ドラマ【ペンション 恋は桃色】ネタバレキャストあらすじ主題歌 細野晴臣のおじいちゃん役必見

フジテレビの深夜枠で放送される今作は、映画「MANRIKI」でスタッフや俳優が集結する話題作。

細野晴臣の楽曲「恋は桃色」がフィーチャーされ、劇中音楽にも細野晴臣が参加し、ファン必見のドラマです。

ここでは、ドラマ【ペンション・恋は桃色】のストーリーやキャストについてネタバレでご紹介しています。

登場人物 キャスト

シロウ リリー・フランキー

ちょっと寂れたペンション「恋は桃色」を営む、テキトー中年男。ハル(伊藤沙莉)の父親。キヨシ(細野晴臣)の息子。妻には娘が小さい時に家から出て行かれた。インスタではヨガの先生がお気に入り。

ヨシオ 斎藤工

シロウ(リリー・フランキー)の元にひょんなことから居着くようになったワケあり青年。職場ですぐ揉める癖がある。酒と女ばかり話す人たちを見下している。朝食に生姜焼きを食べるのは重いと感じる。留守にするハルの代わりに作った「青椒肉絲」は、ピーマンの割合が多く火の通りが弱いのでピーマンが硬い。映画「カメラを止めるな」で低予算でもヒット映画が撮れるという風潮になり苦労している映画人も多い、と話す。

ハル 伊藤沙莉

シロウの娘。足が不自由で引きずっている。しっかり者。「女性は男性の三歩後ろを歩く」ということに対して、「男が六歩先歩けよ!」と突っ込む。

キヨシ 細野晴臣

シロウ(リリー・フランキー)の父。ハル(伊藤沙莉)の祖父。施設に入っている。施設職員に止められているタバコを、息子と外に出たときに吸っている。

その他の登場人物 キャスト

カズハ 筧美和子|マサトの彼女。浮気の常習者で自分が悪いことを責められるのが嫌で彼氏の元から逃げてきた。これまでに10回くらいは浮気をしている。
マサト SWAY(野替愁平)|カズハの彼氏。下の歯は金歯。浮気をやめないカズハに自分の気持ちをわからせるために女友達と浮気していると見せかけた。カズハと結婚することを考えていた。カズハの浮気現場を写真に納めている。
マキ 三倉茉奈|キヨシ(細野晴臣)が入居する施設の職員
モリオ つぶやきシロー|キヨシ(細野晴臣)が入居する施設の職員
男性客 大水洋介(ラバーガール)|ペンション「恋は桃色」の宿泊客。基本的に一人でいることが多い。生姜焼きは冷めてからでも美味しい。
友人 JOY|ヨシオの友人
友人 石田たくみ(カミナリ)|ヨシオの友人。映画では、作品の最初と最後に意味深に登場する「キーマン」をやってみたい。
友人 安藤ニコ| ヨシオの友人。姉がコソボやラトビアで暮らしていて、NASAのスパイやCIAの諜報員ではないかと言われている。映画ではパンチパーマのヤクザ をやってみたい。
白石和彌 白石和彌 (友情出演)|映画監督。ヨシオと道で知り合い、ヨシオの友人たちとの飲みに同席する。
インド人男性(サランシェ・M)|ペンション「恋は桃色」の宿泊客。「あり得ない」とヒンドゥー語で表現するのは難しい。

ネタバレ あらすじ

東京の外れの外れ。ペンション【恋は桃色】では、シロウ(リリー・フランキー)が女性客をいじって楽しんでいた。外でバイト先の先輩らと口論になっていたヨシオ(斎藤工)に“暇ならうちで働け”と声をかけ、ヨシオは住み込み生活をスタートさせる。シロウの娘・ハル(伊藤沙莉)は、足が不自由ながらもペンションの仕事をてきぱきとこなし、新規の客を増やそうとしない父にイライラ…。

シロウは妻に逃げられた過去を持ち、施設にいるシロウの父・キヨシ(細野晴臣)はシロウの今後を思案している。ヨシオが加わり働き手が増えたペンション【恋は桃色】は、相変わらず、新規の客はあまり増えないのだが、人々の関わりに変化が。イケメンなのに、人付き合いが苦手で周りから煙たがられているヨシオは、最初、シロウのプライベートに関わりたくなかったが、次第に巻き込まれていく。

ある日、若い女性が「シロウと付き合いたい」と言い出し、シロウも「若いし、胸は大きいし」とまんざらでもない様子。彼女の登場がきっかけで、ペンションの中はてんやわんやに…。(ここまでペンション・恋は桃色 – フジテレビより)

「酒と女」ばかりを話題にする上司と先輩に反発し仕事をクビになり、ペンション「恋は桃色」で住み込みで働くことになったヨシオは、友人たちとの飲みの席で新しい職場が気に入っていると話すが、友人たちは様々なことを熱く語るヨシオの言っていることがよくわからないと意見が一致していた。
「同棲していた彼氏に浮気された」という女性カズハ(筧美和子)は、カズハを連れ戻しにきたカズハの彼氏マサト(SWAY)を追い返す。カズハとの結婚を真剣に考えていたマサトは、カズハの「私はシロウと結婚して子供を作って同じ墓に入る!」という言葉にショックを受け、道に飛び出したところを車に轢かれてしまう。
ショックを受けるカズハを慰めるシロウだったが、シロウは自分のことを棚上げしているやなヤツだと思われていた。
いつものように施設にいる父に会いに行ったシロウ。その日、ヨシオがペンションの夕食を作るが、ハルはお客さんのことを考えず料理をしたヨシオを責めるが、反対にヨシオに言い返される。
その夜、カズハとマサトがペンションにやってくる。マサトは、カズハが浮気の常習犯で、カズハに浮気をやめさせるために女友達に協力してもらい、カズハにドッキリを仕掛けたのだという。カズハは話を盛ってマサトが悪いと周囲に触れ回っていが、実はカズハが嘘をついて逃げていただけだった。自分が悪いと責められたカズハはいつものように泣き出し、厨房に逃げ込んでいくが、出てきたカズハは手に中華包丁を持ちマサトに襲いかかる。(2)

原作やスタッフ

企画|橋爪駿輝「平成物語」「楽しかったよね」
チーフプロデューサー|小林有衣子 「東京タワー」「blank13」
プロデューサー|野村梓二「MANRIKI」「蒼蒼たり」
脚本&演出|清水康彦「MANRIKI」「花井さちこの華麗な生涯」
撮影|川上智之「TORIENA 『MELANCOZMO』MV」「米津玄師『馬と鹿』MV」
照明|佐伯琢磨
演出|大内田龍馬「MANRIKI」

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

主題歌|「恋は桃色」細野晴臣
「恋は桃色」をアマゾンでチェック!

今作の主題歌の原曲となる「恋は桃色」は、作詞・作曲・編曲を細野晴臣が担当し、歌詞中の「川沿いの道」は狭山市中心部を流れる入間川とその周辺の景色からイメージされた楽曲で、アルバム「HOSONO HOUSE」に収録されている。

今作の主題歌は、細野晴臣のデビュー50周年を機に、自身のファーストソロアルバム「HOSONO HOUSE」をセルフカバーをした〝HOCHONO HOUSE〟から起用された。

音楽(劇中音楽)|細野晴臣「ただいま」「風の谷のナウシカ」、香田悠真 ピアニスト。ユニット”UYK”のメンバー。

放送情報

【放送局・配信】フジテレビ「フジテレビからの!」
【初回放送・曜日】2020年1月16日 毎週木曜日 25:25~26:05 全5話連続
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元はペンション・恋は桃色 – フジテレビ