ドラマ【スカム(日本版)】キャストあらすじ。杉野遥亮イケメン秘書の次は新卒切りから詐欺師になった男。鈴木大介「老人喰い」が実写化

Sponserd Link

2019年6月から放送のドラマ【スカム】。

主演に”洗濯王子”としても知られ、竹内結子主演ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」ではイケメン秘書を好演した杉野遥亮を迎え、昨今話題の組織犯罪「オレオレ詐欺」について書かれたルポライター鈴木大介の著作「老人喰い」が実写化されます。

ここでは、ドラマ【スカム】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

草野誠実 杉野遥亮

リーマンショックにより新卒切りを経験し、同時に父親が病に倒れたことからオレオレ詐欺に手を染めることになる。

清宮壮一 前野朋哉

草野の詐欺の相棒。誠実が振り込め詐欺の現場で出会った男。借金を理由に離婚され、家族を取り戻すために振り込め詐欺で働くことを決意。

吾妻美咲 山本舞香

誠実の幼なじみ。明るくしっかり者で、誠実のことをいつも気にかけている。

田中祥太郎 戸塚純貴

誠実の高校時代の友人で、誠実を詐欺に誘う。

来栖達也 福山翔大

誠実の詐欺グループの仲間。

杜洋平 水間ロン

誠実の詐欺グループの仲間。

剛力卓 若林拓也

誠実の詐欺グループの仲間。

辻姫花 華村あすか

誠実と美咲の友人で、祥太郎の恋人。

小沼 栁俊太郎

運び屋。謎の便利屋。

山田良 山中崇

ダシ子(詐欺で直接現金を受け取る役) のリーダー。

毒川馨 和田正人

振り込め詐欺店舗の店長。

草野幸子 西田尚美

誠実の母親。息子の窮地を見かねて、思わぬ決断をする。

東条 杉本哲太

誠実たちが働く詐欺グループに資金を提供する、詐欺ビジネスを牛耳る金主。

神部逸 大谷亮平

誠実たちが働く詐欺店舗の番頭。

Sponserd Link

あらすじ

2008年、名門私立大学卒業後、大手企業に就職し、順風満帆な勝ち組人生を歩んでいた草野誠実(杉野遥亮)。 しかし、リーマンショックにより、入社わずか半年で新卒切りに遭う。 時を同じくして、父親が病に倒れ、父親の命を救うには保険の効かない高額な治療を受けなければいけないという事態に。
さらには、再就職先が見つからず、銀行には教育ローンの返済を催促される始末。 理不尽な社会に絶望し、追い詰められた誠実は1日で数十万円稼げるという怪しげなバイトをすることに。 それは、オレオレ詐欺でターゲットとなった老人が振り込んだお金をATMから引き出す“ダシ子”という仕事だった。
そして、その仕事で気概を認められた誠実は、直接、老人に振り込め詐欺の電話をかける“かけ子”という仕事を強要されることになる。 地獄の研修、個性的な仲間たちとの出会い、初めての成功、リーダーへの抜擢 草野は詐欺稼業での躍進に葛藤しながら、いち早くお金を稼ぎ、裏社会から抜け出そうとするが… はからずも、詐欺師として裏社会でのし上がっていってしまう彼に訪れる結末とは!?

原作やスタッフ

ドラマ【スカム】の原案は「最貧困女子」や「脳が壊れた」などで知られるルポラーターの鈴木大介の「老人喰い」

「老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体 (ちくま新書) 」をアマゾンでチェック!

監督には「全員死刑」「GIVER 復讐の贈与者」の小林勇貴

脚本には「東京ヴァンパイアホテル」や「GIVER 復讐の贈与者」の継田淳が参加しています。

話題、見どころ

アマゾンのレビューを見ると、

〜以下こちらから引用〜

犯罪をした連中は社会が生んだ被害者なんだ。長年苦労してコツコツ貯金貯めた老人は悪者なんだ。でも今の子たちって親が貧乏で携帯電話、ゲーム機持て無かったりすると格差社会って騒ぐんだよね。ゲーム出来ないからその分勉強する時間ができるって考えないんだよね。

〜引用終わり〜

といったようなコメントを見ることができます。

今の世界はどこまでも「被害者意識」が蔓延してしまったと思います。

被害者意識が人間にどんな行動を起こさせるのかというと、何も考えないことです。

格差社会の底辺だと言われてそれを真に受けて被害者となる、さらに、とにかく自分ではどうしようもできないという思いに支配されると、人は自主性を失ってしまいます。

「詐欺の子」などでも描かれていましたが、詐欺に加担する子供の多くは親に何かしらの問題があることが多いようです。

そして家計が苦しくなって悪に手を染めるということは、世界中で共通の転落ストーリーです。

しかしいつまでもそんな悪循環を繰り返していてはいけない、なんとか少しでも改善していくという思いがなければ行動を起こすことすらできないでしょう。

もう一つのアマゾンレビューによると、これらの特殊詐欺や、アマゾンなりすまし、ワンクリック詐欺などを行うのが「中国人」で「住吉会」「山口組」ということも書かれています。

それはおそらく確かなことかもしれませんが、それでもなお健全に生きる方法がないわけではありません。

それを命がけで探せば必ず見つけられるように、この世の中はできています。

このように悪循環から抜け出すには世の中の常識に一切縛られることなく、インターネットの情報を有益に利用していくことしかないとも思います。

これからくる本格的な情報化社会では、何よりも知的生産が評価されると言われています。

トヨタ自動車の社長が「終身雇用の限界」を認める発言をしたことが、今までの常識が通用しなくなっていることを見事に表しています。

大企業に就職すれば一生安泰という社会ではなくなった日本は、能力が何よりも大切な評価基準になることでしょう。

そんなことをこのドラマでも描いて欲しいと思います。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【スカム】のオープニング主題歌にそらると結成したAfter the Rainとしても活動するまふまふ「ジグソーパズル」が起用されました。

「ジグソーパズル」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

エンディングテーマに楽器を持たないパンクバンドとして知られるBiSHの「DiSTANCE」が起用されました。

「DiSTANCE」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

「ドラマ【スカム】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】MBS/TBS系列「ドラマイズム」
【初回放送・曜日】
TBS|2019年7月2日 火曜日 25:28~25:58(30)
MBS|2019年6月30日 日曜日 24:50~25:20(30) *初回は6月30日(日)深夜1:50~
【前ドラマ】「都立水商!~令和~

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)