映画【深夜食堂】ネタバレキャストあらすじ。多部未華子とオダギリジョーの名演。食事がつなぐ人々の物語。

スポンサーリンク

「医療漫画」か「食漫画」を描く事を勧められて描いた安倍夜郎のコミックを原作にした映画【深夜食堂】

豚汁定食、ビール、酒、焼酎のみのメニューならが、不思議と集う登場人物たちの日常をシンプルに描いた良作です。

脚本に「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」や「トイレの花子さん」の真辺克彦、「メガロボクス」小嶋健作、「ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判」や小嶋健作とともに「破門 ふたりのヤクビョーガミ」を手がけてきた松岡錠司が起用された作品。

日本でドラマ化、映画化され、韓国、中国でもドラマや映画化された作品です。

深夜食堂(1) (ビッグコミックススペシャル) をアマゾンでチェック!

映画化第1作となる、映画【深夜食堂】では「ナポリタン」「とろろご飯」「カレーライス」という3つのエピソードが描かれ、初登場の登場人物を中心にした物語が展開されます。

ここでは、映画【深夜食堂】キャストとあらすじをネタバレで紹介しています。

スポンサーリンク

映画【深夜食堂】主要キャスト・登場人物

マスター(小林薫)

「めしや」のマスター。本名・経歴不明。飄々とした人柄で、左顔面にワケありの傷跡をもつ。手首が腱鞘炎になり、ちょうどその時に現れたみちるを店の二階に住み込みさせる。マッサージ師のキミトシのところで腱鞘炎を治してもらう。店に置き去られていた骨壷の持ち主が現れないため、お寺に頼み供養してもらう。落語を聴く。

「めしや」常連客

忠さん(不破万作)地場の遊び人のおじさんで、常にデニム地のキャップをかぶっている。
小寿々(綾田俊樹)地場の新宿2丁目でゲイバーを経営するゲイ歴48年のママで、密かに竜を慕っている。甘い味付けの卵焼きを好む。竜に卵焼きを進めるが拒否される。
マリリン(安藤玉恵)「地場のストリップ劇場「新宿ニューアート」のダンサーで、「めしや」の常連。惚れやすく男の好みに染まりやすく、かつ別れやすいタイプ。「めしや」の常連客にもダンサーとしての彼女に対するファンが多い。
ミキ(須藤理彩)30歳代のOL。「お茶漬けシスターズ」の「梅」。
ルミ(小林麻子)30歳代のOL。「お茶漬けシスターズ」の「たらこ」。
カナ(吉本菜穂子)30歳代のOL。「お茶漬けシスターズ」の「鮭」。
八郎(中山祐一朗)地方労働者。
ゲン(山中崇)竜の手下。風鈴を売っている。負け戦が好き。
金本(金子清文)女将さんの塙の店に行ったことがある。
剣崎竜(松重豊)地周りのヤクザ・鬼島組の幹部。過去の想い出から、タコ仕立ての赤いウインナー炒めを好む。「ナポリタン」に登場。
野口(光石研)気が動転したりすると博多弁でしゃべる刑事。いずみの上司。幽霊が怖いらしい。
夏木いずみ(篠原ゆき子)刑野口の相棒の事。相性が合わないからと何度も相棒を変えてきた。
小道(宇野祥平)フリーカメラマン。「桜の花の塩漬け」を製造するが全く売れず常連客に笑われる。
かすみ(谷村美月)小道が好意を寄せる大阪出身の女性で、竹を割った性格の難波っ子。みちるが食い逃げする直前まで同席していた。「とろろご飯」に登場。
足立サヤ(平田薫)パチンコ店勤務の常連客。「カレーライス」でボランティアの先輩・あけみとのエピソードに登場。詳しくは後述。
小暮(オダギリジョー)警視庁新宿警察署よもぎ町交番警察官。長谷川に執拗に迫られるみちるに「婚約することになった」とアドリブで助けを出す。体臭は少なく「そこはかとない匂い」ラーメン店の出前持ち(野嵜好美)に好意を寄せられている。
ラーメン店の出前持ち(野嵜好美)小暮に好意を寄せるラーメン屋の従業員。年齢の近いみちると仲良くなる。小暮の匂いを知るために抱き合っているような形になる。

スポンサーリンク

「ナポリタン」キャスト・登場人物

川島たまこ(高岡早紀)不動産会社社長の妾として暮らしており、亡くなった社長の遺産相続でお金が入らないことがわかり落ち込んでいるときに、はじめと出会い暮らすことになる。のちに社長の遺産が入ることになり、はじめと別れ、金貸しを始める。
西田はじめ(柄本時生)たまこにナポリタンを食べさせてもらったことがきっかけで二人暮らしを始めるが、遺産が入ることになったたまこに逃げられる。仕事はねり工場の営業。

「ナポリタン」あらすじネタバレ

不動産屋社長の妾だった川島たまこは、社長夫人から「遺書にたまこへの遺産のことは書かれいてない」と言われ落ち込んでいたが、マスターが作ってくれた「ナポリタン」を気に入り、ある日、西田はじめと同席したことから意気投合した二人はともに暮らすことになる。

「欲しいものは一つしか手に入らないのよ」

しかし、社長夫人が遺書を書き換えていたことが判明し、たまこははじめと別れ金貸しを始める。

「とろろご飯」キャスト・登場人物

栗山みちる(多部未華子)長谷川に勧められ東京で自分のお店を持つために故郷の親不知(新潟県)から上京したが、長谷川がみちるのお金を持ち逃げしたことから、生活に苦しんでいたところ、食い逃げをした深夜食堂で働くことになる。腱鞘炎が悪化するマスターの代わりに食事を出し、常連客からも好評を得る。のちに老舗料亭の女将で店の常連の塙にスカウトされ料理人として働くことになる。最後にマスターの「とろろご飯」を食べさせてもらう。ラーメン店の出前持ち(野嵜好美)と仲良くなる。同郷の知人から「卵焼き」を褒められたことから料理を大切にしている。
長谷川タダオ(渋川清彦)みちると同郷の親不知の出身で、みちるの料理の美味さを見込んで東京で出店を持ちかけるが、みちるの金を持ち逃げする。深夜食堂にきてみちるを連れ戻そうとするが、警官の小暮(オダギリジョー)のアドリブにより二人が結婚すると言うことを知り諦めて店を出て行く。
塙千恵子(余貴美子)深夜食堂に通っている中でみちるに出会い、その料理の腕を見込んで自らの老舗料亭の料理人として雇う。マスターに好意を寄せている。
八百屋(森下能幸)マスターの常連の八百屋の店主。オクラを強く勧める。
キミトシ(高橋周平)マリリンの彼氏。マッサージ師。マスターの腱鞘炎を治す。

「とろろご飯」あらすじネタバレ

長谷川タダオ(渋川清彦)に誘われて東京で店を出すために上京した栗山みちる(多部未華子)だったが、長谷川にお金もろとも持ち逃げされ「めしや」で食い逃げをする。その後マスターに謝り、食事代の代わりに包丁研ぎをするが、マスターにお金をもらい銭湯にいけと言われ、料理の腕を見込まれて腱鞘炎が治るまでと言う約束で「めしや」で働くことになる。

長谷川がみちるを連れ戻しに来るが、機転を効かせた小暮に助けられ、老舗料亭の女将・塙千恵子(余貴美子)にスカウトされ、料亭で料理人として働くことになる。

「カレーライス」キャスト・登場人物

足立サヤ(平田薫)居眠りで有名だったパチンコ屋店員からバスガイド転職する。あけみとはボランティアの知り合いで、謙三につきまとわれるあけみを心配する。
杉田あけみ(菊池亜希子)福島にボランティアに行っていたが、謙三に執拗に交際を迫られボランティアにいかなくなる。過去に会社の上司と不倫していた時、その現実から逃げるためにボランティアに行くが、被災地の人たちの強さに甘える自分を許せずにいた。謙三が津波に流された妻が見つからない悲しみを知り、再びボランティアに行くことを決める。東京から帰郷する謙三にまたカレーを作らせて欲しいと伝える。
大石謙三 (筒井道隆)福島震災で仲の良かった妻を亡くし、その遺体も写真も何もかもが見つからず深く絶望していた。ボランティアで強く励ましてくれたあけみに交際を申し込むが一歩的に断られる。自分が人の温もりを求めてあけみにつきまとってしまったと反省する。ぼったくりバーでチンピラと喧嘩し、交番にいたところマスターに引き取られ「カレーライス」を振舞ってもらう。
先輩(大鷹明良)謙三の同郷。謙三を連れ戻そうと謙三とともに「めしや」を訪れ、マスターに謙三の震災の悲しみを話す。
塚口街子(田中裕子)身寄りのなくなった元夫の遺体を引き取り、骨壷を持ち帰る時に「深夜食堂」に骨壷を置いて行く。ハロウィンの夜に現れて土下座し骨壷を引き取りに来る。骨壷の中身は元夫の宝物「甲子園の砂」。高校時代に夫の応援をし、甲子園球場で「かちわり凍り」を売っていた。
サラリーマン客(向井理)サヤと謙三が飯屋にいる時に同席していた。

「カレーライス」あらすじネタバレ

福島の震災のボランティアに参加していた杉田あけみ(菊池亜希子)は、仮設住宅に暮らす大石謙三 (筒井道隆)にプロポーズされボランティアに行きづらくなっていた。その後、謙三はあけみを追いかけて上京し、あけみに返事を求め東京で日雇い労働を続けていた。

一方的に謙三を拒否するあけみ。しかし、あけみは過去に上司と不倫し現実から逃げるためにボランティアに参加し、そこで、被災地の人々の暖かさに甘えていたと自分を責めるのだった。

謙三はマスターの預かっていた骨壷の中に砂が入っていることから、自らも妻の骨壷に同じことをしたと話すのだった。それを離れて聞いていたあけみは激しく泣き崩れるのだった。

謙三は福島に帰ることになり、あけみは再びボランティアにいくことを伝えるのだった。

その後、マスターが供養してもらった骨壷の持ち主だと言う塚口街子(田中裕子)が現れ、愛人に捨てられて独り身になった元夫のお骨だが、中身は甲子園の砂だと言う・・・。

映画【深夜食堂】を見たかたにおすすめの映画・ドラマ3作品

ドラマ【anone(あのね)】第5話ネタバレ感想。広瀬すずと清水尋也が切なすぎて、瑛太が狂気すぎる。第1話からあらすじ振り返り。

ドラマ【下北沢ダイハード】ゲストキャストの出来事まとめ 下北沢で光石研 麻生久美子 夏菜 佐藤二朗が”とんでもない日”を演じる

ディーンフジオカ映画「結婚」ネタバレ感想。ディーンフジオカの「鴎外」さんは現代の嘘つきミッちゃん?登場人物の出来事まとめ

*文中、キャストの説明、あらすじや見どころなど出典明記のないものは作品の公式サイトからの引用です。

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。