ドラマ【ボイス 110緊急指令室】キャストあらすじ。3分で現場到着せよ!韓国ドラマのリメイクで唐沢寿明、真木よう子、増田貴久らが共演

Sponserd Link

2019年7月から放送のドラマ【ボイス 110緊急指令室】。

主演に唐沢寿明を迎え、共演には真木よう子や、増田貴久さらには、木村祐一がキャスティングされ、韓国ドラマ「ボイス〜112の奇跡〜」が、日本版としてリメイクされます。

ここでは、ドラマ【ボイス 110緊急指令室】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

樋口彰吾 唐沢寿明

港東署ECU緊急出動班・班長。かつては凄腕の刑事。 性格は情熱的で、時には感情任せで動いてしまうが、情に厚く後輩たちからも信頼される昔気質な男だった。3年前、正体不明の暴漢により妻を撲殺される。 妻は殺害される前、樋口に助けを求める電話をかけていたが、仕事中だった樋口はそれに気づかなかった。一番愛する人を守れなかった悲しみは樋口の心に重い十字架となって残り、酒を飲んでは妻の幻影に涙する日々が続いた。 そんなある時、緊急指令室の中に新たにECU(Emergency Call Unit)が発足。そのメンバーに樋口が召集された。しかし、その室長が、3年前の妻が亡くなった事件で通報電話を受けた橘ひかりだと知り、樋口はチームに入ることを頑なに拒む。

橘ひかり 真木よう子

港東署ECU・室長。ボイスプロファイラー。 幼少期、事故で目をケガしてしまったが、同時に微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が生じた。警察大学を首席で卒業した後、緊急指令室で働いていたが、ある日、ひかりが受けた電話で通報をしてきた女性(樋口の妻)が電話口の向こうで正体不明の暴漢に無残に殺される。 さらにその後、現場付近を巡回していた警官だった父親も同じ男に撲殺されてしまう。助けを求めている人が、自分と電話でつながったすぐ先にいるのに、何もできなかったという失意と悔しさに苛まれるひかりは、やがてボイスプロファイルの専門家となる。 「緊急指令室」の室長に就任したひかりは、室内に独自の捜査チーム・ECU(Emergency Call Unit)を新設する。

石川 透 増田貴久

港東署ECU緊急出動班・捜査員。 もともとは強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口(唐沢寿明)のことを今でも「兄貴」と呼び、大変慕っている。樋口のECU(Emergency Call Unit)配属とともに、自らも配属となる。 主に現場で樋口とともに捜査活動にあたり、樋口としても心を許せる存在。ひょうひょうとしており、現場のムードメーカー。だが、腕っぷしは強い。

沖原隆志 木村祐一

港東署・強行犯係・係長。樋口と同期で、かつてコンビを組んで数々の事件を解決した。しかし、ECUができてからは、強行犯係に先んじて勝手な捜査をする樋口たちとしばしば対立する。

Sponserd Link

あらすじ

緊急指令室には、電話による通報から 『3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙』 という被害者の生死を分ける「クライシスタイム」が存在する…。
クライシスタイム内に人々を救うため 緊急指令室(現在の110番)内に 新たに独自の捜査ユニットが創設された。 その名は…「ECU(Emergency Call Unit)」。
勘と行動力で突き進む凄腕刑事と ボイスプロファイラー(声紋分析官)たちが協力して助けを求める人々を救っていく「タイムリミットサスペンス」が誕生! さらに、主人公たちの愛する家族を無残に殺害した「真犯人」を 突き止めていく壮大な復讐劇が幕を開けます!

原作やスタッフ

ドラマ【ボイス 110緊急指令室】の原作は韓国のドラマ「ボイス〜112の奇跡〜」

「ボイス~112の奇跡~ DVD-BOX1」をアマゾンでチェック!

脚本には「開局60周年特別企画 レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」や「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(Season3) 」の浜田秀哉

チーフプロデューサーには「部活、好きじゃなきゃダメですか?」や「サバイバルウェディング」の池田健司

プロデューサーには「ブラックリベンジ」や「イノセンス 冤罪弁護士」の尾上貴洋、「さすらい温泉 遠藤憲一」や「ザ・リアリティ・ショー~突然コマーシャルドラマ2~」の後藤庸介 演出には「ブランケット・キャッツ」や「ザンビ」の大谷太郎、「プリティが多すぎる」や「家売るオンナの逆襲」の久保田充

話題、見どころ

「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」というまるでどこかの宅配ピザのようなスピーディさですが、3分で現場到着は絶対に不可能だろ!と、突っ込みたくなるところです。

このタイムリミットのことを「クライシスタイム」というようですが、「クライシス」という英語には「破綻」という意味もあり、経済用語では「恐慌」のことを指すようです。

「世界恐慌」として歴史の授業などでも習った言葉ですが、この恐慌により利益を得る一族が世界には存在しています。

それが以下のような人たちです。

〜以下こちらから引用〜

イギリスでは産業革命と前後して、約10年周期で小規模な恐慌が起こっていたらしい。1825、36、47、57、66年と起こった後、73~96年の大恐慌につながってる。そして1914~1918年の第一次世界大戦、1929年の世界大恐慌、1939年の第二次世界大戦と来る。

こうした周期的な世界恐慌で、世界中の人々が財産を失い、貧困にあえぐ中、ロックフェラー家、モルガン家、シフ家、ヴァールブルグ家、ハリマン家、ミルナー家、ロスチャイルド家といったいわゆるユダヤ教徒財閥は巨大な富を蓄積している。けれども彼らは何度も書くようにトルコ系騎馬民族ないしフェニキア人だね。

〜引用終わり〜

さらに調べると、そのユダヤ一族にはこんな人たちもいます。

天野統康のブログ より

よく見ると、この中には李家という文字が見えます。

他の名前は西洋風の名前が多いですが、その中で唯一中国系の名前がありますね。

そしてこの李家といえば、歴史では「李氏朝鮮」として習ったあの「李」さんのことでもあるようです。

そんな「李」一族を含めた支配層が、戦争や経済的な混乱が起こると儲かるようになっているというのが、この世界のお金の仕組みでもあるわけです。

株やFXなどの「投資」の世界の話で、一般庶民には少し遠い話のようにも感じますが、実際にはこのような人たちが世の中を動かしているわけです。

私たちが払っている年金という制度がありますが、この制度がどういった仕組みなのかを知っている人はあまり多くないのではないでしょうか。

簡単にいえば、国民が納めたお金は、GPIFという組織が「投資」をして、そのお金を増やし、国民に支払うという仕組みになっています。

このGPIFが軍需産業に投資していることが問題にもなりましたが、過去に15兆円の損失を出したことも話題となりました。

日本の年金運用で14兆円の巨大赤字 – シニアガイド

トータルで見ると黒字を出しているそうなので、今の所この仕組みが破綻することはありませんが、破綻しないという可能性がないわけではありません。

投資ですから、当然失敗もあるわけですが、そもそも、そこで増やしたお金がなかなか支払われないというのは一体どういうことなのでしょうか。

年金が、このように運用されていたことも驚愕ですが、このようなことをこそ、ドラマでやってほしいものです。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【ボイス 110緊急指令室】の主題歌に映画「LAST COP THE MOVIE」の主題歌「さよなら」などで知られる四人組ロックバンドBLUE ENCOUNTの「バッドパラドックス」が起用されました。

「バッドパラドックス」をアマゾンでチェック!

劇伴音楽に「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」や「天才バカボン〜家族の絆」のゲイリー芦屋 が起用されました。

「ドラマ【ボイス 110緊急指令室】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】日本テレビ「土曜ドラマ」
【初回放送・曜日】2019年7月13日 毎週土曜日 22:00~22:54
【前ドラマ】「俺のスカート、どこ行った?

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)