トルコ世俗主義イスラム主義について。イスラム系与党・公正発展党(AKP)の躍進の理由

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

ここでは、

トルコの国内の今までの流れ

世俗主義とイスラム主義を両立した政党

公正発展党(AKP)の成り立ちなど

トルコクーデター未遂事件で見えてきたことをお伝えします。

スポンサーリンク

世俗主義とは「政教分離」

世俗主義とは通称「世俗イスラム」と呼ばれます。

エルドアン大統領以前は、トルコ内においてイスラム教といえば

「伝統文化」

として認識されていました。

イスラーム主義系とされるAKPが政権与党だが、憲法に世俗主義が明記されていることから

世俗イスラムとされていました。

そこには以下の様な特徴も見られました。

  • 政治や個人の行動の規範が、特定の宗教の影響から独立していなければならないとする主張。
  • 国家の政権・政策や政府機関が、特定の宗教権威・権力(教権)に支配・左右されず、それらから独立した世俗権力(俗権)とその原則によって支配されていなければならないという主張・立場。
  • 個人が宗教的規則や宗教教育から自由でいる権利、支配者による宗教の強制からの自由。信教の自由。
  • 人の行動や決断が(宗教の影響を受けていない)事実や証拠に基づいてなされるべきだという主張。

しかし、エルドアン大統領がその勢力を強めるにつれ

トルコ国内は世俗主義の中に、イスラーム回帰の思想「イスラム主義」が色濃くなっていきます。

イスラーム主義(聖書者主義)

このように世俗イスラムとして民主主義を確立してきたトルコは

軍によってイスラム主義者を弾圧・迫害してきました。

イスラム主義とはイスラム法(シャリア法)の支配を求め政治運動で、

民主主義とイスラム主義は共存できないとされてきました。

ところがEU加盟への話が持ち上がると、EU内からトルコ国内への弾圧への非難の声が上がり

民主政府は弾圧をやめました。

このことが転機となり今まで抑圧されていたイスラム主義の勢力が強くなり始め

選挙においても、議席を獲得し始めます。

ここで登場してきたのがエルドアン率いる公正発展党(AKP)です。

これが徐々にトルコのイスラム色を強めていくことになるのです。

公正発展党(AKP)とは?

公正発展党(AKP)はエルドアンを党首とする政党で

政権を握った2002年以降、それまで政権転覆を繰り返してきた軍の影響力排除を進めた結果

政教分離という国の常識を修正し、イスラム教と政治の両立を図る

「トルコ型民主主義」

を推進しました。

権威主義的な政権が多いイスラム世界におけるモデルケースとして

国際的な注目を集めてきたといいます。

今回のトルコ軍事クーデターが成功していたら、こうした取り組みが水泡に帰す事にもなっていました。

スポンサードリンク

公正発展党(AKP)はなぜ強い?

過去には2013年5月から6月「ゲズィ公園事件」では反公正発展党/反エルドアン運動に発展したり

同年12月17日「贈収賄疑惑が発覚」事件があり、

閣僚の息子たちが関与したとされ3閣僚が辞任ということにもなりましたが

トルコの国内でのエルドアン政権への支持は安定しています。

その要因には、政党の主な支持層とされている貧困層への手厚い支援、敬虔なイスラム信者からの信頼があるとされています。

最後に

このようなことから

トルコクーデター未遂事件を見るとまた違ったふうに見えてくるでしょう。

そのほかにはこちらの記事が参考にしてください。

ギュレン師とは何者か?運動歴とトルコとの関係をわかりやすく

→クルド労働者党(PKK)トルコイスラム国の関係性とクルド人について。エルドアン本当の狙い

トルコクーデターまとめ!政府軍反政府軍の動きや主張や発表を時系列でみる

イスラム国テロ20年計画で日本東京も標的!IS国家設立実践計画とは?

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。