【感想】信之助の父親=八雲さんに一票!小雪の落語がみたい!アニメ「昭和元禄落語心中」二期第十一二(最終)話あらすじ【ネタバレ】

いよいよスタートした、昭和元禄落語心中の第二期「助六再び篇」

原作ではすでに最終巻まで終え「助六再び篇」で完結となる予定です。

第二期第十話あらすじと感想をつらつらと綴っていきます。

最終話の話は第十話からおよそ16年後という設定の話。それぞれ変わらないものも変わるものもある仲。再び八雲馬鹿と仲間たちが「雨竹亭」に集まりました。

原作の該当エピソードは→コミック「昭和元禄落語心中」第十巻

スポンサーリンク

16年という月日で変わらないものと変わるもの。アニメ「昭和元禄落語心中」第二期第十二話あらすじ

話しが長いからと喫茶店を抜けて翌日演じるのネタ「初天神」をさらっている成人した信之助。そこに、高校生の入学式だったという小雪がやってきて、制服姿を褒められた代わりに、小夏が怒っていたことを伝える。

二人が喫茶店に行くと、信之助は小夏に「何今更さらってんだい!」と啖呵を切られる。「和を壊したくない」そう思っていた小夏も、与太郎や樋口先生などの後押しがあり、女流落語家として活躍する。

小夏は八代目八雲の落語は難しくて何言ってるかわからないといい、聞いてる方が楽しいという。

17回忌

樋口先生は「イケメンで助六の孫で異例の十人抜き」を信之助には新作へ挑戦してほしいと伝えるが、信之助は新作は真打ちになってからだと断り、小雪とともに喫茶店をあとにする。

樋口先生は17回忌の年に、進めていたDVD八雲全集や評伝も佳境に入り、この総仕上げの時期に信之助の「本当の父親」について教えてほしいという。

佇まいが似ていることや法的な問題そして、自分と小夏が腹違いの親子かもしれないと小夏の抱えるものを引き出そうとするが、小夏にうまく逃げられる。

「・・・私が信之助を産んだのは助六のため、そして八雲のためです。あの人に落語をやり続けて良かったと思ってもらうため。それは間違いないわ。そして、私は後悔なんて一つもありません。若い頃はね、八雲師に対してはいろいろな感情が捻くれてました。憎しみも執着も、嫉妬も羨望も。若い私には抱えきれないほどたくさんね。けどそれって簡単にまとめたら恋って感情だったんじゃない?そんな気持ち遠の昔にドブに捨ててやったけどね。苦しくて辛くて若いってメンドウね。一生戻りたくないわ。あっやだ喋りすぎね。この先はもう言わないわ。今はお父さんていう大事な相棒がいますから。」

仲がいい二人に水を差すことなんてできないという小夏に樋口先生はたしかに当人次第だと納得する。

「九代目有楽亭八雲襲名披露お練り」兼「新生 雨竹亭」こけら落としの日。

萬月師匠は「あんなのは八雲じゃない」とご立腹気味・・・そこへ95歳になったという松田さんが見に来る。

「・・・95歳になっちまいました。こんな嬉しい日はありません。みんなみ〜んな、師匠が繋いでくれたおかげだ。八雲師匠またこんな日に立ち会わせてくれて、ありがとうございます。」

しん*が緊張を抱えながら楽屋でネタをさらっているところに、与太郎が様子を見に行く。弱気になる信之助に高座にあがったらお辞儀してみんなの顔を見回してみろと助言する。迷ったら何よりもお客様を第一に考えろ。自分も批判もあるかもしれないが、助六が八雲を継ぐそれが何よりの供養だという。そして、いつの間にか持っていたという「助六扇子」を信之助に譲り渡す。

「新生 雨竹亭」こけら落としが幕開け。

口上で助六は、上方落語との融合、小夏の有楽亭小助六の襲名による女流落語家の誕生など、これからも垣根なくゼロからスタートすると話す。

その後信之助は開口一番として高座で「初天神」をかける。


「・・・まんまと飴玉かわされちまったよ〜ほれ!口開けてみろ。あ〜ん・・・ウメェか?

(もぐもぐ)ん〜美味しい!・・・・(バンッ!)うえ〜ん!

おいっこら!叩かれたくれぇで泣くんじゃねぇよ。

いきなり叩くから、飴玉おっこたよ!

なに?どこへ落としたぃ!

お腹ん中へ落っこったいっ!」


八雲は自分の名前に「当分こなれないなぁ」と笑いを取り、「新生 雨竹亭」が先代の雨竹亭と同じ作りであることと、流行り廃りがあっても変わらないものもあるというマクラから「死神」を演じる。


「・・・あたしゃ死神だよ。。あたしがいい事教えてやろうか・・・しょうのねぇ野郎だ、この燃えさしに蝋燭の火移してみろ。しくじったらそのまま、死ぬ。いいな。

蝋燭の火を上手に・・・・

ひっひっひっひっ、震えてるなぁ、震えると消えちまう、けぇたら死んじまうなぁ。

よしてくれぇよ!黙ってろい!

ほ〜らぁ、けぇるよ、けぇるよぉぉ。けぇぇ・・・!はっ!

すると与太郎の目の前には死んだ八雲(菊比古)の姿が。

「お前にも見えるようになっちまったのかぇ。哀れだねぇ。けぇる、けぇるよ。ほ〜らけぇたぁぁぁ。へっへっへっ・・・」

(倒れていたが突如起き上がって)

「・・なんだぁ。夢かぁ・」


こけら落としの夜、与太郎たちは花見を楽しむ。その席で、松田さんから過去のことを聞く与太郎と樋口先生。

松田さんは14歳のとき、落語家を目指して有楽亭の門をたたき、自身の性格から落語家を諦め、そのときに七代目八雲から付き人として雇われたという。


「・・・(菊比古と初太郎は)お優しいからか気は合ってらしてねぇ。どんどん出世なさるのを横で見ていて、胸がすく思いでした。あたしができなかったことをみ〜んな叶えてくださるんですからぁ。まさかお二人とも見送ることになるとは・・・少し長生きをしすぎましたな・・・みんなお優しいからあんなことになっちまった・・・けど長生きしたかいがありまいした。まさか、こんな光景がみられるなんて・・・」


樋口先生と与太郎は松田さんと別れ、これまでの落語について話す・・・


「・・・師匠は気まぐれにあなたという未練を残した。たった一人で滅ぼせるなら、たった一人でも復活しうる・・・」

「ふ〜ん。・・・先生ず〜っとそんなこと考えてたのかい。頭がいいってのはてぇへんだねどうも。オイラ落語がなくなるなんざ、いっぺんも考えたことは、ねぇんだ。だってよ。

こんないいもんがなくなるわけねぇべ!」

(八雲、二代目助六、与太郎が演じる、つるつる  浮世床   二番煎じ  明烏  居残り。)

【全話あらすじ】「昭和元禄落語心中」第二期「助六再び篇」に該当する原作

スポンサードリンク

小夏の優しさと八雲の優しさ。優しさでできたアニメ。「昭和元禄落語心中」二期第十二話感想

最終話は16年後の物語ということになりました。第十話で小夏の妊娠がわかってから時はたち、小夏は高校生、信之助は落語家として二つ目に昇進。

与太郎はついに「八雲」の名跡を継ぎ、九代目有楽亭八雲として、生まれ変わった新生「雨竹亭」のこけら落としと同時に襲名しました。

ついに終わってしまいましたが、これまでのストーリーはすべて小夏の思いがなかったら成り立たなかったのかなとここまで来て感じました。

跳ねっ返りだけど、本当に素敵な女性だなと心底思いました。ずっと何かを隠しながらも強がっていた部分が強かったので、八雲への正直な気持ちと言うか、優しさをはっきりと見れたのは縁側で八雲に弟子入りをお願いしたところのみだったと思っていました。

いつも八雲に反抗してるだけの跳ねっ返りだと思っていましたが、実は八雲に落語をやっててよかったと思ってほしかったという思い。

そして、これは何度か発言してましたが、助六の血を絶やしたくないという気持ち。

この気持が小夏に芽生えたのがいつなのかはわかりませんが、そういう気持ちになったということは、もしかしたら、岡山の真実を知っていたからなのかもしれませんね・・・

信之助が誰の子供かはあの顔立ちを見たときから私の中では誰の子供可は決まっていました。親分さんの若い時の顔立ちがどんなものかわかりませんが、あの顔立ちはどう考えても・・・な。

だと考えると、小夏はきっと、岡山の亀屋旅館での出来事を女将さん(お栄)さんか、親分さんから聞い、養父である菊比古に心中しようなんて思ってほしくないと考えたのではないか。

菊比古は直接的に手を下したわけではないから。手を下してたら絶対に許さなかった!ということで。

兎にも角にも、ほとんど毎放送ごとに泣いていたようなアニメでしたが、何が起きても生きつづけるということをこれほどまでに深淵にし、落語というツールによってより奥行きを出して更に色気とか粋とか、人間が持っている闇の部分と光の部分を美しく描いた作品に出会えたことは本当にありがたいことです。

「小雪が助六襲名」という続編を期待して、製作者の方々に感謝を伝えられればと思います。

「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」のDVDとブルーレイの発売が決定!

アマゾンでは限定のポスター付きの販売もあります。購入はこちらからもどうぞ。

【Amazon.co.jp限定】昭和元禄落語心中 -助六再び篇- Blu-ray BOX【期間限定版】(オリジナルB2布ポスター付)

【Amazon.co.jp限定】昭和元禄落語心中 -助六再び篇- DVD BOX【期間限定版】(オリジナルB2布ポスター付)

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- Blu-ray BOX(期間限定版)

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- DVD BOX(期間限定版)

アニメ「昭和元禄落語心中」を見たあとは、落語を見に行こう!

東京都内の四大寄席

その他の演芸場は「東京まるごと案内」をチェック!

大阪の寄席情報&全国

上方落語が見られる場所は「上方落語を観るならココ」をチェック!

上方でも見られる、江戸落語は「吉田食堂」をチェック!

全国の落語公演情報は「吉田大学堂」をチェック!

その他の「昭和元禄落語心中」の記事はこちら

今際の死神の意味は?アニメ「昭和元禄落語心中」二期第一話あらすじと感想【ネタバレ】

有楽亭一門が美しすぎる!まんが「昭和元禄落語心中」5巻〜10巻のあらすじまとめ【ネタバレ】アニメ第二期「助六再び篇」分

アニメ「昭和元禄落語心中」 第一、二期の主題歌サントラ情報まとめ!澁谷夏奈さんがすごい!

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。