ドラマ【やすらぎの刻 ~道】キャストあらすじ。清野菜名と風間俊介が石坂浩二演じる主人公の「脳内ドラマ」で夫婦役。倉本聰の超大作第二弾!

Sponserd Link

2019年4月から放送のドラマ【やすらぎの刻(とき)~道】。

シニア層向け枠として脚本家の倉本聰からの提案で新設されることになったテレビ朝日の「帯ドラマ劇場」

テレビ朝日開局60周年記念作品として一年休止となっていた「帯ドラマ劇場」に、「やすらぎの郷 La Strada」が帰ってきます。およそ一年に渡る4クール放送という試みに、さらにパワーアップしたキャストが集結。

ここでは、2017年に放送された「やすらぎの郷」の続編となるドラマ【やすらぎの刻~道】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

根来しの(青年期) 清野菜名

菊村栄が構想するシナリオ『道』の主人公。モデルは故人となっている九条摂子。

根来しの(晩年期) 風吹ジュン

晩年のしの。

根来公平(青年期) 風間俊介

山梨県のとある集落に暮らす、養蚕農家・根来家の四男。小さい頃から“ついていない”ことばかり起きるため、13歳にして“うまくいかないのが人生”と達観し、夢や希望を持たずに生きていた。そんな折、同業者の娘・しのが根来家に引き取られてくる。ある日突然、家族に加わった彼女に、公平は一瞬で恋をして…!?

根来公平(晩年期)/水沼六郎 橋爪功(一人二役)

根来公平:晩年の公平。

水沼六郎:『やすらぎの郷』の新たな入居者。歌舞伎名門の嫡男として生まれたが、テレビドラマ界で人気を博して本業を怠り、さらに女性問題を起こして、それが“お家騒動”にまで発展。結果、歌舞伎界から放逐された。その後も不運に見舞われ続け、現在は前立腺肥大による頻尿に悩まされており、いつしか「ツイテナイ」が口ぐせに…。運に見放されつつも、どこか喜劇的な彼のキャラクターに触発され、菊村はロクを投影した公平という男の物語を書き始める…。

根来公次 宮田俊哉

公平の兄。養蚕農家の次男。口下手で働き者。

根来アヤ 岸本加世子

公平たちの母。4男2女を育てる母。しのを暖かく受けれる。

根来鉄兵 平山浩行

根来家の本家の兄。年老いた母と二人暮らし。炭焼きと猟師を生業とする。周辺の町にも”暴れん坊”として知れ渡るほどケンカが強い。

老人ホーム「やすらぎの郷」キャスト(現実)

菊村栄 石坂浩二 やすらぎの郷入居者、脚本家。
菊村律子 風吹ジュン 栄の亡き妻。
白川冴子 浅丘ルリ子 やすらぎの郷入居者、女優。
水谷マヤ 加賀まりこ やすらぎの郷入居者、女優。
真野六郎 ミッキー・カーチス やすらぎの郷入居者、俳優。
岩倉正臣 山本 圭 やすらぎの郷入居者、俳優。
白鳥洋介 上條恒彦 やすらぎの郷入居者、作曲家。
高井秀次 藤竜也 やすらぎの郷入居者、俳優。
名倉修平 名高達男 やすらぎの郷理事長
名倉みどり 草刈民代 やすらぎの郷総務部長、修平の妻
財前 柳葉敏郎 湾岸テレビプロデューサー。かつて、終戦記念ドラマスペシャルの執筆を菊村に依頼した人物。白川冴子と水谷マヤにも出演をオファーしていたが…!?
有坂エリ 板谷由夏 やすらぎの郷に新たに着任したコンシェルジュ。元CAでみどり(草刈民代)の後輩。亡き母が栄(石坂浩二)の妻・律子(風吹ジュン)の幼馴染という縁で栄と会ったことがある。

老人ホーム「やすらぎの郷」新規入居者(現実)

中川玉子 いしだあゆみ
桂木怜子 大空真弓
香川さくら 丘みつ子
蒟蒻亭乙葉 笹野高史
辛坊修 ジェリー藤尾
九重めぐみ 松原智恵子
岸井さとみ 水野久美
九条摂子 八千草薫

Sponserd Link

あらすじ

高級老人ホーム『やすらぎの郷』に住む脚本家・菊村栄(石坂浩二)は、以前”ボツ”になったシナリオを思い起こす。

白川冴子(浅丘ルリ子)、水谷マヤ(加賀まりこ)らが見守る中、菊村はそのドラマをモチーフに、今は亡き”姫”こと九条摂子(八千草薫)をモデルに捉え、最後の作品としてどこにも発表する当てのないシナリオ『道』を綴りはじめる。

その作品は山梨のとある山間の村を舞台に、昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の出会いから亡くなるまでを、昭和初期から現代に至るまでの80年間に渡る壮大なスケールで描くもので、テーマは”ふるさと”。

菊村が執筆するシナリオは劇中劇ならぬ脳内劇で映像化されて行き、さらに『やすらぎの郷』のその後も描かれて行く。

原作やスタッフ

ドラマ【やすらぎの刻~道】は原作のないオリジナル作品です。

脚本には「北の国から」や「おやじの背中」で知られる倉本聰。

2017年に発売された前作「やすらぎの郷」はすでに映像化され販売中です。

「やすらぎの郷(アマゾンビデオ配信)をアマゾンでチェック!

「やすらぎの郷 DVD-BOX I」をアマゾンでチェック!

監督やプロデューサーなどは現在のところ未定。わかり次第更新予定です。

話題、見どころ

約1年4カ月ぶりに帰ってきた倉本聰脚本の今作。

第一シーズン「やすらぎの郷」の好評を受けて、最近のドラマには珍しい4クール、一年という期間での放送が決定しました。視聴率の低迷が叫ばれて久しいですが、連続ドラマといえば3ヶ月の1クール放送が常識となってる中、非常に挑戦的な作品です。

そんな今作の内容は石坂浩二演じる主人公・菊村栄が執筆する「脳内ドラマ」とともに、現実の物語が並行して進むという仕掛け。

全体で約250本分のシナリオを書き、83歳の現役作家として今作を担当する倉本聰は、今回、土からコンクリートへと変化してきた「道」を通して、昭和初期から、今まさに終わろうとしている平成までを、ひと組の夫婦を中心にした物語として描きだします。

〜以下テレビ朝日から引用〜

子供のころ親しんだ、田舎の、未舗装の一本の小道。 今は便利になり、アスファルトで覆われ、高速道路が縦横に走る豪華な世の中になったとはいえ、人々が最後に心に描くのは己の貧しい原風景の中にある“ふるさと”の細い小道ではないか。

このドラマはそうした小道の変遷を通して、昭和・戦中・戦後・平成、日本の豊饒への歴史を辿りながら、それに翻弄される一組の夫婦の“倖せ”への郷愁を探り、描くものである。

〜引用終わり〜

前作「やすらぎの郷」は6ヶ月間でしたが、今回は一年間にわたる放送。

朝ドラは放送期間6ヶ月で週5日で一話15分の放送ですが、今作は一話20分で、一年間の放送。

単純計算で総放送時間は朝ドラの三倍ほど。その分の脚本を全て一人で書いている倉本聰の気持ちは想像を絶するものがあります。

「夫婦の幸せ」とは実に多様なものです。

夫婦と括ってしまうが故に話が複雑になってしまいますが、夫婦であろうとなかろうと、まずは一人の人間としてその人が幸せであれば、その二人が夫婦になっても幸せなはず。

しかしながら、現実はそう上手くはいかない中、それぞれに一生懸命に生きているのが私たち人間というものです。

そんな葛藤する夫婦に「やすらぎ」を与えるドラマ「やすらぎの刻 ~道~」は、どんな結末を用意しているのでしょうか。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【やすらぎの刻~道】の主題歌に、第一シーズンに続き、「糸」や「地上の星」「時代」などで知られる中島みゆきが書き下ろした楽曲「進化樹」と「離郷の歌」が起用されました。

「進化樹」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

「離郷の歌」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

シーズン1の主題歌「慕情」をアマゾンでチェック!

「テレビ朝日系帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』オリジナル・サウンドトラック(注:シーズン1)」をアマゾンでチェック!

放送情報

【放送局】テレビ朝日系列 「帯ドラマ劇場」
【初回放送・曜日】2019年4月8日~2020年3月 毎週月曜~金曜 12:30~12:50(20)
【前ドラマ】「越路吹雪物語(1年間休止枠)

あらすじ・キャスト部分引用元はテレビ朝日

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)