ドラマ【やめるときもすこやかなるときも】キャストあらすじ 藤ヶ谷太輔が記念日現象に苦しむ家具職人を演じる 窪美澄の原作を実写化

2020年1月から放送のドラマ【やめるときも、すこやかなるときも】。

Kis-My-Ft2のメンバー、藤ヶ谷太輔と連続テレビ小説「半分、青い。」への出演などで知られる奈緒が共演する今作は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)が重要なテーマとなる作品です。

ここでは、ドラマ【やめるときも、すこやかなるときも】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

登場人物 キャスト

須藤壱晴 藤ヶ谷太輔

小さな工房を一人で経営する家具職人。家具作りの師匠・哲先生の教えから、依頼人の要望に真摯に向き合い、一つ一つの家具を丁寧に作っている。だが、哲先生の作品を超えられず伸び悩んでいる。穏やかで優しい性格だが、他人に心を開こうとせず過去のある出来事が原因で、声が出なくなると言う精神的な病(記念日反応)を抱えている。毎年、その時期になると、どうしようもない孤独感から行きずりの女性と一夜をともにしてしまう。

本橋桜子 奈緒

広告会社「創栄堂」で営業として働いている。高校生の時に父の会社が倒産してから時折、父に暴力を振るわれている。大学には奨学金で通い、就職してからは働かない父に代わり家計を支えてきた。お金を稼ぐために恋愛どころではなったため男性経験がなく、処女であることに引け目を感じている。毎日ひたむきに生きているが、自己評価が低く自信がない。酒に溺れる父を恨み、父に何も言えない母に苛立ち、先に結婚して家を出て行った妹に劣等感を抱いている。結婚さえすれば今の生活と自分自身を変えられると思っている。

柳葉優太 五関晃一

小料理屋の店主。壱晴の元兄弟弟子で、かつては家具職人を目指していたが、あることをきっかけに夢を諦めた。今でも良き友人として壱晴を見守っている。

佐藤哲 火野正平

天才家具職人で壱晴の師匠。声が出なくなる症状を抱えた壱晴を「手が動きゃいいんだよ」と雇った。2年前に工房ごと壱晴に譲って引退したが、壱晴の声が出ない期間、工房を手伝い何かと気にかけている。壱晴には自分のような孤独な老人になって欲しくないと思っている。

本橋勝己 遠山俊也

桜子の父。かつては印刷会社の二代目として社員からも慕われていたが、会社が倒産してからは酒に溺れて時折、物に当たるなど横暴な振る舞いをしてしまう。現在は警備や清掃の仕事を転々としている。

本橋幸枝 手塚理美

桜子の母。専業主婦だったが勝己の会社が倒産してからはパートに明け暮れ、桜子と共に借金を返してきた。桜子の幸せを願いならも、現状を変えることを諦め、ただ毎日の生活に流されている。

朝倉桃子 浅見姫香

桜子の妹。一年前に結婚して娘が一人いる。本橋家の近くに住んでおり、よく実家に遊びに来ている。桜子と違い要領がよく、天真爛漫な性格。

水沢彩芽 金澤美穂

桜子の同期で1番の親友。恋愛経験も多く、よく桜子の相談に乗っているが、独身主義で結婚願望はない。

大島真織 中井友望

壱晴の元恋人。故人。

Sponserd Link

あらすじ

概要|そして12月10日は、主人公・壱晴にとって忘れられない日。壱晴は、大切な人の死が忘れられず、十二月のある時期になると記念日反応という症状を抱えていた。その日がまさに今日、12月10日。記念日反応とは、⾝近な⼈の死などに直⾯したことで、⾟く悲しい経験をし、 翌年以降その出来事が起きた日時の前後に⼼や⾝体に不調をきたしてしまうこと。 目の前で大切な人を失った壱晴は、毎年その大切な人の命日になると、一週間ほど声が出なくなってしまう。壱晴が、ずっと忘れられない過去とは?12月10日に、一体何が起きたのか?彼は、このトラウマを乗り越えて、再び誰かとともに生きることはできるのか…

第1話あらすじ 2020.01.20

朝日が差し込む部屋の中、隣で眠る下着姿の女性の脚を尺取虫のように指を這わせて測る須藤壱晴(藤ヶ谷太輔)。広告制作会社『創栄堂』で営業として働く本橋桜子(奈緒)は恋人に浮気され別れ話を持ちかけられる。「別れても構わないので処女だけでももらって欲しい」と懇願するが「重い」と言われ振られてしまう。そんな中、会社の後輩の結婚パーティーに参列した桜子は、幸せそうな新婦の姿を前に「こんなところ抜け出したい」と声を漏らす。同期の水沢彩芽(金澤美穂)に叱られ、頭を冷やしてこいとテラスに出されると、ワインボトルを傍らに、目を閉じている壱晴に出会う。

その端正な寝顔に見惚れる桜子。不意に目が合い戸惑う桜子に壱晴は「二人で抜け出しませんか、こんなところ」と声をかけて…。目を覚ますと見知らぬ部屋のベッドで下着姿の桜子。同じベッドで一夜を過ごしたにも関わらず、何もされなかったことに落胆する。数日後、桜子は仕事の打ち合わせのため、とある家具工房を訪れるとそこには、昨晩ともに過ごした壱晴の姿が。しかし、壱晴は桜子のことを全く覚えていなかった。さらに突然、壱晴の声が出なくなって…。

原作やスタッフ

ドラマ【やめるときも、すこやかなるときも】の原作には「晴天の迷いクジラ」や「ふがいない僕は空を見た」の窪美澄 「やめるときも、すこやかなるときも」

「やめるときも、すこやかなるときも (日本語) 単行本 」をアマゾンでチェック!

脚本には「ストロボ・エッジ」や「愛してたって、秘密はある。」の桑村さや香

演出には「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」や「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」の小室直子

編成企画には「孤食ロボット」や「エンタの神様」の 田中宏史、「節約ロック」や「映画 ブラック校則」の川口信洋

チーフプロデューサーには「今からあなたを脅迫します」や「今日から俺は!!」の福士睦

企画プロデューサーには「ブラック校則」や「俺俺」の長松谷太郎

プロデューサー には「絆のペダル」や「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の能勢荘志、「部活、好きじゃなきゃダメですか?」や「簡単なお仕事です。に応募してみた」の髙橋淳之介、トータルメディアコミュニケーション取締役の松山雅則

制作には「野ブタ。をプロデュース」や「部活、好きじゃなきゃダメですか?」のトータルメディアコミュニケーション

製作著作には日本テレビとジャニーズ事務所の子会社、ジェイ・ストームが参加しています。

話題、見どころ

「記念日反応」は、PTSDの一種です。

世の中には多種多様な価値観がありますが、「前提」が違うと結果が違うと思うことはたくさんあると思います。

科学の重大な発見も、誰かがある原理に気づき、その原理が数十年経って実際に立証され、その原理が正しかったことが証明されることは、よくあることです。

これと同じように、精神病のいくつかは、ある種の「前提」によって誘導されているものとも言えると思います。

現代の「精神」系統の論拠は、夢の解釈を全部「性欲」のせいにするフロイトと、その弟子にあたるユングらがその発端と言われています。

そして実際にはフロイトやユングの著作を解説する「解説書」によって心理学や精神病関連のことが解説されますが、フロイトやユングの原著は解説書ほどわかりやすいものではなく、非常にわかりにくく、根拠があるとは思えないことが多いと言われています。

フロイトやユングが行ったことを振り返ってると、結局は「セックスドラッグロックンロール」の精神的な影響を研究していたようで、ここからほぼ全てのサブカルチャーが生まれました。

若者にとって憧れの対象になりやすいこれらの文化は、非常に毒性の強いもので、これらのための不幸な一生を送る人も少なくありません。

フロイトから心理学が発展しましたが、親族であるエドワード・バーネイズと言う人は、マスメディアを利用した大衆支配を研究した人物として知られています。

「宇宙人(レプタリアン)」と言う存在の出所もこの辺りから出てきたキーワードのようで、簡単に言えば「神様の否定」と言えます。

神様を否定してしまったために辻褄が合わなくなり、この世のほぼ全ての分野は正常に機能しなくなってしまったのではないでしょうか。

「前提」が違うと結果が違うと言うことは、これほどまでに恐ろしいことです。

私たち人類は幸せになるために生まれてきたと、どれほどの人が子供に向かって理知的に説明できるのでしょうか。

RAPT×読者対談84 自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【やめるときも、すこやかなるときも】の主題歌に藤ヶ谷太輔が所属するジャニーズのKis-My-Ft2の「memento」が起用されました。

「memento」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

劇伴音楽に星野源や大橋トリオなどのアーティストの共同製作者、神谷洵平と、みずほ銀行「おうちのおかね」のCMソングなどを手がける東川亜希子の音楽ユニット、赤い靴が起用されました。

「ドラマ【やめるときも、すこやかなるときも】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】日本テレビ系列「シンドラ」
【初回放送・曜日】2020年1月20日 毎週月曜日 24:59~25:29(30)
海外版|タイトル「Us Forever」GEM8ヵ国(香港、タイ、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ミャンマー、モルディブ)
【前ドラマ】「ブラック校則

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト