NHKドラマ「夏目漱石の妻」ロケ地やキャストあらすじと原作をご紹介!

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

尾野真千子、長谷川博己出演の

NHKドラマ「夏目漱石の妻」の気になるロケ地をまとめていきます。

今年は夏目漱石没後100年の年。

「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「こころ」など今なお夏目漱石の作品は人々に愛されているが、実はその多くは、妻・鏡子との夫婦生活を下敷きに描かれている。

頭脳明晰で几帳面、しかしとんでもなく気難し屋の漱石。一方、大らかで、自分の考えをすぐ口にする鏡子。

正反対の二人は、時にぶつかり合い、時に支え合いながらも、やがて、かけがえのない家庭を築いていく。

明治という激動の時代を駆け抜け、夫婦として成長していく二人の姿を、妻・鏡子の視点から、生き生きとユーモアを交えながら描くエンターテイメント・ホームドラマ。

出典:NHKオンライン

ということで、そんな

NHKドラマ「夏目漱石の妻」のロケ地はどこなのか

御覧いただこうと思います。

スポンサーリンク

NHKドラマ「夏目漱石の妻」ストーリー&キャスト

ストーリー

裕福な家庭に育った中根鏡子(尾野真千子)は、厳格な父・重一(舘ひろし)から学問は不要と育てられ19歳の時、夏目漱石(長谷川博己)と見合いする。

鏡子は漱石に一目ぼれ、漱石は屈託の無い鏡子の笑顔に魅了され二人は結婚、漱石が高校の教師として赴任した熊本での新婚生活が始まる。

漱石は、帝大出のとびきりの知性派ではあるが、実は幼少時に養子に出され、家庭の温もりを知らずに育った過去を持ち、情緒の不安定な気難しい人物あった。

鏡子は夫を理解しようと、夫が読むものを読み、夫の友人達に交わって難しい会話に入って行こうとするが、その世界のハードルは高くとても及ばない。

やがて鏡子は初めて身ごもった子どもを流産、孤独から自殺未遂騒ぎを起こす。夫婦にとっての最初の危機の到来。果たして二人の前途はどうなる!?

出典:NHKオンライン

キャスト

尾野真千子

一方、大らかで、自分の考えをすぐ口にする鏡子

長谷川博己

頭脳明晰で几帳面、しかしとんでもなく気難し屋の漱石

その他のキャスト

黒島結菜

満島真之介

竹中直人

舘ひろし

秋月三佳

 

NHKドラマ「夏目漱石の妻」ロケ地は熊本が中心

熊本県

夏目漱石内坪井旧居

夏目漱石内坪井旧居

〒860-0077 熊本市中央区内坪井町4-22

ロケ地ではありませんが、生前漱石が熊本で長く住んだのが「夏目漱石内坪井旧居」

現在では一般公開されており、当時の雰囲気をそのまま伝えています。

根津神社

根津神社

〒113-0031 東京都文京区根津1丁目1−28−9

森鴎外、夏目漱石を始め多くの文豪が近辺に居を構えたことから有名になりました。

4月からおよそひと月行われる「つつじまつり」は約100種3000株の咲き誇るツツジを見ることができ。

甘酒茶屋、植木市、露店等もたくさん並ぶ地元では有名なお祭りです。

猪苗代町天鏡閣

天鏡閣
〒969-3285 福島県耶麻郡猪苗代町大字翁沢字御殿山1048−14

国の重要文化財に指定されている、明治時代に建てられた皇室の別邸。

ルネッサンス様式の貴重な建物がいまでも多くの人を魅了します。

→天鏡閣公式ホームページ

スポンサードリンク

 NHKドラマ「夏目漱石の妻」原作は「漱石の思い出」

脚本に今村昌平の脚本助手として映画「楢山節考」を書いた

池端俊策。

原案に夏目鏡子、松岡譲の

「漱石の思い出」

となっています。

NHK土曜ドラマ『夏目漱石の妻』は夏目漱石没後100周年を記念して製作され

漱石役を演じた長谷川博己さんは漱石の小説から

今も昔も変わらない人間関係の機微を強く感じられた

と話していました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読んでいる方はこちらの記事も読んでいます

BSプレミアムドラマ「ママゴト」ロケ地キャストあらすじを紹介!原作や主題歌も

NHKドラマ「運命に、似た恋」ロケ地キャスト紹介!あらすじと見どころをご紹介

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」のロケ地沖縄ほか過去分まとめ

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。