ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子ロケ地やキャスト!原作者は〇〇経営者

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

波瑠主演のドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」

の気になるロケ地をまとめていきます。

内藤了の第21回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」をベースにした連続ドラマ。

シリーズの続編である「CUT」「AID」「LEAK」、更にドラマオリジナルのストーリーを加えて展開する。

驚異的な記憶力と、猟奇殺人犯への探求心という危うさを併せ持つヒロインが、数々の難事件に挑む姿を描く。

出典:「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」公式サイト

ということで、そんな

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」

のロケ地はどこなのか御覧いただこうと思います。

スポンサーリンク

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」ストーリー&キャスト

ストーリー

警視庁刑事部捜査第一課に配属された藤堂比奈子(波瑠)は、事件の情報をイラストに描きとめれば決して忘れないという特技を持つ新人刑事。

その驚異的な記憶力を買われた比奈子がある変死体発見現場に向かうと

そこには、かつて起きた未解決殺人事件の容疑者だった男の変わり果てた姿があった。

現場の状況から男は自殺したと推測されるが

それは到底自ら行ったとは考えられないほど凄惨な死に方で

しかも男が容疑をかけられていた殺人事件と同じ方法だった。

出典:「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」公式サイト

キャスト

波瑠 藤堂比奈子 役

母親の形見である七味缶をお守りとして常に持ち歩き、何にでもその七味を振りかけるため、周りから変わり者扱いされている。

明るく真面目な性格だが、強過ぎる探求心から時に単独で殺人犯に接近しようとする危険な一面も。

イラストに描きとめれば決して忘れないという、驚異的な記憶力を持つ、警視庁刑事部捜査第一課の新人刑事を波瑠

嵐の大野智と波瑠が共演して話題だったドラマといえば・・・

セカムズ第6話で超話題!いさなみすやおと、いさなみしほの謝罪会見

横山裕 東海林泰久 役

書類仕事は全て後輩に押し付ける。

殺人事件が発生すると捜査割を無視して単独で行動し、犯人を検挙したり有力情報を手に入れたりする。

始末書を書かされることが度々あるが、本人は一切気にしていない、比奈子の優秀な先輩刑事を横山裕

要潤 倉島敬一郎 役

「バイクが恋人」と公言するほどのバイク好き。

比奈子に対して淡い恋心を抱き、何かと気に掛ける、先輩刑事を要潤

林遣都 中島保 役

捜査中の比奈子と出会い、犯罪者心理に関するアドバイスを行うことで捜査に協力する。

ハヤサカ・メンタルクリニックに勤める心療内科医を林遣都

原田美枝子 石上妙子 役

変死体に目がない変人で、“死神”の異名を持つ。

検視の後でも焼肉を食べに行くなど、豪快な性格。

ヘビースモーカーで板チョコが好きな監察医を原田美枝子

渡部篤郎 厚田巌夫 役

警視庁刑事部捜査第一課・厚田班の班長。通称・ガンさん。

比奈子のズバ抜けた記憶力に注目し、内勤だった彼女を猟奇殺人事件の現場に連れて行く。

妙子とはただならぬ関係の比奈子の上司警部補を渡部篤郎

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」ロケ地

高円寺 純情商店街

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目7−13、高円寺銀座ビル

高円寺と言えば純情商店街

と言われるほどの、高円寺の中心部。

世田谷区 若林公園

〒154-0023 東京都世田谷区、若林4丁目34−2

安政の大獄で刑死した

吉田松陰がまつられている松陰神社に隣接している公園で

昭和37年に開園。

いわゆる「市民の憩いの場」

板橋区 舟渡水辺公園

〒174-0041 東京都板橋区舟渡4丁目4−1

「仮面ライダー」やドラマ「デスノート」の撮影場所として有名で

その他多くの特撮系でよく見る場所。

カワイイモンスターカフェ

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目31−10、YM スクエア 4F

ビートたけし・明石家さんま・所ジョージの3人もロケへ言ったことのある超話題の場所。

株式会社ダイヤモンドダイニングと、アートディレクター増田セバスチャン氏が手掛ける

最先端カフェ。

まだ誰も見たあことのない新しいTOKYOをコンセプトに

時代の最先端を行く原宿のモンスター性を、空間として表現してしまった。

カフェにして、アート作品。

一生に一度は訪れた居場所。

→原宿かわいいモンスターカフェ

スポンサードリンク

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」の原作をご紹介!

原作者の内藤了は、小説家とデザイン事務所を経営している。

怪談系の作品を多く執筆していて

藤堂比奈子シリーズではONを第一作目にして、CUT、AID、LEAK、ZEROと続いている。

今回ドラマ化される「ON」で第21回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞し、一躍有名に。

謎の連続自殺事件。

その謎とは被害者が、かつて自分が犯した殺人事件と同じ手口で死んでいくということ。

事件を追う新人刑事・藤堂比奈子がその事実を追っていく。

ホラー小説大賞を受賞というだけあって、謎解きより

人間の「奥底の心理」描写がドラマの見どころとして挙げられるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。