広瀬すず【なつぞら】ネタバレ第91~96話(第16週)

Sponserd Link

第100作目となる朝ドラ「なつぞら」

広瀬すず主演の今作は、戦争を機に両親を亡くし、兄妹とも別れ離れとなってしまった少女が主人公です。

身寄りのなくなった主人公・なつは、父親の戦友だった、北海道の酪農家の婿養子に引き取られ、牧場を手伝いながら高校を卒業し、漫画家を目指すというストーリー。

そんな朝ドラ「なつぞら」の各話ごとのあらすじをネタバレでご紹介します。

ドラマの前半・後半にわけたネタバレは以下の記事でご覧いただけます。

広瀬すず【なつぞら】ネタバレ4月~6月の物語前半分。

広瀬すず【なつぞら】ネタバレ 7月~9月の物語後半分

Sponserd Link

91

愛についての煙カスミ(戸田恵子)の歌でお開きとなった東洋動画短編映画チームの決起集会。その夜、なつ(広瀬すず)は、夕見子(福地桃子)の交際している男性が物書きで、会えば素敵な人だとわかると言われる。そして翌朝夕見子は、亜矢美(山口智子)の好意から、次の仕事が見つかるまで「風車」で住み込みで働くことになる。
短編映画の作画作業に入ったなつたち。圧倒的な絵の実力を持ちながらもなぜか馴れ馴れしい神地航也(染谷将太)に、麻子(貫地谷しほり)は「神っち」とあだ名をつける。同じ頃、仲 努(井浦新)や井戸原昇(小手伸也)たちに呼び出され、今度の作品に社会風刺が入っているのかと問いただされていた坂場一久(中川大志)は、「”漫画映画は子供の見るもの”という考えは古いのではないか」と、仲たちに意見していた。
残業していたなつと麻子。麻子はなつに夕見子の結婚に対する考え方は間違っていないと思う、と打ち明ける。女性は特に何を”一番にするか”で、どんな人生を歩むかが決まってしまう。そしてその生き方に対して、どんな理由があっても他人から責められるいわれはない、と麻子は自分の思いをなつに打ち明ける。
こうして帰宅したなつを待ち受けていたのは、「風車」のキッチンに立って働く夕見子と、風貌がどことなく泰樹(草刈正雄)に似る、夕見子の彼氏の高山昭治(須藤蓮)だった。

第92話

「古いものは廃れ、新しいものが現れるという法則に抗うことはできない。」モダンジャズと夕見子(福地桃子)から写真で見せてもらった泰樹(草刈正雄)を崇める高山昭治(須藤蓮)は、どこか鼻につく若者で、許嫁がいる金持ちの後継で、なつ(広瀬すず)は古くても良いものを馬鹿にされたと思い憤る。
翌朝、下山克己 (川島明)が原画に参加すると言い出し、それは、前日に坂場一久(中川大志)と仲 努(井浦新)、井戸原昇(小手伸也)たちが短編映画の方針について意見の対立があり、完成までこぎつけない可能性があることを考慮してのことだった。
なつは仕事の休み時間に坂場が仲に失礼なことを言ったことを問い詰める。そこで坂場は、子供時代に空襲に遭い、なつと同じように孤独と絶望感、そして同時に見知らぬ人からの愛を受けたことをなつに話し、そんな体験をした感性の人間が、仲たちとは違う作品を作るべきだと主張する。そして坂場はその理想を成し遂げるために一生かけてもなつと一緒に作品を作って欲しいと伝える…。

第93話

日曜日。坂場一久(中川大志)に言われたことに思い悩んでいたなつ(広瀬すず)は、間違って休日に「風車」に出勤した夕見子(福地桃子)と遊びに行くことになり、その後、家を訪ねた雪次郎(山田裕貴)とともに映画を見に行くことになる。海外の恋愛映画を見た後「川村屋」へ向かったなつたちは、三橋佐知子 (水谷果穂)から、「マダム光子(比嘉愛未)の紹介で結婚することになった」と教えられるが、それは咲太郎(岡田将生)が、マダムにお願いしていたことでもあった。
そんななか夕見子は、初対面にも関わらずマダムに「ジャズ喫茶を開きたい」という願いを伝え相談に乗ってもらうことになる。”彼氏に入れ込みすぎている”と心配するなつは、夕見子との約束を破り、北海道の母・富士子(松嶋菜々子)に連絡を入れ全ての事情を話してしまう。そんな富士子もまた泰樹(草刈正雄)や剛男(藤木直人)たちに、夕見子が東京にいることを隠したままにするのだった。

第94話

麻子(貫地谷しほり)が描いた「鳩の群れの動き」と、なつ(広瀬すず)が描いた「木の怪物の歩き方」の描き直しを指示し、アニメーターたちに不評を買う坂場一久(中川大志)。木の怪物の歩き方に「樹齢を感じさせるものがない」とダメ出しをされたなつは、ヒントを求めて背景担当の山田陽平(犬飼貴丈)のもとを訪れる。そこでなつは坂場が天陽(吉沢亮)の絵を見て心底感動していたと聞き励まされる。
「風車」で働いていた夕見子(福地桃子)は、スイングジャーナルへ原稿を持ち込むもうまくいかず機嫌の悪い高山昭治(須藤蓮)とケンカばかりしているが、それは互いに強くなることにつながると亜矢美(山口智子)に話す。そこにかかってきた富士子(松嶋菜々子)からの電話に出た亜矢美は思わず電話を切って、夕見子からの問いかけもごまかす。
その夜、夕見子が帰った後、なつと亜矢美は富士子に電話をかけ直す。お礼を伝える富士子に、亜矢美は、”今なら冷静になって話し合えるチャンスかもしれない”と伝える。その話を剛男(藤木直人)と泰樹(草刈正雄)に聞かれてしまった富士子は夕見子の状況を説明する。
夕見子の交際する男性は、札幌の老舗デパートの長男で夕見子とともに休学届けを出して上京している。「男が悪いに決まっている!」と決めつける剛男たちだったが、そんな夕見子を説得するために”慣れない人が会いに行ったほうがいい”ということから、泰樹に白羽の矢が立つ。
数日後。夕見子は「風車」にいたなつを怒りながら問い詰める。「あんた、うちの家族に喋ったっしょ!裏切ったっしょ!」

Sponserd Link

第95話

(随時更新予定)

第96話

(随時更新予定)

第15週のあらすじは→こちら|第17週のあらすじは→こちら

広瀬すず【なつぞら】キャスト登場人物北海道十勝編まとめ。広瀬すずの兄に岡田将生、幼馴染に山田裕貴、親友ツンデレ女子に福地桃子

広瀬すず【なつぞら】主人公 なつ のモデルは宮崎駿・高畑勲の先輩の奥山玲子で、安田顕演じる「お菓子発明王」は坂本龍馬とも関係するマルセイバターサンドの六花亭?

広瀬すず【なつぞら】柴田泰樹と剛男のモデルとは?開拓移民一世のフロンティア精神の土台はキリスト教と二宮金次郎

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)