特集ドラマ【ファーストラヴ】キャストあらすじ

2020年月から放送特集ドラマ【ファーストラヴ】。

真木よう子を主演に迎え、東宝シンデレラガール出身で人気急上昇中の上白石萌歌が”殺人犯”を演じるのは、直木賞を受賞した島本理生の原作小説。

今作は北川景子主演で映画化されることが決まっており、さらには、島本理生の「Red」も映画化され、まさに、これからは島本理生の時代とも言えるのではないでしょうか。

ここでは、特集ドラマ【ファーストラヴ】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

登場人物 キャスト

真壁由紀 真木よう子

公認心理師。庵野迦葉(平岡祐太)は義理の弟。

聖山環菜  上白石萌歌

「美人女子大生の父親刺殺事件」の殺人犯。

庵野迦葉 平岡祐太

聖山環菜(上白石萌歌)の国選弁護士。由紀の義弟でもある。

聖山昭菜 黒木瞳

環菜(上白石萌歌)の母。

あらすじ

公認心理師の主人公・由紀(真木よう子)は、出版社から話題の「美人女子大生の父親刺殺事件」のルポの執筆依頼を受ける。殺人犯・環菜(上白石萌歌)が「動機は見つけてください」と警察に言ったことで、波紋を呼んだ事件だ。環菜の国選弁護人で、由紀の義弟でもある迦葉(平岡祐太)からも協力を請われて、由紀は環菜と面会し、カウンセリングのような形で、環菜の家族に何があったのかを突き止めようとする。

真相を探る中、明らかになる環菜と殺された父親、さらには母親・昭菜(黒木瞳)とのゆがんだ親子関係。環菜の心に触れることは、由紀自身の過去と向き合う作業でもあった。そして、環菜はついに「初恋」について語り始め―。そして明らかになる環菜の“うそ”の本当の理由。果たして環菜は、本当に父を殺したのか―?!

話題、見どころ

第159回直木賞を受賞した島本理生の「ファーストラヴ」の実写化となる今作ですが、同じ作品は、北川景子主演、堤幸彦監督で、2021年に映画化されることも決定しています。

作家、島本理生の作品は、恋愛や官能など主なものですが、なぜ文学界ではそんなに恋愛や官能の作品があるのかと、疑問に思う人も多いはず。

特に官能小説などは性的堕落の象徴のようなものなので、成人したからどんなことしてもいいということではなく、成人してからこそ、子供達の手本となる生き方をすべきなのに、現実と理想は遥かにかけ離れているようです。

しかし、日本にこのような文化があることは、天皇制と深い関わりがあるようです。

最近では天皇と近親婚との関係は広く知られるようになりました。

闇が深い…皇室の都市伝説がヤバすぎる! – NAVER まとめ

皇族の一員である、高円宮承子女王も、「皇族史上最凶の乱れた方」とも言われます。

高円宮家|高円宮承子女王 | 伏見顕正の政経塾と四柱推命

そもそも、新しい天皇が決まった時に行うもので、2019年に数ヶ月にかけて行われていた「大嘗祭」という行事も、とても小学生には言えないような内容とも言われています。

RAPT | 天皇が行う「大嘗祭」はまさに悪魔崇拝そのものです。

これまでなぜそれが表に出てこなかったのか?それは、神聖なものというようよりは、ただ、人に見せられるようなものではないから、なのかもしれません。

近親婚によって奇形児が生まれてくるというとは広く知られていることですが、日本の皇族にもアントニオ猪木のような顎を持った人は何人もいます。

こうしてみると、島本理生も皇族顔と言えますね。

やはり上級国民なのでしょうか。

「個性や才能を生かして生きる」という教えは天皇家の皆さんから聞いたことはありませんが、生まれた時から皇族になるということ自体、このような本来の人間の生き方からは遠くかけ離れているようにも感じます。

実際に皇族の存続に関わる経費が多すぎると話題になりました。

2019年は、上級国民という存在が大きく取り沙汰されるようになりました。

格差社会で苦しい生活を強いられる人が、このようなことを知ったら、ますます怒り心頭となることでしょう。

古代エジプトやローマ帝国をはじめ、性的に堕落した文明はことごとく滅びてきました。もちろんそののち徐々に再生してくわけですが、それはまた同じ繰り返しをするだけとも言えます。

このようなまともなことを高く評価する世の中になって欲しいと誰もが心の中では感じているでしょう。

性的な堕落こそが、最も気をつけなければならないこと、それを魅力的に伝えることこそが、最高の芸術だと思います。

「ポルノのまん延は公衆衛生上の危機」米専門家たち。

将来の夢を描き、それに向かって努力していくこと。

人間一人一人には大きな価値がある。

疎外感に陥らないために、常に自分を高める努力を。

原作やスタッフ

原作島本理生『ファーストラヴ』
◯「ファーストラヴ (文春e-book)」をアマゾンでチェック!
脚本吉澤智子 「病室で念仏を唱えないでください」「ダメな私に恋してください」【演出】 宮武由衣(TBSスパークル) 「体育館ベイビー」「MAGI -天正遣欧少年使節-」 【制作統括】 加藤章一(TBSスパークル) 「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」 管原浩(NHK) 「大全力失踪」「これは経費で落ちません!」 中村高志 (NEP) 「精霊の守り人 最終章」「透明なゆりかご」

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

特集ドラマ【ファーストラヴ】の音楽担当者、主題歌を担当するミュージシャンや劇伴となるオリジナルサウンドトラックの発売などは現在のところ未定です。わかり次第更新予定です。

「特集ドラマ【ファーストラヴ】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局・配信】BSプレミアム
【初回放送・曜日】2020年2月22日 土曜日 21:00~22:59(119)
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト2月22日