ドラマ【わたし旦那をシェアしてた】キャストあらすじ。脚本に「HERO」「ガリレオ」の仁志光佑。不倫はいけない、ではどのように?

Sponserd Link

2019年7月から放送のドラマ【わたし旦那をシェアしてた】。

主演に小池栄子、りょう、岡本玲の三人がキャスティングされ、同じ一人の男性の「妻」として共同生活を始めるという役柄に。

題材としては面白いですが、現実的には完全にアウトな今作。

ここでは、ドラマ【わたし旦那をシェアしてた】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

森下晴美 小池栄子

食品会社の役員として仕事をバリバリとこなすキャリアウーマンのシングルマザー。反抗期に突入している娘とタワーマンションで暮らしている。 会社では〝肉食系〟と呼ばれるほどガッツがあり、仕事がデキる女性で、後輩からも慕われている。 自分のため、娘の沙紀のため、必死に仕事に打ち込む事で今の地位を築いた。 だが、仕事に打ち込むあまり、思春期に入った沙紀との関係も、仕事も、人間関係もうまくいかなくなり落ち込んでいた頃、ミステリアスな夫・天谷恭平と運命的な出会いをする。 強気で人に弱みを見せない性格だが、恭平には全てを見透かされていると思っているので、彼の前では別人のように甘える。 恭平と一緒にいられる今が、1番幸せだと思っている。

小椋加奈子 りょう

eスポーツ選手を目指すゲーマーの中学生の息子と暮らしているシングルマザー。 ストイックで活発。だが、以前は、マイナス思考で引っ込み思案で、いつも暗い顔をしていた。しかし、夫・天谷恭平と運命的に出会い、彼のおかげで、自分に自信を持つことができるようになり、明るく自分らしく生きていけるようになった。 明るく楽しくできるストイックなトレーニング方法がうけ、今や“美のカリスマ”と呼ばれるほどの人気パーソナルトレーナーになっている。 仕事のアドバイスをしてくれたのも恭平で、彼のことを心から信頼している。 恭平とは「事実婚」の関係だが、周りには「結婚している」と言っている。周りからは、「恭平自慢」をよくするので、理想の結婚生活を送っていると思われている。

藤宮茜 岡本玲

やんちゃな双子の兄妹を育てて、保育士として働いているシングルマザー。 人間関係など仕事のバランス感覚がよく、見た目もよい、〝モテ系女子〟だ。 温厚で優しいので男性からも女性からも好かれる性格をしている。だが、争いごとをひどく嫌うので、なにかトラブルが起きると、その場からこっそりと逃げる。 結婚指輪をしていないので、言い寄ってくる男性は多いが、「結婚しているんです」と断ってきた。同僚に「事実婚でしょ」と突っ込まれているが平気だった。なぜなら、子供が大好きな夫・天谷恭平のことを信用しているからだ。素養があり、知識も豊富な恭平を心から慕い、頼っている。

天谷恭平 平山浩行

森下晴美、小椋加奈子、藤宮茜たちと事実婚の関係を結んでいた『嘘』と『謎』に包まれた男。3人の女性と事実婚という形で生活を送っていた。そんな生活を送る理由を明かさないまま、ある日殺されてしまう。

松田秀明 赤楚衛二

文江に雇われ、誰が恭平の殺害を依頼したのかを調べる事になるシェアハウスの雑用係。恭平を殺した男達の中のひとりで、事件現場から逃げた男。恭平から死ぬ前に【ある物】を託され、彼が事実婚していたという3人の女性たちと出会い、本当の自分と向き合うことになっていく。

森雄作 黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)

裏サイトで数々の犯罪、拉致、強盗、殺人などを請け負ってきて、 恭平に直接手を下した凶悪犯。「北神谷町未解決殺人事件」にも関わっているよう。シェアハウスで働く松田を脅し、3億円を奪い取ろうとするが、彼の興味はもともと恭平にあることがわかっていく。深層心理学、行動心理学をよく理解していて、人の心を弄ぶことに快感を覚えるサイコパス。

塚本美保 渡辺真起子

殺人事件を追う隅田署の警部補。恭平とは馴染みの焼鳥店で知り合った。元はキャリア組として順調に仕事をしてきたが、上司の不正を告発したことで、「裏切り者」と言われ、組織の中で居場所を失っていき、遂には所轄に飛ばされた。 それからはキャリア組とは真逆の叩き上げの刑事として活躍している。恭平が殺されたことによって、晴美たち、そして森たちと対峙していく。

染谷文江 夏木マリ

シェアハウスの管理人。恭平の遺言通り、彼が亡くなってから2ヶ月後にシェアハウスを自分の所有物にしようとしている。喜怒哀楽が激しく、常人は彼女のことを理解することはできないだろう。が、ときに人情味があったり、正論を言うので奇人変人ではないことはわかる。 恭平の遺言書により、晴美たちが遺産の「3億円」を受け取るに相応しい人間なのか見極める役割を担っている。 物語の鍵を握る最重要人物

森下沙紀

森下晴美(小池栄子)の娘。

Sponserd Link

あらすじ

ある日、森下晴美のもとに夫である天谷恭平が殺害されたとの連絡が届く。しかし、夫の遺体を確認するために病院に行くと、そこには見知らぬ女性が2人いたのだ。小椋加奈子と藤宮茜と名乗るその女性たちも実は晴美と同じように恭平と事実婚の関係を結んでいたことが判明する。

そして“夫”である恭平の遺言に基づいて、3人は「シングルマザー専用シェアハウス」に同居することになった。さらに恭平は“たった一人の愛する妻”に3億円もの遺産を譲渡するという遺言まで残していたのだ。亡き“夫”である恭平が言う“たった一人の愛する妻”とは晴美なのか、加奈子なのか、それとも茜なのか。亡き“夫”が残した遺言、培ってきた謎や嘘の数々を巡る女の静かなる闘いが幕を開ける。[出典]Wikipedia

原作やスタッフ

ドラマ【わたし旦那をシェアしてた】の脚本には「HERO」や「ガリレオ(シーズン2)」の仁志光佑

監督には「探偵が早すぎる」や「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」の湯浅弘章、「マッサージ探偵ジョー」や「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」の瀧悠輔

チーフプロデューサーには「約束のステージ ~時を駆けるふたりの歌~」や「探偵が早すぎる」の 前西和成

プロデューサーには「ブラックスキャンダル」や「約束のステージ ~時を駆けるふたりの歌~」の中間利彦、「屋根裏の恋人」や「トレース~科捜研の男~」の熊谷理恵

制作協力には「屋根裏の恋人」や「ソースさんの恋」の大映テレビが参加しています。

話題、見どころ

不倫はいけない。

このことは、全ての人が知っていながらもやめられず、今では文化のようになってしまっています。

そんな人たちだからこそ、世の中はおかしなことばかりということも、ほとんどの人が納得できることのはずです。

しかし、どのように不倫がいけないのかを、明確に言葉にできる人をあまり見たことがありません。

具体的にいえば、子供を作る目的ではない男女間の行為は、不潔であるということは感覚的にわかるものです。

しかし、誰にも迷惑をかけていないじゃないかという、浅はかな考えで、簡単に他人と寝て、時にはそこに大金が発生したりする世の中です。

ともかく、世の中ではそれを「堕落」と言います。ここで堕落しているのは、その人の「考え方」のことです。

人間は考えでできていると言えます。

考えが正常ならば、どんな困難があっても、乗り越えていけるからです。しかし、多くの人は、恐怖や不安、寂しさやフラストレーションなど、様々な考えに影響されて、精神的に「堕落」してしまいます。

当然その影響は体にも及ぶわけです。

このように、未婚の異性間の行為をしても大丈夫だというモラルを持っているということは、精神的に大きく堕落しているということで、不安や寂しさに打ち勝ち、自分の感情を治めることができないということに、つながっていくのです。

こうして人は、精神を病んだり、それを紛らわせるために、強い刺激を求め身を滅ぼしてしまうのです。

ちなみに、アメリカソルトレイクシティではモルモン教の影響が指摘されている人たちが、一夫多妻で生活をしているという「実話」があります。

実際に一夫多妻で生活をしているというのです。

このようなことが平然と行われ、本人たちが自己正当化をし続けているということを見ると、本当にアメリカのモラルは破壊されてしまっていると強く感じます。

ちなみに、聖書には当時の人間たちが徹底的に堕落して、神様の「清くなれ」という言葉に、ことごとく反逆したという歴史が描かれていますが、その中で反逆の血を色濃く残し、悪魔崇拝をしていたような一族は、流れ流れ、アジアにまで到達ました。

日ユ同祖論などとも言われますが、これは様々な面から証明することが可能な、学校では教えられない真実というものです。

〜以下こちらから引用〜

この神話を読んで、治水を行った禹がノアなのかと最初は思ったのですが、ノアの大洪水直後であれば、箱船から出た人を救うのに治水は必要ありませんでした。ですから、黄帝をノアとすれば、全ての民族の始祖ですから、当然漢民族の始祖でもあるわけです。 そこで、黄帝の即位が前2699年とされていることに、注目しました。

[ヨベル書]によれば、ノアは前3059年頃に誕生し、ノアの大洪水(前2500年頃)前にはすでにジウスドラはシュメルの王ですから、年代的にはぴったり重なります。更に、黄帝の父・神農が前2740年頃の王で、ノアの父レメクは前3110年に誕生しており、これも年代的には問題在りません。今回、黄帝をノアと推断しました。 それでは、漢民族は、ノアの子(セム・ハム・ヤペテ)のどの一族の末裔なのでしょうか。 司馬遷によれば、帝鬘馴鰍黄帝の孫で、黄帝の次子・昌意の子です。舜は次子・昌意の七代の孫に当たりるとされています。

つまり、漢民族の始祖は、ノアの次子であるハム族(悪魔崇拝のカナン人で、当然蛇を崇拝していたはず)の末裔だということが明らかになりました。中国の古代王朝が、エンキの支配するエジプトのように、宗教的な徳と才能を重要視していたこととも符合します。

〜引用終わり〜

このような事実を、ドラマでも取り上げて欲しいと思います。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【わたし旦那をシェアしてた】の主題歌にドラマ「さくらの親子丼」主題歌「涙の種、幸せの花」などで知られるHilcrhymeが書き下ろした新曲「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)」が起用されました。

「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

劇伴音楽に「JKニンジャガールズ」や読売テレビ開局60年記念スペシャルドラマ「約束のステージ 〜時を駆けるふたりの歌〜」を手がけてきた和田俊輔が起用されました。

「ドラマ【わたし旦那をシェアしてた】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】読売テレビ、日本テレビ系列「木曜ドラマF」
【初回放送・曜日】2019年7月4日 毎週木曜日 23:59~24:54(55)
【前ドラマ】「 向かいのバズる家族

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)