ドラマ【おっさんずラブ 2】キャストあらすじ 朝ドラ「なつぞら」から鈴鹿央士、戸次重幸が参戦 舞台は格安航空ピーチ!

Sponserd Link

2019年11月から放送のドラマ【おっさんずラブ-in the sky-】

「おっさんずラブ」の第二弾となる今作。

その舞台を航空業界に変え、シーズン1の好評を受けた映画化をはさみ、再び連続ドラマとして帰ってきました。

ここでは、ドラマ【おっさんずラブ-in the sky-】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

春田創一 田中圭

「天空ピーチエアライン」の客室乗務員。35歳にして突然リストラ、縁あって空の仕事に転職することになったピカピカの新人男性CA。なお独身、まったくモテない。 性格は、まっすぐで不器用で情に厚く、とにかく優しくて、ちょっぴりおバカ。 前職の経験から“仲間”に対する思いは人一倍強く、孤立している人は放っておけないお節介な一面も。グレートキャプテンである黒澤に、人として憧れ、自らもグレートCAを目指して奔走するも、おっちょこちょいでポンコツ気味、熱意が空回りしがち。

黒澤武蔵 吉田鋼太郎

「天空ピーチエアライン」で機長を務めるパイロット。“グレートキャプテン”と呼ばれるほど、操縦技術・人柄ともに秀でた人物で、新人CAから整備士まで、みんなを気遣う優しい心の持ち主。“チームの絆”を重んじるため、初日から遅刻してきた春田をフライトから外すなど、後輩への指導にも余念がない。いつも全力で仕事に励む春田とフライトを重ねるうち、少しずつ彼を認めるようになり、いつの間にかうっかり…恋をしてしまう!?

成瀬竜 千葉雄大

「天空ピーチエアライン」の副操縦士(コーパイ)。黒澤とペアを組むことが多く、操縦技術に長けた優秀な若手。ただし、性格に難あり。自分にも他人にも厳しく、言葉を選ばないため、対人トラブルを起こしがち。ドライな性格で、付き合いが悪く、プライベートを見せない。ゆえに春田のように、人の懐にずかずか入ってくるタイプが最も嫌い。なお、プライベートはかなりグダグダで、家事全般が苦手な上、偏食。なぜか毎食冷凍食品のグラタン。好きなものは古墳。春田と同じ寮に住んでいる。

四宮要 戸次重幸

「天空ピーチエアライン」の整備士。通称“シノ”さん。整備チームのリーダー的存在で、いつもツナギを着ており、熱血でストイック。ボルト1mmの緩みも許さない職人肌。しかしプライベートでは、仕事とは逆に細かいことは気にしないおおらかな性格で、誰にでも優しく、たまに天然。“男の料理”が得意で、丼物や麺物などをよく周りに振舞ってくれる。緋夏とは入社当初から仲が良く、兄貴分のような存在。恋愛相談にも乗る間柄。春田と同じ寮に住んでいる。

橘緋夏 佐津川愛美

「天空ピーチエアライン」で広報を務める社員。春田と同じ高校でバスケ部の後輩。 春田がリストラされて途方に暮れている時に運命的に再会し、CAを募集していた自分の勤務先を勧める。チャキチャキしたしっかり者。高校卒業以来の再会を経て、大人になったお互いに少しずつひかれていくが、春田が“キレイな女性CAたちにモテてしまうのではないか…”とちょっとヤキモキしている。

根古遥 MEGUMI

「天空ピーチエアライン」の客室乗務員。通称“ネコさん”。 歯に衣着せぬもの言いが多い、いわゆる毒舌で人間観察力も高い。春田に対しても容赦ないツッコミがさく裂する。が、決して陰口は言わず、文句があれば本人に直接伝える気持ちのよい性格。お客に対してもウソのない接客態度を貫いており、言葉はきつくても地元のご年配ユーザーに愛されている。

烏丸孫三郎 正名僕蔵

「天空ピーチエアライン」のディスパッチャー。 テンション高めに運航予定や天気の情報を伝えてくれる、おしゃべりガラス。ウワサ好きで、どこで仕入れてくるのかは謎だが社内情報に精通している。ちなみに独身。

有栖川民代 木﨑ゆりあ

「天空ピーチエアライン」の若手客室乗務員。通称“アリス”。 元ギャルだがCAのマンガを読み、鬼憧れて入社。しかしガサツなため、CAらしい優雅な動きが苦手で、よく十文字に怒られている。下の名前“民代”がコンプレックスで、名字から“アリス”と呼んでほしいと懇願しがち。

十文字美冴 片岡京子

「天空ピーチエアライン」の客室乗務員で、チーフパーサー。 おっとりした雰囲気だが、仕事に関しては相当なプライドをもっており、ホスピタリティマインドも高い。その反面、天然な一面もあり、もらっても困るお土産を買ってきては配ったり、突然メルヘンなお嬢様発言をしたかと思えば、昭和感満載のワードをぶち込んでくることも。反抗期の息子がいるらしい。

道端寛太 鈴鹿央士

「天空ピーチエアライン」の若手整備士。四宮の部下で、通称“ミッチー”。 社会人1年目で、リーダーの四宮を兄のように慕い、子犬のように懐いている。おろおろワタワタしながらも、整備の仕事に邁進している。

Sponserd Link

あらすじ

ある日、僕は機長に告白された――。 バカでまっすぐでお人よしで情にあつい、 独身ポンコツダメ男・春田創一は、35歳にして突然リストラ!? 途方に暮れていたところを、高校時代の後輩に救われ、空の仕事に転職。 ピカピカのアラフォー男性CAとして、女の園に放り込まれ、新生活がスタートする! そんなある日、憧れのグレートキャプテンこと機長・黒澤武蔵が空港の中心で絶叫。

「ぶっちゃけ…好きになっても、いいですかーーー!?」 さらには、不愛想な孤高の副操縦士・成瀬竜、そして職人肌の航空整備士・四宮要も巻き込んで、 ラブバトルは急展開!? 神様、こんなドロドロなモテ期、すいません。いりません…!泣 物語は、大地から空へ。 CAとなった“はるたん”が挑む、新しい空のお仕事ドラマ開幕。 “人を好きになる”とはどういうことなのか――? 2019年、令和最初の冬に、新しい恋の嵐が吹き荒れる!

原作やスタッフ

ドラマ【おっさんずラブ-in the sky-】の脚本には「おっさんずラブ」や「チア☆ダン」の徳尾浩司

演出には「おっさんずラブ」や「探偵が早すぎる」の瑠東東一郎、「昼のセント酒」や「おっさんずラブ」のYuki Saito、「おっさんずラブ」や「サイン -法医学者 柚木貴志の事件-」の山本大輔

エグゼクティブプロデューサーには「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」や「相棒 season 17」の桑田潔

ゼネラルプロデューサーには「べしゃり暮らし」や「刑事7人」の三輪祐見子

プロデューサーには「私のおじさん〜WATAOJI〜」や「劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜」の貴島彩理
「おっさんずラブ」や「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の神馬由季
「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」や「僕とシッポと神楽坂」の松野 鶴子

制作協力には「黒革の手帖」や「僕とシッポと神楽坂」のアズバーズが参加しています。

話題、見どころ

2018年4月期に放送され、映画化までされた「おっさんずラブ」シリーズ。

2016年にヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でも、さまざまな愛の形が描かれていましたが、正直なところ、ドラマで描かれている愛の形に共感する人はどれだけいるのでしょうか。

ドラマを見ている人が共感したとしても、日本全体が共感したわけではないのに、テレビやマスコミ、ネットニュースは宣伝することで、あらゆる誤解が生じてします。

シーズン1のアマゾンのレビューでは高評価が圧倒的ですが、その反面、その内容の不可解さを疑問視する声も多数上がっています。

「腐女子が地上波で男性同士の同性愛を取り上げた」というだけで騒いでいるだけでは?という意見もありますが、これがマスコミという幻想を剥いだ時に見える事実なのだと思います。

一部の人が騒いでいることを、さも、大ヒットしていると言っているだけなのかもしれません。

テレビや映画や漫画、マスコミなどは、基本的には権力者が広めたい情報を大衆に刷り込ませることが目的で、昨今何かと話題になる同性愛にも、明確な支配者の魂胆が見えてくるものです。

同性愛などのことをLGBTと言われますが、これらは精神医学などにも密接に関係するもので、人間がなぜ今のような暮らしをしているのかという当たり前の価値をわからないようにしてしまいます。

物事の本来の価値観がわからなくなるということが、LGBTを広めようとしている人の魂胆であることが見えてきます。

ローマ帝国が破滅したのは、モラルの頽廃が原因だったと言われています。世の中でLGBTの価値観が常識になるということはつまり、男女の性が分けられていることの価値がわからなくなってしまうということです。

〜以下こちらから引用〜

昔ポルノと呼ばれていた「恥ずかしい」映像・絵画・小説が、今は堂々とお茶の間に入ってきています。その「恥ずかしさ」を人々はなんとかごまかしつつ、時代の進歩だと言い訳して楽しんでいます。その結果、国家の性は乱れに乱れ、今では同性愛者なるものが次から次へと生まれているというのが現状です。メディアもまた同性愛者たちを次々と登場させ、本来ならマイノリティーであるはずのものをマジョリティの位置にまで押し上げようとしています。

日本の国家全体のモラルを低下させ、生産性を低下させようと企む人々が背後にいるということです。初代ロスチャイルドが提唱した25項目の「世界革命行動計画」の一部を引用します。

〈引用〉

8、酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を代理人を通じて組織的に利用することで、 諸国家の若者の道徳心を低下させなければならない。 賄賂もペテンも裏切り行為も、それが我々の目的達成に役立つのであれば、続けられなければならない。

9、そうすることで服従と主権を確保できるなら、何がなんでも躊躇うことなく財産を奪い取る権利が自分達にはある。平和的征服の道を進む我々の国家は、盲従を生じさせる「恐怖」を維持するための目的に適う方策で置き換える権利を有する。

10、我々は「自由・平等・博愛」という言葉を大衆に教え込んだ最初の民族である。 今日に至るまで、この言葉は愚かな人々によって繰り返されてきた。 ゴイムは、賢者であると自称する者さえ、難解さゆえにこの言葉を理解できず、 その言葉の意味とその相互関係の対立に気づくことさえない。 これは我々の旗を掲げる軍隊を我々の指示と統制のもとに置く言葉である。 「自由・平等・博愛」のための場など自然界に存在しない。 ゴイムの自然発生的で世襲的な貴族社会の廃墟の上に、我々は金による貴族社会をつくりあげた。 それは我々の拠りどころ、すなわち富を参加資格とする貴族社会である。

〈引用おわり〉

〜引用終わり〜

ローマ帝国にあった別荘地では、現代社会と同じように、ほんの一人握りの権力者に莫大な富が集中し、権力者はどんどん豪華な暮らしをして、浪費に浪費を重ねていたと言われます。

お金がないのも大変ですが、お金を使わなければいけないということも、相当な労力が必要です。全ての娯楽がそうであるように、お金をかければかけるほどすごいものになる反面、現場は悲惨なことになるものです。

人間はそれぞれの個性を生かすために生まれてきたにも関わらず、人生を無目的に、いい思いをすることだけを求めて無意味に生きるようになるのです。

そのきっかけがLGBTなど、モラルをごちゃごちゃにするような思想の運動なのです。

「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。

あまりにも感情的な部分しか取り上げられないようなドラマばかりが増えてしまい、日本のドラマ界が良くなる兆しはいまだ見えないと言ったところでしょうか。

ただ、広瀬すずがスカウトした新人俳優としても話題の鈴鹿央士の演技には期待したいところです。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【おっさんずラブ-in the sky-】の劇伴音楽に「おっさんずラブ」や「大恋愛〜僕を忘れる君と」を手がけてきた河野伸が起用されました。

「ドラマ【おっさんずラブ-in the sky-】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

「ドラマシーズン1【おっさんずラブ】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!

「【メーカー特典あり】 「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」オリジナル・サウンドトラック」をアマゾンでチェック!

放送情報

【放送局】テレビ朝日系列「土曜ナイトドラマ」
【初回放送・曜日】2019年11月2日 毎週土曜日 23:15~24:05(50)
【前ドラマ】「べしゃり暮らし

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)