ドラマ【知らなくていいコト】キャストあらすじ 吉高由里子が大石静脚本で週刊誌記者 出生の真実とその結末とは?

2020年1月から放送のドラマ【知らなくていいコト】。

「世界的に名前は知られていないが演技力のある日本の俳優7人」の一人とも言われる吉高由里子を主演に、「家売るオンナ」や「ふたりっ子」などで知られる大石静のオリジナル脚本で、週刊誌記者の過去とともにその成長物語が描かれるドラマが放送されます。

ここでは、ドラマ【知らなくていいコト】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

登場人物 キャスト

真壁ケイト 吉高由里子

週刊誌記者。母の急死と同時にこれまで母が決して明かさなかった自分の出生の秘密を知ってしまう。

尾高由一郎 柄本佑

フリーランスの動物カメラマン。報道カメラマンだったが、あるコトがきっかけで転身。ケイトの元カレ。現在は妻子持ち。

野中春樹 重岡大毅(ジャニーズWEST)

源出版・『週刊イースト』連載班わがままな作家の懐に飛び込むのが得意。ケイトの今カレ。そろそろプロポーズしようか悩んでいる。

真壁杏南 秋吉久美子

ケイトの母。映画評論家であり字幕翻訳の第一人者。女手一つでケイトを育て、亡くなる直前にケイトに意味深な言葉を残し、この世を去る。

岩谷進 佐々木蔵之介

東源出版・『週刊イースト』編集長売上部数1位をキープする「週刊イースト」の顔として部下から厚い信頼を得ている。

乃十阿徹 小林薫

ドラマの中盤から物語を大きく動かす謎の男

Sponserd Link

あらすじ

概要|吉高由里子が演じるのは週刊誌記者として快活に働くこのドラマの主人公で、母の急死と同時にこれまで母が決して明かさなかった自分の出生の秘密を知ってしまう真壁ケイト。
週刊誌編集部を舞台に、一話完結で、毎回、現代社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、主人公が記者としてだけではなく、人として成長していく姿を描きます。

謎めいた母の言葉から自身に関わる驚愕の真実を知ったケイトの人生は一変、アイデンティティーを失います。

そんな主人公は、世の真実を暴く週刊誌記者という自身の立場との葛藤と闘いながら、絶望の淵から自分自身を取り戻すべく、敢然と逆境に立ち向かっていくのです。

人間ドラマであり、お仕事ドラマであり、サスペンスドラマの要素も持ち合わせています。
しかし、社会派の重いドラマを目指すものではありません。
逆境と立ち向かう中で、自分を知り、人を知り、愛を知り、成長する姿に、人々の共感と感動を導く作品です。

原作やスタッフ

ドラマ【知らなくていいコト】の脚本には「大恋愛〜僕を忘れる君と」や「家売るオンナの逆襲」の大石静

演出には「フランケンシュタインの恋」や「俺のスカート、どこ行った?」の狩山俊輔、「お迎えデス。」や「Wの悲劇」の塚本連平ほか

プロデューサーには「家売るオンナ」や「生田家の朝」の小田玲奈、「プリティが多すぎる」や「家売るオンナの逆襲 」の久保田 充、「獣になれない私たち」「先に生まれただけの僕」 の大塚英治

チーフプロデューサーには「家売るオンナの逆襲」や「同期のサクラ」の西憲彦

制作協力には「僕らは奇跡でできている」や「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」のケイファクトリー が参加しています。

話題、見どころ

今作は、自らの出生の秘密を知ることから始まる作品です。もし自分が、親の子供ではなかったら、と考えたら、多くの人はひどく驚くことでしょう。

幼少期の記憶が曖昧な人間にとって、これほどまでに衝撃を受けることはないと思いますし、今作の主人公のように、アイデンティティが揺らぐことも理解できます。

そして、ドラマの中だけではなく、現実でも出生の秘密を抱える人は多く存在しています。

個人的に特に衝撃的だったのが、安倍晋三のお父さんに関することでした。

なんと、安倍家は李氏朝鮮の王族の子孫だったのです。

【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!!

さらには、麻生太郎の祖父でもある吉田茂のブレーンとして知られ、電力会社を今の形態に整えた白洲次郎も、日本国籍の近親者と似てない顔立ちから、ユダヤ銀行家の子孫ではないかとその出生が疑われています。

〜以下こちらから引用〜

 「次郎本人もエージェントとして養成されたが、養父もエージェント、岳父もエージェント、という図式が見えて来る」

これ、鳩山ルーピーを長男として育てた鳩山家や、吉田茂を養子にした吉田健三、正田美智子の母、正田富美の戸籍上の父副島にもいえることですね。

他人の子を実子として育てる。工作員として育てる。

それは、あの世代の工作員の忠誠の証であり約束なんでしょうかね。

1866年生まれのアビーさん。

1902年生まれの庶子がいてもおかしくは無いですね。

とりあえず並べてみましょ。どうでしょ、似てますでしょうか。

左:白洲次郎

〜引用終わり〜

「アビーさん」と言われる人物は、ウォーバーグ証券などで知られる銀行家一族で、かの有名なロスチャイルド とも血縁関係にあると言われる一族です。

彼らが、日本の白洲家とともに養子関係を結び、重要な政治家として育てたとも考えられるわけです。

これらの根拠となるのは、政治上の重要な政策を滞りなく進めるため忠実に働く人材を育てる目的から、重要な子供を幼い頃から養子に出して、その血族を隠すというある一族の風習があることです。

https://twitter.com/unanxietylife/status/1198490777623523328?s=20

今作で描かれる物語は果たしてどんな結末を迎えるのか。

現実で行われている方法はドラマで登場するのか、その辺りにも注目したいドラマです。

題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【知らなくていいコト】の主題歌にアミューズが、KDDIとの合弁会社として新設したA-Sketchレーベルの第1号アーティストとしてのデビューしたことで知られるflumpoolの「素晴らしき嘘」が起用されました。

「素晴らしき嘘」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

劇伴音楽に「獣になれない私たち」や「先に生まれただけの僕」を手がけてきた平野義久が起用されました。

「ドラマ【知らなくていいコト】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】日本テレビ系列「水曜ドラマ」
【初回放送・曜日】2020年1月8日 毎週水曜日 22:00~23:00
【前ドラマ】「同期のサクラ

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト