松坂桃李も上級国民?SPドラマ【微笑む人】キャストあらすじ

主演の松坂桃李の所属する「トップコート」の社長はナベプロの創業者夫婦、渡辺晋、美佐の娘の渡辺万由美で、菅田将暉や中村倫也とも同じ事務所です。

唐田えりかとの不倫報道で話題となった東出昌大の妻・杏が所属するのも、「トップコート 」です。

そのほかにも注目される若手俳優やタレントを数多く抱える事務所で、大学でいえば、皇室御用達の「学習院」と言ったところでしょうか。

そんな松坂桃李の家族構成を見てみると、父・松坂秀雄は東京福祉大学心理学部の講師で、母は養護学校の教諭と言われ、ほかに姉と妹がいます。

のちに転校しましたが、松坂桃李は神奈川県茅ヶ崎の東海岸小学校の出身で、この学校の校歌の作詞を担当したのは、ソウル生まれで、「越路吹雪」とのコンビで知られる岩谷時子、作曲は上級国民であることがテレビで取り上げられた加山雄三(作曲家名義は弾厚作)です。

松坂桃李の通っていた中学の2学年上は松浦亜弥がいたそうですが、気になるのは松坂桃李という本名ではないでしょうか。

この「桃李」というのは、「桃」と「スモモ」のことで、ともに朝鮮半島で強大な王朝を築いていた「李氏朝鮮」の由来で、あの有名大学の名前の由来でもありました。

「成蹊大学」といえば、安倍晋三の母校で、こんな繋がりを見ると、松坂桃李も上級国民とも思えてきますね。

RAPT | 「秦氏=ロスチャイルド」は日常的に虐殺と人身供養を行っていた「秦の始皇帝」の末裔です。

ということで、ここからは、SPドラマ【微笑む人】のキャストとあらすじや音楽などを紹介していきます。

登場人物 キャスト

仁藤俊美 松坂桃李

安住川で妻子を溺死させた罪に問われ公判中の被告人。日本最難関の大学を卒業し、大手都市銀行に就職。支店勤務時代に知り合った抄子と職場結婚をし、一年後に娘を授かる。世田谷の高級マンションに居を構え、誰もがうらやむ幸せを絵に描いたような暮らしを送っていたが、「本の置き場所が欲しかった」という理由だけで妻子を殺害した。当初は“事故の通報者=遺族”であったが、当日現場付近にいたという目撃者が現れ、状況は一変。連日、任意で警察の聴取を受けるうち、犯行を自供する。常に柔らかな微笑みをたたえ、妻子を大切にしている、誰もが認める“いい人”だったが、その顔の裏には、思いもよらぬ過去が隠されていた。

鴨井晶 尾野真千子

週刊誌『週刊海潮』の契約記者。夫である拓郎に家事を任せ、もう一度記者として第一線で活躍するべく、仕事に励んでいる。仁藤とは、娘同士が同じ幼稚園に通っていたため、以前から面識があった。法廷で仁藤が語った「本の置き場所が欲しかった」という動機に納得がいかず、事件の真相を究明しようと動き始める。デスクの井上に直談判したのち、巻頭特集を約束されると、仁藤を知る人物や捜査関係者に取材を開始。しかし次第に自分が知っていた仁藤と、関係者から聞く仁藤の人物像に乖離が生まれ始め、複雑な感情を抱くようになる。

井上肇 生瀬勝久

週刊誌『週刊海潮』のデスク。晶とは昔からの上司と部下の関係で、何かと晶を記者として便利使いしている。晶が仁藤と個人的な知り合いだと知り、巻頭特集を約束して取材を任せる。少々、チャラいところがあるキャラクターだが意外な人脈を持っており、事件につながる証言を得ることも。

佐藤邦男 福田転球

神奈川県警津田原警察署・刑事。仁藤俊美の取り調べを担当した。晶とは過去に面識がある。

滝沢孝一 田中要次

奈川県横浜拘置所・刑務官。収監されている仁藤を何かと気に掛ける。 梶原敬二郎 阿部亮平 慶和銀行に勤めていた仁藤俊美の先輩。周囲の評判が悪かった。

保坂保 薬丸翔

慶和銀行に勤める仁藤俊美の後輩。仁藤の人柄を尊敬していた。

カスミ 佐藤乃莉

キャバクラ勤務の女性。仁藤の小学生時代の同級生。

鴨井拓郎 小久保寿人

晶の夫。働く妻に代わって家事や育児もこなす。

あらすじ

「本の置き場所が欲しかったからです」 妻子を殺害した罪で起訴された仁藤俊美(松坂桃李)は、公判で衝撃の動機を明かす。 1年半前、神奈川県相模原市の西北部を流れる安住川で、仁藤が妻の抄子(かんこ)と娘の亜美菜(池谷美音)を溺死させたとされる『安住川事件』――被告人の仁藤は、日本最難関の大学に現役合格し、大手都市銀行に就職。抄子と結婚後は都心の一等地にある高級マンションに住み、娘を授かるなど、エリートサラリーマンとして誰もがうらやむような人生を送っていた。 そんな順風満帆な生活を送っていた仁藤が、なぜ妻子を殺害するという凶行に至ったのか…。事件前から仁藤とは面識があった週刊海潮の記者・鴨井晶(尾野真千子)は「事件の真相を暴きたい」とデスクの井上肇(生瀬勝久)に直談判!

見事、巻頭特集を約束された晶は、仁藤の関係者に取材を続け、彼の人物像を掘り下げていく。 救急隊員が現場に駆けつけたときの状況、搬送先の病院での様子を知れば知るほど、仁藤への疑念を深めていく晶。自分が以前から知っていた仁藤と、捜査関係者から聞く仁藤、いったいどちらの姿が本当の彼なのか…。 複雑な感情の波に飲まれそうになる晶だったが、やがて仁藤にまつわる衝撃の過去が明らかになり、これまでに彼に関わる何人もの人間が不審な死を遂げていたことを知る!

原作やスタッフ

原作|「微笑む人」(実業之日本社文庫) 貫井徳郎「症候群 シリーズ」「乱反射」
「微笑む人 (実業之日本社文庫) 」をアマゾンでチェック!
脚本|秦建日子 「ドラゴン桜」「左目探偵EYE」
ゼネラルプロデューサー|横地郁英(テレビ朝日) 「時効警察はじめました」「アリバイ崩し承ります」
プロデューサー|飯田サヤカ(テレビ朝日) 「不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事(仮)」「ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜」、菊池誠(アズバーズ専務) 「未解決の女 シリーズ」、木川康利(アズバーズ) 「家政夫のミタゾノ」「未解決の女 シリーズ」
監督|落合正幸 「時をかける少女」「就活家族〜きっと、うまくいく〜」
制作著作|テレビ朝日
制作協力|アズバーズ

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

「SPドラマ【微笑む人】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局・配信】テレビ朝日「日曜プライム」
【初回放送・曜日】2020年3月1日 日曜日 21:00~23:05(125)
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイトドラマスペシャル『微笑む人』|テレビ朝日