ドラマ【アメリカに負けなかった男】キャストあらすじ 226事件はいかに描かれるか その真相は皇族の内輪揉め

Sponserd Link

2020年に放送のテレビ東京開局55周年特別企画 スペシャルドラマ【アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~】(以下、ドラマ【アメリカに負けなかった男】)。

生田斗真が”プリンシプル”白洲次郎役に、笑福亭鶴瓶が麻生太郎財務大臣・副総理の麻生太郎の祖父にあたる吉田茂役に、テレビ東京が現代までつながる日本の基盤を作り上げた二人のスペシャルドラマを制作します。

ここでは、ドラマ【アメリカに負けなかった男】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

吉田茂 笑福亭鶴瓶

1878年~1967年。政治家の竹内綱の五男として生まれるが、実業家の吉田家の養子となる。外務大臣を務めたのち、内閣総理大臣(第45、48~51代)となる。

白洲次郎 生田斗真

1902年~1985年。吉田茂の腹心。イギリスに留学し、英語が堪能。家業が倒産し、記者や貿易会社など職業を転々とする中、吉田と出会う。

吉田和子 新木優子

1915年~1996年。吉田茂の娘。元総理・麻生太郎の母親。自由奔放な父の反動でしっかり者に成長するも、男勝りな気質は父譲り。

そのほかの登場人物 キャスト

こりん 池田勇人 佐藤栄作 田中角栄 宮澤喜一 麻生多賀吉 マッカーサー

Sponserd Link

あらすじ

第二次世界大戦前、駐英大使の吉田茂(笑福亭鶴瓶)は、極東情勢の悪化に心痛めていた。時を同じくして、世界各国を飛び回っていた白洲次郎(生田斗真)も、世界情勢の機微を敏感に感じとっていた。白洲と親交の深い吉田は、娘・和子らが見守る中、戦争回避に向けて動くが、その甲斐も虚しく、日本は第二次世界大戦に踏み切った。 1945年、終戦。敗戦国となった日本は、アメリカを中心とした連合国の占領の下、“復興”に向けて歩み始める。総司令部GHQと向き合う外務大臣のなり手が誰も見つからない中、先の大戦に猛反対し投獄された過去を持つ吉田に、白羽の矢が立つ。

かくして吉田は、外務大臣として、のちに総理大臣として、日本の独立と復興を担うことになる……。吉田は白洲を参謀に据え、最高司令官マッカーサーらと必死の交渉をする。過度な内政干渉など、幾度も緊迫した事態に陥るが、和子や麻生多賀吉、のちに総理大臣となる「吉田学校」の池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、宮澤喜一らの助けを受け、日本の独立に向け尽力していく。 混乱を極めた激動の時代に、戦後日本の“復興”へ命を懸けて邁進する吉田茂と周囲の人物たちの戦いを、娘・和子の視線から描く骨太ヒューマンドラマ。

原作やスタッフ

ドラマ【アメリカに負けなかった男】の原案には吉田茂の娘で、財務大臣・副総理の麻生太郎の母でもある麻生和子の著書「父 吉田茂」

「父 吉田茂 (新潮文庫) 」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

監督には「ホワイトアウト」や「振り返れば奴がいる」の若松節朗

脚本には竹内健造、「名探偵コナン」や「夕凪の街 桜の国2018」の森下直、「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」や「オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜」の守口悠介

チーフプロデューサーには「執事 西園寺の名推理」や「琥珀の夢」の中川順平

プロデューサーには「銀と金」や「死役所」の倉地雄大、「Seventh Code セブンス・コード」や「忘れないと誓ったぼくがいた」の椋樹弘尚、映画「kino」や「ピタゴラスイッチ」の佐藤雅彦が参加しています。

話題、見どころ

今作の原作書籍のAmazonレビューを見ると、「226事件の箇所は興味深い記述」があると評されています。

226事件は、当時の内閣の大臣などが青年将校に殺害された事件ですが、大臣らを殺害した首謀者に影響を与えたのが、陽明学者で思想家の安岡正篤とされています。

〜以下こちらから引用〜

戦前は右翼思想家として名をはせ、二・二六事件の首謀者西田税に影響を与えた一人。敗戦後、GHQの右翼解散命令により彼の金鶏学院も解散の憂き目を見る。そこで戦後は東洋古典道徳家に転じ「全国師友協会」を設立。政財界リーダーの啓発・教化につとめ、吉田茂から中曽根康弘にいたる戦後歴代ほとんどの首相が師と仰ぎ、教えを請うてきた。終戦の詔勅へ「万世の為に太平を開く」を加筆し、平成の元号の考案者と言われている。

〜引用終わり〜

上で言われている通り、安岡正篤は、その後の歴代首相が大きく影響を受けたと言われる日本の戦後の歴史上とても重要な人物です。

その上、上の引用元のサイトで言われている通り、安岡正篤と占い師の細木数子が結婚をめぐってイザコザを起こしています。

〜以下同上から引用〜

「3月 1日」 自衛隊関係者の政治団体の会合で知り合あう。
     安岡は細木の自宅および細木の経営する赤坂のフランス料理店「マンハッタン」にしばしば通う。(「マンハッタン」は当初クラブだったが、このころにはフランス料理店に替わっていた)
「8月29日」 安岡は細木との結婚誓約書、および追記を書き捺印。誓約では「翌年の4月に入籍する」とされていた。
「9月 6日」 安岡は体調不良を訴える。この頃から、安岡家側は細木との接触を避け始める。
「10月 4日」 安岡が家族および師友会側の計らいで高野山の寺院に移される。
「10月25日」 細木が「結婚誓約書」をもとに文京区役所に「婚姻届」を提出、受理される。
     同じ日、安岡家側も同区役所に「婚姻届不受理」の手続きを行なおうとしたが、細木の正式住所確認に手間どり、10分間の差で不受理となる。
「11月 9日」 細木が安岡家に「婚姻通知」を内容証明郵便で郵送し、安岡の居所を明らかにするよう要求。
「11月11日」 安岡家側、細木に反論の手紙を内容証明郵便で郵送。
「11月16日」 細木、東京地裁に「人身保護の請求」の申し立てを行う。
「11月18日」 安岡家側、東京地裁に「婚姻無効」の調停申し立てを行う。
「11月29日」 細木の「人身保護の請求」にもとづく東京地裁の第一回審理において、安岡の居場所が大阪・中之島の住友病院と判明。
「12月 7日」 細木、住友病院にマスコミと共に押しかけ、安岡との面会を要求。
「12月13日」 安岡正篤死去。享年85歳。
「12月19日」 裁判所での調停が和解し安岡の初七日に籍を抜く。

〜引用終わり〜

ここでははっきり言及されていませんが、これはいわゆる「遺産目当ての結婚」だとのことです。詳しくは以下のサイトをご覧ください。

細木数子と安岡正篤の関係はテレビではタブーですか?

遺産を狙われた安岡正篤は赤十字の派生団体と言われる「紅卍会」の会員でもありました。

〜以下「天皇と裏天皇と八咫烏。彼らこそが日本と世界を操る最大の秘密組織なのか。」から引用〜

★JFAシンボルマークとヤタガラスの関係 について

ヤタガラスが神武天皇を勝利に導いたシンボルであることと、明治時代に近代サッカー を日本に紹介した中村覚之助氏という人物が、和歌山県那智町(現那智勝浦町)浜ノ宮で生まれていて、ここにはヤタガラスを祀る神社=熊野三山―本宮大社、那智大社速玉大社があるからという理由から。

さらに、サッカーの神様を祭る神社が京都にもあるが、それが蹴鞠(けまり)発祥の白峰神社と下鴨糺の森 ・河合神社。いずれも八咫烏で、日本の歴史を振り返ると、言う事は簡単だが、言っちゃいけない事の方が多い。

「天照」(日本の国体)と「白山神界」(世界秩序)の違いもある。

八咫烏で表の仕事をした有名な人として安岡正篤(まさひろ)陽明学者・思想家がおられる。{1898年(明治31年)2月13日-1983年(昭和58年)12月13日)没}この方は金鵄会を創り、彼は表で働いた人だが、政財界、政府も動かした。

もし、日本の天皇家に何かあった時に 天皇に代わるシステムがある。但し 彼らは普段は出てくる事は無い。名乗りも挙げぬ。いざ有事になった時に国を守る為に、それこそ神武以来から教育されてずっと残っている。その一部が忍者の伝説だったりする訳で、河童も天狗も その象徴の一つ。

〜引用終わり〜

「紅卍会」の会員でもあり、日本を裏で操る組織と言われる「ヤタガラス」のメンバーでもあったと言われている人物が安岡正篤で、その利権を受け継ぐべく、細木数子は遺産を狙ったのでしょう。

先ほどは「当時の大臣たちが青年将校に殺された」と説明した「226事件」ですが、では実際彼らはなぜ大臣を殺害したのか、そして、安岡正篤の思想によってなぜそこまでして「革命」を起こす必要があったのか。

その方向で調べて行っても謎は深まるばかりですが、この226事件の真相もまた、皇族の些細な身内争いだったことがわかっています。

〜以下こちらから引用〜

また、今回の対談では「226事件」についてもお話していますが、ついにこの事件のカラクリも解明することができました。

ユダヤ陰謀論で読み解く226事件の謎 | 新・真相はかうだ!

226事件とは、「秩父宮」が「昭和天皇」に敵対した事件のことです。

で、この「秩父宮」は、実は「会津藩」の女性と結婚していました。

その女性の名を「勢津子」と言い、旧会津藩主「松平容保」の四男である「松平恆雄」の長女です。

秩父宮雍仁親王 – Wikipedia

「松平容保」は上にも書いた通り、「秦氏」です。

で、この「秦氏」の子孫と結婚したということは、「秩父宮」は「秦氏」側だったということになります。

で、この「秩父宮」が226事件を起こし、「昭和天皇」がこれに怒って、海軍の肩を持つようになりました。

で、「海軍」といえば「出雲族」なので、ここでもやはり「秦氏」と「出雲族」の戦いが起きたということになります。

で、この226事件の後に起きた第二次大戦で「アメリカ=出雲族」が勝利し、その結果、東京裁判では「陸軍=秦氏」の軍人ばかりが処刑されることになりました。

海軍軍人A級戦犯の死刑ゼロの謎? – 対米戦は調べるうちに、陸軍より海軍が主… – Yahoo!知恵袋

ということは、「南京虐殺」もまた「秦氏」を処刑するための口実だったと考えられます。南京虐殺も「陸軍」がやったということになっていますから。

南京事件 (1937年) – Wikipedia

だからこそ、いつまで経っても「南京虐殺」があったという明確な証拠が一つも出てこないのです。

で、A級戦犯が靖国神社に合祀されてからというもの、「昭和天皇」は一切、靖国には参拝しなくなりました。

世間一般で言われているように、A級戦犯を拝みたくないから「靖国神社」に参拝しなくなったというわけではありません。

A級戦犯がみんな「昭和天皇」の敵である「秦氏」だったからです。

なんともまあ、インチキな歴史のカラクリではありませんか。

〜引用終わり〜

王族はとにかく他の人間より上に立つことへの異常な執着については、一般庶民の想像を遥かに超えた考えを持っています。

そのため、現在の天皇家でも争いが絶えず起こっていることは、少し調べればわかることです。

それはなぜなのかといえば、彼らがモラルについては”善い考え”を持っていないからです。

国の民のモラルを見れば、その国のトップのモラルの程度がよくわかるものです。

日本では、自分に生きる価値はないと自責の念で自ら命を断つ人が先進国ではナンバーワンと言われるほどで、そのほかにも、半グレや暴力団はいまだにのさばっていますし、安倍政権に至っては、森友学園の籠池理事長を、その権力を利用して誰もがわかる方法で社会的に抹殺しました。

まさに、ヒトラーのような独裁政治が現在の日本で行われているのです。

安倍晋三が首相になると、日本で暗殺が増えるという現実。

なぜそのようなことになってしまうのか、それは、彼ら支配者が、根本的に人を悪くする原理を根本に抱え、それをよいものと考えて生きているからです。

麻薬文化やスピリチュアルにもつながる安岡正篤が、それを証明しているともいえます。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【アメリカに負けなかった男】の劇伴音楽に「テルマエ・ロマエ」や「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」を手がけてきた住友紀人が起用されました。

「ドラマ【アメリカに負けなかった男】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】BSテレビ東京 テレビ東京開局55周年特別企画 スペシャルドラマ
【初回放送・曜日】2020年
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)