ドラマ【ヘブン】キャストあらすじ。華道家の次は作家兼レストランオーナー。石原さとみと福士蒼汰 共演作は佐々木倫子原作コミックの実写化。

Sponserd Link

2019年7月から放送のドラマ【ヘブン ~ご苦楽レストラン~】。

石原さとみと福士蒼汰という若手人気俳優をキャスティグした今作は、「おたんこナース」などで知られる漫画家・佐々木倫子の漫画が原作。

石原さとみがレストランの女性オーナー、福士蒼汰が、そのレストランに雇われたシェフという役柄です。

ここでは、ドラマ【ヘブン ~ご苦楽レストラン~】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

(現時点での情報であり、今後大きく内容が変更される可能性があります。)

Sponserd Link

登場人物 キャスト|フレンチレストラン「ロワン ディシー(この世の果て)」

黒須仮名子 石原さとみ

主人公。「ロワン・ディシー」の風変わりなオーナー。精神的にも体力的にも生物としての強さを兼ね備えており、迷いがなく常に前向き。見ようによっては傍若無人でワガママな性格だが、裏表がなく妙に本質を突く発言をする。思いつきで行動することが多く周囲を振り回すが、最終的にそれが良い結果を生む。適当にしゃべっているように見えるが、その瞬間瞬間の言葉は本心のため、従業員の心にやけに響いたりする。

伊賀 観 福士蒼汰

「ロワン・ディシー」のシェフドラン(上級ウェイター)。真面目で融通が利かず、営業スマイルもできない堅物。前の店ではそのせいで評価が低かったが、客としてやって来た仮名子にその点を高く評価されスカウトされる。「ロワン・ディシー」の個性的な従業員たちの暴走を軌道修正するなど苦労は絶えないが、皆に必要とされることに心地良さも感じている。大学受験のトラウマで、試験と名のつくものが苦手。

川合太一 志尊 淳

「ロワン・ディシー」のコミドラン(ウェイターアシスタント)。前職は美容師見習い。シャンプーをすることに飽きて転職を決意した。飲食店で働いた経験ゼロ。明るくいつも笑顔だが、物覚えが悪くなかなか戦力にならない。しかしなぜか憎めない性格で人には好かれる。子どものように素直で、伊賀のことが大好き。誰かに注意されたり怒られたりしても全く気にしない性格。流行やSNS情報に敏感でよくスマホをいじっている。

堤 計太郎 勝村政信

「ロワン・ディシー」の店長。しかしフレンチの経験はなく、前職は牛丼屋。牛丼屋を辞めた理由は「牛丼を食べ過ぎて、人生の定量に達したから」。ハチャメチャなオーナーの方針に振り回され、お店の運営に悪戦苦闘する。およそ店長らしからぬ肝の小ささで、トラブルが起きるたびにパニックになり、伊賀に頼る。スケールの小さい節約と平凡な企画力で店の経営に微力ながら尽力していく。物事の換算は牛丼が基準となっている。感覚が一番庶民的。

小澤幸應 段田安則

「ロワン・ディシー」のシェフ。三ツ星レストランに勤めていたこともあるが、在籍した店が次々に潰れる不運の天才シェフ。自分は悪くないのに「小澤シェフが来ると店が潰れる。縁起が悪い」という噂が立ってしまい、他店のオーナーは雇いたがらなかったが、仮名子は「掘り出し物」だと思ってスカウト。心配性で弱気になると味が薄くなるが、コック見習いの月川や高遠から尊敬されている。

山縣重臣 岸部一徳

「ロワン・ディシー」のソムリエ。定年退職した元銀行役員。フレンチ経験は全くないものの、資格マニアでソムリエの資格欲しさに店で働く。年寄りであることを利用し、人を丸め込みラクをする老獪かつお茶目な性格。特に伊賀に対しては「老人に弱い」と知っていて、あの手この手でお願いを押し付ける。最初は仮名子に物申すことができる人物として一目置かれていたが、徐々にその地位も伊賀に取って代わられる。

Sponserd Link

あらすじ

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目で融通が利かず、営業スマイルもできない堅物のせいで、仲間からも客からもまったく評価されていなかった。

しかしそんな彼を高く評価する女性が現れる。その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトする。

「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」

その言葉に心を打たれ、彼女の店で働くことを決意する伊賀。

だがそのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店で、しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、在籍した店が次々に潰れる不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行役員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。

仮名子はなぜそんな彼らを集めたのか? はたして店は無事にオープンできるのか? かつてない、“至極のフレンチレストランコメディー”の幕が開く。

原作やスタッフ

ドラマ【ヘブン ~ご苦楽レストラン~】の原作は「動物のお医者さん」や「おたんこナース」などで知られる漫画家・佐々木倫子の「Heaven?―ご苦楽レストラン」

「Heaven?―ご苦楽レストラン (1) (ビッグコミックス) 」をアマゾンでチェック!

脚本には「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」「ヒロイン失格」の吉田恵里香

プロデュースには「99.9 -刑事専門弁護士-」「A LIFE〜愛しき人〜」の瀬戸口克陽

演出には「99.9 -刑事専門弁護士-」や「TRICK」の木村ひさし、「グッドワイフ」や「下町ロケット (第2シリーズ)」の松木彩、「アンナチュラル」や「リバース」の村尾嘉昭が参加しています。

話題、見どころ

原作は1999年から2003年まで断続的に掲載された漫画家・佐々木倫子の同名コミック。

佐々木倫子といえば芳根京子主演ドラマ「チャンネルはそのまま」の原作者としても知られています。

ドラマ【チャンネルはそのまま】ナックスも出演!芳根京子と水曜どうでしょうのコラボ?原作は「おたんこナース」の佐々木倫子

今作は2019年4月期に放送予定だったものが、7月期放送に先送りされたという日刊ゲンダイの報道で、1月下旬に明らかにされたもの。

出演者の二人の2018年を振り返ってみると、石原さとみは主演1月期に「アンナチュラル」7月期に「高嶺の花」にそれぞれ主演。

「逃げ恥」の野木亜紀子脚本の「アンナチュラル」は米津玄師「lemon」が主題歌とあったためか、ほとんど二桁の視聴率で推移、「高嶺の花」は初回と最終話のみの二桁視聴率で平均視聴率は一桁。

ドラマ【高嶺の花】あらすじキャスト。野島伸司脚本に石原さとみ!「べっぴんさん」芳根京子や「モンテクリスト伯」田畑志真など、若手女優にも注目

ドラマ【アンナチュラル】キャストあらすじ 石原さとみが、湊かなえドラマ「リバース」スタッフと「逃げ恥」野木亜紀子の強力タッグで描くのは法医学の”アンナチュラル・デス”

出演映画の公開のなかった石原さとみに対し、福士蒼汰は計4本の公開作があり、2019年にも岡田准一主演映画「ザ・ファブル」への出演が予定され、ドラマでは秋元康が企画・原案のドラマ「愛してたって、秘密はある。」が平均視聴率約8%という出来でした。

映画【ラプラスの魔女】登場人物とあらすじ 広瀬すずが櫻井翔と福士蒼汰の運命を操る少女を演じるチーム三池作品

そんな二人の出演する原作コミック「Heaven?」のアマゾンのレビューを見てみると、石原さとみ演じる主人公のオーナーぶりのひどさに「リアリティを欠く」として嫌悪する人もいるほど、現実離れしたことが描かれているといいます。

漫画とはいえ、飲食業を真面目にやっている人をバカにしているとも取れる内容で、そのレストラン自体が「 ただのブラック企業 」だとも書かれていました。

反対にとにかく「笑える」という評価があることは確かなようですが、石原さとみと福士蒼汰が「笑えるブラック企業」の中でどう演じていくのかに注目です。

福士蒼汰といえば、2018年11月に公式インスタグラムを開設し、話題となりましたが、プロモーション目的だった映画は予想外の不入りだったとか。

福士蒼汰が公式インスタグラムを開設 映画”不入り”やスキャンダルのイメージアップか

謎のインスタ女王「MISATO」との熱愛報道なども入り乱れましたが、果たしてどのような作品として放送されるのでしょうか。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【ヘブン】の音楽担当者、主題歌を担当するミュージシャンや劇伴となるオリジナルサウンドトラックの発売などは現在のところ未定です。わかり次第更新予定です。

「ドラマ【ヘブン】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】TBS系列「火曜ドラマ」
【初回放送・曜日】2019年7月 毎週火曜日曜日 22:00~23:07(67)
【前ドラマ】「わたし、定時で帰ります

あらすじ・キャスト部分引用元はWikipedia日刊ゲンダイ公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)