ドラマ【本気のしるし】キャストあらすじ ミャンマー出身森崎ウィンが悪女と破滅の道へ 星里もちる原作コミックを実写化

Sponserd Link

2019年秋から放送のドラマ【本気のしるし】。

主演に2006年までミャンマーの首都だったヤンゴンで生まれ、高杉晋として知られる孤立主義者のネ・ウィンと同じ名前を持つ俳優、森崎ウィンを迎え、星里もちるの原作コミックが実写化されます。

ここでは、ドラマ【本気のしるし】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

辻一路 森崎ウィン

ムラサメ文具店に勤務するサラリーマン。30歳、独身。仕事でも恋愛でも成り行きまかせの日常を過ごしている。細川さんとみっちゃんとの恋愛関係を同時進行中。

葉山浮世 土村芳

辻の前に現れた謎の美女。頼み事を断れない性格から金銭や男性関係のトラブルを起こし、その場しのぎの嘘で逃げようとしてますます深みにはまることを繰り返す。

謎の男 宇野祥平

謎の男

細川尚子 石橋けい

辻の職場のお局様的存在。陰で辻と付き合っている。

藤谷美奈子 福永朱梨

辻の職場の後輩。通称・みっちゃん。辻に一方的な好意を寄せている。後に辻に二股掛けをされたことを知り、復讐を決意する。

峰内大介 忍成修吾

かつて浮世と心中を図った男

脇田真一 北村有起哉

浮世に金を貸しているヤクザ。

Sponserd Link

あらすじ

中小商社に勤める会社員・辻一路。社内の評判はよく、恋人関係のような女性もいるが、他人に好かれるのも他人を好きになるのも苦手で、本気の恋をしたことがない。 そんなある日、コンビニで不思議な雰囲気の女性と知り合ったことをきっかけに…

原作やスタッフ

ドラマ【本気のしるし】の原作には「りびんぐゲーム」や「夢かもしんない」の星里もちる

「本気のしるし (1) (ビッグコミックス) 」をアマゾンでチェック!

監督には「いなべ」や「海を駆ける」の深田晃司 が参加しています。

話題、見どころ

アマゾンのレビューを見ると、「いったい、このような女が存在してよいのか? 恐ろしく魅惑的で、しかし破滅を招く。」「「魔性の女」と一言で片付けるにはすごすぎる。」と登場人物のキャラクター造形に驚きの評価がよく見られます。

男性が、女性の性的な誘いに弱いということは万国共通ですが、この原理を利用して政治的に優位に立つようになれる文化が存在しています。

それを「官人接待」と言います。

又の名を「神前娼婦」とも言いますが、つまりは政略結婚であり、ハニートラップというものです。

〜以下こちらから引用〜

何処までが本気で何処までが方便かはその時代の人々に聞いて見なければ判らないが、五穀豊穣や子孫繁栄の願いを込める名目の呪詛(じゅそ)として、巫女の神前性交行事が神殿で執り行われていた。

この巫女が「神懸かり」になる為の社殿神前性交が基と成り、やがて飛鳥期頃に神社と官人(高級貴族役人)の間で社殿神前に於ける官人接待の習慣が起こり、歌舞・音曲・性交がセットに成った「神前娼婦」と言う形態が出来上がる。

地方の小さな神社は、氏神社(うじがみしゃ)と言う地方支配者(氏族(うじぞく))起原の神社が多い。

いずれにしても神社の氏神(うじがみ・氏上)は文字通りの旧領主や旧赴任者が司執(つかさど)っていて、神社の社領を維持拡大しなければ成らない。

勿論神前娼婦(巫女)は簡単な情報収集の使命も負って居て、現代風に言えばハニートラップ(性を武器にする女スパイ)である。

何故なら、神社側は旧支配者が土着した郷士の末裔であり、官人は現支配者として赴任して来た相手で、御機嫌取りと腹の内を探る必要が在った。

つまり「氏神(うじがみ・氏上)神社」は土着した有力氏族の象徴的な施設で、中央から赴任して来た「官人」との暗闘の場でも在った。

ハニートラップ(性を武器にする女スパイ)は、安全保障の手段である。

日本は平和ボケしているからハニートラップ(性を武器にする女スパイ)など夢物語だが、現在でも世界中で採用されている最も有効な手段である。

いずれにしても、権力者を喜ばせる事は金に成ったり権力と結び付いたりの効果的な手段である。

そこで、新たにその土地に赴任して来る官人(高級貴族役人)を取り込む為の接待は欠かせず、一族の存亡に関わるからその接待は疎(おろそ)かには出来ない。

勿論新たに中央のヤマト政権から赴任して来た官人も、地元の有力者(氏上)と揉(も)めては赴任先での任が果たせなくなるから、そこは思惑が一致して上手く接待に乗る。

飛鳥期から平安期に到る時代的に考察すれば、この時代の巫女は神に仕える憧れの花形の職業で、勿論神前性交も神とのコンタクトと言う神聖な儀式で、性交に違和感は無いのである。

官人(高級貴族役人)接待に於いても、何しろ巫女は神と交わり浄化された身であるから、官人としてもその歌舞・音曲・性交接待を大いに喜んで居たに違いない。

それが遊女の原型と成り、平安末期には白拍子と呼ばれる遊女と繋がって行く。

〜引用終わり〜

女性は美しくなりたいという欲求を持っているものですし、男性も出世したいという思いを持っているものです。

しかし、人々が欲求だけに従って生きていると、いずれはかつての古代ローマのように性的にも道徳的にもモラルが崩壊して、人々は当たり前のように人を殺し、人を喜ばせる行いではなくただ自分が楽しいことだけをして、自堕落で自滅的な一生を送るようになります。

まさに、生きる意味を見つけられない自殺者があとを立たない現代こそが、かつての古代ローマになりつつあるということでもあります。

インターネットには淫乱なものが溢れ、嘘ばかりの政治家も著名人も、一般の人でも、様々なところで倫理観が破壊されていることは誰もが感じていることでしょう。

このようにルール無視の現状が、様々な混乱を引き起こし、フェイクニュースが当たり前のように報道され、真実が見えなくなってしまいます。

日本書紀や古事記が、当時の権力者の都合のいいように書かれたていたフィクションであったように、マスコミで言われていることのほとんどがデタラメなことであることは、ネットの情報を自分で精査して判断している人にとっては当たり前の事実となっています。

このように時代が大きく変化してる様をドラマでも描いたら面白くなるのではないでしょうか。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【本気のしるし】の音楽担当者、主題歌を担当するミュージシャンや劇伴となるオリジナルサウンドトラックの発売などは現在のところ未定です。わかり次第更新予定です。

「ドラマ【本気のしるし】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】メーテレ
【初回放送・曜日】2019年10月14日 毎週月曜日 24:59~25:29 (30)

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト キャスト説明欄はwikipedia

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)