ドラマ【わにとかげぎす】1話〜最終話までのネタバレあらすじまとめ 終わってる本田翼と終わってる有田哲平の恋のゆくえ

2017年4月から放送のドラマ【わにとかげぎす】

主演はお笑いコンビ「くり〜むしちゅー」の有田哲平。その役は最強に最弱の男。

ヒロインには、「スーパーサラリーマン左江内氏」への出演も記憶に新しい本田翼。

ここではドラマ【わにとかげぎす】の最終話までのあらすじをご紹介します。完全にネタバレしています。ご了承ください。

登場人物の各話の出来事やゲスト出演者については以下の記事にまとめています。

ドラマ【わにとかげぎす】1話から最終話までの登場人物とゲストキャストの出来事まとめ ラジオパーソナリティ尾崎世界観は合コンの鬼!?

スポンサーリンク

【第1話】ドラマ【わにとかげぎす】あらすじネタバレ

ショッピングセンターの深夜警備員の富岡ゆうじ(有田哲平)は38歳で独身。これまでの人生を寝て過ごして来たため、友達も恋人もいない。すべてのことを見て見ぬ振りをして来た。いつも聞くラジオで聞いた「37%は童貞のまま死んでいくセミ」と自分を重ねる。

そんなある日、仕事中に「1年後に頭がおかしくなって死ぬ」と書かれている脅迫文を見つける。そして、それと同じ手紙が自宅アパートのドアにも挟まっていた。訝知りながらも、本気にはせずにいた富岡、そこへ、犬を連れていた隣人の羽田梓(本田翼)が転び、覆いかぶさってくる。美人な彼女の顔が近づき驚く富岡。その後、犬がおしっこをしてしまい富岡の服を汚し、羽田は富岡にハンカチを手渡す。部屋に戻ると、壁越しに隣人の羽田が話しかけてくる。犬は預かっているだけ、と弁解する羽田だったが、富岡は壁越しにはっきりと聞こえる声に、いままで自分の部屋の音も聞こえていたのかと愕然とする。

勤務中、屋上で運動をしていた富岡は、屋上から見えるアパートの一室から自分に向かって指を指している人物を目にする。手紙を送った犯人がその人物だと思った富岡は、後日、そのアパートまで行ってみる。数年前から空き部屋だというその中を見ると、ホームレスのオヤジ(光石研)がいた。富岡に指を指していた人物を知っていると話すホームレスに、富岡は要望通り、散髪させ風呂や食事に連れて行く。食事をして酔っ払ったホームレスを仕方なく自分の部屋へ連れていく富岡。富岡はホームレスに「友達」と言われ、悪い気はしない。後日、富岡が帰宅すると、ヤクザの堀田(ACE)川上(福山翔大)が富岡の部屋に来ていた・・・

【第2話】ドラマ【わにとかげぎす】あらすじネタバレ

ジョーカーは宮廷に仕えていたピエロであり、唯一王様の前で笑わせることを許されていた存在。そんなエピソードに妙に納得する富岡ゆうじ(有田哲平)・・・帰宅した富岡の目の前には、取り立て屋の堀田(ACE)川上(福山翔大)と、縄で縛られいたぶられているホームレスのオヤジ(光石研)の姿。ホームレスには、2,886,280円の借金があり、ホームレスは富岡に頼ろうと、取り立て屋たちを富岡のアパートに連れて来たのだった。借金を返さなければ本当にホームレスは殺されてしまうのかと何度も確認する富岡は、アパートを出ると羽田梓(本田翼)に話しかけられる。朝食を食べにいくと言う富岡だったが、壁越しに富岡の家の様子を聞いていた梓は、帰って来た富岡が手に封筒に入れた札束を持っていることに気づく。梓が問い詰めると富岡は、ホームレスを買うことにしたという。

無事に命を助けられたホームレスは、この恩は一生かけて返すと言うが、富岡に送られていた脅迫文のことは何も知らないと謝るのだった。梓は、とても疲れたと言って自分の部屋の前で動けなくなってしまった富岡を見て、家に入れてベッドに寝かせる。初めて異性を意識したのランプのジョーカーだったと言う梓は、寝ている富岡の顔がトランプのジョーカーに似ていると一人興奮する。キスをしようと思い立つが躊躇する梓の前に、ホームレスが現れ、富岡はおそらくゲイだから体で恩返しをすると梓に話すのだった。

起きた富岡は、扉に脅迫文があることに気づき、犯人を倒すことを決意する。

勤務中にショッピングセンターの入り口で犯人を倒すシミュレーションをする富岡の前に姿を現したのは梓だった。しかし、梓は脅迫文を見つけて富岡が心配になり聞きに来たのだった。そこへ、雨川勇(吉村界人)が現れショッピングセンターの入り口に脅迫文を挟んでいた。富岡は雨川に問いただすと「死ぬかなと思って」やっていたという。逃げ出す雨川を富岡は追いかけるが、捕まえた雨川は「あの女の為ならなんでもするんだ」といい、富岡を振り切って逃げていくのだった。

【第3話】ドラマ【わにとかげぎす】 あらすじネタバレ

ゴミを慌てて出しに行く富岡ゆうじ(有田哲平)だったがすでにゴミは収集されており、がっかりする。そこへ羽田梓(本田翼)がやって来て、まだ回収してないゴミ置場まで案内すると言う。そこで、梓がウェブライターとして小説を書いていることを知った富岡は「夢を観れるのは若いうちだけ」と言う梓の言葉に激しく落ち込むのだった。

その頃、ショッピングセンターの店長(高木渉)の家に夜警の仕事をやりたくない従業員らのデモ隊が来たと言うことから、新たに深夜警備に、夢の女を探しているという花林雄大(賀来賢人)と富岡に脅迫文を送りつけていた雨川勇(吉村界人)が入って来る。富岡は雨川に脅迫文を送りつけていた理由を聞くと、ショッピングセンターの近くのマンションに住む、パチンコ屋で働く女性が気になっていた為に、富岡に脅迫文を送り付け、警備の仕事に就こうとしていたという。富岡は、怒りながらも、以前に願っていた「フレッシュな友達」ができたことを喜ぶのだった。

玉ねぎ袋詰めで記録を持つおばちゃんからアドバイスをもらいメダルを取った梓は、富岡に告白しようとするが言い出せず、デパートの警備員を主人公にした小説を書きたいから、取材させて欲しいと頼むのだった。取材中に監視カメラから逃げるようにする梓にその理由を聞くと、過去に付き合っていた彼氏から盗撮されていたためで、そんな自分は汚れてるという。花林から3人の中で誰が好きかと問われた梓は、少し離れたところにいた富岡にも聞こえるような声で、気持ちを伝えるが富岡は全く聞いておらず、先に帰ってしまう。

雨川は、パチンコ屋で働く吉岡華(コムアイ)を尾行するが、バレてビルの間に連れ込まれ、無理やり胸を触らされお願いがあると言われる。

梓が盗撮されたことを思いやる富岡は、ハンカチを返しながら「羽田さんは何も悪くない。全然汚れてないし終わってない」と伝えるが、突如泣き出す梓にどうしていいかわからず部屋に逃げ帰るのだった。梓は返されたハンカチをみて微笑みながら「難しいなぁ」と呟くのだった。

そのころ、梓が歩いていたすぐ近くのカフェで、 梓の元彼、灰野(森優作)は、盗撮した梓の映像を見ながら、梓の連絡先を聞き出していた・・・

【第4話】ドラマ【わにとかげぎす】 あらすじネタバレ

夢で見た女を探しに来たと言う花林雄大(賀来賢人)は、雨川勇(吉村界人)とその女が探せるかどうかで賭けをしその期限が2ヶ月と決める。

富岡ゆうじ(有田哲平)に言われた言葉に浸っていた羽田梓(本田翼)は、玉ねぎ袋つめのチャンピオンのおばちゃんに言われた「焦りは禁物」という言葉を噛みしめる。

吉岡華(コムアイ)から、ヤミ金が本業のパチンコ店店長、東金直弥(村上淳)の持っている金庫の中のものを取り戻して欲しいと頼まれた雨川は、セックスで済ませようとする吉岡に、デートをして欲しいと言う。危険なことになると覚悟した雨川は、花林に俺が死ぬ前に夢の女の特徴を書けと言う。

帰宅途中、友達に預かった車を運転する梓に遭遇した富岡は、友達はいらないかもしれないと言う富岡と散歩しに行く。そこで、梓は昔から昼間のお月様は自分のものだと思っていたと富岡に話すが、その後、富岡は梓に会うのが気まずいと感じ、梓のことを避けるようになる。

吉岡とデートする雨川は、車の免許を持っていないことを責められ一週間以内に金庫を盗んで欲しいと頼まれる。

富岡は、夢の女の似顔絵を描く花林の絵のうまさに驚嘆していたがそこへ雨川がやってきて、富岡と花林に金庫を盗み出すのを協力して欲しいと頼、花林が協力することになる。

富岡から避けられると感じた梓は、ネットで悩み相談すると「チエリング」を使えとアドバイスされる。母親と電話で話していた梓は、高校の同級生を名乗る人物に梓の電話番号を教えたと言われる。

富岡と雨川は、金庫を盗むための準備の買い出しの帰りに、花林の夢の女を目撃するが、雨川は今はこのことを花林には言わないでおくと言い、富岡と花林には感謝していると言う。「確率の低い失敗の方にはとんでもないことが待っている。」いつも通り屋上で運動していた富岡は、東金のアパートを見て、もっていたコップを落とすのだった・・・

スポンサードリンク

【第5話】ドラマ【わにとかげぎす】あらすじネタバレ

東金直弥(村上淳)のマンションに花林雄大(賀来賢人)雨川勇(吉村界人)が拘束され多姿を見た富岡ゆうじ(有田哲平)だったが、見ていたのは窓際に置かれたゴルフバッグだった。引越し業者に変装する雨川と花林は、東金の留守に金庫を盗み出すしロレックスを取りに戻った東金とニアミスする。その時花林は、東金の部屋にあったロレックスをこっそり盗んでいた。

出勤しようとする富岡は、羽田梓(本田翼)が富岡の自転車に「チエリング」をつけているところを目撃し、訳を聞くと、なぜ最近私を避けるのか?と問いただされる。富岡は、これまで全てのことを見なかったことにして生きて来たように、これからもそうするのがいいと答えるが、梓は、悩むと言うことは、見なかったことにしてないと言葉を返し、これからは何でも相談して欲しいと伝える。

美容師にナンパされて、髪を切っていたと言う吉岡華(コムアイ)は、雨川、花林と合流し3人は山奥に向かう。

その頃、屋上から東金の部屋を覗いた富岡は、金庫がなくなっていることに気づかれていると知り、雨川たちに電話するが繋がらない。そして、東金は、SNSに東金の家のロレックスの写真が拡散されていることを知る。

梓のもとに元彼の灰野から連絡があり、やり直そうと言われた梓だったが、嘘を見抜き強引に電話をきり、電話番号を削除する。

吉岡は、母親に電話して、もうすぐ中国に帰ることができそうだと話す。外で、金庫を破壊していた雨川は、花林に夢の女を見たことを伝え、花林から吉岡はきっとこのあと逃げるから今のうちに話しておけと言われる。雨川は吉岡の今後のことを聞くと、自分は不法滞在の中国人で金庫の中のパスポートと大金で国に帰ると言う。それを聞いて安心する雨川に、吉岡はキスをして、一緒に中国行くのもいいかもという。

吉岡が空いた金庫からパスポートとお金を出していると、そこへ上原がやって来て猟銃で吉岡を2発撃ち、吉岡は吹き飛ばされてうごかなくなり、それを見ていた雨川らは言葉を失っていた。

その頃、富岡はショッピングセンターの外と中にヤクザたちが集まって来ているのを見て、悩んだ末に羽田に連絡し「人生最大に悩んでいる。」と助けを求めるのだった・・・

【第6話】ドラマ【わにとかげぎす】あらすじネタバレ

羽田の発案で屋上に警備服を着せた人形を置いておき、ヤクザに変装し、警備員にやられたと装って逃げようとする富岡。しかし、東金に気付かれてしまい、偶然車で近くに来ていた羽田に助けられる。二人は、花林と雨川が向かった山梨に二人を探しに行く。

その道中、いつものようにラジオに相槌を打つ富岡をみて羽田は富岡がラジオと会話しているところを見て驚く・・・。

その頃花林は、上原から吉岡を埋めて、雨川をガムテープでしばれと命令され作業の途中、逃げ出そうとするが、上原にバレてしまい上原は銃を発砲する。今度不審な動きをしたら殺すと言われる。

その銃声を聞いていた富岡と羽田は「通行止の道」という手がかりくらいしかないため、この日の捜索を中止して河原で休むことにする。羽田の携帯の充電が切れそうになり最後にふたりに連絡するが繋がらず、河原で一夜を過ごすことに決める。すると羽田はフォークダンスを踊り出し、富岡は、フォークダンスの苦い過去を羽田に話しつつ「何もしなかった人生を取り戻したい」という思いから雨川と花林を助けに来たと羽田に話すのだった。

翌日、上原から「浴室で息絶えている上原の父親を穴を掘って埋めろ。」と命令されていた花林だったが、突如上原は買い物に行くといい二人はスーパーに向かう。

ちょうどその頃羽田と富岡もスーパーに着いていて、羽田はスーパーで買い出しをし、富岡は近くのガソリンスタンドに給油しにいき、そこで周辺の通行止の場所が無いか聞き込みすると約束し、二人は別れる。上原と買い物していた花林は、お腹が痛いといいトイレに逃げ込む。同じく、買い物を済ませて、トイレから出て来た羽田が落としたハンカチを拾った上原は、羽田に熊出没で通行止になっている道がないかと聞かれ、知っているので案内するというが、ちょうど富岡から通行止の場所が分かったと連絡が入り、上原に断り店から立ち去る羽田。上原は、店からでようとする羽田に銃を向けるが思いとどまり花林を見に行く。すると花林がトイレから逃げようとしていたため、ちょうど入って来た子供達と花林に拳銃向けるが、発砲はせずに帰宅することにする。

富岡がもどってくるのを待ちながら”富岡とのラブラブな生活”を妄想する羽田だったが、スーパーの駐車場の車の中に花林を見かけ、富岡とともにその車を追って行くことにする。二人が無事だとわかったから帰ってもいいのではないかという羽田に、富岡は「友達いたことがなかったけど、今はあいつらとなんでもいいから話したい」と想いを素直に表現するのだった。”

【第7話】ドラマ【わにとかげぎす】あらすじネタバレ

地上の生活より地中の生活を選んだモグラのことを理解できないと話すラジオパーソナリティの話に異様に食いつく羽田を見て富岡は気を使われていると気まずくなる。

上原と食事を共にしていた花林は、ずっと黙り込んで何も食べない雨川は”彼女(吉岡華)が殺されたことがショックなのだろう”という。自殺をしようとしていた父親が球根を買った理由がわからないという上原・・・。

その頃、富岡と羽田は空き地に雨川と花林の乗っていたラピッド急便のトラックを見つける。空き地に行くと、羽田は血のついた板を見つけ、富岡はその奥に金庫を見つけ、その中に金庫を盗むことを依頼した女のパスポートも見つける。

花林は未だに手足を縛られたままの雨川に「主任(富岡)が動いてくれているかもしれないから絶対に死ぬな」と言葉をかける。

富岡は道すがら上原の家を見つけ、羽田が歩いて家の人に聞きに言ってくると言うのを制止して、気になるから車ごと乗り入れることにする。

花林はもう生きることをやめるという上原に、金を持っていっていいから、代わりに、雨川と自分を殺して埋めろと命令される。

上原の家で男性二人の行方を知らないかと聞く富岡だったが、上原が背中に銃を持っていて、ラピッド急便のワッペンを靴で踏んでいることに気づく。急いで逃げようとする羽田と富岡を追って、上原は銃を発砲するが、富岡が車で上原を轢いて動きを止める。上原が意識を失っているうちに花林と雨川を助けた富岡たちだったが、雨川は上原への復讐に燃え、すでに正気を失っていた。花林は携帯の電源を入れると、ロレックスのツイートの返信にヤクザたちからの脅迫メッセージが送られていたため、花林は急いで金を持って逃げていく。

富岡の持っていた吉岡のパスポートを見た雨川は”殺す”と呟きながら上原を襲い、富岡の制止も虚しく雨川は上原を斧で殺害してしまう。羽田は”あの時”富岡に制止されたから死なずに済んだと富岡に感謝を伝えるが、富岡は羽田のTシャツが裏がえしになっていることを指摘し、そして、この事件が起こってしまったのは、自分が流れ星に”友達が欲しい”とお願いしたことが原因だと自分を責めるのだった・・・。

3ヶ月経っても自分を責め続ける富岡は、仕事も決まらず、来月から家賃滞納することになってしまう。それを聞いた羽田は、一緒に殺されかけた仲だからと、自分の部屋で一緒に住まないかと提案するのだった。

そして、羽田は突如ベランダから富岡に交際を申し込み「富岡さんには友達じゃなくて彼女が必要なのではないか?」という。

【第8話】ドラマ【わにとかげぎす】あらすじネタバレ

意を決して富岡に交際を申し込んだ羽田は、富岡から”ボランティア精神”で富岡に告白していると思われる。昔から富岡のことが好きだったという羽田に、富岡はこんな腐ったおっさんでもいいのかと言いながらも二人は交際することになる。

訳も言わずに仕事を辞めていくことが多いという運動公園の警備に即決で採用となった富岡は、羽田から火災報知機の赤いランプが限りなくBカップに近いAカップだということを聞き、気になって警備の仕事中に触っていると、遠くに人影を見る。

堀田(ACE)川上(福山翔大)らとともに、灰野(森優作)の元カノの羽田を探していた島田(DOTAMA)は、一週間以内に借金を返せなければ沈めてやるとぶちぎれるが、灰野はすぐに返せると軽い返事をし乗っていた車の中から羽田を発見して微笑む。

人生ゲームと現実を混同して、いつか羽田が自分の元から姿を消すと妄想する富岡に、羽田は絶対に富岡からは離れないという。夜、羽田と手を繋ぎながら帰宅途中、羽田は小説の応募に落ちてしまったと、富岡に打ち明ける。そこへ、騒がしい若者たちと遭遇し、二人がつないでいた手が離れてしまうが、富岡はその時偶然目の前にあった自動販売機で、羽田にバレないようにコンドームを購入する。

ラジオでデートの話題に反応して、羽田とのデートのことを妄想する富岡だったが、ラジオの電波障害が起こり、深海魚の話題の最後の結論を聞き取ることができない。

交際する涼子(emma)から借金を返せるのかと心配される灰野だったが返すのは簡単だと言い張り、灰野のその夜、羽田の浴室に盗撮されたDVDを投げ込む。気づいた羽田がDVDの記載されていたURLにアクセスすると、その映像がウェブ上にもアップロードされていることを知り羽田は一人怯えるのだった。

雨川と花林のことを夢で思い出した富岡は、自分が幸せになっていいのかと悩むが、羽田はそんな富岡に、二人の生活を考えてネガティブな考えでもお互いに、補い合えばいいと伝え、ネガティブで正直な富岡が好きだという。

出勤する時に、制服を羽田の部屋のベランダに取りに行った富岡は、椅子で寝ている羽田に毛布をかけるが、そこで、パソコンの盗撮された映像を見てしまうが、羽田は平気なふりをする。その後、富岡はそんな羽田の心情を思いやり、羽田の心の強さを知り、壁越しに羽田のことを好きな気持ちを伝え、ずっと一緒にいるために努力すると決意する。それを聞いた羽田は、嬉しさのあまりキスをしたいというが、恥ずかしくて直接するのは無理だという富岡。

すると羽田の提案で二人は壁越しにキスをする。冷静になった羽田は、富岡の部屋に行き富岡とキスをし、富岡は買っておいたコンドームを取り出し羽田に見せ「カーテンを閉めるか」と聞き二人は抱き合うのだった・・・。

勤務中に再び火災報知器の赤いランプを触っていた富岡は、この前遭遇した若者たちがいるのを目撃する・・・。

【第9話】ドラマ【わにとかげぎす】あらすじネタバレ

富岡と初めてベッドを共にした日以来、元気ない羽田。富岡は職場でラジオを聞き、ファミレスのママたちが子育てするライオンしか見えないというパーソナリティの話で、ライオンは子育ても狩りもほとんどメスが行い、オスは1日20時間ぐらい寝て、群れを追い出されて餓死するオスも多いということを知る。富岡は仕事帰りに、羽田から明後日が誕生日だから、今の私への思いを手紙に書けと言われ「別れようとしているのでは?」と疑う。

そんな中、勤務中の富岡は、吉くん(稲葉友)ら若者たちに脅されて体育館を貸すことになる。流れで若者たちと一緒にご飯を食べていると、彼らが窃盗グループだということ知り、車を盗みお金を貯めて、シガーバーを経営するのだと聞かされる。その話を聞いている最中に日付がかわり、羽田の誕生日を迎える・・・。

その日、富岡が書いた手紙を読む羽田だったが、そこには、「かけがえのない人です。運命の人です。」だけしか書かれていなかった。二人の今後に関わることだと言われ、羽田からもらった手紙を開けると「生理が来ません。」という一文を見る富岡。結婚して子供を育てて行く覚悟はあるのかと問うが、妊娠したことを人ごとのように考える富岡のことが許せないと言って羽田は富岡の部屋から立ち去ってしまう。

サッカーをして遊んでいた富岡と若者たち。「ゴールを決めたら父親になれ」という窃盗グループのリーダー格・吉くんがシュートをするが、ゴールは決まらない。しかし、富岡は、悔やみながらも嬉しそうな表情を浮かべる。

富岡は羽田に散歩に誘われ公園に行くと、羽田は妊娠してなかったと謝る。そんな羽田に、結婚を改めて申し込む富岡だったが、羽田からどの辺が運命でかけがいのない人なのか?と言われて、しばらく動きが止まった後に「やっぱり絶対に結婚できない」と自分から言いだす富岡。おじさんでもなんでも結婚する資格がないなんてないと富岡を励ます羽田。そんな二人が円陣を組んでいるところを窃盗グループの岸田(永瀬匡)が目撃する。

吉くんら窃盗グループは、パチンコ屋に駐車していた東金の車を盗むが、トランクに入っているあるものを見て驚く。

灰野が羽田のアパートにやってきて、金を払えと訴えて来るが、羽田は「盗撮動画なんかで私を脅迫することはできない」と追い返す。

職場に着いて入り口に駐めてあった黒塗りの車のトランクに手を縛られたニコーリ(アデリンS)を発見する富岡。ニコーリに事情を聞いていた富岡の元に羽田がやって来て、一人で家に居たくないから事務所に入れてくれという。急いでニコーリをロッカーに隠し羽田を事務所に招き入れる富岡。顔を見たら落ち着いたという羽田に富岡はたまには頼ってくださいという。一度事務所を立ち去ったが思い直して事務所に戻った羽田は、ロッカーから出てきたニコーリと遭遇し「富岡に裏切られた!」と言って事務所から走り去っていく。羽田を追いかける富岡の元へ、殴られ怪我をした吉くんがやって来て、ニコーリを捕まえないと東金に殺されると訴える。

ニコーリを追い、捕まえる富岡だったが、そのままニコーリをタクシーに乗せて逃してしまい、吉くんは事務所で暴れ回り、仲間たちに抑えられていた。

その頃羽田は、富岡が浮気なんてするはずがないと思い直し、事務所に戻ろうとしていた・・・

【第10話】ドラマ【わにとかげぎす】あらすじネタバレ

東金の車を盗んだ窃盗グループのリーダー・吉くん(稲葉友)。その車のトランクに入れられ東金に捕まっていた外国女性ニコーリ(アデリンS)を逃したことから吉くんらの仲間から追われる身となった富岡は、運動公園の警備の仕事を辞め、しばらく姿を消すことにする。富岡の似顔絵は吉くんから仲間たちに広められ羽田も目をつけられていた。

ホームレスの持っているラジオでを聞いていた富岡は、銃で撃たれた夢を見たというラジオパーソナリティの話を聞く。プラシーボ効果により脳が錯覚することで人間は本当に死ぬことがあるという。だから人間は「気持ち一つでどうにでもなる」という結論を聴きながら富岡は夜を明かす。

富岡は、以前羽田と買った思い出の「なぞかん」のある自動販売で「なぞかん」を買うが、以前羽田が購入した時と同じくコーラがでてきたことから、コーラしか出てこないのではないかと疑う。

富岡の置き手紙を見て近所を探している時、公園で吉くんに見つかり追われる羽田だったが、 岸田(永瀬匡)とニコーリをすでに捕まえていた東金は吉くんを車ではねて吉くんの持っていたメモから富岡の似顔絵を見つける。

逃亡している時にホームレスの親父と再会した富岡だったが、こんな状況だから今付き合っている彼女と別れると伝えると、ホームレスのおやじから「愛した女は絶対に離すな」と説得される。

富岡は思い直して公衆電話から羽田に連絡し、ふたりはいつもの公園で待ち合わせをすることになる。公園で作家デビューが決まったという羽田。富岡は夢を叶えた羽田に気持ちを伝えられずにいることを見透かされ、逆に羽田から富岡を幸せにすると宣言される。そして、ふたりは住んでいたアパートを引き払い、他のところで一緒に住むことに決め、羽田は作家として「小芥子川賞」を受賞するまでになる。

その頃、羽田から金を巻き上げられずにいた灰野は”イカれた”島田裕至(DOTAMA)にチェーンソーで殺されかけていた。

羽田は女性経験が一人しかいない富岡を心配するが、富岡は、羽田が居れば十分だといい、生まれてから今までで、今が一番嬉しいと伝える。そこへ、羽田に灰野から連絡があり、明日の朝9時までに金を払えと脅される。事情を聞いた富岡は、取引の場所へ行くというが、羽田は絶対に行くなと引き止める。羽田が元気がないのは見てられないという富岡に、羽田は「それでも絶対に取引の場所へは行かなで欲しい」と指切りげんまんをして約束する。

しかし、翌朝、灰野との取引場所である駅前のコンビニに、羽田には内緒で向かう富岡。途中で再び自販機の「なぞかん」をコーヒーが出るように願いながら買うと、コーヒーが出てきたため「気持ち一つでどうにでもなる」ことに驚く。

コンビニで待っている富岡の元に、灰野の彼女と名乗る凉子(emma)がやって来て、灰野が所持していた羽田の盗撮映像のDVDのデータは全て消えたことと、灰野とやり直すために沖縄へ向かうと伝えられ、これからはもう安心できると思い、その場で崩れ落ちる富岡。

そして、その頃灰野は海に浮かんでいた・・・。

帰宅した富岡は、約束をやぶったと怒る羽田から殴られそうになるが、羽田は富岡を抱きしめ、富岡がいなくなったら怖いと涙するのだった。

《自分のことをこの世の誰よりも分かってくれる特別な人ができた。自分が生きている様を見てくれる証人だ。それがいるといないじゃ大違いだ。もし羽田さんと出会ってなかったら、今日かもしれないし10年後かもしれない、いつ来るかわからない自分の死を、誰も気づいてくれなかったかもしれない。》

新しく働き始めたレンタルビデオショップから帰宅する時、東金と遭遇し、後をつけられる富岡だったが、赤信号で足止めされた東金は、めんどくさがって富岡を追うことをやめるのだった。

私も富岡のように気持ちを素直に言える人間になりたいと呟く羽田は、帰って来た富岡にベランダから笑顔で大きく手を振るのだった。

《もう大丈夫。俺は孤独じゃない。》

ドラマ【わにとかげぎす】と同時期放送のドラマおすすめ3作品

ドラマ【フェイス-サイバー犯罪特捜班-】キャストあらすじや。剛力彩芽がプロファイル能力で三浦貴大を救う。主題歌はべっぴんさんで注目された松下優也のX4らが担当

ドラマ【黒革の手帖】主題歌は「I am a HERO」以来約2年ぶりの福山雅治「聖域」悪女の守るべき場所を歌詞で表現。

ドラマ【コードブルー3】1話から最終回まで全話のあらすじ ネタバレストーリーの紹介 脚本家が変わって新垣結衣と山Pがいい感じ?30年後も描いて欲しい感動作

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。