ドラマ【死役所】キャストあらすじ 広瀬アリスやきゃりーがオススメ!コナミの財団から助成金を受けた漫画家の話題作が松岡昌宏主演で実写化

Sponserd Link

2019年10月から放送のドラマ【死役所】。

松岡昌宏を主演に、著名財団からの助成金からの支援を得てデビューしたあずみきしの話題の原作コミックが実写化されます。

ここでは、ドラマ【死役所】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

シ村 松岡昌宏

この世を去った者たちが最初に訪れる死役所の「総合案内」で働く職員。

三樹ミチル 黒島結菜

急性アルコール中毒で亡くなった女子大生。天真爛漫でわがまま。生活事故死課で取り扱う事案で死亡したが、「酒を強要されたから」という理由で“殺人”として手続きをしてもらうことを望み、シ役所に居座る。次第に、シ村の笑顔の秘密を知りたくなり…。

ハヤシ(林晴也) 清原翔

シ役所、生活事故死課。語尾に「す」をつける言葉遣いが特徴の、一見チャラくミーハーな今風な青年。時代劇役者だった祖父の影響を色濃く受ける。出生の秘密に苦しむものの、幸せな家庭を築くのだが…

ニシ川(西川実和子) 松本まりか

シ役所、自殺課。美人だが笑顔はなく、口が悪い。口元のほくろが特徴的。仕事は出来ると評されている。生前は美容師だった。シ村とは仲良く見えるが、他人には一切興味がない。

イシ間(石間徳治) でんでん

シ役所、他殺課。強面だが人情に厚く涙もろい、「死役所」の良心。生前は妻に先立たれ子供もなかったため、姪・ミチを娘のように可愛がっていたが、ある事件に巻き込まれ人生が一変する。

シン宮 余 貴美子

死産課。男性職員を見つけると甘い声を出し、グイグイと寄って来るお色気タイプの女性。しかしその実、シ役所職員の過去も知っているようで…

ゲスト 登場人物 キャスト一覧

第1話
鹿野太一役 織山尚大(少年忍者/ジャニーズJr.)
第2話
荻野泉水役 酒井若菜
荻野貴宏役 野間口徹
第3話
坂浦眞澄役 三浦貴大
第4話
伊達夏加役 豊嶋花

Sponserd Link

あらすじ

この世を去った者たちが最初に訪れるのは、あの世の市役所ならぬ「死役所」。 ここは、自殺、他殺、病死、事故死など様々な理由で亡くなった者たちの行き先を決める手続きをする場所だ。 死役所「総合案内」で働く職員シ村は、次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で対応する。 訪れる死者は「死」を受け入れた者から、現実を理解しないまま現れる者まで様々。 果たして彼らはどう生き、どう死んだのか? 壮絶な生前の姿が死者の申請書から次々とあぶり出されていく。 罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。 シ村を取りまく職員たちも一筋縄ではいかない癖のある者たちばかり・・・ 実は死役所の職員たちもまた隠された秘密があった。 彼らはなぜ死後、この場所で働くことになったのか? そしてシ村の秘められた過去とは…? 魂えぐる死者との対話がここにある。

原作やスタッフ

ドラマ【死役所】の原作には今作がデビュー作となる漫画家のあずみきしの同名コミック

「死役所 1巻 (バンチコミックス) 」をアマゾンでチェック!

チーフプロデューサー には「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」や「tourist ツーリスト/第2話 台北篇」の山鹿達也

プロデューサーには「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」や「神酒クリニックで乾杯を」の倉地雄大、藤島ジュリー景子が代表を務める「ジェイ・ストーム」の尾花典子、「トニー滝谷」や「ナデネコ」の平体雄二、「親父がくれた秘密~下荒井5兄弟の帰郷~」や「書店員ミチルの身の上話」の瀬島翔

監督には「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」や「わたし旦那をシェアしてた」の湯浅弘章、「大恋愛~僕を忘れる君と」や「きみが心に棲みついた」の棚澤孝義、「恋のツキ」や「W県警の悲劇」の酒井麻衣、「東映 presents HKT48×48人の映画監督たち「血まみれ Bitter Sweets」」や「恋のツキ」の松本花奈、「ファイナルライフ―明日、君が消えても―」や「我が家のヒミツ」の蔵方政俊

脚本には「天 天和通りの快男児」や「ミナミの帝王ZERO」の政池洋佑、「TWO WEEKS チェインストーリー 」や「1ページの恋」の三浦希紗、劇団「牡丹茶房」を主宰する脚本と演出の烏丸棗

制作にはテレビ東京、ジェイ・ストーム、「ガイアの夜明け」や「カンブリア宮殿」のスタジオブルー(st’blue)が参加しています。

話題、見どころ

「死役所」といえば、広瀬アリス、きゃりーぱみゅぱみゅなどがSNSで広めて話題になったことでも知られています。

原作者のあずみきしは今作がデビュー作ですが、コナミの創業者が設立した上月財団から助成金を受けている漫画家としても知られています。

〜以下こちらから引用〜

Q&A

努力しなければよかった・・・と後悔することはないと思いますので、まずは努力してみてください。

自分にやれることを精一杯やって頑張りましょう‼

Q. 漫画家を志したきっかけ

兄が自由帳に漫画を描いているのを真似したことが全てのきっかけです。
Q. 本助成を受けていた頃の夢・目標について

漫画家になること。それだけでした。
Q. 本助成を受けて良かったこと

主に上京資金と、東京での生活資金に充てました。
まとまったお金がどうしても必要になるので、本当に助かりました。
Q. 本事業に関する思い出

漫画家の締め切りってこういう感じなのかあと、ネタを考えて送っていた記憶があります。
Q. 漫画家としてやりがいを感じる時

原稿が仕上がった時、コミックスが書店に並んでいるのを見た時、 読書の声が届いた時、印税が入った時、あらゆる面でやりがいを感じています。
Q. これからの夢・目標や計画

コミックスを何巻まで出したいとか、アニメ化やドラマ化されるのも見てみたいとか、夢や目標はいくらでも広げられます。
なので、まずは健康に気を使って、面白い漫画を描き続けていくこと。
おかげさまで漫画家らしからぬ、健康な生活を送っています。
Q. クリエイターを目指している若い方々へ

努力は必ず報われるとは思っていませんが、まずは努力しなければ始まりません。
才能やセンスは後から付いてくることもあります。
とにかく今やれることを精一杯やって、頑張ってください!

〜引用終わり〜

コナミといえば、カジノ構想にも参加する企業で、ヤクザとの関わりがあるなど黒い話が盛りだくさんの企業です。

カジノ合法化は在日利権の温床。創価=コナミがカジノ運営に参画。

その上、カジノを誘致している横浜の市長の林文子は、IR構想についての会見の後に、怒りをあらわにして、持っていた書類を投げ捨てたところをすりガラス越しに目撃されたことも話題になりました。

そんな今作のレビューは泣ける、やばいなどと言われていますが、中には以下のように冷静な分析をしている方もいます。

〜以下こちらから引用〜

一見作者なりの死生観を真面目に描いているように見えて、実際は死後のやりとりを面白おかしくするために 如何にして不幸な生前を描いてやろうかという、作者の露悪的な感性が透けて見えて実に気持ち悪い。

終盤の殺人犯の話は仮にフィクションでもこういう犯罪をおかした男の”反省なき悪意”を描くんじゃねえと思った。

それを普段は笑顔を貼り付けている主人公が表情を変えて一喝するのもただのマッチポンプだろう。ひたすら不愉快。

〜引用終わり〜

御涙頂戴ストーリーにするための仕掛けが見え透いていていることを指摘しているようですが、確かに、日本のヒットソングにも「名曲コード」なるものがあることを知っていると、随分見方も変わってくるものです。

今作は、人が死んだ後にいく「役所」にやってきた人物たちを描くというストーリーですが、ある意味これは閻魔大王が、死んだ人たちを選り分けるという考えと同じです。

この「閻魔大王」は、仏教やヒンドゥー教に登場するキャラクターですが、インドでは「ヤマ」と呼ばれているそうです。

この「ヤマ」は自分の妹と結婚し、子供を産んだという逸話を持つことで知られ、人間の中で最初の死者になったそうで、このことから、一番初めに死者になったから「死の世界の番人」と言われているようです。

これは旧約聖書に出てくるアダムとイブにどことなく似て言います。

アダムとイブは、神様が期待して、人類を悪から救おうとして地上で育てた使命者だったわけですが、女性が蛇=悪に騙されて、男性を誘惑して性的な堕落をしてことで「エデンの園」、つまり、神様の力が強く働いて守られるという状況から追放されました。

これを俗に「失楽園」と言います。

ヤマの場合は近親相姦をしているわけですから、当然ながら、神様からそっぽを向かれたはずです。

インドの伝承では、このような人物が死の世界の支配者となったわけですが、ここでいう「死」とは、神様からそっぽを向かれた、救いのない生活をする人ということでもあります。

そんなキャラクターが主人公の今作ですが、どんなところが「泣けて」「ヤバイ」のか注目です。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【死役所】の音楽担当者、主題歌を担当するミュージシャンや劇伴となるオリジナルサウンドトラックの発売などは現在のところ未定です。わかり次第更新予定です。

「ドラマ【死役所】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】テレビ東京 ほか
【初回放送・曜日】2019年10月16日 毎週水曜日 24:12~
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)