ドラマ【この男は人生最大の過ちです】キャストあらすじ 松井愛莉に奴隷入りする速水もこみち 九瀬しき原作を実写化

2020年1月から放送のドラマ【この男は人生最大の過ちです】。

ハイスペックな社長が、美女の奴隷になる。

人気コミックの実写化となる今作では、速水もこみちがハイスペック社長、ヒロインに、福山雅治などが所属するアミューズで、痛快TV スカッとジャパンなどへの出演で話題となった松井愛莉がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【この男は人生最大の過ちです】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

登場人物 キャスト

天城恭一 速水もこみち

一流の研究者で製薬会社社長

佐藤唯 松井愛莉

怒ると“ドS”キャラが発動する派遣OL

三島冴 田中道子

多能性細胞開発でノーベル賞候補

名取蒼 入江甚儀

社長に忠実なエリート秘書

石川麻美 片山萌

天真爛漫な唯の先輩

藍田航之郎 平岡祐太

手術成功率100%の医師

Sponserd Link

あらすじ

天城製薬の派遣社員・佐藤唯(松井愛莉)は、愛犬を亡くした悲しみからバーで酒をあおっていた。「生き返る薬、開発しろよ~」と泣きながらクダを巻いていると、一人の男が声をかけてくる。

「死んだものは生き返らない」。その代わりに、過剰摂取すればすぐにでも犬に会える薬を教えると言う。さらに「無駄吠えは家でやっていただけませんか」と、容赦ない言葉を連射。すると唯は、仕返しに足を引っかけて男を転ばせると、「わざとでーす」と言い捨て店を出る。その男が、自社の社長、天城恭一(速水もこみち)であることも知らずに…。

翌日、社長室に呼び出された唯は、クビを覚悟で出頭。しかし、天城が唯に告げた言葉は、「僕を奴隷にしてください」だった。

原作やスタッフ

ドラマ【この男は人生最大の過ちです】の原作は漫画家、九瀬しきの「この男は人生最大の過ちです」

「この男は人生最大の過ちです 1 (スフレコミックス) (日本語) コミック (紙) 」をアマゾンでチェック!

脚本にはさくのり限、「パーフェクトクライム」や楽天オーネットのウェブドラマなどの伊澤理絵

プロデューサーには「座敷おやじ」や「幸色のワンルーム」の山崎宏太、「不能犯」や「おいしい家族」の清家優輝

監督には「仮面同窓会」や「体操しようよ」の菊地健雄、「もちつきラプソディ」や「新米姉妹のふたりごはん」の桑島憲司

制作協力には「仮面同窓会」や「ランウェイ24」などを手掛け、石塚清和や清家優輝が所属するファインエンターテイメントが参加しています。

話題、見どころ

NTT西日本の子会社であるNTTソルマーレが運営する「コミックシーモア」などで配信され、人気作となった今作。

「僕を奴隷にしてください」というセリフが象徴的な作品ですが、実際に奴隷とはどういったものなのでしょうか。

現代では奴隷と聞くと、自分には関係のないことと誰もが思っているかもしれません。実は、マスコミでは報道されることはほとんどありませんが、現在でも多くの人が奴隷のように働かされている現実があります。

〜以下こちらから引用〜

児童労働は、ILOが作成した『児童労働の世界推計:2012~16年の推計結果と趨勢(原文英語Global estimates of child labour: Results and trends, 2012-2016)』によると、世界全体で5~17歳の子どもの約10人に1人に当たる1億5,200万人(少年8,800万人、少女6,400万人)が従事しています。

児童労働が集中しているのは、依然として農業(全体の70.9%)で、次いでサービス業(17.1%)、工業(11.9%)となっています。

地域別では、前回まではアジア・太平洋が最多だったのですが、今回はアフリカ(7,210万人)が最も多く、次いでアジア太平洋(6,200万人)、米州(1,070万人)、欧州・中央アジア(550万人)、アラブ諸国(120万人)の順となっています。5~14歳の児童労働者の3分の1近くが教育制度の枠外にいると見られます。危険有害労働に従事する児童労働者の38%が5~14歳であり、15~17歳の児童労働者の約3分の2が週労働時間が43時間を上回っています。

〜引用終わり〜

ヴァイキングが住民を略奪をしたり、戦争によって負けた陣営が捕虜として捕らえられたり、かつては「人はモノである」と考えられている時代も長くありました。

しかし、中世以降、それまでの常識はことごとく覆され、天動説が地動説になったように、人の人権はこれまで以上に強く保護されるようになっています。

それでもまだ根深くその痕跡は残っています。

そしてこのように人を売り買いすることは、かつての日本のトップが行ったことでもありました。

〜以下こちらから引用〜

では、この「日本郵船」がどのようにして現在のような地位を築き上げてきたかというと、実はここに日本の深い闇が隠されているのです。しかも、その闇に「天皇」が大きく関与しています。

以下の記事をお読みいただけば、その闇の深さを嫌と言うほどお分かりいただけるでしょう。

----------------(以下、こちらから転載)

1885年、天皇一族と三菱財閥で日本初の船舶会社、日本郵船が創立されました。

明治維新により富国強兵の道を歩み始めた日本は、欧米からあらゆる兵器を購入し続けていましたが、欧米への支払いに当てる資金が日本にはありませんでした。

そこで福沢諭吉は、「賤業婦人の海外に出稼ぎするを公然許可すべき」という指示を天皇に与えました。

賤業婦人つまり売春婦として日本人女性を海外に「輸出、 売却」し、兵器購入資金を作るというプランであり、天皇一族はこのプランに飛び付き実行しました。(福沢諭吉全集 第15巻)

1900年初頭から天皇の命令の下、「海外に行けば良い仕事があり、豊かな生活が出来る」という宣伝が日本全国で大々的に行われる事になりました。

日本の健全な家庭に育った当時の若い女性達は天皇の言葉を信じた事は言うまでもありません。

天皇一族によりだまされ「売春婦として欧米に販売された」日本人女性の数は数十万人と言われております。

大部分は健全な家庭に育った若い女性達であり、天皇は「健全な女性を売春婦」として「売却」する事で、欧米の売春業者から女性1人あたり数千円、当時普通の会社員であれば10数年分の給与を手に入れていたのです。

その金額が数十万人分=莫大な資金がこの天皇一族のサギ行為、女性の人身売買により天皇一族に転がり込んだわけです。

その資金の一部は戦争のための兵器購入に当てられましたが、大部分は天皇の「個人財産」として「蓄財」されました。

天皇一族は自分の金儲けのために、健全な若い日本人女性をだまし、売春婦として欧米に「売却」して来ました。

天皇一族は欧米の売春業者とタイアップした日本の売春業者なのです。

天皇により経営される日本郵船により、欧米に「売却」された日本人女性は、1人残らず現地に着くと即座に売春宿に「連行」され監禁されました。

そして売春を強制されました。初めての外国であり、逃げ場も助けてくれる相手もいない。数十万人の日本人女性が、天皇によって売春を強制された。これが従軍慰安婦の原型とも言えるでしょう。

日本郵船の共同経営者三菱財閥もこの売春業で巨大化しました。

この莫大な富を生む売春業に参加させてもらったお礼に、三菱財閥は昭和天皇の結婚後の新居を、全額三菱財閥の出資で建設することになりました。

渋谷区下渋谷の第一御領地の「花御殿」が昭和天皇の新婚の住居であり、それは数十万人の日本人女性を「売春婦として販売した」利益で、三菱の天皇に対する「売春業参加のお礼」として建設されたしろものです。

(山田盟子「ウサギたちが渡った断魂橋」 新日本出版社)。

また天皇が大株主であった船舶会社商船三井も天皇と協力し、同一の「売春婦・輸出事業」に従事する事に至りました。

----------------(転載ここまで)

このように、「日本郵船」は第二次大戦中、日本のうら若き女性たちを「天皇」とグルになって騙して売春婦として強制労働させました。それによって、現在の「三菱グループ」の地位が築き上げられたというわけです。

本当にあり得ない話です。

〜引用終わり〜

ブラジル移民や満蒙開拓団なども、同じようなことだったと思われますが、ここまでは人が移動する・させるような、わかりやすい形の「奴隷」ですが、そのほかにも以下のような奴隷と言う形態も考慮する必要があるでしょう。

〜以下こちらから引用〜

5)収容所や奴隷用の野営地だったりなんであれ、そうしたものを建設する計画はOWOにはない。このような施設は莫大な資源を要するし、不必要なトラブルを招く。また役に立つ機能を果たさない。テレビ、ハリウッド、コンピューターゲーム、ポルノ、音楽、アルコール、たしなみで味わうドラッグ、スポーツ等、をつかってOWOは人々をなだめられる。このような気を紛らわすものは、人々が決して立ち上がることがないことを保証してくれる。目的や思慮のない大衆向けの娯楽が存在する間は、人々をコントロールするために収容所を建設する必要はOWOにはない。

〜引用終わり〜

つまり、娯楽は人々を政治から遠ざけるための「道具」で、そうすることで政策の本質を見えなくして、一部の人たちのためにいいように、国を運営しているという事が上級国民の視点です。

そして実際に、多くの人たちがおかしなことをしている上級国民に無関心で、知らず知らずのうちに搾取されていることに気づかず、娯楽にうつつを抜かしている。

娯楽自体が悪いということではなく、誰もが楽しみを感じる娯楽をこのように利用していることがおかしい。

今まで、これらのことが庶民に知られることはありませんでしたが、インターネットが発達したことで、知ろうと言う意思があれば、誰でもこのような情報にたどり着くことができる時代になりました。

これからは、これまで誰も体験したことのない「パラダイムシフト(価値転換)」が起こっていくのでしょう。

誰もが「日本株式会社」で、奴隷のように働くのではなく、個性や才能を十二ぶんに使い、心も体も豊かに暮らす時代は、そう遠くないかもしれません。

この国は天皇を頂点とした「日本株式会社」かも知れません。私たちはこの会社で働く奴隷のようなものです。

価値観が大きくした時代に生きる我々は、本当に人権が守られる世の中を作ることができる時代を生きているともいえます。

それは私たちが後世の人たちのために行うべき責任とも言えるでしょう。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

主題歌に香川県出身で、YouTubeでの活動がデビューのきっかけとなったシンガーソングライター、川口レイジの「I’m a slave for you」が起用されました

「I’m a slave for you」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

エンディングテーマに同じく川口 レイジの「STOP」が起用されました

「STOP」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

「ドラマ【この男は人生最大の過ちです】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】朝日放送テレビ(ABCテレビ)、テレビ朝日「ドラマL」
【初回放送・曜日】
ABCテレビ(関西)|2020年1月19日 毎週土曜日 23:35~24:05(30)
テレビ朝日(関東)|2020年1月18日 毎週土曜日26:30~27:00(30)
【配信情報】 地上波放送終了後、TVer・GYAO!にて見逃し配信あり。
【前ドラマ】「 Re:フォロワー

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト