広瀬すず【なつぞら】ネタバレ。第133~138話(第23週)人生を作品にした天陽 使命と子育ての狭間で悩むなつ

Sponserd Link

第100作目となる朝ドラ「なつぞら」

広瀬すず主演の今作は、戦争を機に両親を亡くし、兄妹とも別れ離れとなってしまった少女が主人公です。

身寄りのなくなった主人公・なつは、父親の戦友だった、北海道の酪農家の婿養子に引き取られ、牧場を手伝いながら高校を卒業し、漫画家を目指すというストーリー。

そんな朝ドラ「なつぞら」の各話ごとのあらすじをネタバレでご紹介します。

ドラマの前半・後半にわけたネタバレは以下の記事でご覧いただけます。

広瀬すず【なつぞら】ネタバレ 4月~6月の物語前半分。

広瀬すず【なつぞら】ネタバレ 7月~9月の物語後半分

Sponserd Link

第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」 133~138話 9月2日(月)〜9月7日(土)

なつ(広瀬すず)は坂場(中川大志)から「大草原の小さな家」という本を手渡され、これを原作に一緒にテレビ漫画をつくろうと持ちかけられる。東洋動画を辞めるべきか、仲(井浦新)に恩義を感じるなつは思い悩む。その頃、十勝では天陽(吉沢亮)が体調を崩し、入院していた。ある時、病院を抜け出してきた天陽は、徹夜で一枚の絵を描き上げる。心配する靖枝(大原櫻子)に天陽は畑を見てくると言い残し、アトリエを出ていく。夏が過ぎ、優を連れてなつは久しぶりに十勝に帰省する。雪月に立ち寄ったなつは、雪之助(安田顕)から天陽が新しくデザインした店の包装紙を見せてもらう。

133

1973年夏。なつ(広瀬すず)の作画監督として二つめの作品「魔界の番長」の放送が開始される。その放送を一緒に見ていた優(増田光桜)は、「見たくない!」と逃げていってしまう。
そんな中、これまで東洋動画の映画班にいた神地航也(染谷将太)も、ついに「マコプロ」へ移籍することになる。
その日なつは夫の坂場一久(中川大志)から、「マコプロ」で今度考えている企画にはなつの力が必要だと言われ、東洋動画からの移籍を勧められるが、仲 努(井浦新)たちを裏切るようなことはできない上に、もし東洋動画を辞めるなら、アニメーターをやめて優との時間をたくさん取りたいと話す。そんな中、体調が優れず入退院を繰り返していた天陽(吉沢亮)が、ある日、医師から来週には退院できると言われたといい、突如、妻・靖枝(大原櫻子)たちの元へ帰宅する。帰ってすぐ馬の絵を描き始め、珍しく靖枝に感謝をはっきりと伝え抱きしめる天陽。こうして天陽はアトリエにこもり、徹夜で馬の絵を描きあげ、それは靖枝が息を詰まらせるほどの出来だった。
そんな夏の終わるころ、なつは、馬を乗りに北海道へ行くという優との約束をいまだに果たせず、仕事に追われる毎日を過ごしていた。

第134話

徹夜で馬の絵を描き上げた天陽(吉沢亮)は、その朝畑を見にいくといい、そのままジャガイモ畑で倒れ息をひきとる。東洋動画で背景画を担当していた天陽の兄・陽平(犬飼貴丈)からその知らせを聞き、うまく受け入れられずにいたなつ(広瀬すず)が優(増田光桜)と十勝に戻ったのは9月に入ってからだった。
葬儀にテレビ局の取材も来るほど、一画家として名の知られるようになっていた天陽。このころの北海道の酪農は変化し、これまで手絞りだった搾乳には、「ミルカー」が導入され、移動運搬手段には馬ではなく車やトラクターが普及していた。
そのため、優との約束だった馬には乗れないことになってしまう。
その夜なつは富士子(松嶋菜々子)に、東洋動画をやめて優との時間をもっと取りたいと、心境を伝え、富士子はなつが選んだことなら大丈夫と励ます。
翌日、天陽の家を訪れたなつ。線香をあげたあとアトリエに行った優となつ は、天陽が死の直前まで描いていた馬の絵を見る。遺作である大きな馬の絵になつは言葉を失う。

第135話

「ママがこれを動かすんでしょ。」天陽(吉沢亮)の描いた馬の絵を、本物だという優(増田光桜)になつ(広瀬すず)は泣き崩れる。
天陽の父・正治(戸次重幸)によると、体調が良くなったので退院が近いというのは天陽の嘘で、実際は不治の病に冒され、医者もそのことをいつ伝えるか思い計っていたという。
死期を悟った天陽は、最後に家族に会い、絵を描いて生活の足しにと考えたかもしれないという。今後は離農するしかないと考える陽平(犬飼貴丈)たちだったが、靖枝(大原櫻子)と道夫(中川望)、彩子(古川凛)の子供達は、天陽が残した「ここで生きろ」という遺言を受け、この土地から動かないと決意する。
泰樹(草刈正雄)と靖枝がジャガイモ畑で天陽の魂を感じとっていたころ、なつは陽平とともにアトリエに向う。
生前天陽が、”絵を描いて売ることは、狩りをするようなもの”だと考えていた、と陽平から教えられたなつ。
アニメーターを続けるべきか優との時間をもっととるべきか悩んでいたなつは、一人きりのアトリエでいつの間にか天陽の魂と会話していた。「答えはもう出てるだろう。優ちゃんが君の答えだろ?今は。絵を動かすのが君の仕事だって優ちゃんに言われたんだろうう?それで十分でないかい。だって今のなっちゃんを動かしているのは優ちゃんだろ?したら、なっちゃんは優ちゃんのために狩りをすればいいだけだべさ。なっちゃんはここから旅立った日からずっと、俺との約束を守ってくれたべさ。これからも頑張れ、なっちゃん。」こうしてなつは、答えは優が握っていること、そして、それはアニメーターを続けることだと確信する。

第136話

「雪月」を訪れたなつ(広瀬すず)と優(増田光桜)。雪之助(安田顕)は、生前、天陽(吉沢亮)に頼んでいた「雪月」の包装紙をなつに見せる。十勝の風景の中になつのような少女が佇んでいるその絵には、天陽がなつのような開拓者精神を持った人たちとの出会い、そして、同じような素敵な出会いが「雪月」のお菓子を食べる人にもあるように、という思いが込められていた。
なつはとよ(高畑淳子)に、「別れは辛いけど、恥じないように強く生きれ」と励まされる。
柴田牧場に帰宅すると砂良(北乃きい)の父・弥市郎(中原丈雄)が来ていた。「あいつの人生は作品そのものだ」と、話す弥市郎の話を聞くなつたち。なつは皆の中に天陽が生き続けていて、それこそが天陽の答えなのだと感じていた。
夜、「大草原の小さな家」を優に読み聞かせていたなつ。優が眠った後、なつはノートを広げ「雪月」の包装紙の絵を見ながら手を動かし始める。
翌朝、絵を見た優は「このアニメを見たい!」と興奮した様子でなつに話しかける。

Sponserd Link

第137話

優(増田光桜)の様子を見たなつ(広瀬すず)は、すぐに東京の坂場一久(中川大志)に電話を入れ「大草原の小さな家」を描いてみたいと伝える。
土曜日、札幌の放送局で働く明美(鳴海唯)とともに食卓を囲んだなつ。十勝に来て、また天陽(吉沢亮)に大切なことを教えられたというなつは、これまでと同じようにどこかでみているかもしれない妹の千遥(清原果耶)のためにも、アニメを続け、決してやめるわけにはいかないと、これまで悩んでいたことに結論を出しすがすがしい顔をしていた。
そのころ、なつから電話を受けた坂場が「大草原の小さな家」を原案にした作品の企画書を一晩で書き上げ、麻子(貫地谷しほり)に提出していた。なつが決意したと知ったマコプロの下山克己 (川島明)、桃代(伊原六花)、神地航也(染谷将太)たちも大歓迎だと喜んでいた。
今回決意した理由を「雪月」の包装紙の天陽の絵と「大草原の小さな家」のイメージが重なって描いてみたくなった、というなつ。その言葉を聞いた坂場は、結婚の際に十勝を訪れた時、天陽になつをよろしくと言われたことを思い出していた。
そんな「大草原の小さな家」を題材にしたテレビ漫画の舞台は北海道。いよいよ、新たな物語が動き出そうとしていた。

第138話

それは、十勝の人々から影響を受けた坂場一久(中川大志)の想いが詰まったものでもあったが、それをアニメとして表現できるのはなつ(広瀬すず)しかいない。ただし条件はなつがこの作品の作画監督になることで、それならばと、下山克己 (川島明)や桃代(伊原六花)たちも協力したいと言っているという。坂場は天陽の意志を受け継ぐんだと、なつを励ます。
翌日、なつが東洋動画を辞めることを一番に報告したのは仲 努(井浦新)だった。退職することは、これまで応援してくれた仲たちアニメーターを裏切ることになると考えていたなつだったが、仲は、それは裏切りではなく、良いことだとなつの背中を押す。会社ではなく、作品を重視してアニメーターは仕事をしていくべきだと、仲も考えていた。
「これは、単純に私のわがままです。どうか、お許しください。」そう言いながら頭を下げ、退職願を提出するなつに、社長の山川周三郎(古屋隆太)は突然のことに返す言葉もなかった。
その後、作業していたなつの元へ佐藤利之(橋本じゅん)がやってきて、やめられては困ると騒ぎ立てる。そんな中、堀内幸正(田村健太郎)が、作画監督になると立候補し、さらに、なつは他のアニメーターたちにもマコプロへ移籍することを伝える。
優(増田光桜)を迎えに「風車プロダクション」へ立ち寄ったなつ。咲太郎(岡田将生)と光子(比嘉愛未)にも、アニメーターとして新たな道を開拓した決意を伝える。その帰り道、これからも仕事を続けると決心したなつを優は「ママ大好き!」と励ます。
こうして1974年3月まで東洋動画で「魔界の番長」の仕事を続けたなつは、その後、夫である坂場に請われる形で「マコプロダクション」へ移籍し、新たな道を歩み始めることになる。

第22週のあらすじは→こちら|第24週のあらすじは→こちら

広瀬すず【なつぞら】キャスト登場人物北海道十勝編まとめ。広瀬すずの兄に岡田将生、幼馴染に山田裕貴、親友ツンデレ女子に福地桃子

広瀬すず【なつぞら】主人公 なつ のモデルは宮崎駿・高畑勲の先輩の奥山玲子で、安田顕演じる「お菓子発明王」は坂本龍馬とも関係するマルセイバターサンドの六花亭?

広瀬すず【なつぞら】柴田泰樹と剛男のモデルとは?開拓移民一世のフロンティア精神の土台はキリスト教と二宮金次郎

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)