ドラマ【プリティが多すぎる】キャストあらすじ。千葉雄大と佐津川愛美が犬猿の仲。カワイイをバカにするエリート編集者がわがままモデルに翻弄される!?

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【プリティが多すぎる】。

主演は石原さとみ主演ドラマ「高嶺の花」で、芳根京子との難しい愛を演じたことも記憶に新しい千葉雄大。

映画「スノーフレーク」の原作者として知られる大崎梢の同名作品が連続ドラマ化です。

ここでは、ドラマ【プリティが多すぎる】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

スポンサーリンク

キャスト

新見佳孝 千葉雄大

通称:南吉。千石社「Pipin編集部」の新米編集者。元々は文芸部のエース。エリート意識が強くプライドが高い。「カワイイ」をバカバカしいと思っている。

1989年3月9日。 宮城県多賀城市出身。ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」「高嶺の花」映画「帝一の國」

佐藤莉緒 佐津川愛美

千石社「Pipin編集部」編集部員。南吉の世話係で犬猿の仲。恋はお休み中で仕事一筋。

1988年8月20日。静岡県出身。映画「生きる街」ドラマ「ラブリラン」Amzonドラマ「東京アリス」

三田村詩織 堀内敬子

千石社「Pipin編集部」編集長。穏やかで鋭い視点を持つみんなのお母さん的存在。

1971年5月27日。東京都府中市出身。ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」「ハゲタカ」映画「高台家の人々」

近松吾郎 中尾明慶

千石社「文芸編集部」南吉の同期でお調子者のライバル。佐藤莉緒に好意を寄せる。

1988年6月30日。東京都中野区出身。映画「今夜、ロマンス劇場で」ドラマ「ゆとりですがなにか 第6話・7話」「奥様は、取扱注意」

柏崎龍平 杉本哲太

千石社「文芸編集部」売上至上主義の編集長。手段を選ばず人気作家を落とす豪腕。南吉の元上司。

1965年7月21日。神奈川県茅ヶ崎市出身。ドラマ「世界一難しい恋」「コード・ブルー」映画「アウトレイジ」「僕だけがいない街」

千石社「Pipin編集部」

佐藤実枝子 小林きな子

副編集長。

1977年11月23日。東京都出身。映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」ドラマ「ダメな私に恋してください」

森野瑠美 池端レイナ

編集部員。

(いけはた れいな)1987年11月5日。北海道釧路出身。アーティスト名は「LEINA」(レイナ)。映画「忘れないと誓ったぼくがいた」ドラマ「好きな人がいること」

市之宮佑子 矢島舞美

編集部員。

(やじま まいみ)1992年2月7日。埼玉県出身。ハロー!プロジェクトの5代目リーダー。 映画「王様ゲーム」ドラマ「グッドモーニング・コール 第14話 – 第16話」

Pipinモデル

中川心寧 武田玲奈

Pipinトップモデル。

1997年7月27日。福島県いわき市出身。ドラマ「マジで航海してます」映画「LAST COP THE MOVIE」

キヨラ 長井短

Pipinトップモデル。

(ながい みじか)1993年9月27日。東京都出身。映画「耳を腐らせるほどの愛」ドラマ「学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで」

作家

巽 信次郎 麿赤兒

ベストセラー作家。

(まろ あかじ)1943年2月23日 。本名は大森宏。暗黒舞踏集団・大駱駝艦主宰。長男は映画監督の大森立嗣、次男は俳優の大森南朋。映画「関ヶ原」ドラマ「4号警備」放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人II」

水科木乃 清水くるみ

人気の若手作家。

1994年7月16日。愛知県大府市出身。映画「銀魂」ドラマ「学校のカイダン」

その他の登場人物

徳丸弘美 宍戸美和公

スタイリスト。

(ししど みわこ)1965年6月13日。北海道出身。映画「エイプリルフールズ」ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」

戸馬一樹 池田鉄洋

カメラマン。

1970年10月31日。東京都練馬区出身。映画「マエストロ! 」ドラマ「先に生まれただけの僕」「アンナチュラル」

美麗 森山あすか

Pipin読者。

1996年4月22日。広島県出身。バレエティ「世界の果てまでイッてQ」

レイ 黒羽麻璃央

(くろば まりお)1993年7月6日。宮城県出身。映画「耳を腐らせるほどの愛」ドラマ「監獄のお姫さま」

スポンサーリンク

あらすじ

大手出版社で働く新見佳孝(千葉雄大)は同期(中尾明慶)も羨む文芸編集部のエース。

しかし、ある日突然編集長(杉本哲太)から原宿系ファッション雑誌「ピピン」への異動を命じられる。

不貞腐れて出社した新見を待ち受けていたのは勝気な利緒(佐津川愛美)をはじめ、曲者揃いの女性スタッフ&ド派手ファッションのわがままモデルたち…

「エリートの俺がなんでこんな仕事を!」

カワイイ至上主義の世界に放り込まれた男子の運命は…!?

原作やスタッフ

ドラマ【プリティが多すぎる】の原作は「成風堂書店事件メモシリーズ」や映画化された「スノーフレーク」で知られる大崎梢の同名作品。

「プリティが多すぎる Kindle版」をアマゾンでチェック!

監督には「アカギ」シリーズや「そして、誰もいなくなった」の久保田充。

脚本には「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」で知られる荒井修子、「せいせいするほど、愛してる」「表参道高校合唱部!」の渡邊真子。

制作には日本テレビメディア戦略局や海外事業部の千野成子、「サバイバル・ウェディング」や「ブランケット・キャッツ」の池田健司。

プロデューサーには「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の小田玲奈、「ブラックリベンジ 」の松永洋一や森有紗。

制作プロダクションに「島耕作シリーズ35周年企画『部長風花凜子の恋』会長島耕作特別編 」などのR.I.S Enterpriseが参加しています。

話題、見どころ

ファッション誌がテーマとなっているドラマといえば、真木よう子が出演し、SNSでの炎上騒ぎなど色々な意味で話題となったドラマ「セシルのもくろみ」も記憶に新しいところです。

ドラマ【セシルのもくろみ】キャスト&あらすじ”読モ”真木よう子が「女の呪い」と戦う。主題歌 夜の本気ダンス「TAKE MY HAND」の意味とは?

主演にはドラマ「高嶺の花」や「ソースさんの恋」「兄に愛されすぎて困ってます」などで様々な恋の形を演じてきた千葉雄大ですが、今作ではモデルを見下す文芸編集者という役。

ドラマ【高嶺の花】あらすじキャスト。野島伸司脚本に石原さとみ!「べっぴんさん」芳根京子や「モンテクリスト伯」田畑志真など、若手女優にも注目

ドラマ【ソースさんの恋】キャストやあらすじ見どころと放送時間をご紹介。メンヘラ女子とピュア男子の恋

原作のレビューを見ると、お約束通りのストーリー展開に、意外性や盛り上がりに欠けるという意見や、後半に描かれるリアルのな「大人の事情」がリアルすぎて読みづらくなってしまったという評価が散見されますが、「ティーン誌の編集者はモデルの人生を左右する可能性を持っている」というテーマや、代理店やメーカー、モデル事務所という芸能界の描写には引き込まれるところがあるという高評価も得ています。

大崎梢の特徴とされる小気味良いテンポや推理は封印された作品で、ファンの間でも評価の分かれているようです。

そんな原作をドラマ製作陣がどのように実写化するのかにも注目したいところですが、中でも映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」などで話題となり、近作ではドラマ「グッドバイ」での美容師役での好演も記憶に新しい佐津川愛美の演技にも注目したいところです。

ドラマ「グッドバイ」では、別れを告げられる愛人役で、そこまで多くない出演時間ながら、細やかな表情で別れる女の悲しみを見事に表現していました。

ドラマ【グッドバイ】ネタバレ。夏帆が「モテ男」大野拓朗の偽装妻となる「黒い十人の女」的、愛憎ドタバタコメディ。

そんな佐津川愛美が、千葉雄大演じる主人公の教育係として恋とは疎遠となっているという役柄をどう演じていくのかに注目していきたい作品です。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【プリティが多すぎる】の劇伴音楽に「突然ですが、明日結婚します」や「ニッポン印象派」を手がけてきた西口悠二と、アーティストLULUXやThe Hotpantzへの楽曲提供やCM「ピップスリムウォーク」を手がける女性プロデューサ/DJのChocoholicが起用されました。

ドラマ【プリティが多すぎる】のオリジナルサウンドトラックは2018年10月24日の発売です。

「ドラマ【プリティが多すぎる】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!

さsらにドラマ【プリティが多すぎる】の主題歌に元Seventeenモデルでヒット曲「リルラ リルハ」などで知られる木村カエラの「COLOR」が起用されました。

「COLOR」が収録されるミニアルバム「¿WHO?(CD+DVD)(初回限定盤)」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています

放送情報

【放送局】日本テレビ系列
【初回放送・曜日】2018年10月18日 毎週木曜日 24:59~25:29(30)
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元はドラマ公式サイト

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)