ドラマ【死亡フラグが立ちました!】キャストあらすじ モデルはオカルト雑誌ムー?小関裕太&塚地武雅のコメディ作

Sponserd Link

2019年10月から放送のドラマ【死亡フラグが立ちました!】。

タイムスリップものの第一弾、裏の住人を描いた第二弾、そして第三弾は、陰謀論などで知られるオカルト雑誌が舞台のドラマとなりました。

宝島社の主催する「『このミステリーがすごい!』大賞」の受賞作をカンテレにて映像化していくというこのドラマシリーズも、今作で第三弾。

既に発表されている第四弾「連続殺人鬼カエル男」へと続く作品です。

ここでは、ドラマ【死亡フラグが立ちました!】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

陣内トオル 小関裕太

売れないフリーライター。

本宮昭夫 塚地武雅

陣内の高校時代の1学年上の先輩。東大卒の天才投資家。

松重竜次 寺脇康文

ヤクザ。オカルト雑誌「アーバンレジェンド」の愛読者。

岩波美里 明星真由美

陣内が出入りしている、破綻寸前の出版社「文蔵社」の編集長。

橋元 笠原秀幸

重松の後輩。

黒谷麻美 林田岬優

女優。過去の一家惨殺事件の関係者。

サカモトアツシ 高崎翔太

動画配信クリエイター。

Sponserd Link

あらすじ

都市伝説を特集している雑誌「アーバン・レジェンド」でフリーライターとして働く陣内トオル(小関裕太)は、売り上げ低迷のために雑誌が廃刊の危機にあることを編集長から告げられる。

売り上げを伸ばすために陣内が与えられた使命は、「死神」と呼ばれる殺し屋の正体を暴くこと。その「死神」は周到に張り巡らせた罠で偶然を装い、事故死に見せかけてターゲットを24時間以内に殺すことができるという。 廃刊を阻止するために陣内が死神の手がかりを探していると、あるヤクザの組長の死が実は死神によるものだったことを知る。

陣内は高校の先輩で破天荒な天才投資家・本宮(塚地武雅)や組長の敵討ちを誓うヤクザの松重(寺脇康文)らとともに、事故として処理された組長の死の謎を追いながら死神の正体に迫っていく。[出典]

原作やスタッフ

ドラマ【死亡フラグが立ちました!】の原作には多部未華子主演でドラマ化された「ドS刑事」などで知られる七尾与史の「死亡フラグが立ちました!」

「死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) 」をアマゾンでチェック!

脚本には「ラジエーションハウス」や「暗殺教室」の金沢達也

監督には「おしい刑事」や「ブルーハーツが聴こえる」の吉原通克

制作協力には「阪急電車」や「僕が彼女を好きになった理由」のコクーンが参加しています。

話題、見どころ

「『このミス』大賞ドラマシリーズ」の第三弾となる今作。

第一弾は朝ドラ「ひよっこ」で知られる佐久間由衣主演の「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査(以下「おゆう」」、第二弾に阿部進之介が主演した「名もなき復讐者 ZEGEN」が放送されました。

中野陸軍学校と関わりのある人物が登場する「おゆう」は山本巧次が著書「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」が原作。

風俗店など夜の仕事に女性を紹介する職業「女衒」を描いた登美丘丈によって書かれた「名もなき復讐者 ZEGEN」が原作。

かなり際どいネタを扱うドラマとして話題となっています。

今作の原作七尾与史の「死亡フラグシリーズ」は、これまでに小倉優子、又吉直樹(ピース)、鈴木奈々、麻木久仁子のキャストで、2012年に放送されたバラエティ番組「超再現!ミステリー」のなかでドラマ化されています。

そんな今作の舞台はオカルト雑誌「アーバン・レジェンド」

実在する有名なオカルト雑誌といえば、雑誌「ムー」が思い当たりますが、「ムーといえば、鳩山由紀夫の妻・鳩山幸が執筆していたことや、新海誠監督作劇場アニメ「君の名は。」でも愛読書として登場したこと、さらには、麻原彰晃がライターとして読者参加ページに寄稿していたことがある雑誌としても有名です。

最近ではマツコ・デラックスの番組でも取り上げられたこともありました。

さらに、「ムー」を創刊した人物は、大本教という新興宗教の幹部だったといわれます。

一度も読んだことない方も多いかもしれませんが、実際のオカルトの現場を覗き見れる作品で、しかも、かなりのコメディタッチで描かれるというところに注目です。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【死亡フラグが立ちました!】の劇伴音楽にインストジャズバンド「カルメラ 」のメンバーとしても知られるPAKshin(ぱくしん・本名:文博信)が起用されました。

「ドラマ【死亡フラグが立ちました!】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

ドラマ【死亡フラグが立ちました!】の主題歌(ED曲)に大阪市阿倍野区出身でテレビアニメ「ハッピーシュガーライフ」オープニングテーマ曲「ワンルームシュガーライフ」などで知られるナナヲアカリの「イエスマンイズデッド」が起用されました。

「イエスマンイズデッド」をアマゾンでチェック!

挿入歌に『このミス』大賞ドラマシリーズ前2作にもタイアップされていたでQyotoの「歪んだターゲット」が起用されました。

「歪んだターゲット」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】カンテレ「カンテレドラマらぼ」
【初回放送・曜日】2019年10月25日 毎週曜日 24:25~24:55
オンエア終了後はU-NEXTで独占配信
【前ドラマ】「名もなき復讐者 ZEGEN

あらすじ・キャスト部分引用元は wikipedia


Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)