映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】キャストあらすじ 大富豪のモデルは誰だ 白濱亜嵐 関水渚 古川雄大らを加えた10兆円コンゲームの幕開け

Sponserd Link

2020年5月に公開の映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】。

連続ドラマからスタートして人気作となった今作の劇場版第二弾は、東南アジアのマレーシアを舞台とした10兆円をめぐるお話。

EXILEの白濱亜嵐や、アクエリアスのCMや2020年1月期のドラマ「知らなくていいコト」への出演が決まっている関水渚など、フレッシュなキャスティングにも注目が集まります。

ここでは、映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

ダー子 長澤まさみ

天才女詐欺師。

ボクちゃん 東出昌大

ダー子・リチャードと共に行動する詐欺師。幾度となくこの仕事から足を洗おうとしているが、一度も成功していない。

五十嵐 小手伸也

ダー子に思いを寄せる神出鬼没な腕利きの詐欺師。

リチャード 小日向文世

ダー子・ボクちゃんと共に行動する詐欺師。

アンドリュウ・フウ 白濱亜嵐

世界有数の大富豪一族・フウ家の遺産争いを繰り広げる次男

コックリ 関水渚

ダー子の子猫としてチームに加わる少女。通称“コックリ”

クリストファー・フウ 古川雄大

世界有数の大富豪一族・フウ家の長男

トニー・ティン 柴田恭兵

フウ家の執事

レイモンド・フウ 北大路欣也

フウ家の当主であり世界有数の大物

Sponserd Link

あらすじ

舞台は、“伝説の島”と呼ばれる南国リゾート マレーシアのランカウイ島!世界有数の大富豪一族をオサカナ(ターゲット)にダー子、ボクちゃん、リチャードらお馴染みの面々が10兆円の資産を狙い華麗にそして超絶大胆に仕掛けるコンゲーム(騙し合い)。のはずが…百戦錬磨のコンフィデンスマン、ダー子たちに訪れる最大の危機!!果たして狙ったオサカナの為なら命の危険も惜しまない彼らの運命は!?

原作やスタッフ

映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】の監督にはこれまでの「コンフィデンスマンJP」シリーズや「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON」の田中亮

脚本には「ミックス。」や「リーガル・ハイ」の古沢良太

制作プロダクションには「翔んで埼玉」や「あいあい傘」などの製作会社FILM が参加しています。

話題、見どころ

2019年5月に公開され大ヒットを記録した映画「コンフィデンスマンJP」は、2020年のゴールデンウィークに「プリンセス編」として再び帰ってきます。

今作の舞台はマレーシアのリゾート地で、そこで世界有数の大富豪一族・フウ家を「オサカナ(ターゲット)」として主人公たちが活躍すると言うストーリー。

マレーシアの海を隔てたお隣のフィリピンには、「フウ家」と名前がどことなく似た富豪の「シー家」がいます。

彼らは中国福建省にルーツを持つ富豪一族と言われ、それ以前にフィリピンにいたスペイン系のアラヤ財閥と勢力を二分すると言われています。

〜以下こちらから引用〜

福建派閥
SMシー財閥、ロビンソン、ゴコンウェイ財閥、アキノ家コハンコ財閥、アロヨ大統領、皆さん福建省出身です。

そして辛亥革命、台湾建国で名高い、孫文、蒋介石も同じく福建省出身。客家(ハッカ)人の故郷です。

福建会館は唐人屋敷時代の孔子を祭る聖人堂の跡と言われ、福建省泉州出身者により 創設された八閩会所がその起源です。
1900年8月26日、孫文は上海イギリス領事館と協議する為、上海へ向かう途中に神戸丸で長崎に立ち寄りました。
1913年孫文は再び長崎を訪れ、メーソンで有名なYMCAで、「世界の平和とキリスト教」という演説をしました。
日本、福建省、台湾を結ぶルートは、古くから出来上がっていたのです。
これら福建派閥がフィリピン経済に侵攻し、浸食し続け、古くからのアヤラ財閥側テリトリーでテロ活動が起きた。

福建省派閥、客家、漢氏、大本、「世界連邦運動協会」という流れを理解し、アジア諸国で起る混沌と第三次世界大戦を予感させる動きを見つめれば、誰が予言と事件発生を同時に行っているかが見えてくるでしょう。勿論その後ろに、これらの活動を煽り、資金供給をしている派閥がある事を忘れてはいけません。

大本を初めとするこれらアジア側の勢力、米国犯罪シンジケート(ブラック・メーソン)、シオニスト、チェコ秘密警察、アフリカ、ロシア・・・世界中に、知らぬうちにコミュニストの傀儡にされている勢力があるのです。

〜引用終わり〜

今作「プリンセス編」でキャストに名を連ねたEXILEの白濱亜嵐は、彼自身、スペイン系フィリピン人と日本人のハーフと噂されています。

そして彼の役名はアンドリュウ・フウですが、実際にフィリピンの富豪に華僑系の「アンドリュー・タン」がいます。

〜以下こちらから引用〜

4.アンドリュー・タン(Andrew Tan) : アライアンス・グローバルグループ – 資産総額 51億ドル

4-bill

アンドリュー氏はマクタン島に現在建設中のマクタンニュータウンの開発を行っているMegaworld Corporation(メガワールド・コーポレーション)を傘下に入れているアライアンス・グローバルグループ(Alliance Global Group)の会長です。

今フィリピンでも活発な不動産会社でコンドミニアムや商業ビルだけではなく、娯楽施設とモールが集まるEastwood Cityやマニラ国際空港の隣にあるニューポートシティなどといった商業施設の建設も行っています。

その他にもEmperador(エンペラドール)というウィスキーを製造販売しているだけではなく、世界で5番目に大きいスコッチを販売しているホワイト・アンド・マッカイ(Whyte and Mackay)を4.3億ポンドで買収。それだけではなく、フィリピンのマクドナルドも保有しています。

〜引用終わり〜

福建華僑より前にフィリピンで財閥を形成していたスペイン系のアラヤ財閥は、もともとスペインのバスク地方の人で「バスク人」と呼ばれる人たちでした。

有名人にもこの人種の人はたくさんいますが、代表的なところではイエズス会宣教師のフランシスコ・ザビエルもまた、バスク人でした。

ザビエルのつづりは「Xavier」ですが、シャビエル、、ゼイヴィア(ゼイヴィアー、エグゼイヴィア)、グザヴィエ、ハビエル(Javier)、クサーヴァー (Xaver)、サヴェリオなども全て、「Xavier」と同じ名前だそうです。

ザビエル はキリスト教の宣教師でしたが、白濱亜嵐の姉のラブリの「ラブリ」と言う名前は「クリスチャンネーム」だそうで、つまり、白濱家はクリスチャンで、もしかしたら、白濱亜嵐の「亜蘭」も、クリスチャンネームなのかもしれません。

白濱亜嵐の姉はラブリでハーフ。病気は本当?本名を公表しなかった理由。

ちなみに「アラン」は、ケルト語の「調和」と言う意味から来ているそうです。

〜以下こちらから引用〜

アラン(alan)(男)…ケルト語の「調和」のブルターニュ語形。

〜引用終わり〜

白濱亜嵐のアンドリュウ・フウは、スペイン系バスクでもあり、福建華僑系でもあるようなキャラクターともいえますが、この福建系の一族は、日本でも大きな力を持っているようで、実際に東京オリンピック2020を主導したのも福建系の華僑・客家の後押しがあったようです。

こんなところもドラマで描いて欲しいところです。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】の劇伴音楽にこれまでのドラマと映画の「コンフィデンスマンJP」シリーズの劇伴を手がけてきたfox capture planが起用されました。

「映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】東宝系列
【公開日 ロードショー】2020年5月1日(金)

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)