる仕事5選

児童労働|日本の状況|Wikipedia

日本でも明治時代に、マッチ工場、紡績工場、タバコ、製糸工場で行われており、靴磨き、食品や新聞などの売り子として、子供たちが働いている映像を、一度は見たことがあるものでしょう。当時は当たり前だったのかもしれませんが、現在では決して許されない風潮の世の中です。

しかし、これは過去の負の遺産ではなく現在進行形で行われていると言います。

いま、世界の子どもの10人に1人が「児童労働者」| 児童労働ネットワーク

生まれた境遇によってはごくごく身近にあったものが、世界的に有名になった物語の元となる現実に起こっていたことであった可能性があります。

そんな負の側面をもとにして描かれた物語が世界的に知られるということは、これを機に私たち一人一人が、真に幸福な生き方を考えなければいけないということなのかもしれません。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

WEBドラマ【MATCH girls】の主題歌に「オオカミ少女と黒王子」の挿入歌を手がけ、星野源やSuchmosらとともに「シティポップ」と称されるグループ、LUCKY TAPES(ラッキーテープス)の「ワンダーランド」が起用されました。

「ワンダーランド」をアマゾンでチェック!

「ワンダーランド」は、2018年10月に発売されたLUCKY TAPESのアルバム「dressing」に収録されています。

「ワンダーランド」の収録されるLUCKY TAPESのアルバム「dressing」をアマゾンでチェック!

放送情報

【配信】LUMINE WEBドラマ「MATCH girls 」特設サイト
【配信開始・曜日】2019年12月10日 (月)

あらすじ・キャスト部分引用元はルミネ

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)