大河ドラマ【青天を衝け】キャストあらすじ 渋沢栄一の功績とは グローバル資本主義と貧困

Sponserd Link

2020年1月から放送の大河ドラマ【青天を衝け】。

第60作目となる大河ドラマが発表となりました。数々の企業の設立に関わっている偉人渋沢栄一の生涯を、朝ドラ「なつぞら」で、農民画家を好演し話題となった吉沢亮が演じます。

ここでは、大河ドラマ【青天を衝け】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

渋沢栄一 吉沢亮

埼玉の百姓の家に生まれ、のちに「資本主義の父」と言われる男。

あらすじ

官尊民卑なんて、くそくらえ。百姓からの脱却を決意!
渋沢栄一は、藍染めの原料となる藍玉づくりと養蚕を営む百姓の家に生まれた。頭の回転は早いが、大人や権力にものおじしないやんちゃ坊主に育つ。商才に長けた父・市郎右衛門の背中に学び、栄一は商売の面白さに目覚めていった。 しかし17歳の頃、人生を変える最初の事件が起こる。御用金を取り立てる代官に刃向かい、理不尽に罵倒されたのだ。栄一は、官尊民卑がはびこる幕府の身分制度に怒りを覚え、決意する。 「虐げられる百姓のままでは終われない。武士になる!」。

目指せ、攘夷の志士! ところが計画中止、追われる身へ……。
栄一は、従兄(いとこ)の惇忠(じゅんちゅう)や喜作と共に、尊皇攘夷に傾倒していく。栄一らは江戸に出入りして同志を集め、ある暴挙を企てた。高崎城を乗っ取り、横浜の外国人居留地を焼き討ちするという一大攘夷計画だ。ところが、京の情勢に通じた惇忠の弟・長七郎の猛反対にあい、実行前夜にしてあえなく断念。逆に幕府に追われる立場となり、喜作と共に京へ逃げる。 そんな彼らに助け船を出したのは、一橋慶喜の側近・平岡円四郎だ。一橋家の家臣となるか、幕府に捕らわれて死ぬか、という二者択一を迫られる。この時、“慶喜こそが幕府を変える人物となる”と望みを懸け、一橋の人間となったことで再び運命が変わっていく——。

Sponserd Link

心ならずも幕臣に。パリ行きが人生を開く!
栄一は持ち前の商才で一橋家の財政改革に手腕を発揮し、慶喜の信頼を得る。ところが、慶喜が将軍を継承したことで、倒幕を目指すどころか幕臣になってしまった。 失意の栄一に、またとない転機が訪れる。パリ万国博覧会の随員に選ばれたのだ。産業発展めざましいフランスに渡った栄一は、「株式会社」と「バンク」の仕組みを知り、さらに官と民が平等である社会に大きな衝撃を受ける。「攘夷なんてとんでもない。民間が力を発揮する西洋の国づくりを日本も吸収すべきだ!」。そんな折、日本から大政奉還の知らせが届き、無念の帰国へ……。 まさかの新政府入りで、続々改革。33歳でいよいよ民間へ。 帰国後、様変わりした日本に衝撃を受ける栄一。約260年続いていた徳川の時代はすでに終わり、惇忠や喜作は「彰義隊(しょうぎたい)」を結成。戊辰戦争、そして函館戦争と新政府軍との戦闘を続けていた。 栄一は、静岡で隠棲(いんせい)する慶喜と再会し、身をやつした姿に涙する。そして、民間に身を置きながら、慶喜をそばで支えることを決意した。 しかし突然、明治新政府から大蔵省への仕官を命じられて上京。 「改正掛(かいせいがかり)」を立ち上げ、租税・鉄道・貨幣制度など次々と改革を推し進めること3年半。栄一はある決意を胸に辞表を提出した。 この時、33歳。いよいよ、栄一の目指す民間改革が始まるのだった……!

まさかの新政府入りで、続々改革。33歳でいよいよ民間へ。
帰国後、様変わりした日本に衝撃を受ける栄一。約260年続いていた徳川の時代はすでに終わり、惇忠や喜作は「彰義隊(しょうぎたい)」を結成。戊辰戦争、そして函館戦争と新政府軍との戦闘を続けていた。 栄一は、静岡で隠棲(いんせい)する慶喜と再会し、身をやつした姿に涙する。そして、民間に身を置きながら、慶喜をそばで支えることを決意した。 しかし突然、明治新政府から大蔵省への仕官を命じられて上京。 「改正掛(かいせいがかり)」を立ち上げ、租税・鉄道・貨幣制度など次々と改革を推し進めること3年半。栄一はある決意を胸に辞表を提出した。 この時、33歳。いよいよ、栄一の目指す民間改革が始まるのだった……!

原作やスタッフ

ドラマ【青天を衝け】の脚本には「この声をきみに」や「あさが来た」の大森美香

制作統括には「あまちゃん」や「ひよっこ」の菓子浩、「越谷サイコー」や「なつぞら」の福岡利武

プロデューサーには「ひよっこ」や「未解決事件/file.07 警察庁長官狙撃事件」の板垣麻衣子 演出には「未解決事件/file.07 警察庁長官狙撃事件」や「ひよっこ」の黒崎博、「なつぞら」や「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」の渡辺哲也が参加しています。

話題、見どころ

資本主義の父と言われている渋沢栄一ですが、資本主義は現在、一部の特権階級だけがぼろ儲けできるシステムであり、庶民にとっては、ただ搾取を合法化する迷惑なものでしかありません。

そもそも、借金をしなければ成長できないという意味不明な仕組みがなぜ我が物顔でまかり通っているのでしょうか。

政府と銀行により、多くの善良に生きようとする庶民が借金をしなければならないようになり、苦しめられているのです。

[出典]天野統康ブログ

銀行家はヤクザと、政府は国税局という出先機関を利用して、至る所で、金を少なくしか持たない庶民から、さらに取り上げようとしているのです。

反対に企業の申告漏れは厳密に追及されることなく、そこそこの徴収だけで済ませようとするのです。

銀行が暴力団に賄賂を送っていたことが明らかになったのが、以下の事件です。

みずほ銀行暴力団融資事件

このように資本主義の原理が元にあることで、その結果、アベノミクスが総仕上げをして平成に入り「アンダークラス」という階級が出現しました。

平均年収186万円、日本に930万人いると言われている「アンダークラス」は、言ってしまえば、単なる奴隷階級です。

平成に出現した「階級社会」の最底辺は「アンダークラス」
[出典] マネーポスト

これがアベノミクスの成果ということで、多くの人が怒り抑えきれなくなっているのです。

ちなみに「石油マネー」で溢れる中東のカタールでは、貧富の差が激しすぎるため、サッカースタジアムがガラガラになっていると言うことも有名です。

カタールリーグ「アルドゥハイル」の試合に観客がいないの巻|かわいい巨人、サッカー中島翔哉の情報版

歴史の授業でも習った「カースト制」で知られるインドでは、現代でも貧富の差が続いています。

〜以下インドの平均年収はいくら?格差大国インドの驚くべき給与事情から引用〜

世界で最も貧困差の大きな国と呼ぶのに相応しいインド、17年度の調査委によると、14億人近くいる人口のたった1%の最富裕層がインド全体の73パーセントを占めているという驚きの調査結果が出ています。(タイムズ・オブ・インディアの調査)

〜引用終わり〜

資本主義がこの現代の奴隷制度を維持するための重要な原理だということを、今作でも紹介してくれることを期待しまいます。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【青天を衝け】の音楽担当者、主題歌を担当するミュージシャンや劇伴となるオリジナルサウンドトラックの発売などは現在のところ未定です。わかり次第更新予定です。

「ドラマ【青天を衝け】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】NHK総合
【初回放送・曜日】2021年1月から 毎週金曜日
【前ドラマ】「麒麟がくる

あらすじ・キャスト部分引用元はNHK

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)