佐久間由衣主演2019夏ドラマ【時空探偵 おゆう 大江戸科学捜査】ネタバレ。

Sponserd Link

2019年7月から放送のドラマ【時空探偵おゆう 大江戸科学捜査】。

主演に、朝ドラ「ひよっこ」で主人公の親友としてブレイクした佐久間由衣を迎え、宝島社が発行する「このミステリーがすごい!」での受賞作が映像化されます。

ここでは、ドラマ【時空探偵おゆう 大江戸科学捜査】のあらすじをネタバレでご紹介しています。

Sponserd Link

第1話

不動産会社のOL関口優佳(佐久間由衣)は、祖母・妙子(松本順子)の死の間際「家の秘密」として謎のカギを渡される。それは江戸時代へワープするための扉を開けるカギだった。何も知らされないまま江戸時代に来てしまった優佳は、優佳の祖母・おたえ(松本順子)から事情を聞いていた同心の鵜飼伝三郎(竹財輝之助)から「おゆう」と呼ばれ、殺人事件の犯人探しに協力するよう頼まれる。
薬屋の当主、藤屋久兵衛(吹越満)の跡取り息子が殺された事件で、ヤミ薬を売りさばいていた仲間とのいざこざが原因だったとの噂があった。おゆうは殺害現場を見て、他の場所で殺してから遺体を移動した痕跡に気づくが、伝三郎の上司は事件の真相よりもヤミ薬売買の証拠を見つければいいと聞く耳を持たず、殺された藤屋久之助と親しい仲だった伝三郎は疑いを持ったまま殺された久之助の汚名をそそぐためにも、事件の真相を明らかにしたいと思っていた。その後、現代に戻り上司・浅川健吾(手塚とおる)の理不尽な言いがかりに振り回される優華は、被害者の浮かばれない気持ちに気づき再び江戸時代に戻る。
こうして優佳は伝三郎の上司、浅川源吾衛門 (手塚とおる)に再捜査を訴え犯人を見つけてみせると豪語する。

[出典]Twitter kooss公式 編集室(run) @jfifdecoder · 6月26日より

第2話

不審な死を遂げた薬屋の跡取り久之助を殺害した犯人(下手人)を探すため、その父である藤屋久兵衛(吹越満)に、鵜飼伝三郎(竹財輝之助)とともに話を聞きに行く関口優佳/おゆう(佐久間由衣)。事件当日久之助は野暮用だと家を出たきり帰らぬ人となっていて、久兵衛は久之助が命に関わるようなことに手を出すはずがないという。そこでおゆうは久兵衛から、使い方によっては命を落とす危険があるアヘンが薬として闇で売り買いされているということを知る。
久兵衛が嘘をついているようには見えないため、闇薬の出所は別にあると考えるようになったおゆう。その後、伝三郎の仕事を手伝っている岡っ引きの源七(石毛元貴)と下っ引きの藤吉(池田純矢)に紹介され、四人で闇薬の出所と久之助の足取りを探ることになる。
事件の証拠品の一つである「血の付いた手ぬぐい」を伝三郎に持ってきてもらったおゆうは、二人きりになった時「べっぴんさん」と言われ舞い上がり喜ぶ。
その後現代に戻ったおゆうは、幼馴染の宇田川聡史(甲斐翔真)が働いている浅草の「マルチラボラトリーサービス」に血の付いた手ぬぐいを持ち込み、検査を依頼する。その後、武本真由美(水島麻理奈)と数日ぶりに再会し、好意を寄せる伝三郎のことを話す優佳に、真由美は「相手のことをしっかりと調べろ」とアドバイスする。そこでネットで検索をしていた優佳は、検索結果に出ていた「深川江戸資料館」へ向かう。そこで資料館スタッフ(佐藤二朗)から説明を受ける中で、移動式の蕎麦屋台”夜鳴きそば”が事件に関わっているのではないかと思いついた優佳は、再び江戸時代へ戻る。そこでおゆうは、手柄を立てたいという藤吉に「夜鳴きそば」の捜査を任せることにし家で待つこと。
その頃伝三郎と源七は、闇薬を買ったという娘から話をきき、その闇薬の包みが藤屋のものであることを突き止めていたが、伝三郎は「犯人が藤屋」であることに確信を持てずにいた。その頃、蕎麦屋のあとにして聞き込みをしていた駕籠屋で重要な証言を聞いた藤吉は、おゆうの元へ向かおうとするが、謎の男(土平ドンペイ)たちに囲まれ行く手を阻まれてしまう。

第2話 登場人物キャスト

資料館スタッフ(佐藤二朗)深川江戸資料館の案内スタッフ。優佳にヒントを与える。”二八蕎麦”の小麦粉とそば粉の割合がどっちかわからなくなる。
藤屋久次郎(福崎那由他)久之助の弟。藤屋久兵衛(吹越満)の次男。
お清(吉田恵芽)伝三郎と源七が聞き込みをしていた闇薬を奉公先の店で客から闇薬を買った娘。その薬は「藤屋」もので、その客は始めて見た人物だった。
お清の父(?)伝三郎と源七が聞き込みに来ていた日の朝方、病で亡くなる。
かご屋の店主(渡辺隆二郎)藤吉に重要な証言をする。
蕎麦屋(吉橋航也)

第3話

藤屋久兵衛(吹越満)に闇薬の包みに店のものが使われていたことを教え、引き続き捜査をする鵜飼伝三郎(竹財輝之助)と岡っ引きの源七(石毛元貴)。現代に戻っていた関口優佳/おゆう(佐久間由衣)は、宇田川聡史(甲斐翔真)に頼んでいた検査で、現場に残されたいた手ぬぐいに付着した血が鶏の血であることが判明する。
その頃江戸では、しばらく姿が見えなくなっていた藤吉(池田純矢)が遺体で発見され、これを自分の責任だと感じたおゆうは、必ず犯人を暴いて藤吉の無念を晴らそうと決意する。藤吉が死んだことで評判がガタ落ちだと上司の浅川源吾衛門 (手塚とおる)から責められる伝三郎。その後、藤吉が調べていた蕎麦屋、駕籠屋で聞き込みし、遺体が運ばれた痕跡に気づくおゆうたち。さらに鳥料理を扱う店で聞き込みをしたところ、遊び人の半次郎(鈴之助)が事件に近い日に鶏を買っていたことを突き止める。
現代に戻った時に用心して買っておゆうのミニスタンガンで半次郎を捕まえ、おゆうの巧みな話術で半次郎の裏に、裏の世界で名を知られる”隻眼の辰雄”がいることが判明する。その頃、辰雄のところにも、半次郎が捕まったと知らせが入っていた…。

第3話 登場人物キャスト

隻眼の辰雄(土平ドンペイ)事件を調べていた下っ引の藤吉を殺害。久之助を殺した後、鶏の血を撒いて遺体発見場所と殺害場所が一緒だと偽装するため、遊び人の半次郎に鶏を買わせる。
半次郎(鈴之助)相生町の長屋に住む遊び人。久之助殺害事件現場にあった血痕の血の元になる鶏を鳥料理「橘」から購入する。購入した時の様子はひどく慌てていた。
女将(どんぐり)鳥料理「橘」の女将。事件に近い日に半次郎に生きた鶏を売る。
蕎麦屋(吉橋航也)事件の夜に「柿渋色の半纏を着ていた駕籠屋を見た」と証言する。
かご屋の店主(渡辺隆二郎)横綱町の駕籠屋の店主。事件の日、店の前にあった籠、提灯、半纏を盗まれたが、朝になったら全て戻されていた、と証言する。

Sponserd Link

第4話

(随時更新予定)

第5話

(随時更新予定)

第6話

(随時更新予定)

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)