ドラマ【天 天和通りの快男児】キャストあらすじ。ファン大絶賛福本伸行原作を岸谷五朗、吉田栄作が中年アカギ役で実写化。

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【天 天和通りの快男児】

主演に岸谷五朗、漫画「アカギ~闇に降り立った天才~」の主人公・アカギ役に吉田栄作がキャスティングされ「アカギ」の原点となる原作コミックが実写化です。

ここでは、ドラマ【天 天和通りの快男児】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

スポンサーリンク

キャスト

天貴史 岸谷五朗

麻雀の請負業(=代打ち)を営んでいる。無類の勝負強さと強い意思をもつ。

1964年9月27日。東京都武蔵野市出身。映画「HIGH&LOW END of Sky 」ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」「居酒屋ふじ」

井川ひろゆき 古川雄輝

麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしている。小遣い稼ぎ程度で麻雀を打っていたが、天と出会い、真剣勝負の代打ちの世界を知ったことで、より強い相手を求める雀士へと変貌していく。

1987年12月18日。東京都出身。映画「L-エル-」ドラマ「べっぴんさん」「重要参考人探偵」「ラブリラン」

赤木しげる 吉田栄作

何の後ろ盾もなくただ己の能力のみを頼りに生きてきた伝説の博徒。 かつて3年間ほど裏社会の頂点に君臨していたが、立場や名声が自分を束縛するという主義のため、早い段階で引退した。「神域の男」「鬼神」「百年に一人の天才」といわれ、数えきれないほどの伝説を持つ。桁外れの才気に死をも恐れぬ精神と、神域にまで達するといわれる強運・直感を持ち、華やかさと静けさを併せ持つ天衣無縫で大胆不敵な麻雀を打つ。

1969年1月3日。神奈川県出身。映画「花戦さ」ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 第3話」

「西軍雀士」登場人物

原田克美 的場浩司

日本の裏麻雀界の頂点を決める東西戦で登場する、関西随一の暴力 団組長で、現役最強の代打ち。

1969年3月28日。埼玉県上尾市出身。映画「テラフォーマーズ」ドラマ「空飛ぶ広報室 第4話」

僧我三威 でんでん

赤木が登場する十年ほど前に、裏麻雀界のトップに君臨し続けていた怪物。

1950年1月23日。本名、緒方義博。福岡県筑紫野市生まれ、中間市育ち。映画「忍びの国」ドラマ「警視庁いきもの係」

室田 相島一之

怪しげな風貌と、相手の心を読み“七対子”で和了る代打ち

1961年11月30日。埼玉県熊谷市出身。ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」映画「キセキ -あの日のソビト-」

三井 金子昇

原田率いる西側の雀士で、原田が信頼を寄せる代打ち

1974年10月18日。長崎県長崎市出身。映画「ウスケボーイズ」ドラマ「トクチョウの女〜国税局特別調査部〜」

阿久津 永岡卓也

山陰一の代打ちとして東西戦に参加する

1985年5月31日。長野県出身。映画「コドモ警察」ドラマ「99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II 第3話」

「東軍雀士」登場人物

浅井銀二 田中要次

天が頭を務める東側の雀士として、職人技の域まで達したイカサマ麻雀“ガン牌”を使う人物。

1963年8月8日。 長野県木曽郡新開村(現・木曽町)出身。映画「KILL BILL」ドラマ「べっぴんさん」

健 星田英利

天を「兄貴」と慕い、東側のメンツ集めに奔走する。

(ほしだ ひでとし)1971年8月6日。旧芸名は「ほっしゃん。」。大阪府泉南郡阪南町(現・阪南市)出身。映画「案山子とラケット」ドラマ「みをつくし料理帖」「チア☆ダン 」

そのほかの登場人物

中西 おかやまはじめ

中華料理屋の登記簿を賭けて、天とともに決死の麻雀勝負に挑む。定食屋「進宮亭」店主。

1964年4月22日。宮城県出身。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」ドラマ「セーラー服と機関銃」

丸尾 田窪一世

地上げ屋としてヤクザの沢田に代打ち探しを依頼する。

(たくぼ いっせい)1955年7月22日。広島県因島市(現尾道市因島)出身。映画「L・DK」ドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」

沢田 山口祥行

ひろゆきの才能を買い、代打ちとして戦う場を設けるヤクザ。

(やまぐち よしゆき)1971年8月6日。東京都出身。映画「アウトレイジ 最終章」ドラマ「逃亡花」

スポンサーリンク

あらすじ

麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆきは、ある日、麻雀の請負業(=代打ち)を営む天貴と出会う。

天は、無類の勝負強さと強い意思をもつ代打ちで、ひろゆきは天に憧れ、麻雀の世界に没入していく。やがて天とひろゆきは、神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげるや関西屈指の現役最強の雀士・原田克美らと出会い、日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく。

麻雀を通して、男たちの命をかけた圧倒的な心理戦を熱く描く。

原作やスタッフ

ドラマ【天 天和通りの快男児】の原作は「賭博黙示録カイジ」や「アカギ」で知られ福本伸行の「天 天和通りの快男児」。

「天-天和通りの快男児 1 Kindle版」をアマゾンでチェック!

監督には「最高の離婚」や「はぴまり ~Happy Marriage!?~」の宮脇亮、「超ドSナイトの夜」の柴田啓佑、「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」や「サヨナラ、えなりくん」の二宮崇。

脚本には「銀と金」「黒い十人の秋山」で知られる根本ノンジ、「共に歩く」や「第九条」の宮本正樹、「マッサージ探偵ジョー」や「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」の政池洋佑。

プロデューサーには「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」シリーズの松本拓、「銀と金」の倉地雄大、「恋がヘタでも生きてます」の渋谷英史、「はぴまり ~Happy Marriage!?~ 」の小林泰子が参加。

チーフプロデューサーに「鈴木先生」や「アオイホノオ」などの山鹿達也が参加しています。

話題、見どころ

「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」のアニメ版で、萩原聖人、WOWOWドラマで本郷奏多、Vシネマとして柏原崇が演じてきた”アカギ”は、青年期の赤木しげるでした。

ドラマ【天 天和通りの快男児】に登場するアカギは中年を迎え「神域の男」「鬼神」「百年に一人の天才」をほしいままに活躍する雀士。

1989年に連載が始まった原作の「天 天和通りの快男児」に登場したアカギは、その後スピンオフ作品として1992年に「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」の主人公として連載されました。

知名度では、のちに発表された「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」が有名となりましたが、その主人公アカギが初登場となった作品「天 天和通りの快男児」が、2018年に実写化されることになりました。

制作スタッフに、リリー・フランキーと池松壮亮の出演で2017年に放送された「銀と金」のスタッフが再集結するという形で、中年のアカギ役に吉田栄作が抜擢。

アニメ版で声を担当していた萩原聖人が演じるアカギも見てみたかった!という声も聞こえてきそうですが、非常に評価の高い原作をどう描いてくのかも見所です。

手に汗握る心理戦も見どころの一つですが、ドラマ【天 天和通りの快男児】の原作では、アカギの死に際して「安楽死」が登場し「人間が死ぬこと」がテーマとなっている作品で、このテーマに対して作者が提示したものに多く共感が寄せられています。

死ぬことを悲しむ風潮のある日本ですが、世界中を見渡してみれば、人が死んだら盛大にお祭りを行うという民族もあるほど、人が死ぬということに対する認識は様々なものがあります。

カトリックでは「清貧」というようなことが良いことされ、現世で肉の体を持っている人間が得られる喜びをないがしろにする風潮がありますが、聖書の中には肉的な祝福も与えると、はっきり書かれています。

人間は霊的な魂を持っていて、それは肉体に入っている。死は、肉体と魂が離れること。そしてその後、魂の霊体は天国か地獄に行くというのは、どんな宗教に限らず、ほとんどの人間が漠然と認めているもののようです。

気功師が廃れることがなく、「パワースポット」に人が訪れるのは、そこに「霊」と表現される目に見えない何かが存在していることを、人は感じ取っている証拠です。

感動する素晴らしい作品に出会ったということは、その「霊」が喜んでいることで、霊の祝福。

そして、ご飯を食べたり、休息して酷使した肉体を回復させること、反対に、体を鍛えて丈夫な肉体を得ることは、個性や才能を磨いて、富や名誉を得て「成功者」となることなどは肉の祝福です。

現世における富や名誉を受けて喜ぶというのは「肉の領域」での話で、反対に「霊の領域」にとっては、それら「すぐになくなってしまい、死後持ち出すことができないお金や財産」という肉的なものはあまり重要なものではありません。

ここまで深い死生観が描かれるのが原作コミックですが、ドラマ化された「天」でも、原作と同じように、多くの人に感動を与えるような作品となることを期待します。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【天 天和通りの快男児】の音楽担当者、主題歌を担当するミュージシャンや劇伴となるオリジナルサウンドトラックの発売などは現在のところ未定です。わかり次第更新予定です。

「ドラマ【天 天和通りの快男児オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

放送局:テレビ東京系列、BSテレ東、Paravi(独占配信)
初回放送・曜日:2018年10月3日 毎週水曜日 25:35~26:05(30)
前ドラマ:「-」テレビ東京グループ×Paravi(パラビ)初タッグのドラマ

あらすじ・キャスト部分引用元はドラマ公式サイト

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)