ドラマ【サイレント・ヴォイス】キャストあらすじ。詐欺師の心理術?栗山千明がコールドリーディングで犯人を追い詰める

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】。

主演にはドラマ「FINAL CUT」での好演も話題となった栗山千明を迎え、わずかな表情から人の心理を読み取る「コールドリーディング」という特殊能力を持った女性を演じ、佐藤青南の同名小説が連続ドラマ化です。

ここでは、ドラマ【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

スポンサーリンク

キャスト

楯岡絵麻 栗山千明

警視庁捜査一課巡査部長。習慣や仕草、行動パターンから相手の嘘を見破る行動心理学を駆使して被疑者を追い詰める美貌の刑事。取調べの腕はピカイチで、絵麻という名前から「エンマ様」と呼ばれている。過去に経験したとある事件がきっかけで刑事になった。

1984年10月10日。茨城県土浦市出身。映画「秘密 THE TOP SECRET」ドラマ「秘密諜報員 エリカ」「FINAL CUT(ファイナルカット)」

西野圭介 白洲迅

警視庁・捜査一課刑事

1992年11月1日。 山梨県甲府市出身。映画「Dance!DanceDance!!」ドラマ「貴族探偵 第5話・第6話」「明日の約束」アマゾンオリジナル「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」

筒井道大 宇梶剛士

警視庁・捜査一課刑事・警部補

1962年8月15日。東京都新宿区西生まれ、東京都小平市、国立市、広島県安芸郡府中町育ち。暴走族”ブラックエンペラー”7代目名誉総長。映画「バケモノの子」ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ 」「義母と娘のブルース」

林田シオリ 椎名香奈江

婦人警官。

(しいな かなえ)1990年3月22日。東京都出身。旧芸名、森香奈江。アイドルグループasfi(アスフィ)の元メンバー。ドラマ「極道めし」「逃亡花」

野村修一

1980年1月2日。大阪府出身。映画「いでよ 空」ドラマ「dele 第2話」「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜 THIRD SEASON」

ゲスト一覧

崎田博史 佐伯大地(第一話ゲスト)1990年7月19日。東京都出身。立教大学現代心理学部出身。ドラマ「愛してたって、秘密はある。」 「崖っぷちホテル!」映画「少女椿」

津田寛治 (つだ かんじ)1965年8月27日。福井県福井市出身。映画「空飛ぶタイヤ」ドラマ「チア☆ダン 第8話」

堀内敬子 1971年5月27日。東京都府中市出身。ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」「ハゲタカ」映画「高台家の人々」

西村和彦 1966年8月21日。京都府京都市伏見区出身。映画「バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ」ドラマ「三匹のおっさん」

森口瑤子 1966年8月5日。東京都出身。映画「ちょっと今から仕事やめてくる」ドラマ「コウノドリ」アマゾンドラマ「ファイナルライフ-明日、君が消えても-」

あらすじ

行動心理学という特殊な技術で相手の嘘を見抜き、表面からは読み取れない隠された真実を暴く美貌の女刑事。楯岡絵麻(栗山千明)。

6歳の少女を誘拐した容疑で崎田(佐伯大地)という男が逮捕されるが口を割らない。捜査本部は同時期に発生したバラバラ殺人事件にも追われ行き詰まってしまう。

絵麻は崎田の嘘を見抜き少女の居場所を突き止めるが…。

スポンサーリンク

原作やスタッフ

ドラマ【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】の原作は「消防女子!!シリーズ」や2010年に『このミステリーがすごい!大賞』の優秀賞などで知られる佐藤青南の同名小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズの「サイレント・ヴォイス」。

監督とプロデューサーには「新宿セブン」や「海月姫」の山内大典。

脚本には「恋する肉食べ女子」映画「こどもつかい」のブラジリィー・アン・山田、「ファイナルライフ―明日、君が消えても―」「プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の大浦光太、「リテイク 時をかける想い」「警視庁・捜査一課長」で知られる本田隆朗。

プロデューサーには「極道めし」の森田昇、「ベイビーステップ」の岩田祐二が参加しています。

話題、見どころ

「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズの「サイレント・ヴォイス」「ブラック・コール」「インサイド・フェイス」の三つの原作がドラマ化され「コールドリーディング」という特殊能力が見どころのドラマです。

しかしながら、原作のレビューを見ると「ただの千里眼シリーズの焼き増し」など酷評も散見され、好意的な意見としては「心理学ネタが面白い」という評価のある「サイレント・ヴォイス」

「短編なのに退屈で読むのが長く感じた」や「非常につまらない」と酷評されつつも「わずかな表情から嘘を見抜く『コールド・リーディング』の能力を持つ絵麻が面白い」という意見のある「ブラック・コール」

そして「スムーズに読める」という意見と「古臭い作品で意外性がない」という意見が混在する「インサイド・フェイス」

という賛否両論が入り乱れている原作の評価です。

コールドリーンディングとは、シャーロック・ホームズが利用している推理方法と同様のもので、日本ドラマでも「クロサギ」「トリック」「ガリレオ」などで知られています。

簡単に言ってしまうと状況証拠をよく観察して考察して行く方法のことでもあるようです。

この反対の概念として「ホットリーディング」というものもあり、それは、対象者には知られずに対象者の情報を入手して、あたかも知らなかったかのように相手のことを言い当てて行く方法。その際には、助手などがあらかじめ対象者に接触する必要があります。

さらにコールドリーディングに似たものでは「ショットガンニング」というものがあり、エドガー・ケイシーなどの超能力者や霊能者が大量の当たりそうな状況をあらかじめ言葉で伝えていき、その後の状況に応じて内容を変えて行くというものを指すようです。

昨今ネットのいたるとことで見られる「近いうちに地震が起きます」というようなものでしょうか。

どんどん詐欺めいた話になってきましたが、ドラマはフィクションですのでどう楽しむかは人それぞれ。主人公がどうやって犯人を暴いて行くのか?という推理物好きにはたまらない鉄板の作品となるのでしょうか?

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】の劇伴音楽に「彼氏をローンで買いました」や「KISSしたい睫毛」を手がけてきた鈴木ヤスヨシが起用されました

「ドラマ【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

ドラマ【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】の主題歌に青森県出身の佐々木陽吾、神奈川県出身の吉田理幹のツインヴォーカルユニット、The Super Ball(ザ スーパーボール)の「FUSEKI」が起用されました。

「FUSEKI」をアマゾンでチェック!

放送情報

【放送局】BSテレ東(元BSジャパン)「土曜ドラマ9」
【初回放送・曜日】2018年10月6日 毎週土曜日 21:00~
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元はドラマ公式サイト

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)