ドラマ【パラレル東京】キャストあらすじ 首都直下地震が起きたら…を小芝風花主演でリアルに描くNHK特集番組内ドラマ

Sponserd Link

2019年12月に放送の特集ドラマ【パラレル東京 DAY1~DAY4】。

映画「魔女の宅急便」や「トクサツガガガ」「べしゃり暮らし」などで知られる若手女優・小芝風花を主演に迎え、確実に起こると言われる、東京都心部での大地震が実際に起きた際のことをリアルに描く今作。

ここでは、ドラマ【パラレル東京 DAY1~DAY4】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

倉石美香 小芝風花

NNJテレビの新米キャスター。普段はスポーツコーナーを担当。大学生の妹・有紀(松尾悠花)がいる。

江口繁之 高橋克典

夜のニュース番組の編集長。どのニュースを取り上げるのか、何を取材するのかを最終判断する。

山田春彦 伊藤淳史

デスク。キャスターの隣に座り、ニュース原稿の束を整理して正確に手渡す重要なポジション。

大森忠夫 小市慢太郎

副編集長。編集長の江口(高橋克典)をサポートし、記者グループやネットウォッチ班を指揮する。

斎藤光一 町田啓太

記者。美香(小芝風花)と同期の熱血記者。地震発生時は別の取材で杉並区にいた。

大塚ミサオ 勝矢

番組メイク。つねに美香(小芝風花)のそばで寄り添う心優しき存在。スタッフからもしたわれている。

田所陽平 篠原悠伸

ネットウォッチ。NNJネットウォッチ班のリーダー。SNSをリアルタイム検索し、ニュースになりそうな情報を見つけ出す。

佐久間徹 松尾貴志

官房長官

松下恒三 麿赤兒

総理大臣

真木英輔 村田雄浩

元ハイパーレスキュー隊長

種田くるみ 濱田マリ

NNJテレビの総務部社員。災害時には、社員や来客者のための、食事と寝具の手配を引き受ける。

高取恵 室井滋

シニア・マネージャー。NNJテレビの幹部。江口(高橋克典)の上司で、報道ニュースセンター全体を指揮する。

島村由紀 吉田美佳子

高校生。地震で渋谷の倒壊ビルに閉じ込められてしまう。

倉石有紀 松尾悠花

美香(小芝風花)の妹。大学生。渋谷に買い物に出かけていたが地震のあと連絡が途絶える。

池上瑤子 藤原紀香

メインキャスター。NNJテレビの看板キャスター。美香(小芝風花)の尊敬する先輩。地震時は取材に出かけていた。

Sponserd Link

あらすじ

アナウンサーの倉石美香(小芝風花)は入局4年目。夜10時放送の「ナイトニュース」のスポーツコーナーを担当するサブキャスターだ。2019年12月2日午後4時4分、東京23区を震源とするマグニチュード7.3の大地震が発生。メインキャスターが地震に巻き込まれ行方不明となったため、美香はニュースの編集長である江口繁之(高橋克典)に自分が伝えたいと志願する。同時多発火災、ビル倒壊、大停電、広域での通信ダウン…。

大混乱のニュースセンターで、未曽有の被害を伝え続ける中、中継に出た同僚が火災に巻き込まれ、自分の妹との連絡も途絶えてしまう。

首都東京は、日本は、一体どうなってしまうのか…。

12月2日(月)午後7時30分 ドキュメンタリー&ドラマ パラレル東京 DAY1

シリーズの「DAY1」から「DAY4」の4本は、私たちが暮らす東京とは別の架空の東京=“パラレル東京”でM7.3の首都直下地震が発生した様子を、VFXを駆使して描くドラマ「パラレル東京」を軸に、ほぼリアルタイムで進行していく。
“発災”時刻は12月2日午後4時4分。震源は都心南部…。被害の実態をドラマで紹介しつつ、さらになぜこうした被害が発生するのか、その背景の詳細や構造的な問題を生放送のスタジオでゲストとともに考えていく。

DAY1ドラマ あらすじ

NNJテレビのアナウンサー・倉石美香(26)は入局4 年目。夜のニュース番組のスポーツコーナーを担当するサブキャスターだ。2019 年12月2日 午後4時4分、東京を震源とするマグニチュード7.3の大地震が発生。メインキャスターが震災に巻き込まれたため、美香はニュース編集長の江口に「自分を使ってほしい」と志願する。大混乱のニュースセンターで、未曽有の被害を伝える美香。中継クルーが火災に巻き込まれ死亡、多数の被害映像に打ちのめされながら何とか初日の放送を終えるが、妹との連絡が途絶えてしまう――。

12月3日(火)午後10時00分 ドキュメンタリー&ドラマ パラレル東京 DAY 2

「DAY2」は発災から30時間あまりが経過した首都圏の姿…。一夜明けて被害状況が明らかになってきた首都・東京。猛威をふるい続ける同時多発火災はいまだおさまらない。そればかりか高さ200メートルにも及ぶ炎の竜巻“火災旋風”など様々な“未知の脅威”が襲いかかる。

DAY 2ドラマ あらすじ

一夜明けて、被害状況が明らかになってくる。火災旋風で根こそぎ吹き飛ばされた市街地。美香は、被害者が増え続けることに心を痛めながら、それ以上にデマが引き起こした事故で多数の死者が出たことに憤る。放送中、美香はビルに閉じ込められた女性と電話でやり取りをする。極限状況の女性に励ましの言葉をかけるうちに、強いシンパシーを感じ、いまだに行方が分からない妹の姿を重ねていく。ニュースセンターで働くスタッフたちも家族やパートナーを失っている。自分に何ができるのか?無力感を抱える美香。そこに、“広域通信ダウン”が一気に襲い掛かり、妹との連絡手段が絶たれてしまう。

12月4日(水)午後10時00分 ドキュメンタリー&ドラマ パラレル東京 DAY 3

「DAY3」は発災から50時間以上たった東京の姿。大規模火災はようやく鎮火に向かいはじめる。しかし各地で避難所が開設されるものの食料や水など物資の不足が目立ってきた。

DAY 3ドラマ あらすじ

3日目に入り、都市機能回復の兆しが見え始める。美香も、妹の行方を必死に探していた。発災から缶詰め状態で業務をこなしてきたスタッフの中にも体力と気力の限界を迎える者が続出。放送局で働くものもまた、傷ついた被災者の集まりなのだ。ビルに閉じ込められた女性の救出作業が始まる。生存の目安とされる72 時間まであと一日。固唾をのんで見守る美香。だが、そんな矢先、発災後最大となる余震が東京を襲う。大きく揺れるスタジオ――。

12月5日(木)午後10時00分 ドキュメンタリー&ドラマ パラレル東京 DAY 4

「DAY4」は発災から80時間余りが経過した首都・東京の姿。発災からの4日間を見てきたことで浮かび上がってくるのは、私たちが目の前の危機に対ししっかり備えられているかどうか、いま一度足元を確認する必要があるということだ。

DAY 4ドラマ あらすじ

昨日の最大余震で、回復しかけていた首都機能が再び失われた。各地で大規模な土砂崩れが発生し、被害が拡大する一方だ。さらに、東京東部の堤防が決壊しかけ、市街地に水が流れ込む恐れがあることが分かる。数万人を超える人たちが命の危険にさらされる。だが、その情報はネット上のもので、しっかり情報の裏が取れたものではない。美香たちは、命を救うために未確認の情報を放送するかどうか、一刻一秒を争う究極の選択を迫られる。

倉石美香(小芝風花)が勤めるテレビ局「NNJ(News Network Japan)」とは

NNJ(News Network Japan)は架空のテレビ局のニュースネットワーク。「Innovative and stylish」をブランドコンセプトとし、世界の主要メディアを目指し、日本・アジアのニュースを中心に国内外へ向けてワールドワイドに放送している。
フラッグシップニュースは「池上瑤子NIGHT NEWS」。メインキャスターの池上瑤子はその知性あふれる容姿とシャープな切り口で人気がありNNJの看板キャスターとなっている。

話題、見どころ

発災直後からの4日間を、リアルタイムで描くという特集番組内のドラマ【パラレル東京 DAY1~DAY4】。

マスコミが洗脳装置であること、そして、昨今の大きな地震が、人為的に起こされていることを前提としてこの番組を見ると、権力者の意図がはっきりと見えてきます。

人工地震が実在することは以下のリンクでご確認ください。

TALK RADIO 〈VOL.09〉 森友学園問題は人工地震の前触れである可能性大。

〈VOL.10〉 北海道地震と大阪地震は100%人工地震である。 (真犯人は麻生太郎・安倍晋三・東出融)

「大阪北部地震」は100%人工地震です。

テレビが洗脳装置であることは以下のリンクをご覧ください。

愚民政策とかやっていて私たちは、操られているって知ってた?

「オタクは異常」という風潮をマスコミが作り、警察と共にオタクによる異常事件をねつ造する。それが裏社会の計画です。

人生を駄目にしたくなければテレビは見るな。テレビに関わるな。

世の一般常識ではお酒やゲームや娯楽レジャーは、庶民の息抜きとして誰もが当たり前だと思っているものですが、これは人間に楽しさを感じさせるものであると同時に、支配者にとっては大衆を思い通りに動かすことができる装置でもあるのです。

〜以下こちらから引用〜

★アルコールに酔い痴れ、みずからを喪ったあの動物どもを見たまえ。

自由が彼らに泥酔を許したのだ。

もちろん我々ユダヤ民族はこんな状態に陥ってはならない。

非ユダヤ人は強い酒に浸って馬鹿になっている。

彼らの青年は古典の過度の研究で頭がボケており、さらに我々の手先――つまり金持ちに雇われた家庭教師、メイド、家政婦や、娯楽施設にいる女たちにより若いうちから悪徳に誘われる。

「社交界の貴婦人」も同類で、放蕩や贅沢の真似に忙しい。

〜引用終わり〜

このドラマの場合は「災害」です。

災害はもともと自然界に存在しているので、誰もが「起きたら仕方ない」と思うのが普通ですが、支配者はそこを逆手にとって国民から吸い上げたお金を思いのままに利用しているようです。

東日本大震災の後に、復興に関わる企業の役員などが、復興費を不正に手に入れて豪遊しているという話は広く知られていますし、京アニ火災も一部では「義援金詐欺」のようだとも言われています。

赤十字やユニセフのお金の動きのおかしさを指摘する声も多く出るようになりました。

大きな災害であればあるほど、当然大きな金額が動きますし、予防・準備するという名目で、まだ起きていないことに対してお金を確保することもできます。

戦争が起きるかもしれないから、防衛費をもっとかけなくてはいけないという自衛隊の論法と全く同じで、ただ恐怖を与えておけば、誰もそれに反論できな状況になります。

これはまるで「ヤクザは怖い」「だから彼らが悪をしていてもかかわらないでいよう」「目立たずに静かにしていよう」という雰囲気と同じです。

森友や加計学園の問題もつまりところ「権力者の親族間で話し合いをして国のお金を不正に受け取る」という問題ですが、ただ、法律に違反していないということで彼らは犯罪者にはなりません。

しかし、状況証拠という形で彼らが悪事を行なっていることは誰が見ても明らかな状況です。

【京都アニメーション放火事件殺人事件の真相】安倍晋三の加計学園に関する汚職収賄容疑の隠蔽のためだった!!

この作品の内容を間に受ける庶民は、これまで以上に東京は危険だから、それなりの対策をとってしかるべきだという空気が作られていくことでしょう。

それはつまり、税金率が10%以上に上がる可能性があるということでもあり、ますます大衆はお金を搾り取られ、貧困に喘ぐということにつながるのです。

このドラマ作品がそれほどに影響があるということなのです。

何でもかんでもよく調べもせずにわからないから「うそ」ではなく、少しずつおかしいと思うところから自分なりに調べていくということが、最も早く理解できる方法です。

以下のサイトでは、人工地震を理解する上で必要な記事の一覧がご覧いただけます。

人工地震説を検証する

放送情報

【放送局】NHK総合NHKスペシャル シリーズ「体感・首都直下地震」内で放送
【初回放送・曜日】
DAY1|2019年12月2日(月)19:00~
DAY2~DAY4|2019年12月3日~5日(火〜木) 22:00~
ドキュメンタリーのみ|2019年12月7日(土)&8日(日)

あらすじ・キャスト部分引用元はNHK

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)