FFJの歌でなつが奮起?【なつぞら】で登場した合唱曲がMVヘ。作曲者は「ラジオ体操」の堀内敬三。農業クラブと東京とワシントン「桜」の繋がり

Sponserd Link

第100作目となる朝ドラ「なつぞら」

広瀬すず主演の今作は、戦争を機に両親を亡くし、兄妹とも別れ離れとなってしまった少女が主人公です。

ここではそんな朝ドラ「なつぞら」の第3週に登場したFFJの歌についてご紹介します。

Sponserd Link

FFJ とポトマックのサクラ

”札付きのワル”?で、「番長」と呼ばれ、「サケを獲るためにクマと戦った」という伝説を持ち、学校中の生徒から恐れられている門倉努に突如呼び出されたなつ(広瀬すず)たちは、門倉に難癖をつけられます。

「女が演劇をやっているそうやな」と。

「男女が舞台で抱き合うことに問題がある」という門倉になつはやらしいわ〜」と言い返し….、なんともコミカルで面白いシーンでした。

そんな中「お前ら、FFJの精神はあるのか?」という門倉に、なつたちが3人が歌い出したのが、日本学校農業クラブ連盟が作った「FFJの歌」でした。

さらには「FFJ体操」なるものも…。

歌詞はこちら

さらに、さだまさしが50周年記念の時に作曲した記念の楽曲「「美しい未来へ~Future Farmers of Japan~」」もあります。

さらにさらに広瀬すずのインタビューによると、この「FFJの歌」は、主人公のなつがアニメーターとなってからも、再び登場するという重要な歌のようです。

こちらから引用)

農高生や若い農家にメッセージをお願いします。

 農業高校は面白そう。それに農業高校の歌(FFJの歌)があったから、撮影が楽しくできました。東京編になってもFFJを思い出すシーンがあるので、ぜひ、楽しみにしてください。

(引用終わり)

簡単にFFJについてご紹介します。

正式名「Future Farmers of Japan」の頭文字をとって「FFJ」で、日本語にすると「日本学校農業クラブ連盟」。

「農業クラブ」、「農ク」という略称があります。

「FFJ」の設立は東京都立園芸高等学校(当時:東京都立新制園芸高等学校)が設立された1950年で、ドラマ内でも1955年という設定なので、まさに出来立てホヤホヤといったところでしょうか。

現在でも、FFJ の原型となったアメリカの同じ組織「FFA」や、韓国の農業高校生による「FFK」が、タイ王国の農業大学生による「FFT」が存在しています。

設立のきっかけとなった「東京都立園芸高等学校」はタレントのサヘル・ローズの他に、鳩山一郎が常連客として通っていた「とどろきばらえん」の設立者で、「ミスターローズ」と言われる鈴木省三らの母校としても知られています。

スクールカラーは「紫」。

さらに、ここの初代学長が、ワシントンDCのポトマック川のそばに植えられている「サクラ」を育てた熊谷八十三(くまがい やそぞう)という庭師の方。

ポトマックの桜は「ワシントンの桜」として知られ、当時の東京の市長の名でアメリカに送られました。

こちらから引用)

ワシントンの桜
アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.のポトマック河畔には桜並木があるのは有名だが、この桜は明治の終わりに、当時の東京市長「尾崎行雄」が送った。その送られた桜の苗木の育成を担当したのが、当時の農商務省農事試験場園芸部(現在のカンキツ研究興津拠点)である。このワシントンの桜と兄弟の桜が興津拠点に植栽されており、薄寒桜と呼ばれて親しまれている。桜が満開になる2月には研究拠点の一般公開が行われ、これにあわせて地元興津商工会による「興津宿寒ざくらまつり」、またJR東海による「さわやかウォーキング」が行われることから、毎年5000人近い大勢の見学者が訪れる。

(引用終わり)

桜の苗木を育成したのは、現在の静岡県清水区にある「カンキツ研究興津拠点」で、ここは「果樹研究所」の研究拠点の一つですが、この「果樹研究所」ではナシの豊水、幸水、リンゴのふじさらには、ブドウのシャインマスカットなどが作られたそうです。

シャインマスカットといえば、ディーンフジオカや土屋太鳳など一部芸能人の間で大人気な品種として話題となりましたし、りんごの「ふじ」といえば、国内生産の品種では上位に位置するりんごです。

そしてこの「ワシントンの桜」の苗木を主導して育てた熊谷八十三は、園芸の技師を退いた後に「執事」になりましたが、彼が「執事」として仕えていたのが、初代内閣総理大臣、伊藤博文の「腹心」として知られる、西園寺公望(さいおんじ きんもち)でした。

公望自身も第12代目の首相になっていますが、公望は、「カミソリ大臣」として有名な「陸奥宗光」とも仲が良かったそうです。彼らはウィーンで出会い、二人とも伊藤博文の腹心として、大きな働きをしました。

さらには製薬会社「第一三共」の創業者である高峰譲吉や、アメリカ人作家エリア・シドモアなども、東京とワシントンの友好の印としての「ワシントン桜」の植樹に尽力したことも知られています。

そしてこの「ワシントンの桜」は「ポトマック桜」として埼玉県所沢市の小手指や、神奈川県横浜市の横浜外国人墓地の「シドモア桜」として、「里帰り」した桜が日本にも植えられています。

ともかく、FFJの創設と「ワシントンの桜」には意外な繋がりがあったようです。

ちょっと話が逸れましたが、そんな「FFJ」の作曲をしたのが音楽評論家で、音楽之友社会長として知られる堀内敬三。

永六輔のCMでも知られる「浅田飴」の創業毛の三男でありながら、数多くの作曲を手がけ、誰もが知っている「ラジオ体操」の作曲者でもあります。

そんな「FFJ」の歌ですが、朝ドラでの放送をきっかけに「ミュージックビデオの制作」を、視聴者とともにするという企画が始まっています。

ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

NHK みんなでつくるFFJの歌

広瀬すず【なつぞら】キャスト登場人物北海道十勝編まとめ。広瀬すずの兄に岡田将生、幼馴染に山田裕貴、親友ツンデレ女子に福地桃子

広瀬すず【なつぞら】主人公 なつ のモデルは宮崎駿・高畑勲の先輩の奥山玲子で、安田顕演じる「お菓子発明王」は坂本龍馬とも関係するマルセイバターサンドの六花亭?

広瀬すず【なつぞら】柴田泰樹と剛男のモデルとは?開拓移民一世のフロンティア精神の土台はキリスト教と二宮金次郎

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)